2017年11月02日

地名の手話


image/2017-11-01T173A463A08-1.JPG


秋晴れの空の下、今週も、
神奈川県の短大の手話の授業に行ってきました。
中庭の大もみじの葉は、
少しだけ上のほうが赤くなってきたように感じられます。

先週と今週は、
住所の表現や、各地の地名などを、
学生たちと一緒に勉強しています。

手話で、地名を学ぶとき、
その表現の由来を探っていくことで、
各地の地元の歴史や、名所なども知ることもでき、
ひとつの語学の勉強から、さらに豊かな学びを得られると、
いつも実感します。


image/2017-11-01T173A583A05-1.jpg
「東京」
日が昇ることを示す「東」を2度強調することで、
「東の都=東京」。


image/2017-11-01T173A583A05-2.jpg
「京都」
東と逆の太陽の動きの「西」を2度強調することで、
「西の都=京都」。


image/2017-11-01T173A583A05-3.jpg
「仙台」
伊達政宗ゆかりの地。
正宗のかぶとの三日月をあらわして「仙台」。


image/2017-11-01T183A143A05-1.jpg
「広島」
宮島に浮かぶ赤い大鳥居が、手話では広島のシンボルとなっています。
鳥居を表現して「広島」。


アナタもぜひ、楽しみながら、
手話を学んでみてください。
感謝。




posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする