2017年11月04日

秋の連休!!


IMG_5126.JPG

3日文化の日の東京は、
秋晴れのさわやかな1日でした。
今日は、
「休み」という手話の活用形についてご紹介しましょう。


(1)「休み」
休み.jpg
「休み」という手話は、
写真のように、両手を両側から閉じ合わせ、
ふたや扉が閉まっているイメージで表現します。
これは、仕事や学校がお休みの時に使う表現です。


(2)「連休」
連休.jpg
一方、2〜3日続く「連休」のときは、このように、
「休み」の手話を、2度くらい続けて並べるように表現します。
休みがいくつか並んでいるという意味ですね。


(3)「長期休暇」
FullSizeRender (3).jpg
これが「長期休暇」になると、
「休み」という手話を、閉じ合わせたままずずーっと引っ張って、
伸ばすように表現します。
これで、ずーっと休みが連続して続いていることを意味します。


手話は、単語の表現を一つだけ覚えるより、
その活用形も一緒に覚えたほうが、
様々な表現ができるようになり、楽しくなります。

今週の金土日は、連休の人も多いと思いますが、
この場合は、(2)の表現が、
ナチュラルかもしれませんね。

日本語で「休み」と一言で言っても、
意味は、1日の時も、2〜3日の時も、もっと長い休みの時もあります。
それに合わせて手話も変化するということ、
ぜひ、一緒に覚えましょう。

いつも、ブログを読んでくださって、
ありがとうございます。

(C)手話あいらんど




posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする