2019年02月26日

もっちー!!という手話を覚えよう!!


2019.03.24(日)
中嶋元美‘S デフバースデーパーティー 手話ライブ!!

image/2019-02-26T193A563A06-1.jpg

最新オリジナルグッズ、マフラータオルが完成しました。
ライブ当日、限定15本の発売です。お楽しみに!!

チケットは、残りわずか!!
お急ぎください。

ちなみに!!中嶋元美のニックネームは、元美という名前から、もっちー!!
「お餅」という手話で表現します。
一緒に覚えて、楽しくライブで使ってください。

image/2019-02-26T193A563A06-2.jpg
image/2019-02-26T193A563A06-3.jpg
「もち」(C)Softbank /手話あいらんど「ゲームで学べる手話辞典」
口元のお餅が、ビヨ〜んと伸びる様子を表現して。



image/2019-02-17T073A343A06-1.JPG

*******
元美’S デフ・バースデー・パーティー
*******

【とき】
2019年3月24日(日)
開場12:00〜 開演13:00〜

【チケット】
4,000円(限定プレゼント付き)
※チケット代とは別に、店内で飲食物を1品以上注文していただく料金が必要です。

【お申込み&詳細】
http://minamiruruka.seesaa.net/article/463762032.html

【ところ】
グレープフルーツ・ムーン
http://www.grapefruit-moon.com/
東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋駅」より徒歩約8分
(東京都世田谷区太子堂 2-8-12 佐々木ビル B1)
C2DF2956-DA57-460F-A666-869C1021D0AE.jpeg





posted by 南 瑠霞 at 20:25| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

子供扱い希望!!


今週も、歯医者日記です。笑笑

先週、歯医者さんがとても怖くて、子供扱いしてもらいたい!と、ブログに書いたら、友人たちが、ネットでも同じような人がいる!!と教えてくれて、その人は、毎回歯医者さんでちゃんと子供用のご褒美をもらっているらしい!!との話がもたらされました!!

それで・・・先生ともだいぶ話し慣れてきた私は、さほど痛くもない治療(笑)のあとに、今回も単にこちらの一方的精神状態で超恐怖を感じつつ、帰りにちょっと尋ねてみました。
「先生、あの・・・子供のよくできましたシールとか、そういうのないんですか?」
すると・・先生は・・・
「あー、シールはないんです。でも、メダルならありますよ。」
「え?メダル?」
「はい。メダルをガチャガチャに入れると子供用のプレゼントが出てきます。うちは、子供のご褒美がそれなんです。欲しいですか?」
と言うではないですか!?
「え?それは?それは!有料ですか?」
と聞くと、
「いいえ、お子さんには皆さんにプレゼントしています。」
とのこと!!
「え?私も!!!!私もください。私も子供扱いしてください〜!」
とお願いしてみると、
「いいですよ。はいどうぞ!メダル。」
といって、私に、メダルをくれました。

image/2019-02-25T203A353A07-1.jpg

おお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!
そのまま待合室に戻ると、なるほど、今まで気にもしていませんでしたが、子供用のガチャガチャがっ!!

image/2019-02-25T203A353A07-2.jpg

image/2019-02-25T203A353A07-3.jpg

しかも、女の子用と、男の子用があるではないですかっ!
どっちにしようか迷って、とりあえず今回は、女の子用をガチャガチャしてみました。すると・・・

image/2019-02-25T203A353A15-1.jpg

image/2019-02-25T203A353A15-2.jpg

ピンクのハートのシュシュが当たりました!!喜!!ピンク!ピンク!!

マジ落ち着いてみれば、別に痛くもない治療だったのですが、なぜか超不機嫌だった私の気分も、これでちょっと治り、ホッとして帰りました。笑笑
子供扱いして欲しい人!他にもいると知って、大感動の2019年2月。私も「子供の地位」を取り戻しました!!笑笑

これ、歯医者さんで、ちゃんとこちらのお話を聞いてもらえた!!というのが、嬉しいんですよね。「歯医者が怖い」と思っている人は、その気持ちを幼い頃から、ぞんざいにされて、「少しぐらい我慢しなさい。」とか「大げさな!」とか「虫歯になったのは自分のせいでしょ!」とか言われて、なぜか「シンプルに怖いのだ」という話を無視されてきた人が多いと思うんです!!
そうなると、実は子供としては「大人は自分の話を取り合わない。どうせ話しても、意地悪なことしか言わない!でも、怖いんだ!助けて〜〜〜〜!!」と話す相手を失ったまま、パニックになるしかない。もはや大人になってしまった患者としては、「お医者さんは、単なる削り屋で、自分のことは厄介者としか思っていない。」と感じ、妄想もあいまって不信感ばかりが募り、歯医者さんとの信頼関係が築けなるなってしまうように思います。

そこを、ちゃんと丁寧に聞いてもらえると、私たちだって、少しずつ歯医者さんも怖くなくなるんじゃないだろうか。どうかなあ・・
次は、メダルで 何が当たるかな? 笑


image/2019-02-25T203A353A15-3.jpg
「こども」「児童」(C)手話あいらんど
「こども」という表現は、いくつかありますが、これは、子供の頭を撫でるような動きで表現。

image/2019-02-25T203A363A05-1.jpg
「子供」「赤ちゃん」「あやす」(C)手話あいらんど
手をひらひらさせて 赤ちゃんをあやす様子をイメージした手話。
どう考えても、いまの私の気分は、こちら!!笑笑









posted by 南 瑠霞 at 21:32| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

珍しい!!


image/2019-02-22T183A413A06-2.jpg

世田谷区の手話あいらんどの事務所の窓から見た風景です。
「若林踏切」は、路面電車と大きい幹線道路(環七)の交差点で、この交差点では、電車が信号を守ります。
道路信号で管理されている踏切は、全国でも数カ所しかないのだそうです。

image/2019-02-22T183A413A06-1.jpg
「めずらしい」(C)手話あいらんど
目の前あたりで、閉じた指を2回ぐらいパッパッと開いて。
珍しい石が、ちかっちかっと光っているイメージ。と、私は勝手に思っています。笑

「珍しい」犬、「珍しい」家、など物にも使いますが、「いつも遅刻ばかりのあなたが、時間前にいる!珍しい。」「いつもきちんとした服装のあなたが今日は、短パン姿。珍しい。」などの時にも使います。









posted by 南 瑠霞 at 18:52| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

手話あいらんどTVクロスカルチャー 2019.03.24(日)「元美’s デフバースデーパーティー」


手話あいらんどTVクロスカルチャー!
2019年3月24日(日)は、きいろぐみデフキャスト 中嶋元美の「デフバースデーパーティー」です。
元美が主役の、楽しい手話ライブなのですが、それじゃ「デフバースデー」って何? そう思うあなたも、ぜひ、会場へ来る前に、元美ちゃんの話を見て聞いてください。なるほどな〜なんて思えるいろんなことがあると思います。
ぜひ、手話あいらんどTVクロスカルチャーを見て、そして「元美’s デフバースデーパーティー」
に来てください。



(簡単な内容)
手話あいらんどTVクロスカルチャーーー!!
中嶋元美です。ろう者です。
南 瑠霞です。聞こえます。
よろしくお願いします。

2019年3月24日(日) 私!中嶋元美の「デフバースデーパーティー」を開催しま〜す。手話ライブです。
みんなに、よく「デフバースデー」って何? と 聞かれます。「バースデー」という言葉も入っているので、元美の誕生日かなと思っている人もいるかもしれません。でも、ちょっと違うので、少しそんなお話をしていきましょう。

これは、元美が耳が聞こえなくてかわいそうで、頑張って乗り越えようとしているから、みんなで応援して励ましてあげようという企画ではありません。笑

元美は、高校生の時、聞こえなくなりました。急にめまいがして倒れ、目が覚めたら、聞こえなくなっていたのです。もちろんその時は、いろいろ悩んだりしたし、とてもショックでした。
私はもともと軽い難聴でしたが、ある程度聞こえていたので夢がありました。それはバレエダンサーになってプロとして活動していくことでした。そのために厳しいレッスンにも耐えていました。でも、突然完全に音を失ったことで、夢が消えてしまいました。

その時母が、インターネットで、手話パフォーマンスきいろぐみを見つけてくれて、まあ私も、言われるがまま、足を運びました。すると、そこで、ろう者のことぷきと南さんが手話でペラペラとしゃべっていたのです。そこで一気に手話に感動をしました。そこから始まって、今、手話パフォーマーとして8年間活動を続けています。

高校まで私は、普通の聞こえる人たちの学校に通っていたんだけど、完全に聞こえなくなったことで、友達がみんな何をおしゃべりしているのか全然わからなっくなりました。授業も先生の言うことが分からなくなり、とにかく、教室にズラッと座っているみんなの中で、私は自分一人が聞こえなくなってしまったのです。つらかったです。
そんな時、ろう学校があるとわかり、すぐに転校を決めました。そこで一気にろうの友達が増え、たくさんの手話を教わり、みんなといろんな話をしました。

そして、私は、性格も変わりました。今私を見ているみんなは、前からこんなに明るくて何でも話す人で、これで普通だと思っているかもしれませんが、以前は、とても暗かったんです。笑 一人ぼっちで本を読んでいるような、そんな感じ。
でも、手話に出会ったことで、人生が豊かになり、自分の意見もどんどんいえるようになったんです。

これから、もっともっと手話パフォーマンスがうまくなりたいとか、もっともっと有名になりたいとか、一般の有名人の人と同じように、私もどんどん活動の輪を広げていきたいとか、夢をもう一度取り戻したんです。それにチャレンジしているのが、今!です。
難聴だった時は、聞こえる友達がいろいろ話していたのが、少し聞こえていました。でも、実は、わからない時はわからない。でも、途中で「何何?」と話を止めて、腰を折るのも申し訳ないし、黙っていて、みんなが突然どっと笑うと、それもわからなくても、合せて笑ったりしてました。わからないのに「そうだね。そうだね。」と言っていたのです。もともと、自分の意見を人にはっきり伝えるということがありませんでした。

手話は、目で見てわかる言葉。音声の日本語も、生まれた時から知っているけれど、自分の中で、生まれて初めて自分の言葉として「手話」に出会った感じがしています。それくらい、見てわかる、通じ合える!という喜びや幸せを感じています。

ろうの世界は、一般の人から見ると、かわいそうと思う人もいたり、一生懸命手話で話してるね。なんて見えていると思うし、私も以前はそうでした。聞こえなくなった後、本当に手話に出会ってみたら、世界が広がって、今まで思っていたのは違ってた!と、気づきました。
それを今、自分としても、ろうの世界で生きていくということで、聞こえる多くの人にも、手話は言葉なんだ!と知ってもらい、興味を持ってもらえればいいなと思って活動を続けています。

これが、元美の、ろう者として生きると決心した日!!デフバースデーです。
内容が深いし、尋ねられると、説明も難しいけど、そういった思いのこもったデフバースデーです。

さて、その中身は…
元美が、手話パフォーマンスきいろぐみに入って、ちょうど8年目になります。
いろんな歌を教わったり練習したりしてきた中から、古いものから新しいものまで、8曲連続で歌う企画。
また、筆談で毎日配信し続けている「SHOWROOM」という動画アプリ。これを実際に会場の中でも、配信をしして、筆談のトークショーをお届けします。

そして、元美が作った、オリジナルグッズ!!
★ ひとつめは、もっちーのブロマイド。赤ちゃんの時から、成長して乙女になるまでの、250枚の写真を、5枚一組にして、500円で販売します。レアなものなので、買ってほしいです。250枚の写真は、すべて1枚ずつしかなく、全部違う写真で、かぶりは1枚もありません。欲しいものは、買った後で、お友達同士で、交換してください。笑
★ 二つ目は、ピンクのバッヂ。SHOWROOMで、配信のために次々通っているもっちーのアバターであるだるまをデザインした、デフバースデーだけの特別デザインのバッヂです。大きめのバッヂになります。ぜひ買ってください。
★ これは、すごっく以前から作りたかった、マフラータオルです。元美は、もともといろんなバンドのライブに行くのが大好きです。いろんなバンドのみんなが、こうしたマフラータオルを売っています。すごくあこがれて、やってみることになりました。きいろぐみなので、黄色い色も入っています。ぜひ、買ってください。

内容もいろいろ新しいチャレンジがいっぱいあって、楽しみです。応援よろしくお願いします。

みんなに覚えてもらいたい単語!!
「もっち〜」 ・・・ 元美のあだ名がもっちーなので、口からのびる「もち」という手話を表現してください。
「おめでとう」・・・両手を、打ち上げ花火のように上にあげてください。
この言葉は、ライブの中でも繰り返し出てきます。ぜひ、覚えて使ってください。

それでは、また、3月24日にお会いしましょう。さようなら〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!


提供 : 手話あいらんど手話教室
出演 : 中嶋元美 ・ 南 瑠霞
構成 : 南 瑠霞
撮影 : 青木孝二


image/2019-02-17T073A343A06-1.JPG

*******
元美’S デフ・バースデー・パーティー
*******

【とき】
2019年3月24日(日)
開場12:00〜 開演13:00〜

【チケット】
4,000円(限定プレゼント付き)
※チケット代とは別に、店内で飲食物を1品以上注文していただく料金が必要です。

【お申込み&詳細】
http://minamiruruka.seesaa.net/article/463762032.html

【ところ】
グレープフルーツ・ムーン
http://www.grapefruit-moon.com/
東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋駅」より徒歩約8分
(東京都世田谷区太子堂 2-8-12 佐々木ビル B1)
C2DF2956-DA57-460F-A666-869C1021D0AE.jpeg




posted by 南 瑠霞 at 15:45| 東京 ☀| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

かわいい歯医者さん


ほんっとうに、歯医者さんが怖いので、子供歯科がとっても充実している、可愛い歯医者さんに行っています。いい年の大人だからと言って「大人扱い」されても、めっちゃ本当に怖いので、優しい歯医者さんじゃないと体が硬直して行けないのです。笑 そして、今通っている歯医者さんは、車で2時間かかりますが、今までの人生の中で一番怖くない歯医者さんです。笑
歯医者さんの待合室には、子供の遊び場もあるし、実際子供もいっぱい。でも、子供だけの専門の歯医者さんではなく、大人も年配の方もいっぱい来ておられます。雰囲気が落ち着いていて、安心できます。

0E0555E3-A98D-48C8-BB20-1F495C8F6B99.jpeg
でも、あちこち、やっぱりちょっと子供っぽくて!!笑笑
トイレットペーパーは、すべてこんな感じ。私は、日ごろ花柄やカラフルなトイレットペーパーが好きで、まめに探したりしているのですが、硬派な男性には、ちょっと居心地が悪いかも。笑笑

6496979C-3A84-4309-A050-68BABB9165BF.jpeg
痛み止めや炎症を抑えるお薬をもらったときの、袋もこの調子。笑笑

でも、私は、ほんっとうに大人を気取っている場合でないので、ここが好きです。笑


DF83F8B2-9D39-47D7-AB4D-8904F3F7E1C8.jpeg
「歯科」(C)SoftBank / 手話あいらんど「ゲームで学べる手話辞典」
人差し指で歯を示して「歯」。 アルファベットのKから来ている指文字の「カ」。
この二つを使って、「歯科」を表します。




posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

春!!


9AB85CC4-1F63-4062-AA70-B06F4E9A6947.jpeg

FA87A1E2-99D3-4373-8164-61D5E4F6AF69.jpeg

もう東京も、どんどん春の気配がしてきています。
小さな葉の芽や、花のつぼみも、街のあちこちで見かけます。
うれしいですね。

8047EB26-AAEC-4D7C-B952-5177A36DC98E.jpeg
「春」「暖かい」(C)手話あいらんど
暖かい空気が地面から立ち上ってくるように、手を2度くらい上にあげて表現します。

今日の東京は晴れ。
ぜひ、みんなでこんな手話を表現したい!!







posted by 南 瑠霞 at 15:39| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

元美と下見に行ってきました〜〜〜〜〜!!


image/2019-02-17T073A343A06-1.JPG

2019.03.24は、「元美’S デフ・バースデー・パーティー」!!

昨日の土曜は、元美や舞台監督さんと、会場の下見に行ってきました〜〜〜〜〜!!
素敵なスタッフのみなさのお力もお借りして、いろんな段取りが整えられました。
3月24日!!ぜひ、あなたも世田谷三軒茶屋のグレープフルーツムーンへ!!


image/2019-02-17T073A343A06-3.JPG
会場には、様々なメニューも。楽しみ!!

image/2019-02-17T073A343A06-2.JPG
機材や、舞台設置について、みんなで打ち合わせ中!!


*******
元美’S デフ・バースデー・パーティー
*******

【とき】
2019年3月24日(日)
開場12:00〜 開演13:00〜

【チケット】
4,000円(限定プレゼント付き)
※チケット代とは別に、店内で飲食物を1品以上注文していただく料金が必要です。

【お申込み&詳細】
http://minamiruruka.seesaa.net/article/463762032.html

【ところ】
グレープフルーツ・ムーン
http://www.grapefruit-moon.com/
東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋駅」より徒歩約8分
(東京都世田谷区太子堂 2-8-12 佐々木ビル B1)
グレープフルーツムーン地図.jpg








posted by 南 瑠霞 at 07:40| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日


世田谷も、道を歩けばあちこちに、梅の花が咲いています。
金曜は、少し雪もちらついたのですが、季節はもう春ですね。

42CBE526-7A67-4BAE-B00B-B2FC798FB794.jpeg

DAF7BBC0-C64F-43C3-A241-C81F110DEA75.jpeg

A0AA0BA0-10EE-4995-94FC-4A417D7F13F4.jpeg

99A59357-1B30-4416-974B-DCC4FE1E100F.jpeg

こうした花を見ていると、なんだか気持ちもなごみますね。

2CB93FB3-87ED-4D7A-AF23-DE927F010B7A.jpeg
「梅」(C)Softbank/手話あいらんど「ゲームで学べる手話辞典」
人差し指と親指で梅の実のような丸を作り、それを口元につけたあとこめかみにあてる。
昔、頭痛などの時、梅をこめかみに貼ったことから、この手話が生まれたと言われています。





posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

洗車


初めて洗車機に挑戦。
なんでも、先日の土日、長野でタイヤ周りに絡んだ 融雪剤「塩化カルシウム」は、すぐに洗わないと車が錆びる心配があるそうで、地元の方が、「東京に戻ったらすぐに洗ってね。」と教えてくださったので、ガソリンスタンドに駆け込みました。

本当は、中に入ったまま洗って写真を取ろうかと思ったのですが、微妙に怖かったので、遠巻きに見守りました。笑笑
車は、汚れが落ちてきれいになりました。

image/2019-02-14T163A113A06-1.JPG

image/2019-02-14T163A113A06-2.JPG

image/2019-02-14T163A113A06-3.JPG



5D424A01-7391-4CBE-8712-5D7B5E36C16D.jpeg
「きれい」(C)手話あいらんど
「きれい」「つるつる」「なにもない」「すっきり」「なくなる」などなど
この手話は、いろんな場面で使えます。







posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

栗= 茶色 = チョコレート


バレンタインデーです。
テレビなどでも、チョコの話題がいっぱいです。
お気に入りのチョコなどはありますか?
私は、甘いものをそんなにたくさん食べるたちではないのですが、チョコレートはまぁまぁ好きで、人気の男子の友達から、よくお裾分けをもらいます。笑 いい日だ〜!!笑笑

今の時期、チョコレートって手話はどうやるの?と尋ねられることがあります。

チョコという手話を覚えるときには、次の3つの言葉を一緒に確認してください。・・・というか、同じ手話です!!笑

9A0492A0-64CF-488E-BBFA-EEB64E9B7672.jpeg
「栗」「茶色」「チョコレート」(C)手話あいらんど

3つは、それぞれ同じ手話で表現されることがほとんどです。
語源は「栗」の形からだと言われていて、栗の下のザラザラとした部分を示しているのだそうです。顔でいうとあごのところで、手のグーをあてて2度くらい下げるように表わします。
これで、「栗」「茶色」「チョコレート」!!どの意味にも使われますので、楽しんで表現してみてください。

え?同じ手話なのに、どうやって判断するの?と思う必要はありません。笑笑
日本語でも“「はし」を渡る” と言われれば、多くの人は「橋」を思い浮かべ、食事中に “ねえ、そこの「はし」取って!”と言われれば、ちゃんと「箸」だと思い、”道の「はし」を歩く“と聞けば「端」だとわかるからです。笑
一つの同じ手話で、秋の話題や栗ご飯の話をすればちゃんと「栗」だと理解され、洋服や色の話をしていれば「茶色」、バレンタインやデザートの話なら「チョコレート」。どんな言語も、一つの単語が、背景や文脈で意味を様々に変えながら、使われ伝えられるとよくわかる簡単な単語の例ですね。
そんなわけで、1つで3回美味しい!!「栗」「茶色」「チョコレート」!!ぜひ!今日!!使ってください。笑笑


ちなみにですが、「チョコレート」という手話は、ていねいに表現する場合、「茶色」+「板(チョコ)を割る」と表す方も多くおられます。ご参考に!!
2CBDE6E2-B463-4AA0-8106-DD610A282443.jpeg
「チョコレート」(C)手話あいらんど

手話は、地域によっても、様々な表現があります。あなたの地元で、「チョコレート」がどんな風に表現されているか? ろうの方に聞いて見るのも楽しいですね。
2月も中旬になりました。まだまだ寒い時期ですが、かじかむ手を暖めて、その手でお話ししてみてください。簡単な単語にも、いろんな意味が込められていて、たくさんの発見があるかもしれません。







posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

雪の温泉!!


26C5AE2A-72F0-4ADC-A345-BD80DC282F3B.jpeg

先日 須坂で仕事をさせていただいた時、雪の影響で移動を諦めて、安全のため温泉に2泊することになりました。
私はもともと、温泉が大好きで、現地に前のりでスタンバイしていたのですが、帰りに全国的大雪の予報が出て、夜に都心に車で戻ることをとどまったのです。
地元聴覚障害者協会の皆さんにも、たくさんのご協力をいただき、心から感謝しています。ありがとうございます。

その時宿泊したのが、ズバリ現地の須坂温泉!! こじんまりとした温泉で、スタッフの方が力を合わせて宿を経営されており、素朴で温かな雰囲気で、温泉も体が温まり、素敵な場所でした。

FBA9A2C7-64BE-4AA0-99CF-AA5241CBB8AB.jpeg
https://kojousou.co.jp/

須坂市は、かつて大人気だったカンガルーのハッチくんのいる動物園でもおなじみだそうで、現在は、ハッチくんの子供達が、まちの人たちを、出迎えてくれているそうです。
峰の原高原スキー場も美しい雪景色。
近くには、おさるの温泉で有名な山もあるそうで、本当の観光だったら、私も絶対そこに行ったのになあ〜と思いながら、現地を後にしました。

5D41FE32-36AE-4244-9809-930F3AB726F2.jpeg
温泉の中では写真は撮れませんでしたが、白い雪の舞い散る夜の露天風呂にも入り、ちょっと感動でした。

手話のおかげで本当に多くの場所に連れて行ってもらえ、感激の毎日です。
出会いに心から感謝です。


「温泉」(C)手話あいらんど
51ADFDC2-BA1E-4366-85F7-71AFE7380DD0.jpeg
手でズバリ!温泉マークを表現。笑
3本指を立て、もう一方の手で温泉池の淵を表現しています。
あなたもこの手話で、気分を暖かく!!












posted by 南 瑠霞 at 09:29| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

和歌山県南部も、少しずつ手話が広がっています!!


地元の知り合いが、和歌山県串本町の広報誌の写真を送ってくれました。

C02A22F5-91D1-4BD6-8F6C-13E5BF5D12D4.jpeg
和歌山県南部は、目の前180度を太平洋に囲まれ、どこまでも水平線が広がる地域。大型の地震では、大規模な津波も心配されています。そんな災害時にどう対処したらいいのか? というのも地元の大きな課題です。

FC15E30F-2873-4999-998D-77360EDF0AC8.jpeg
お正月の期間中に開かれた、串本ふるさと大使会議の様子も、紹介されています。街では、全国でも珍しい 民間のロケット射場誘致の話も期待されているようです。私も会議の中では、手話言語条例のお話などをさせていただいたり、皆さんともいろいろ情報交換させていただきました。様々な方々の思いが集まり、暖かな会議となりました。

CFE03137-3AF9-488A-A577-ACD06C22B7F5.jpeg
和歌山県南部では、県の事業として、串本町では2月16日(土)、新宮市では23日(日)から、「はじめての手話」講座も始まるようです。皆さんで毎週集まって学び合う手話は、楽しいものです。興味のある方はどうぞ!!

人の思いと、町づくり。語り合う言葉に手話も加わり、暖かな輪は、時間をかけて広がって行くのだなと、実家の町の情報にも触れながら、感じさせてもらっています。
間も無く、本州最南端の街にも、春が訪れます。






posted by 南 瑠霞 at 17:44| 東京 ☀| 串本大使/日系人魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

車の雪かき!初体験!!ワォ!!


11日、世田谷は雪が降りませんでした。
千葉県や茨城県では、少し積雪があったようで、真っ白な町の風景がニュースで、たくさん紹介されました。

この連休、雪の積もった長野県で、お仕事をさせていただいたので、久々の雪を見て、私はちょっと別世界へ行ったような気持ちになりました。
そのとき、車での初体験がありました!!

image/2019-02-11T163A553A07-1.JPG
春を待つ木々の芽が、雪とも氷ともつかないものでおおわれています。この時期を耐えて、春がやってくるんですね。

image/2019-02-11T163A553A07-2.JPG
こんなしっかりしたつららを見たのは、初めてのような気がします。
宿泊した温泉の駐車場も、一面の雪。

image/2019-02-11T163A553A07-3.JPG
私の車も、雪の帽子をかぶりました。

image/2019-02-11T163A553A07-4.JPG
そこで登場したのが、車用の雪かき棒!!生まれて初めて使いました。
温泉宿で、この棒をお借りして、自分で車の上や窓の雪を落としました。小さい子供が「一人でできるもん」と言って、歯磨きしたり、パジャマを着替えたりしますが(笑)、まさにそんな気持ちで、ささやかな自分の車の雪かきをし、一つ大人になったような気分です。笑 完全なる暖パンと、しっかりした手袋もつけ、かつて雪の屋外ロケで準備した通りの防寒体制でしたので、寒さも気にならず、ミッションクリア!!
(地元の人は、この雪道をごくフツーに運転し、こんな雪降ろしも、汚れた窓を拭くようなものだったようで、私が「自分でやった!」と目をキラキラさせて言ったのに、みんな顔色も変えず「へえ〜」という反応で、あまり感動してくれなかったのが、子供ごころにちょっと寂しかったです。笑笑)

image/2019-02-11T163A553A16-1.JPG
フロントグラスを洗い流すための液体も「凍らないように」とガソリンスタンドでアドバイスを受け、雪山用のマイナス60度まで凍らないというものに、詰め替えて行きました。確かにマイナス5〜6度では凍らなかった。笑
雪を溶かす、または凍らないように雪にまいて使う「塩カル」なるものがあるのも、はじめて知りました。驚 温泉宿の裏の倉庫には、塩カルの粉がいっぱいあって、自由に使っていいとのことで、私も車が滑りやすかったので、駐車場にまいて使わせていただきました。(塩カル=塩化カルシウム=融雪剤)

手話がご縁で、様々な場所、人々に出会い、思い出と体験が増え、感動の毎日です。感謝。


image/2019-02-11T163A553A13-1.JPG
「はじめて」「最初に」
この手話は「初めまして。」という手話のあいさつで、まさに最初に習う手話なんですが、はじめての人には、ちょっと手の動かし方にコツがいる単語です。
一方の手の甲を水平に出し、もう一方の手の人差し指を立てたまま、残りの指を使ってティッシュをつまみ上げるように表現します。
寒い時期、手がかじかむと手話もしづらくなります。手を温めて、この手話にチャレンジしてみてください。






posted by 南 瑠霞 at 17:31| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

須坂市講演御礼


9日 全国的雪予報の中、やはり晴れ女の私は、現地の昼間の天気が大きく崩れることはなく、無事 須坂市での講演を終えることができました。多くの皆さんとお会いでき、温かい気持ちになるひと時を過ごさせていただきました。ありがとうございました。

505D5F87-D779-46DE-84DF-9FD7006C3469.jpeg
高速パーキングエリアから。ガードレールの向こうに見えるのは、雪の浅間山。長野県須坂市に向かいました。

72FCF0CF-E6AB-4B01-8E08-5D81D00BFB2F.jpeg
「手話との出会いが人生を変えた 南 瑠霞氏」表題の書も、地元のろうの方が直筆で書いてくださったものです。

314C0D8D-EFAE-4B68-8B36-32082ABDA873.jpeg
南 瑠霞の手話との出会い、手話パフォーマンスきいろぐみの活動、そして、ドラマやアーティストの皆さんとのお仕事などについて、お話しさせていただきました。最後に皆さんと、記念写真。須坂市以外周辺地域の聴覚障害者協会の皆さん、手話勉強中の皆さんなども集まり、とても暖かな雰囲気で、色々交流させていただき、感動をいただきました。

5BF105F5-86FC-4233-B66C-BF6A381F43DD.jpeg
講演終了後、地元の皆さんに案内していただいて、近くのおそばやさんへ。長野県はそば処としてもお馴染みですが、地元の食は、やはり美味しかった!!ごちそうさまでした。

6E9DC88E-C931-4593-B1D2-4E85BB1F20E2.jpeg
夜に降り始めた雪を背景に、みんなと記念写真。

F60B14E4-B521-4523-91B7-4DC8D3ABD7BD.jpeg
夜、送っていただいた車の助手席から見た雪道。雪がフロントガラスに迫ってくるように吹き付けて、南国生まれで東京ぐらしの私には、いつかのドラマロケ以来久々の光景。地元の方は、こんな雪道でも、ごくごく普通に運転されており、驚きました。

今回の講演では、私がなぜ、こうして手話の活動を続けているのか?また、出会ったろうの方々に教えられ、気づかせてもらったことの豊かさ。現在の仕事の現場のお話などをさせていただきましたが、それ以上に、集まられたみなさんの、お話を聞いてくださる視線も熱く、みなさんが、本当に私を暖かく迎えようと準備してくださったことがわかり、ありがたい気持ちでいっぱいでした。

自分の生まれ育った町で、結婚し子育てし、そしてその地を自分たちの手で変えて行こうと、集まって活動をされているろう者・聴覚障害者・手話関係者の皆さんの気持ちが、溢れるように伝わってきて、その中で、地道に、でもけして諦めることなく手話を伝えて行こうとする皆さんの目が、なぜこうも暖かく、そしてそれは続くのか。
地元の皆さんお一人お一人に、先人や周りの人々から受け継いだ思いがあり、それを自分の中で温め、また仲間や後進とつながりあって行く姿が、熱くまぶしく、降り始めた雪すらも暖かく感じられました。
「この雪のまちが、自分たちのまちだ。」誰もそんなことは、手話でも音声でもおっしゃってはいませんでした。でも、温かい目が、みんなそれぞれ、そうはっきりと語っているように感じられました。

1年でも最も寒いこの時期、本当に暖かい気持ちで、私を呼んでくださったこと、心から感謝です。
全国の心を持つ一人一人がつながりあって、みんなで手話の輪が広げていければ素敵だなと肌で感じる時間をいただきました。
ありがとうございました。

会長さんをはじめとする地元聴覚障害者協会の皆さん、細やかに連絡を取り様々な相談にも乗ってくださった担当の方、また、東京から事務的な手配を行い私を毎回送り出してくれているマネージャーの蓮子に、心から感謝します。

※写真は、地元聴覚障害者協会の方が撮って下さいました。たくさんありがとうございます。




posted by 南 瑠霞 at 06:20| 東京 🌁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

2019.02.09(土)13:30〜 南 瑠霞講演会 in 須坂


166EEA30-CBB7-4EBB-BDA8-D1FA7C317CC4.jpeg
写真は長野県須坂市の峰の原高原の雪景色です。
https://www.pixpot.net/view_spots/spot/1646/minenohara-kougen

南 瑠霞が長野県須坂市で講演をさせていただきます。
南 瑠霞の現在の活動。力を入れている手話エンターテイメント。手話との出会い。聞こえる私たちは聞こえない方々とどう手を取り合って行くのか? そして、手話ってどうやったら上手くなるの?
そんなお話を、地元の方と一緒にいろいろお話しさせていただきます。

12348235-FCA9-4334-9CB7-B58636AEF372.jpeg

須坂市聴覚障害者協会主催
「南瑠霞 講演会 〜 手話との出会いが人生をかえた」

【とき】
2019年2月9日(土)
受付12:45〜
講演13:30〜 (およそ2時間の予定です)
【ところ】
須坂市福祉会館(長野県須坂市大字須坂馬場1218)
【参加費】
須坂市内聴覚障害者協会及び手話関係者の皆さんは無料。
市外の方は500円。

【お申込み】
事前のお申し込みが可能な方は、
氏名・連絡先(FAX)・交通手段を明記の上、下記まで申込みください
申込先&問合せ:須坂市聴覚障害者協会事務局 FAX026-248-7599




posted by 南 瑠霞 at 13:00| 東京 ☀| 南 瑠霞からのお知らせ・ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

手話通訳士(者)をめざす 最短情熱2年コース(笑)


以前アップしていた記事ですが、最近お問い合わせが多いので、再度アップさせていただきます。

「 南さんの活動にとても興味があります。手話通訳士になるには、どんなふうにするといいですか? 」と、20代の方から、メールをいただきました。
本当に、ありがとうございます。
最近は、大学生の中にも、手話通訳士を目指す方が増えてきました。

「手話通訳士」というのは、厚生労働大臣公認資格で、全国レベルでの唯一の公的資格。この厚生労働省の資格を持つ人だけが、現在「手話通訳士」を名乗っています。また、国会議員選挙の政見放送などの手話通訳は、この資格を持った人が担当しています。
(手話通訳士と名乗っている方の中に、本当はこの資格を持った方でない方もおられるので、一般の方はよく判断が必要です。また、各都道府県には、手話通訳士とは別の県独自の登録通訳者もおられます。こちらも優秀な方々が大勢おられます。)

さて、そんな前置きはこれくらいにして。。。
最近では、若い方々もますます目を向けるようになってきた手話通訳士。どうすればなれるのでしょうか?

今日は、最短情熱(短期決戦)コースについて、熱く!!ご説明します。笑( これは、誰かの準備した勉強コースがあるわけでなく、こうすれば、2年で通訳士になれる可能性がある!という、例です。笑 )

南の時代、もともと、手話通訳士の資格はなかったのですが、私の場合で、手話を学び始めて2年で、大学3年のとき二十歳で、大阪府の登録通訳者になっています。
手話通訳士制度誕生以降も、手話を始めて2年で、手話通訳士になった友人がいます。
ですから、これは私が考える 短期2年コースということになります。笑

最初の1年は、とにかく手話と聞こえない人に出会いまくる。
○ 地域の手話サークルに行く。
○ 地域の手話講習会に行く。
○ このほか、カルチャーセンターなどでも、手話講座があるなら、違った教え方をしてくれる場合もあるので、試してみる。
○ 毎週の手話サークルや講習会などは、終了後まっすぐ帰らず、必ず、お茶や飲み会に混ぜてもらう。( このとき、聴者同士の友達づくりの輪に入らず、必ずろうの人がいるグループに入る。→ 実は、ここが、一番とってもすごく!!絶対に大事!! こういう場でこそ生きた聞こえない人の手話に触れられる。これなくして、本気の手話学習はない!!残業で、手話講座に遅れても、そのあとのお茶から参加すべし!!)
○ そこで、良き通訳の先輩やろうの友達を作る。
○ 次に、そうした先輩やろうの人に誘ってもらい、出来るだけたくさん、手話やろう者のイベントに出かける。( 地域の手話サークルの交流会とか、ろう者の親睦旅行とか、運が良ければ、全国手話通訳問題研究会とか、全国ろう者大会などにも誘ってもらえる。 )
○ また、それにも慣れてきたら、そういうイベントの運営のお手伝いをする。
○ これで、大体、みんながどんな考えをもち、どんな様子で、手話をしているかが、わかってくる。
○ こういう積極的な人は、周りにも歓迎され、かわいがられるので、初心者でも、かなりフットワーク良く、いろんな出会いを見つけることができる。
○ また、こういう人なら、周りの人が「次は通訳の勉強をしない?」と、必ず誘ってくれるはず。

2年目に、通訳の勉強をする。
○ ひきつづき、手話サークルや講習会に通う。
○ 地域の手話通訳者をめざして、まずは、がんばる。通訳者向けの勉強会もあるので、そういうものを教えてもらって、積極的に出かける。この場合、頼りになるのは、地域で手話通訳活動をしている聞こえる先輩。ぜひ、遠慮せず、いろいろ質問してみよう。
○ なお、地域の手話通訳・・・といっても、大きく2種類ある。
@ 東京なら、世田谷区・杉並区・・・など、自分の住んでいる区、全国的に言うと○○市などの地元自治体の登録通訳者を目指す。もよりの、市町村役場の福祉関係の課に問い合わせると、適切な連絡先を教えてもらえる。
A また、その上には、都道府県単位の、登録手話通訳者というのがある。全国の都道府県では、県庁を中心とした機関で、全県単位の通訳制度を設置しているところが多い。順番から言うと、市町村や、区の登録通訳者を経て、その上の都道府県単位の通訳者を目指すことになる。
○ しかし!!ここで、@に気を取られすぎると、さらに1年使ってしまうので、2年目は、@Aを同時に目指して動く。そして、通訳者向けの講座に、いろいろ通ってみる。(そういう講座は、市町村や、区、県などの通訳仲間で必ず開いてくれているので、それを探し当てよう。)
○ その中で、身近な手話通訳士に出会う。偶然会えなければ、「手話通訳士になりたいんです。先輩の手話通訳士の方は、どこにいますか?」と、周りの人に尋ねてでも会う。なんせ、現在、全国で現在3600人程度しかいない手話通訳士。偶然などを待っていてはいけない。自分で会いに行こう。(地方に行けばいくほど、手話通訳士の人は、期待されているし、地域の手話通訳活動の柱に立っている人がほとんどだから、ちょっと尋ねれば、すぐ見つかるはず。だから、必ず、見つけ出す。)
○ 本物の手話通訳士に会えれば、手話通訳士になるにはどうしたらいいか、適切なアドバイスを必ずくれる。東京にある、社福)聴力障害者情報文化センターに尋ねれば、手話通訳士試験の過去問題も手に入る。
○ そして!! そこまで進んだら、けして、一人で頑張らず、お互い手話通訳士を目指す仲間と一緒に、試験勉強をする。(そんな仲間をどうやって見つけるの?と聞く必要はない。ここに至るまでに、必ずいろんな人に出会っているはずだから、仲間はすでにいる。笑)
○ 手話通訳士試験は、実技と、ペーパーテストがある。実技は、地元の実地学習で頑張る。ペーパーテストは、仲間同士で、過去問題なども解き合いながら頑張る。わからないことができたら、必ず、手話通訳士の先輩に相談に乗ってもらう。
○ 地元の枠を一歩出て、県単位の人脈を見つけることは、手話通訳士を目指す人には、かなり有効。ただし、手話学習のために、県内を遠くまで移動しなければならない場合も多い。県庁所在地まで、毎週通うことも必要になるかも。人によっては、宿泊で勉強会に参加している人などもいると思う。

・・と、ざっと、これで2年です。
なお、私もそうですが、大学時代、ろうの友人ができて、毎日手話で話したり授業の通訳をしている人は、手話通訳士になる可能性が高いことも添えておきます。

なお、最初に戻って、お金の計算もしましょう。
☆ 手話サークル毎週1回、手話講座毎週1回、(カルチャーも、週1回行けるなら行く)/交流のお出かけ毎週1回(イベント以外、ろうの友達と街に出かけるものも含む。)  → これで、最低でも、1週間のうち3〜4日手話に触れる。その都度、サークルや講習会などの終わりには、必ずお茶に行ったとして、1回1000円〜2000円くらい。
☆ その他の土日のお出かけが、安く見積もっても1回5000円(ろうの人と一緒に映画などに行けば、おやつ代や映画鑑賞券、テーマ―パークに行けば、入場代などがかかる。飲み会などでも、3000円くらいは払うことになる。)
☆ この合計で、だいたい1週間1万円。1カ月で、4万円。年間50万円くらい
☆ このほかに、遠方の、手話通訳問題研究会や、ろう者大会に行くと、参加費や宿泊費、出かけた先でのこづかいも、かかる。笑 こういったものに、2カ月に1回、5万円払ったとして・・・・ 年間、30万円。
☆ カルチャーの授業料も、含めると、だいたい3か月で2〜3万。年間10〜12万。
☆ これらをすべて合計すると、年間90〜100万円くらい。
☆ 2年目も同じ。

これを、必死の勉強ではなく、楽しんで2年間続けられれば、手話通訳士にならずとも、手話事情やろうの人のことも良くわかり心にも身にも入ってきますね。こういう方は、豊かな手話の話し手になることでしょう。

一方、期間・費用については、手話通訳を目指す、専門学校でも同じ。こちらに通っても、週5日くらい、2年で卒業できる。ろうの先生も、耳の聞こえる通訳者の先生もいる。
これもやはり、授業料は、年間7〜80万円から100万円くらい。( 国公立なら、10〜20万円=国立リハビリテーションセンター(埼玉県) )
だが、専門学校は、全国的にも数が限られているので、必ず、一人暮らしを強いられると想定すれば、授業料のほかに、一人分の家賃・生活費等が加算されることになる。月15万円くらいを予定したとして、1年で180万円くらい。2年で360万円くらいの出費が、さらにありそう。節約上手なら、もう少し抑えられるか?笑
それはそうとして、もちろん、学校に通えば、最新情報ももらえ、手話学習のツボも外さないという点で、メリットは大きい。
ただ、ここには、一つ落とし穴もある。学校に通って、よく失敗するのは「≪授業に出ただけで、勉強した気になり≫、実際のところ、手話が意外に身についていない。」という事態に陥ることだ。平たく言えば、自分の努力をおこたれば、どんなに毎日学校に通っても手話は下手なままだということだ。
手話は、言葉の学習なので、先生の話を見ただけ、聞いただけで、終わりではない。自分と相手が話し、通じ合えて、はじめて習得したといえる。単に単位修得のために出席日数をかせいでも、手話自体が身についていなければ、手話通訳士にはなれないという点について、肝に銘じておきたい。
専門学校に行く気なら、習ったことは、次の日には、すべて暗記して人に説明することができる。学んだ手話は、その日の晩、体が覚えこむまで、何度も自分で特訓する。そういう気持ちがないと、貴重な時間が無駄になる。
せっかく、学校に通うなら、ぜひそういうことも心がけ、自分の体に、手話をしっかりつかんでほしい。

そんなわけで、手話通訳士を目指すなら、実際に手話ワールドに入り、聞こえない人や通訳者と、たくさん出会うということが、最高のテキスト。これが、本気の2年です。
どうでしょうか?

さて、こうしたことを書かせてもらいながら、私はいつも思うことがあります。
上記の文章を全体的に見渡すと、結局、手話通訳士を目指すということは、英語などの外国語通訳を目指すのと、同じ過程が必要なことが、わかってきます。
手話通訳士になるには、外国語大学に通うとか、海外留学するとか、それと同じようなイメージで取り組んだほうが、自然なのかもしれません。まずは最初に、言葉のシャワーを浴び、その言語環境を体感する。次に、それをベースに、通訳の仕方・あり方を学ぶという流れです。
これは、外国語を学ぶ際の王道であり、こうしたことは、机の上の勉強だけでは、身につけられないこともたくさんあります。
現在、外国語通訳として活躍しておられる方は、みなさん、学校やテキストだけで学んだ語学でなく、実際に留学などをされて、相手の国の言葉を、文化も含め丸ごとナチュラルな環境で身につけられた方も多いかと思います。そういうベースがあって、はじめて、2つの言語の間を行き来する、通訳者になっておられるんですね。
手話学習では、もちろん、障害者の福祉・法律・制度なども習いますし、現場ではそういった理解も、とてもとても大切です。でも、たとえば、ホームヘルパーとか、専門学校で福祉の資格を得るなどに比べると、さらにもう一歩「情熱」や「言語や通訳能力そのもの」が、求められそうです。

若い方なら、来年の進路なども、そろそろ考える時期ですね。
ぜひ、選択肢の一つに、「手話」!! 考えてみてください。

なお、常にお伝えし続けていますが、「手話を学ぶ」ことと「手話通訳者を目指す」こととは、同義語ではないと私は考えます。言葉や文化、人との出会いは、まず心から。手話もまた言語の一つとして、人と人が思いを伝え合い、コミュニケーションを取り合うためにあるもの。まずは、通じ合う喜びあっての学びだと思います。そこは、外さず、ぜひ、もっとやれそうだと思う方は、手話通訳士(手話通訳者)にチャレンジしてみてください。

今日も、長文を読んでいただいて、ありがとうございます。

南 瑠霞 (手話通訳士600番〜手話通訳士名簿をみると、本名がわかります。汗笑)


image/2019-02-08T183A433A06-1.jpg
本日は、ここにいます。笑



posted by 南 瑠霞 at 18:45| 東京 ☀| 手話を学ぶ心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

手話あいらんどTVクロスカルチャー「きいろぐみを立ち上げた3つの理由」


手話あいらんどTVクロスカルチャー。
今回は、きいろぐみ2019年新春手話ライブで撮影した3本目の手話動画をご紹介します。
当日は、たくさんの皆さんにきていただきました。ありがとうございます。映像にあなたの笑顔も写っているかもしれません。ぜひ楽しみに見てくださいね。客席には、現在人気急上昇中の若手新人の役者さんもいますよ。みつけられるかな?笑

さて、手話パフォーマンスきいろぐみ30周年。
きいろぐみを立ち上げた3つの理由をご覧ください。



(簡単な内容)
手話あいらんどTVクロスカルチャー!!
今日は、手話パフォーマンスきいろぐみの、手話ライブ会場からお届けしています!!

ことぷきです。ろう者です。
南 瑠霞です。聴こえます。
よろしくお願いします。

30年前というと、ことぷきは、ろう学校の幼稚部か小学部低学年でした。
青森の実家に帰ると、アルバムにその頃の自分の写真がいっぱいあって、すごく頭も体も大きい僕が写っていて、ぜーんぶほっぺがリンゴのように真っ赤っか。笑 これ、忘れられません。

その頃、きいろぐみは、初めての手話ライブを開催しました。
聴者2人、ろう者1人の3人で、その時のお客さんは24人でした。小さなライブハウスでした。

今、きいろぐみのメンバーは、30人。半数がろう者。このメンバーで、全国を回っています。その活動が広がり、今ではこんなに大きなライブハウスで、たくさんの人が集まってくれています。
本当にうれしいですね。

きいろぐみを、立ち上げたのには、理由があるの?

きっかけは、大きく3つあります。

1つ目は、みなさんもいつも見てくださって、感じておられるかもしれませんが、手話がとても映像的で素晴らしいということ。この聞こえない人の言葉が、聞こえる人にも感動を与えると思って、この感動をみんなで分かち合えればいいなと思ったことです。これが、きいろぐみを立ち上げた一番大きな理由です。

2つ目は、手話通訳の現場でのこと。以前、区役所のイベントで、ロックミュージシャンのステージで通訳に就いたら、そのアーティストの人が「手話はじゃまだからあっち行って。」と言ったのです。ろう者や手話関係の人から見たら、とても腹の立つ話ですよね。アーティストにも言い分があって、「手話が目立つのは困る。僕のコンサートなのに、聞こえる人もみんな手話を見てるじゃないか。俺はどうなるの?」と言われたのです。
その時、私は手話がつくと、演出も変わってしまうということに気づいたし、演ずる人と手話を表現する人が同じであれば、ろうの人も聞こえる人も、みんなが同じものを見て楽しめるのに。と思いました。

3つ目に、女性講談師の方に手話通訳についた時のことです。内容はとてもいい民話で、私はエンターテイメントの通訳がとても好きで、ノリノリで、本人の口調に合わせて、とてもいい通訳ができたと思います。女性講談師の方と互いに空気もつかみあえて、よかったなと思って控室に戻ると、年配のろうの女性がきました。「本当に、今日の手話通訳は良かった。こんな感動的ないい話を手話で見られたのは、初めて。生きてて良かった。」と言ってくれました。私もそれを聞いて、今日の通訳はうまくできた!と思いました。
ところが、その方に話には続きがありました。とても大事な話でした。「私は耳が聞こえず、今日は手話を見て、ストーリーもとてもよくわかったけど、いま思い出してみると、この頭に残っているのは、通訳のあなたの顔。話した本人の顔は、ほとんどイメージにないわ。」そう言われました。
私はその時目が覚めました。聞こえない人にとって、手話がついて内容がわかるだけが全てではない。聞こえない人は、本人が見たいんだ。ということです。なのに、私はいい手話通訳ができて喜んでいた。
ここでも、演じる人と手話をする人は、同じ方がいいんだ!と思いました。みんなが同じものを見てこそ楽しめるんだなと思いました。

それで、当時、みんなで話し合い、みんなが手話で演じる集団を作ろうということになったんです。それが1989年でした。
立ち上げて30年というと、様々な活動や悩みやいいこともいっぱいあったと思うけど、それが、積み重なっての、30年ということですね。

いまは、若い人たちも、全国で手話パフォーマンス集団を作っているけど、そいういうみんなにも負けないように、頑張っていきたいですね。

ろう者と聴者がともに助け合い、手話のワールドを作っていきたいです。来てくださったお客さんたちもともに、触れ合いながら活動が育っていけば素晴らしい。そうやって、手話の夢がいっぱい配っていければいいなと思います。これからも、よろしくお願いします。

また、お会いしましょう。さようなら〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!

17A68971-F496-4CDB-9808-7FD6E657E47E.jpeg

提供 : 手話あいらんど手話教室
https://www.shuwa-island.jp/kyoshitsu/
出演 : 南 瑠霞 ・ ことぷき
撮影 : リサ
編集 : 蓮子 都




posted by 南 瑠霞 at 20:17| 東京 ☁| 手話あいらんどTV〜島民通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

ヤーンボンビング自転車


街中のものを、カラフルな編み物でくるんでしまうアート活動があるそうです。ヤーンボンビングと呼ぶそうです。
先週逗子に行ったら、こんな自転車を見つけました!!すごい!!

image/2019-02-04T003A413A05-1.jpg

EFD9F3F6-C923-4F9E-A337-C21596DBA6E7.jpeg

C629313C-2304-48C7-816F-CE03F09792DD.jpeg

52E1A975-1D0F-44F6-86C3-DCB6E17EC95C.jpeg

「自転車」という手話は、両手でグーを作り、ペダルを交互にこぐ様子を表現しています。

image/2019-02-04T003A163A05-1.jpg
「自転車」「三輪車」「自転車に乗る」「ペダルをこぐ」(C)手話あいらんど






posted by 南 瑠霞 at 00:43| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

どうしても放っておけない学校の先生方の姿勢


手話通訳士が育ちにくいと言われ、全国的に手話通訳のできる人が少ない!!という訴えが、耳に入ってきます。
今年も1月31日、手話通訳士試験の合格者が発表されました。
第30回手話通訳士試験は、受験者数が1105人、合格者108人。合格率は9.8%。
このうちで、20代の合格者は13人。30代13人。40代38人。50代36人。60歳以上8人。となっています。
若い人が少ない!!と感じる方も多いと思います。

ここで将来的に、子供の学力や人生や価値観に大いに影響を与える小中学校の先生方に、一人の手話通訳士として大いにお願いがあります。
「学校の授業では、手話の存在を大事に扱ってください。」
その思いがつながって、将来の良き手話通訳者が生まれるのです。あなたが、大事にしなかった言葉は、子供達にそのように価値低く映り、子供達は手話通訳になど見向きもしなくなる可能性がある!と私が思うからです。

さて、ここで大事にする、大事にしないとはどいうことかを、例もあげながら、考えたいと思います。

例えば英語の授業を考えてみましょう。
もし、先生が、小中学校の英語の授業でいい加減な前置詞や文法、間違ったスペルなどを教えたら、間違いなく大問題となります。ましてや発音は、今や最低でもCDやDVD、余裕のある学校なら、ネイティブの先生を交えてコミュニケーションの時間を持っているところもたくさんあると思います。この英語に対する取り組みは、今、全国的また一般的な常識かと思います。
子供に間違えた英語などを教えるなんて、とんでもないからです。子供達には、受験もさることながら、どうせ学ぶなら正しく、そしてネイティブの方に会っても通じ合える豊かでナチュラルな表現を学んで欲しいと、多くの人が願っているのではないでしょうか?

一方、手話について私たちが肌で感じるところとしてお伝えするなら、実は、様々な学校等にお邪魔すると、多くの学校が手話の歌を取り入れたりしていますが、その手話は、地域の通訳者やろうの方が教えたものではない場合もたくさんあります。先生が聞きかじった知識だけで、手話の本などを見て、文法も考えずに単語だけ並べて指導していたりする例をたくさん見てきました。泣
手話の挨拶や簡単な文なども、同様に、先生方がちょっと手話辞典などを調べて、確かなこともわからないまま指導しているケースがままあります。そうした先生方は、手話が動かす方向によって正反対の意味になる場合もあるなど想像もされていないようです。また、ひどい場合、表しておられる先生の手話単語自体が、間違えている!ということもあり、子供達がまた、それを覚えて使ってしまっていたり・・・汗
そして、そのような先生方は、明らかに、自分が手話を話すのが苦手で、実はよくわかっておられないので、地元のろうの方がすぐ近くにいるにもかかわらず、ご挨拶をされたこともないという方もおられます。
これは、南が見たほんの一部の学校だけではないか?と思う方もおられるかもしれませんが、もちろん、これは2件や3件ではありません。同じ手話の現場におられる方なら、少なからずそのような場面に出くわしたという方もおられるはずです。
また、さらにいうなら、もし万が一、英語であったとして、たった1校でも、このような責任の所在の分からない授業をする学校があったなら、あなたは、どう思うでしょうか?

念のためにお伝えしておきますが、英語でも手話でも、向く子向かない子はいますし、なんのために学びたいかも違うし、ほんの少し、単語だけでもわかれば嬉しいという子供もいるのは、同じであり、価値あることと思います。
また、たとえその子が、言葉を間違えて覚えたとしても、異文化異言語に触れることは、それ自体がその子の人生を豊かにしてくれるものだと思いますので、今は、その指導成果・結果などを問うているわけではありません。
問題は、指導している先生の側の姿勢と、ものの見方です。

さて、話を戻して、英語と手話。同じ言語でありながら、なぜここまで、学校で、先生方の言葉に向ける姿勢が、違うのでしょうか?
英語は文法が違っては大問題。手話は単語さえも間違えて教えてしまっても、それで指導したことになってしまっている・・・
そしてそれは、本当に子供達に、聞こえない人々との出会いを、手話を通じて大事にしてほしいと願うべき教師としての姿でしょうか?
私は、あきらかに、一部の先生方の中に、手話をいい加減に扱っている姿勢があると、感じます。先生方に問います。これ、あなたならどう思いますか?

一方、最近では、だんだん そうした問題に気づく先生方も増えてきたのは事実です。「教師なんだから最低でも手話通訳士程度の力を持った上で教えたい(=小学校教諭には小学校教諭の免許がある/音楽教諭には音楽の免許がある。だから手話にも指導者の能力が必要だと考える)」とか 「聞きかじりの自分が教えるのでなく 地域のろうの方との出会いがつなげる授業を考えたい。地元のろうの指導者や通訳の方にきていただいて教えてもらいたい。」と 考える人に 時々お会いするようになって来ました。
これは、私の中では、とても熱く暖かく嬉しいことで、こうした先生方から手話の指導を受けた子供達は、ほんの短い時間でも、同じように手話を大事なのだと感じ、実際のろうの方や通訳者の方に会えば、直に感じられることもあり、子供達なりに何かを心に留めてくれるようになるのではないでしょうか?そうした子供の何人かに一人が、手話について自然に学びを深め、手話通訳に興味を持ったり、手話通訳者を目指したりしてくれるようになるのだと思います。

私たちは、子供の頃、親や学校から様々な教材や価値観や思いを与えられて大人になります。いまの世はおそらくそうやって、10年20年そしてもっと前からの願いを授かった子ども達が、大人になって実現しているのだと思います。大人であるあなたも私も、その一人かもしれません。

そんな中、手話通訳者不足については、いますぐできることを、私たちも取り組み、もっともっと明るく元気な現場にして行きたいですが、学校の先生方には今一度、手話の授業のあり方を見直していただきたいのです。

あなたの授業は、子供達の将来につながっています。
手話は、日本に生まれた私たちが日々使う日本語や、必死に学ぶ英語などの外国語と同様、聞こえない人にとって大事な言葉です。
私の友人の日系人が話すスペイン語や、ポルトガル語や、すぐ近くの韓国の言葉も中国の言葉も、私の知り合いが勉強しているピリピノ語も、インドネシアの言葉も、様々な言葉も、皆その地で先人から授かり、共に生きて心を通い合わすために人々が使っている大切な言語です。

先生、あなたは手話もそんな大事な言語だと思ってくださっていますか?


image/2019-02-01T193A253A06-1.JPG
本題とは、関係ありませんが、アボカドに隠れたその下のハンバーグが好きなのです。ケールも美味しかった!笑



posted by 南 瑠霞 at 19:27| 東京 ☀| 手話を学ぶ心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする