2018年12月19日

特性を生かした仕事につけば障害は障害ではなくなる!


image/2018-12-18T233A443A06-2.JPG

神奈川県の短大の紅葉が、とうとう葉を落とし始めました。
もう冬ですね。

この時期短大では、手話学習の一環として、
聞こえないゲスト講師を招き、
手話で体験談を話してもらっています。

今年は、ろう者の高齢者も利用する施設で、
介護スタッフとして働く聞こえない方を招いて、
生活や仕事の体験談を話していただきました。

ろうの人と普段触れ合っている方なら、もちろんよくわかっていることですが、
手話を豊かに使うろうの方を見て、学生たちは、
「聞こえない人は、思っていたより明るくて驚いた。」
「離れた場所や、電車の中と外、水の中などで、
ろうの人が手話で話すと聞いて、なるほどなと思った。」
など、
これまで「かわいそう」「不便」「聞こえないと生活に危険が多い?」
などと思っていたことが、少し現実とは違うんだなと気付いたりします。
その中で、
「聞こえない人も、私たちと同じように、
普通に楽しい生活を送っているんだと思った」と、
感想を聞かせてくれる学生たちもいます。

また、
「これまで習った、わずかな手話でも、
一生懸命話したら、わかってくれて、嬉しかった。
もっと手話を学びたくなった。」
と、話してくれる学生もいます。

さらに今回は、
「聞こえないと仕事が限られるのではないかと思っていましたが、
聞こえない高齢者にとって、
手話で話してくれる、若いろう者は、とても必要で、
こうした仕事は、聞こえない人ならではの仕事だし、
自分たちには、真似ができないと気づいた。」
「特性を活かせる職業に就けば、
障害は障害ではなくなるんだなと思った。」
と、レポートを提出してくれた学生もいて、
私も感動をもらいました。

ろう者の高齢者は、一般の聞こえる高齢者の施設に入ると、
話し相手が極端に減り、孤独に陥ると言われます。
高齢が故に筆談も手間取る年代では、
手話があることが、心の大きな支えとなる場面も数多くあります。
そんな時、同じ利用者の中にも、また介護スタッフの中にも、
同じ立場のろう者や、手話のできる人が多くいることは、
ろう者高齢者にとって、
施設での生活を豊かで有意義なものにします。
これが、昨今各地で、
「ろう者専門の高齢者施設を増やしたい」と願われている理由です。

私たち日本人が、もし、海外で高齢者施設に入り、
周りの利用者もスタッフも、現地語しか話さなかったとしたら。
その人たちが、ほぼ日本のことを認識しておらず、
そんな中で、どんなに優しく接してくれても、
日本語の機微も通じず、
こちらの話しかけにも、細やかな返事はなく、
微笑みしか返って来ることがなかったら。
そこで過ごす私たちは、
いずれ話す意欲を失ってしまうかもしれません。
自分の言葉が、その意味をなくしてしまうのです。
高齢者が、言葉を外に出さなくなれば、記憶も混沌とし、
自分で自分がわからなくなり、認知症も進むかもしれません。

そう考えれば、
手話が母語のろうの高齢者には、
手話に囲まれた暮らしこそが、
心の安心と平穏をもたらすと考えるのは、
ごく自然のことだと感じます。

そんな中、聞こえない人自身が、
ろう者高齢者の介護をかってでるなら、
それは、多くのろう者の老後の安心を支える活動そのものであるし、
また、高齢者にとっても若い介護者にとっても、
誇りにつながる生き方の一つになるように思います。

最近では、流れる音声とともにプロンプターの文字を見ながら、
日本手話で通訳する「ろう者の姿」も、見かけるようになりました。
音声の日本語を、ナチュラルな手話にするには、
実は、ネイティブのろう者の方が、向いているのです。

「特性を活かせる職業に就けば、
障害は障害ではなくなるんだなと思った。」
と言ってくれた学生の言葉は、
私にも豊かな気づきをもたらしてくれました。
出会いは宝物です。


image/2018-12-18T233A443A06-1.JPG
上の写真の、1週間前の紅葉は、今年で一番きれいな紅葉でした。




posted by 南 瑠霞 at 00:32| 東京 ☀| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする