2019年12月31日

現在のおススメ記事 一覧


南 瑠霞のブログにお越しいただき、ありがとうございます。
現在のオススメ記事をトップに掲載します。ぜひ、楽しく見てくださいね。

【おススメ記事】
★2019.05.18(土)13:00〜
「南 瑠霞2019バースデー手話ライブ in 和歌山串本」
52F81625-B101-4871-9690-643577736310.jpeg
http://minamiruruka.seesaa.net/article/465089833.html

★ 南 瑠霞2018秋のプロフィール
image/2019-01-29T103A433A06-1.JPG
「南 瑠霞」
手話パフォーマー・コーディネーター&手話通訳士
http://minamiruruka.seesaa.net/article/463007933.html

9BBF4AE4-FDE1-4F17-B394-B993149A4C5D.jpeg
★ SPK30 手話パフォーマンスきいろぐみ30周年メッセージ
http://minamiruruka.seesaa.net/article/463165814.html
★ SPK30 手話パフォーマンスを知らないなんてもう古い
http://minamiruruka.seesaa.net/article/463166253.html
★ SPK30 きいろぐみ年表
http://minamiruruka.seesaa.net/article/463284230.html


【話題のカテゴリー】
連続して読むと役立つブログ記事カテゴリー
★ 手話を学ぶ心
C0360572-6947-4437-BC2E-87F9821300E3.jpeg
「手話を学ぶ心」
手話の学びに役立つブログ記事のカテゴリー。
http://minamiruruka.seesaa.net/category/26931465-1.html

★ SPK30 手話パフォーマンスきいろぐみ30周年
91FC57EC-9EC3-4825-BBC7-D47AA2632985.jpeg
「SPK30 手話パフォーマンスきいろぐみ30周年」
南 瑠霞が主宰する 手話パフォーマンスきいろぐみは1989年12月旗揚げ。2019年で30周年を迎えます。手話ライブなど元気な関連記事のカテゴリーはこちら!!
http://minamiruruka.seesaa.net/category/27228729-1.html


【南 瑠霞 2つの通信】
ぜひ、あなたのお好みと目的に合わせて受信してください。もちろん、両方の愛読をおススメします。笑
★ 南 瑠霞公式LINE@手話の歌声♪
image/2019-01-20T143A423A06-1.JPG
「 南 瑠霞公式LINE@手話の歌声♪」
手話パフォーマンスであなたに夢を。手話に楽しく触れてみよう。
平日毎朝7時ごろ配信。爽やかな目覚ましがわりにどうぞ。
登録 → https://line.me/R/ti/p/%40apg9997c

★ 南 瑠霞公式メルマガ〜手話の学校
image/2019-01-29T113A403A06-1.JPG
「南 瑠霞公式メルマガ〜手話の学校」
手話通訳に特化したメルマガを、週2〜3回配信。手話をさらに深く学びたいあなたに。
登録 → https://shuwa-island.com/fx/ouhSOH
posted by 南 瑠霞 at 23:59| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南 瑠霞公式LINE@手話の歌声〜♪


南 瑠霞は、あなたに手話の夢を届ける【南 瑠霞公式LINE@手話の歌声〜♪】を配信しています。ぜひ、登録してあなたの手話ライフに役立ててください!!


【南 瑠霞公式LINE@手話の歌声〜♪】
image/2019-01-20T143A423A06-1.JPG
このボタンを押して、あなたのLINEから友達登録してください。
友だち追加
南 瑠霞は、2018年秋からLINE@を始めました。
毎日月曜から金曜の朝7時ごろ、手話パフォーマンス情報や南 瑠霞の手話ライフなど、手話にまつわる南爽やかな話題をお届けしています。


※ 南 瑠霞の活動プロフィールはこちら。長いですが、ぜひ、読んでください。
2019年もよろしくお願いします。
http://minamiruruka.seesaa.net/article/463007933.html





posted by 南 瑠霞 at 01:00| 東京 ☀| 南 瑠霞からのお知らせ・ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南 瑠霞公式メルマガ〜手話の学校


南 瑠霞は、手話について真剣に学びたいあなたのための【南 瑠霞公式メルマガ〜手話の学校】を配信しています。ぜひ、登録してあなたの手話学習に役立ててください!!


【南 瑠霞公式メルマガ〜手話の学校】
image/2019-01-29T113A403A06-1.JPG
メルマガ登録はこちらから!!
https://shuwa-island.com/fx/ouhSOH 
毎週2〜3回のメルマガ配信を予定しています。
手話言語条例200自治体時代、あなたの手話は今までより圧倒的に求められています。手話についてもっと学びたい、手話通訳を目指したい!!そんなあなたのための講座情報など、真剣な学びのメッセージ。


※ 南 瑠霞の活動プロフィールはこちら。長いですが、ぜひ、読んでください。
2019年もよろしくお願いします。
http://minamiruruka.seesaa.net/article/463007933.html





posted by 南 瑠霞 at 00:30| 東京 ☀| 南 瑠霞からのお知らせ・ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

南 瑠霞誕生日手話ライブ 御礼!!!!!!


FDC1B207-E78B-49FB-BFC6-40D41D2F6246.jpeg

みなさん!!!!!!
本当に ありがとうございました。

和歌山県串本町 田並地区にて、南 瑠霞バースデー手話ライブが!! 無事終了しました。
どんな方が来てくださるか、本当に来てくださるかと、ドキドキしながら準備をしましたが、本当に、たくさんの方がきてくださって、驚きの時間となりました。
心から感謝いたします。

8A1F8A03-11A1-40BB-9BC5-8DB4ADA20266.jpeg

一部の手話ライブも、みなさんが手を動かしてくださって、本当に暖かな気持ちに包まれながら、パフォーマンスを披露させていただきました。
地元の方もたくさん来てくださって、私には、すべてのお客さんたちのお顔一人一人が、サプライズの連続でした。

0C2638E7-6776-43D3-B65D-49543B2E5E29.jpeg

9E24549B-3A9C-44F5-B093-2D6FA80DDC35.jpeg

image/2019-05-19T163A593A06-1.jpg

C3CA8138-4065-4A49-A681-3C13D7F23740.jpeg

後半は、田並・串本・太地町や、和歌山県南部の、移民についてのトークショー。
私の親族の、ローナ村上や色部一哉さん、太地町教育委員会学芸員 櫻井敬人さんが、移民の歴史や日系人の現在を、語ってくれました。

image/2019-05-19T123A063A06-1.jpg

C77E60B7-6677-4C74-A970-026C4C38E34D.jpeg

image/2019-05-19T123A153A05-1.jpg

image/2019-05-19T123A063A06-2.jpg

0A903618-2136-44BB-AD19-26CDCAF12430.jpeg

ローナファミリーが、オーストラリアのアリススプリングスから、真珠貝のアボリジニアートを持ってきてくれて、その作品が串本町にプレゼントされました。
木曜島遺族会所属、潮岬「潮風の休憩所」管理責任者の、尾鼻悟さんが、受け取ってくださり、今後、潮風の休憩所に展示される予定です。
みなさんも、機会があったら、見に行ってください。

およそ80人の皆さんが集まってくださって、大きな手話ライブとトークショーになり、心から感謝しています。
すべての皆さんに、お礼申し上げます。
本当にありがとうございました。


※ 写真は 田並劇場 と ローナの旦那様のダラス ほか 皆様から頂きました。ありがとうございます!!


posted by 南 瑠霞 at 12:22| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

2019.05.18(土)南 瑠霞バースデー手話ライブ in 串本田並!!


77CB07CA-0B2E-4385-9D1C-EC060A269080.jpeg
2019年5月 南 瑠霞のバースデー手話ライブは、和歌山県串本町で開催します!!


ー・−・−・−・−・−・−
「田並から海を越えて!オーストラリアと異文化の風」
南 瑠霞バースデー手話ライブ & ローナ村上トークショー
ー・−・−・−・−・−・−
2019年5月18日(土)13:00〜15:30
【会場】 田並劇場(和歌山県串本町JR田並駅前)
【入場料】 無料(当日直接会場までお越しください)


@ブルームの港と安吉.png
「およそ100年前のブルームの海」
「10代で、和歌山県串本町田並からオーストラリアに渡った村上安吉」 

〜移民村 田並の物語〜
今から120年以上前、田並からオーストラリアへ渡った村上安吉は、ブルームなどで当時の歴史を残した写真家として、また、かつて現地の真珠産業に大きな影響を与えた先駆的日本人の一人として知られている。
移民の歴史は異文化交流の歴史。安吉の孫の南 瑠霞(みなみ・るるか)は、今東京で、手話を言語とし、新しい仕事を開拓。手話パフォーマー&手話コーディネーターとして活動中。
オーストラリアで安吉の血を受け継いだローナ村上が、2019年5月、ルーツをたどって来日。安吉の故郷を訪問するのを機に、今回のイベントが企画された。
当日は、南 瑠霞の手話パフォーマンスに始まり、後半は、ブルームの真珠産業にも詳しい、太地町教育委員会 学芸員の櫻井敬人(さくらい・はやと)さんの協力を得て、田並とオーストラリアの歴史をたどるローナのトークショーを開催します。

この日の公用語は「日本語」「英語」「串本(田並)弁」「日本手話」!! 
異文化と出会い続けてきた 田並 に感動!!



※ 開場は 12:30
迷うといけないから!早めに来てね!!

@ 「南 瑠霞 バースデー手話ライブ in TANAMI 」13:00〜13:45 
A★IMGP4059☆トリミングc.jpg
南 瑠霞(みなみ・るるか) 手話パフォーマー・コーディネーター/手話通訳士/手話パフォーマンスきいろぐみ 代表

和歌山県やお隣の古座川町、そして近隣新宮市も制定している「手話言語条例」。いま、全国では「手話は言語」という新しい風の中、日本の中のひとつの「言葉」として「手話」が受け入れられつつあります。
大学時代から、手話のエンターテイメント活動に取り組み、ドラマ「オレンジデイズ(妻夫木 聡/柴咲 コウ」・ハイウッド映画「バベル(ブラッド・ピット /役所広司/菊地凛子)」・アニメ映画「聲の形」など手話指導。NHK「紅白歌合戦2016〜ゴジラ渋谷襲来」「LIFE〜人生に捧げるコント」、ドラマ「ドクターX〜大門未知子」などの出演でも注目を集める南 瑠霞が、ミニ手話講座と、手話ライブを開催します。
あなたも、大海原の向こうを目指した移民の町 和歌山県串本町で、新しい「手話」という言葉に触れてみませんか?初心者大歓迎!!
南 瑠霞は、5月生まれ。2019年は、日系オーストラリア人の始祖、村上安吉の生まれ故郷和歌山県串本町田並で、バースデー手話ライブに変えて、この企画をお届けします。
(手話通訳あり ※ボランティア)

このイベント開催にあたり、多くの皆様のご協力を頂いておりますこと、
心より感謝申し上げます!! 本当にありがとうございます!!
南 瑠霞



A 「オーストラリア移民とその未来の風〜トークショー」14:00〜14:45
Bローナ近況.jpg
ローナ村上。田並からオーストラリアに渡った村上安吉の子孫の一人。
2019年5月来日、和歌山県串本町田並を訪れる予定。

和歌山県串本町田並を故郷に持つ村上安吉の子孫ローナ村上と、その家族が、自分たちのルーツをたどって田並の町を訪れます。田並の中には、ご親戚が同じように、オーストラリアのほか、ハワイやアメリカ西海岸、南米などに渡られた方も多いと思います。遠く離れたご親戚の姿も思い浮かべながら、ローナの話を聞いてください。私たちの祖先の残した未来は、いま、私たちの知らない世界で大きく広がっています。
アドバイザーに、太地町教育委員会で移民史に詳しい櫻井敬人(さくらい・はやと)氏をお迎えします。
(英語・日本語通訳/手話通訳あり ※ボランティア)


B 「交流・歓談」 15:30くらいまで。
来て下さった皆さんと、お茶を飲みながら交流。歓談。
お茶.png


C田並・村上ロード・墓.jpg
(上)およそ90年前、田並で撮られた安吉ファミリーの写真。
オーストラリアから田並への帰省中に。
(左下)オーストラリア・ブルームの街に残る 村上安吉ゆかりの「村上ロード」
(右下)オーストラリア・カウラにある 村上安吉の墓


【主催】   
田並劇場 林 澄漣(すみれん)・林 憲昭(のりあき)
手話パフォーマンスきいろぐみ代表 南 瑠霞(るるか)

【企画 お問い合わせ・連絡先】
−・−・−・−・−・−・−
『 田並劇場 』 
(電話)0735−70−1046  
(FAX)0735−66−0557
Eメール tacota@tanami.jp  
HP  http://tanami.jp/ 
−・−・−・−・−・−・−



1BABCD10-C7E7-4977-A114-8BAF3FC7999A.jpeg
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
【南 瑠霞に 絵葉書で誕生カードを送ろう!!】
5月17日必着!!〒649ー3515 和歌山県串本町田並1547 田並劇場内 南 瑠霞 あて!
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
いつも応援ありがとうございます!!
2019年、今年の南 瑠霞のバースデー手話ライブは、和歌山県串本町で開催。
参加できない〜〜!!というあなたは、ぜひ南に絵葉書を送ってお祝いして下さい。あなたからのメッセージお待ちしています。







posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

第40回日豪合同セミナー 6/1〜2(土日)


F0069493-11AB-4371-A255-98AE7F2E456E.jpeg

私も以前、分科会の講師を担当させていただいたことのある「日豪合同セミナー」が、今年も開催されます。
八王子セミナーハウスという環境の良い場所で、異文化に触れながら心の交流をしてみませんか?
この日の公用語は、日本語と英語です。

手話を学んで、言語についてなるほどなと思うことが色々あって、その後、英語に親しみ始めた南です。笑
オーストラリアは、母方の実家のある大陸で、最近皆さんといろんな交流させていただいています。

E34F19B0-E605-43DC-A2CD-64C7E1589600.jpeg

9BBDBB2D-E08E-4E45-9C7B-8D24D3B0815B.jpeg

今年は、アボリジニアートを取り上げた分科会や、貿易・政治・日豪の歴史などの情報をディスカッションする分科会もあるようです。

769F1B85-D060-422B-B7B4-705E5E3E2492.jpeg

18503624-62B3-4458-9559-00B74E94D047.jpeg

メールや、ハガキなどで申し込めます。
ワーキングホリデーや、オーストラリア旅行、国際交流などに興味のある方は、どうぞ。


※ 詳しくは
日豪ニュージーランド協会 http://janz.jp/
トップページ下の イベント最新情報 「第40回日豪合同セミナー」をクリック






posted by 南 瑠霞 at 09:29| 東京 🌁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

「電話リレーサービス」って何?


先日 このブログで「電話リレーサービス」から電話を受け 通訳による会話に感動したと 記事を投稿させていただきました!
http://minamiruruka.seesaa.net/article/465419508.html

それを見つけてくださった NPO)インフォメーションギャップバスター 理事長 伊藤 芳浩 さんから わかりやすいパンフレットをいただきました。

325FEC95-DA6C-430B-9DE5-6FF1C864DE13.jpeg

「電話リレーサービスです。」と 電話がかかってきたら 「おや? なにかの新しいスービスの紹介に違いない!押し売りかも?」と 反射的に会話を断る方もおられるようです!汗
なるほど 理解の輪を広げる必要があると感じました!

25F5743F-E7C4-49BF-A18F-9773266131AC.jpeg

手話を学び始めると なかなか上手くならない!と 悩む方も多いですが、そんなに悩んでばかりいなくても大丈夫!!私たちには、色々やれることがあります。家族や周りの人に「聞こえない人向けに こんなサービスがあって 利用されているんだって。」と話すだけでも その輪が広がります。聞こえない人のことをあまり知らない 聞こえる方々に情報を伝える!という役割も、私たちにはありそうです。
みんなで理解の輪!広げよう。

92DC0C4D-8613-400C-A4A5-35E2E0C60DFB.jpeg



※ 関連記事
遠隔で手話通訳を利用には 現在大きく 2通りの方法があります。
「手話の電話リレーサービス」と「遠隔手話通訳」の違い
http://minamiruruka.seesaa.net/article/463209054.html





posted by 南 瑠霞 at 09:31| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

聴覚障害者 海外留学 奨学金!聴者にもキャリアアップの道!!


2019年5月31日締め切り!!
聴覚障害者 海外留学奨学生 募集(給付型)

005C02E4-C11B-446E-BBD8-F3B37ED27E09.jpeg

日本財団 聴覚障害者 海外奨学金
第16期 留学奨学生 募集要項が届きました!!
あなたもチャレンジしてみませんか?

ろう者の海外留学では、アメリカ ギャローテッド大学などが有名ですが、私も、かつてオーストラリアのろう学校に1週間だけ、通わせていただいたことがあります。短期間でしたが、とても勉強になり心洗われる思いをしました。
ろうの小学生のクラスは、
「手話の資格のある教諭(手話の資格のない先生はろう学校では採用されません)」
「手話通訳者(もちろん有資格者でボランティアなどではありません)」
「ろう者ネイティブサイナーのアシスタント(絵本の読み聞かせや、ろう児の相談役を担当)」
「事務系アシスタント」
の4者が1チームとなり、各クラスを受け持って、授業が進められていました。「言葉への価値観」「ろう学校のあり方」「手話への理解」などが、日本とは全く違うと実感しました。
聞こえない若者たちの、自己肯定感やアイデンティティのあり方を考えると、こうした環境を体験することはとても重要だと感じましたし、日本の教育のあり方自体、大きく問うものとなりました。

留学という形で、様々な授業を受けながら、こうした環境に身をおくことは、個人のみならず、こうした経験をした人が多ければ多いほど、日本を変えるチャンスにもつながるように感じられます。

ぜひ、あなたも、チャレンジしてみてください。
今回は、聞こえる人を対象とした奨学金も準備されています。ろう学校教諭を目指す方、海外のろう教育を学びたいあなた、海外での手話言語のあり方を体感したいあなたも。ぜひ。

605A0078-BC75-4AD7-8C9E-D4C7D72D3AC3.jpeg

38A59942-D8DB-4906-814F-8C7A296DEA1E.jpeg

詳しくは、
日本財団聴覚奨学金 http://www.npojass.org/nf
日本ASL協会 http://www.npojass.org/





posted by 南 瑠霞 at 17:28| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

串本町 宇宙事業に参戦!!


実家の町、和歌山県串本町から、とてもうれしいニュースが飛び込んできました。

CC47D762-DCE7-49DF-A196-A5BAC6FBC346.jpeg
本州最南端の町、和歌山県串本町に、日本初の民間小型ロケット発射場が誕生します。ここから、整備に向けて様々な建設が始まるようです。楽しみです!!

この知らせを聞いて、まあ、そうは言っても、ここから10年15年かけてのことかと思ったら・・・

C684152B-8610-45DD-A089-76745779BC0F.jpeg
なんと!!もう2年後の 東京オリンピックが終わった次の年、2021年度には、第1号が打ち上げられる見込みだとか!!

これは、すごい!!隠れ宇宙ファンの私は、今相当に興奮しています!!

F75740A8-8BA6-4F86-B458-D466596BD5E2.jpeg
届いた串本広報誌には、そのあらましが紹介されています。

0D33A449-1747-4EE5-A458-C908DC7574ED.jpeg
場所は、美しい海岸線を臨むこのあたり。目の前に太平洋の広い水平線が広がっています。
実は、私は偶然にも、このロケット発射場に近い眺めのいい高台に、高速道路移転に伴う実家の新居を買ったばかり!!
夜は田舎町の満点の星空ですが、昼は、庭から見上げる空に、ロケットが真っ直ぐに打ち上げられる日も、間近なのかもしれません。

0BBCF23B-79B4-44F7-A0D1-284719F2AA92.jpeg

前田さんも、ホリエモンさんも、そのほか最先端のIT事業に取り組むみなさんも、これから資金を宇宙開発に使いたいみなさんも、人類のロマンを小さなロケットに詰め込んで打ち上げようというみなさんも!! ぜひ、串本町へ、お越しください。

人口もこの30年で半減し、過疎地化している串本町で、まちづくりのため、これからどんな展開があるのかと思っていたところ、こうした話が持ち上がり見守るばかりでしたが、全国的に見ても美しいこの星空にむけて、夢を飛ばそうなどと発想する人が生まれ、町を動かし、宇宙事業に乗り出すことになろうとは!
今度帰省したら、だれかにお願いして、まずは、星空観測会開いてもらわないと!

ワクワクするようなロマンで、令和のゴールデンウィークが始まったことに、大感謝です。


※ちなみに、南 瑠霞が、NHK LIFE の宇宙人総理の手話通訳をさせていただいた記事は、こちら。笑(動画は、ネット上からなくなっていますので、ぜひ、レンタルDVDで、ご覧ください。笑笑)








posted by 南 瑠霞 at 10:43| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

母語の安心感は全てを一瞬にして越える!!


19F90F8C-71B7-48B6-967C-3E0C93E4F5E2.jpeg

ゴールデンウィーク中、オーストラリアから、いとこたちが来て、神奈川県にある叔父の高齢者施設に集まりました。

叔父は、青春時代をオーストラリアで過ごした後、日本に移住し長く日本で暮らしています。人生の大半の舞台は、彼にとって日本でした。日本で全ての生活を送ってきたので、もちろん日本語の読み書きも会話もできますし、買い物も市役所も病院も日本語でやり取りし、関連する書類提出なども含め、全ての生活は日本語で事足りています。
でも、それでも、年を取ってからの、小説や歴史物などの読み物を、彼は全て英書で読んでいます。日常の新聞なども英字新聞、最近ではネット情報も、日本語が読めるにも関わらず、同じ内容で英字の方をチョイスして情報を得ています。
私たちが、日本語の本を見れば、ひとつひとつの文字を追うより前に視覚的に意味が心に飛び込んでくるように、彼には英語の方が、イメージが目に飛び込んできやすいのだと思います。
子供の頃から慣れ親しみ、親子で交わした会話が英語であったことは、彼の人生の大きな土台となっており、日系人として日本に戻り様々なニュアンスの日本語を使いこなしてなお、彼が安心して座せる言葉は英語なのだと、かたわらにいて肌で感じます。

オーストラリアから、いとこたちがきて、英語で話し始めた途端、叔父の表情はパッと明るくなり肩の力が抜け、日頃比較的無口なのかなと思える印象の彼の口から、ほとばしるように英語が溢れてきました。オーストラリアから来た若い世代の従兄弟たちに、叔父は、祖父母やその兄弟のこと、オーストラリアのどこでの出来事なのか、また、どの兄弟がどのような性格で、どんなことを言っていたかなどなど・・・たくさんのことを話しはじめたのです。
日頃私といれば、日本語ばかりですが、こういう時には、叔父の母語が英語なんだ!!と、幸せそうな空気の中からいっぱい感じることができます。

日本の高齢者施設に入ることも、彼は若い頃から、お金を貯めて事前契約し、ずっと以前から決めていたので、決して日本が嫌いなわけでも不便だとも思っていないようです。施設の中でお世話してくださる方も、とても親切で、フロアも 彼の部屋も服もいつもとてもきれいで清潔で、行き届いているのがわかります。日課の体操や歌の時間も皆さんと楽しんでいるようですし、毎週毎月の定例イベントなどもあって、雰囲気が和やかです。
先日は私も思わず、日本人の従兄弟と「ここは高いけど親切だし、景色もいいから、私も今からでもちょっと調べて、ここにお金を振り込んで事前契約しようかな?」と話したばかりです。笑
この施設は日本語の世界です。彼はその中でも十分に、施設の方や周りの方と一緒に穏やかに過ごしています。

でも、こうして、彼を尋ねてくる英語圏の人たちとの会話の様子を見るたび、その英語の世界は彼にとって、オアシスなのだと感じます。
何不自由なくしているようでも、英語のワールドの方が、彼のオアシスなのです。
それはたとえ英語のできない人でも、彼の顔色や表情や声色から、感じることができることだと思います。

この叔父の姿をみれば、私はとてもホッとします。彼が心から安らいでいるのがわかるからです。
こうして、遠く離れていても、年取ってなお、多くの母語を持つ友人知人、親戚たちが彼に会いにくることが、彼の人柄も表しています。素敵な時間を共有させてもらい、私も幸せになるのです。

叔父は日本の中では、英語が母語という少数派です。
手話を学ぶ時、ろうの友人たちが、なぜ、こんなに多くの人に手話を学んで欲しいと語るのか、その気持ちが芯に伝わってきます。理屈ではない安心感が母語の中にあり、その中にいて人はごく自然に心が解放されるのです。それは戦いでもなんでもなく、ナチュラルな肌の想いなのです。
叔父の母語も私には、第2・第3言語です。でもこのように幸せそうな叔父を見て、人の心がどう言葉によって温められ、支えられているかを実感します。

日頃日本にいれば、気づかないことですが、私たちにとっても、日本語や生まれた地域の方言は、自分の拠り所となる大きな大木です。
言葉は私たちを守る、祖先であり(そう、まさに歴史ごと言葉には人の思いが込められている)、父であり母であり、兄弟であり、友人であり、仕事であり、趣味であり、ロマンであり、出会いであり、未来であること。
このゴールデンウィークは、そんなことにも思いを馳せた、貴重な10日間でした。
自分を振り返る時間をもらえて、様々な巡り合わせに感謝です。

言葉って、私たちが思っているより、大切なもので、例えば空気のようなものであり、空気はあって当たり前なのに、地球人の私たちには、それがなければ死を意味します。言葉って、身近にあって日頃私たちはあまり意識しませんが、そんな、命や個人のアイデンティティや尊厳に関わる重要なものだと、学ぶ機会を得た、手話や英語との出会いは、大事にしたいなと感じます。

C32C1ABF-67CD-451E-9B3E-722E53AFFCD5.jpeg
施設の庭には、たくさんの花が植えられ、元気が伝わってくるようでした。






posted by 南 瑠霞 at 15:52| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする