2019年06月30日

SPK30 きいろぐみ一般公募レッスン第2回


今年の一般公募は、例年にもまして元気でパワフル。
私たちも元気をもらっています。

みんなの悩みは、歌いながら手話をすると手話が乱れてしまうこと。できるだけていねいに、手話を表現していきたいですね。

E902D746-7D1B-4282-9370-360328D2F429.jpeg
みんなで様々な準備を、一緒に進めています。

E3A78FF1-BA5F-4A8D-8D85-52BBF5985E69.jpeg

09054335-3599-4D80-9DBF-D1D1C5E7C074.jpeg

646BE25A-E45D-4374-AFEF-39B9C9A2AA2E.jpeg
準備体操も、念入りに!!

C69B03E5-9507-4709-A809-9FC9D345F799.jpeg
思いっきりの笑顔で、体いっぱいに表現!!

47169636-4FBC-4EA2-914E-4D083E14F407.jpeg

11C5AB87-95ED-4BC3-9912-05D5B4E492A0.jpeg

DF18DF5F-DCBA-41D9-9C0C-112FA9648682.jpeg

343CB63B-EF3F-4382-99AE-849601DE52BF.jpeg
休憩時間には、おやつも食べながら!!

B8430053-EEAE-4D33-AEEC-A9782B348055.jpeg
さあ、みんなで元気に行こう!!!!!!!


68BFDB99-CA0E-49BA-8AF0-E180446165E9.jpeg
8月24日(土)は、きいろぐみ 2019年夏のファミリー手話ミュージカルです。
横浜市港南区民文化センターひまわりの郷「手話トラの星」ぜひ、見にきてください!!
https://www.kiirogumi.net/musical2019/







posted by 南 瑠霞 at 22:27| 東京 ☁| SPK30 2019夏の一般公募!!ファイト!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

始まりました!!2019一般公募夏!!


3E0F82AA-3850-414C-BA93-1408B535CE04.jpeg

6月29日(土)から、いよいよ夏の一般公募の練習が始まりました。
みんな元気一杯です。
ここから2ヶ月、頑張りましょう!!!!!!!!!

今年も皆さん、とても優秀で、もう2曲の歌が進んでいます。

59E00CE5-2168-4EC7-93C5-16544AC65722.jpeg
今日の当番発表

EDD90971-4A52-43F2-A520-0304AADC5599.jpeg
まずは、輪になって、手話や表現の確認!!

509B8243-7E8E-4D8B-848A-580519AC2E2F.jpeg

FD23D5EA-7DC5-4AD2-8CD8-8E15625072BF.jpeg

5C3E6BC4-DEFD-41D9-9694-777BEB1CA98F.jpeg
いよいよ立って、どんどん動きを確認!!

691B7E8B-A68B-456A-BA82-AF53A2963E48.jpeg

4DE0BCF0-E37E-4CB0-8631-45DFD955A719.jpeg

8D79873A-5F20-4BAD-9F12-261725223D72.jpeg

写真は、一般公募スタッフや、メンバーがとってくれています!!!!
ありがとう!!

まだまだ梅雨の最中ですが、みんなで元気にいきましょう!!ファイト!!!!







posted by 南 瑠霞 at 08:10| 東京 🌁| SPK30 2019夏の一般公募!!ファイト!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

スキマスイッチ「青春」


95615732-6139-4ED0-B6D6-2EDC9AF13CB5.jpeg
スキマスイッチ「青春」2019 ミュージック映像
https://youtu.be/vXIXkS61Qqc
出演 : スキマスイッチ ・ 清原 翔 ほか

861C0245-C1D6-4EB4-BAD1-6D5B8911F89A.jpegA675A31D-67D6-42A1-BB5A-AC3E713878C6.jpeg

手話指導 :手話あいらんど
手話コーディネーター:南 瑠霞(手話通訳士)
アドバイザー:佐山 信ニ(ろう者)・塚越 貴仁(ろう者)





posted by 南 瑠霞 at 14:50| 東京 ☀| 南 瑠霞のライブラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

都内手話サークル講演御礼!!


521EE0D5-8ADC-40D2-B797-873DE8E10575.jpeg

先日、都内の手話サークルで、手話についての講演をさせていただきました。
「手話と仲間と私」というテーマをいただき、これまで以上に、聞こえない友人たちとの出会いやつながりを、自分の中でも問いかける内容となりました。
ろうの方もいっぱいきてくださり、交流会では本音もいっぱい聞かせていただいて、本当にありがたいなと思いました。

通訳の失敗談や、活動の中での悩みなども、みなさんにいろいろご紹介させていただきました。
みんなが、友人を大事に思い、聞こえる聞こえないに関わらず、また手話であろうとなかろうと、つながり合おうとするその思いが、ずっと続くような、そんな活動ができていければなと思います。

47F3FB8A-C351-4D5B-B074-B0D848A5FFB7.jpeg
時間の最後に、手話パフォーマンスも披露させていただきました。


68BFDB99-CA0E-49BA-8AF0-E180446165E9.jpeg
8月24日(土)は、きいろぐみ 2019年夏のファミリー手話ミュージカルです。
横浜市港南区民文化センターひまわりの郷「手話トラの星」ぜひ、見にきてください!!
https://www.kiirogumi.net/musical2019/












posted by 南 瑠霞 at 16:35| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

NHKダイバーズビジョン モデル映像に手話通訳出演


25463.jpg

2019春
NHKダイバーズビジョン 近未来モデル映像
スマホに浮かび上がる手話通訳士(南 瑠霞)


※ 南 瑠霞(手話通訳士)は、様々な手話映像に協力しています。









posted by 南 瑠霞 at 16:26| 東京 ☔| 南 瑠霞のライブラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あーりん「天国のでたらめ」


2F020BFB-E0D2-41FE-B57C-265CA85F234C.jpeg

AYAKA NATION 2019 に出かけてきました。
今年のあーりんの手話の曲は、「天国のでたらめ」。
最初、数学的な歌詞のあるこの歌に、なんじゃこりゃ?と思いました。こんな数式みたいな歌詞、どうやって手話にするの???
ところが、歌詞をよく読んでいるうちに、だんだん意味がわかってきた。
過去に願った未来と、その未来がやってきた今。それは、同じか、違っていたか?
君と僕の距離が、変わらなければ、人生は平行線。
なんと、これは、手話のために、生まれた歌詞なんじゃないか? そう思えるくらい、空間を立体的に使うと、歌詞が目の前に浮かび上がった。これならいける!!
そう思って、あーりんに伝えると、あーりんももちろん、しっかり手話の意味を理解してくれて、そして、今回の手話の歌詞が出来上がった。

いつも、書かせてもらうけど、あーりんの手話詞作りは、あーりんの解釈に基づいて、進めさせてもらっている。この歌は、以前ミュージカルで使った歌だということで、ストーリーの中に出てくる設定もいろいろあったようなのだけど、あーりんの出した結論は「ミュージカルの展開や使いどころにこだわらず、今回のソロコンでの一曲として、1つの歌として考えたい」ということ。それをもとに、あーりんと、南と、そしてろう者の元美が一緒に作ったのが、今回の「天国のでたらめ」です。
前半を元気に想いを込めて。曲調が変わった後は、少しモヤモヤした夢の中のように。このイメージをもとに、あーりんが思いを込めた一曲になりました。

もう1つ、手話の歌では、以外に知られていませんが、実はとてもリズム感が大切。音声の言葉とは別に、音楽のリズムに乗せた手の使い方が求められます。聞こえる人は、とかく音声の歌詞にひきづられて、きちんと音楽に手話が合わせられないことも。
ここを、きちんと乗り越えちゃうことができるのが、あーりんのスゴイところ。
今回の歌では、「書いて、消して、芯も、折れて」ここが、リズムの見せ所でもありました。この部分、実は、音楽に合わせて、手話の方が、音声の歌詞より、先に表現されているのです。気づいた方、おられましたか?
この歌の、生き生きしたリズム感が、声で歌いながら、手話では音楽を別の角度でとらえ、ちゃんと表現しきれたのは、あーりんならではの腕前だったなあと思って、本番は、とても気持ちよく、見せてもらいました。よかったー!!

あーりんの、あーりんによる手話の歌。「天国のでたらめ」。今までにない、新しいチャレンジに、私たちもワクワクさせてもらいました。
最初にこの曲を聴いた時、私は、切なさに泣きました。とてもいい歌だなと思いました。
それが手話になった今日、あーりんの表情からも、歌の素敵さが伝わってきたように思います。
あーりん、本当に、よかったですね。熱い1日!!お疲れ様でした。

5BF216CF-135F-48D1-B27D-FA88DA248418.png

あ、それから、コンサート前、横浜アリーナ周辺一帯には、ピンクの服を着たあーりんファンの皆さんが、あふれていたのに、道に座り込んだり、ゴミをだしたり、大声で騒いだりする人が、本当にいなくて、優しさに溢れていたのにも、私はめちゃくちゃ元気をもらいました。
アイドルやコンサートを大事にするって、こういうことだよなって、しみじみ思い、もう本当に、あーりんとあーりんファンの皆さんに、めちゃめちゃヤラれた1日になってしまった! 会場いっぱいにキラキラ輝いていた、ピンクの光は、そういう思いがこもった2万人の気持ちで出来上がっていたんだなあと、家に帰ってきて、改めて、その美しさとパワーに、感動しています。

そしてそして!!あーりんママ!!私たちを見つけたらすぐに!!「佐々木です〜〜〜〜!」と手話がさく裂!!コンサート終了後には、迷うことなく「ありがとう」の手話!! 何度かのおつきあいの中で、いくつかの手話をしっかり覚えていてくださっていて、うれしくて、私たちの心は舞い上がり!!今回はなんと、パパにもお会いできるという素敵な瞬間が!いつも本当にありがとうございます。
暖かなご両親のもとでこそ、あーりんが育ったんだと、肌から伝わってくる。親子って、素敵だなあ。

F0119166-A5F6-4E93-B1F7-DE91C51B4A60.jpeg

ちなみにこれは、横アリの近所のカフェ。あーりんグッズやチケットを見せれば、10%オフって楽しい企画もあって、街中あーりん祭りでした。笑
帰りも皆さん、けして騒ぐことなく、静かにフェイドアウト。あれほどいた人たちが、あちこちにすーっと引いて、夜の横浜には、また元どおり、フツーの風景が広がっていました。
横浜アリーナは、世田谷の私の家から、車で2〜30分。夜の光の中を走って、疲れることもなく、あっという間に家に着きました。
素敵なひと時に、心から感謝です。

さあ、明日からの月曜日、みんなで元気にスタートしよう。あーりんにもらった元気を、いっぱいこの手に乗せて。
今日も、いい1日でした。


★ 佐々木彩夏「天国のでたらめ」2019
手話詞 手話あいらんど 南 瑠霞 & 中島 元美





posted by 南 瑠霞 at 00:19| 東京 🌁| 南 瑠霞のライブラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

チームでの交代の手話通訳!「最初に舞台に立つのは新人」


手話を勉強中の方から、質問がありました。

「 二人の手話通訳者が交互に通訳を担当するのを見ていると、ベテランの人が不慣れな人をカバーしているのがわかります。色々な手話表現がありますが、人が変わっても同じ表し方をしています。あれは
1. 事前に使う言葉を予測して、二人で決めておく。
2. 最初に表した人に合わせる。
3. ベテランの人が表したものに合わせる。
4. ろう者の反応を見て、決める。
どうやっているんでしょう? 」

手話では、長い講演などでは、15〜20分で通訳者が交代します。どんな言語でも、通訳の場合、1人の人の集中力持続時間が15〜20分だとされています。これを超えて、通訳をし続けると、頭が疲労し通訳者が疲れてきます。この疲労の蓄積が、通訳者の健康を害する場合があるため。また、集中力の落ちた通訳は質の下がる可能性もあり、それを見る聞こえない人にとって良い情報環境でなくなってしまうからです。
さて、そんなわけで、上記の質問にお答えします。

E77ED993-0265-45C4-BA7B-511F6EA8A9A9.jpeg

【表出する手話の統一】
1. 事前に使う言葉を予測して、二人で決めておく?

その通りです。手話には、様々な言い回しや単語の表現がありますが、現場で通訳をするとき、チームで事前に「必ず出てくるであろう表現の 単語や言い回しの統一」を行います。一貫して同じ単語、同じ言い回しを使うことで、見る人が混乱せず、通訳する人が変わっても同じ表現を見続けることができるようにするためです。
また、この統一については、前持って、受け取れる資料があれば、みんなで読み、統一が必要な単語の拾い出しなどを行います。
次に、政治の話、経理の話、ITの話などなど、専門用語も関わってくる場合、必要な分野の手話を洗い出し、最終的には、その分野に比較的詳しいベテラン通訳者、または、事前に会場の聞こえない方と話し合いが持てる場合には、その方々も加わって、表現の統一を行なうことが多いです。

828BE66F-DDFD-45DF-8D47-71DE5D814024.jpeg

【最初に通訳に立つのは誰?】
2. 最初に表した人に合わせる。
3. ベテランの人が表したものに合わせる。

⒉ ⒊ については、まとめてお答えします。
「⒉の最初の人に合わせる!!」これは、当然そうならざるを得ません。笑
後に続く人に大いに影響を与えるのが、最初の人!ということになります。この人が表現したものを基準に後の人が合わせなければ、表現の統一になりません。笑

しかし、「3. ベテランの人が表したものに合わせる。」は、ちょっと違います。
私は、この⒊の質問をいただいたことで、今日のブログを、書こう!と、思いました。

⒉のご質問にも関わることなのですが、「最初に通訳に立つのは、基本、新人!」というのが、現在の現場の一般的な考え方です。
新人は、チームの最初に通訳に立つのは、たいていの場合嫌がります。笑 「あなたが!」「いやいや、あなたが!」「私は新人だからムリムリ!!」「最初は、雰囲気もわからないし、やっぱり先輩にやってもらった方がいい」などと言って、先頭を譲り合ってしまうのです。
ところが、当然ですが、全体統一のためには、最初の人が表したものを、きちんと後ろの人が引き継がなければいけません。そして、実は、この「引き継ぎ」にこそ能力が必要なのです。笑
もし、いくら慣れているからと言って、先輩が、先頭を切って巧みな手話で、ペラペラと通訳してしまったら、どうでしょう?大汗 新人にはそれを維持して引き継ぐことが 難しい場合がほとんどです。またさらに舞い上がってしまうこともあるかもしれません。逆に、先輩が後からであれば、前の新人が行なった通訳を、記憶にとどめて、ちゃんと合わせて通訳してくれます。ですから、頼りになる先輩がいればいるほど、新人は先に!!これが、昨今の通訳の順番の常識なのです。笑
⒊ の質問への答えは、「他の人が先輩やベテランに合わせる」のではなく!! 「ベテランが新人に合わせる」!! これが、現場に即したナチュラルな判断ということになりそうです。
新人の皆さん!!ぜひ、通訳の順番は、後ろに控える先輩を信じて、「先に」行なってください。それが、チームとしての表現統一と、それを見る聞こえない人への、心ある協力体制となります。
みんなで、力を合わせて、心を込めて頑張りましょう。

98D1B448-0F43-4F3C-BF1E-BFA9E8C739F5.jpeg

【現場での判断】
4. ろう者の反応を見て、決める。

これは、さらにその上での、判断になります。場合によって、この考えは重要です。
ろうの方が多いと想定していたら、難聴の方の方が多そうだ。音声対応手話よりに、手話と一緒に口話の使い方を増やした方が、良さそうだ。とか、
こちらが良かれと思って準備した専門用語より、できるだけ意味を噛みくだいた一般用語で伝えた方が良さそうだ。などなど・・・
これは、その場で目の前におられる聞こえない方の反応や、休憩時間の指摘によって、変更される場合もあります。
もちろんこの時も、方針の統一は必要ですので、こういう時こそ先輩の出番。より通じやすい表現目指して、大いに先輩を頼り、指示に従い、みんなで最後まで乗り切りたいものです。


以上が、4つの質問についての、私なりのお答えです。
ほんとに、積極的な質問をいただき、今回は嬉しく思いました。
通訳で大切なのは、「チームの協力」だということが、ここからも良く見えてきますね。
みんなで力を合わせて、良き手話通訳目指し、共に頑張りましょう。
本当にありがとうございます。






posted by 南 瑠霞 at 10:06| 東京 ☀| 手話を学ぶ心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

手話通訳士の資格の重要性


首都圏を中心とする手話環境について、ちょっとメモしておきましょう。

今、官公庁の映像等、公の現場で求められている手話通訳者は、厚生労働大臣公認「手話通訳士」でなければ、役割を果たしづらい状況へと変わってきています。
手話言語条例も全国に爆発的に広がる中、テレビ等にも、一定の割合で手話通訳放送が取り入れられ、緊急ニュースや首相官邸からの会見、天気予報などにも、手話通訳が登場する場面が広がっています。
各地でも、官公庁主催のイベントやオリパラ関連行事、また、警察庁や内閣府・厚生労働省などが管轄する各機関の情報映像等に、手話通訳が組み込まれるケースが大幅に増えてきました。

このところ、そうした映像を手がける様々な制作会社・企画会社から 手話通訳の依頼をいただく際、これまではなかった問い合わせや確認が増えています。それは、「来ていただく通訳者は、手話通訳士の資格を持った方であること。また、内容はその方だけではなく、派遣団体または、別の通訳士が二重にチェックし、間違いがないと保証された状態で、完成されなければならない」というものです。

7FDD5826-5314-4080-8CA3-852133F18A52.jpeg

もちろんこれ、ナチュラルな話で、そもそも専門家でない人(または必要な能力に満たない人)が通訳し、間違った(または不適切な)通訳のついた映像が流れれば、映像を配信した主催者の責任問題になりますし、そんな情報を見せられれば、聞こえない人は大迷惑をこうむってしまいます。こうしたことに、良心を持って取り組み、良質で心あるコンテンツを配信したいと願うのは、誰にとっても当然の思いの証です。

というわけで、現在良識ある手話通訳者 及び 手話通訳派遣団体であれば、こうした公的な通訳の依頼には、一般に手話通訳士の資格のある人、またはそれに準じた人(この場合現場の責任者に、この人以外に手話通訳士の有資格者も必ず配置されている)状態で、通訳者が派遣されているのが常識です。
(各県などであれば、手話通訳士の資格がなくても、その県が責任持って許可した能力のある登録通訳者が担当していることが通例です。)

06C599A5-9DD9-49B3-86D2-09E582508E32.jpeg

では、今なぜ、こうした条件付けが、新たに多くの方々の口に登ることとなったのかと言う経緯について、振り返ってみたいと、今日は思いました。

つまり!!それは、とてもいいにくいことですが!!
今まで(ほんの1〜2年前まで)は 社会の常識がそうじゃなかった!!!と言うことです。大汗

私も、様々な映像や、舞台などなどを、拝見するにあたり、心苦しく思うものは、なんどもおめにかかっています。

かつて、私のブログにも紹介しましたが、「そんなに手話がプロ級でなくてもいいので、少し手話を学んだ方に、イベントの通訳に来ていただきたい」と言う依頼は、いまでも後をたちません。
その方々は、たいてい「内容は簡単なので、大丈夫です。」とおっしゃいます。
ところが、もともと手話についてあまりご存知ない方には、内容の何が簡単なのかについて、その根拠など、わからない場合がほとんどです。伝えたい内容が簡単であることと、それを適切に通訳できるかどうかは別物だと言うことが、基本的に知られていないのです。
ここで、迷惑するのは、主催者でも通訳者でもなく、そのような通訳を受ける聞こえない方だと言うことにまで、思いが至っていない。

こうした場合私はたいてい、相手の方にお尋ねします。
「例えば海外の方がお客様として見える際に、英語でも、『そんなに英語がペラペラでなくてもいいので、少し学んだ方』に、通訳を依頼されますか?」
ところが、こう質問されると、「いいえ」とおっしゃる方がほとんどです。汗

これは、多くの人が中学高校時代、長く英語を学び、通訳のあり方がどういうものかイメージができているからかもしれません。
中学・高校と6年も英語を学んだ私たち(今では小学生も学んでいる)は、語学を「ちょっと学んだ程度」ではありません。しかもその頻度は、手話のように週に一度ではない場合がほとんどです。一般の学校に通った人なら、家で予習復習を一切しなくても!!最低でも週2〜3回は、基本的に学校で英語に触れていたはずです。
手話の発想で言えば、そんな私たちなら、英語の通訳は、「誰でも気軽にできる」ことになります。
あなたは、とっさに、「とても簡単な日本語」を、英語で海外の方に通訳できるでしょうか?
(この話の場合、非常に優秀で学校の授業だけで通訳ができるようになった方は、対象外とさせてください。笑 )

実は、手話においても、これは同じ。ちょっと学んだだけの人では、よほど向いていない限り、手話通訳はしづらい!!が、ナチュラルな答えかと思います。
にも関わらず!!「そんな状態の人に手話通訳を依頼する 不自然さ」について、まだまだ多くの人は理解していない!!と言うのが、私が肌で感じる現状です。

手話は、1つの文法を持つれっきとした言語。通訳には、能力が必要です。
また、日本語と語順の近い、音声対応で通訳するにしても、それはそれで、単語数が少ない人、とっさに手が動かない人には、通訳はとてもハードルの高いものとなります。

5E899DDB-6E77-466C-8226-FB45EBF25D2E.jpeg

あるとき、うちに、驚くような翻訳の依頼がありました。
「大きなイベントで、手話通訳を頼んだが、ろうの方にインタビューした際、どうも、適切なコメントが得られなかった。その映像は、すべてある。良き編集をして、イベントの楽しさを盛り上げたいが、ろうの方のおっしゃっている内容がわからないので、一旦、その映像の手話を、すべて日本語に起こしてほしい。」と言うものでした。
(私たちの元には、こうした、手話の検証の仕事が持ち込まれることも 時々あります。)

拝見してみると、映像では、明らかに手話通訳の方が、ろうの方の手話を読み落とし、ろうの方の言葉が、きちんと日本語にされていないようでした。その横で、ろうの方同士が「なんか、手話が通じないみたい。この通訳の人の言っていることわかる人いるかな?誰か呼んできたほうがいいんじゃない?」と、手話で話している様子まで しっかり映っています。大汗
通訳の方が、その場の様子を、ろうの方にも、取材している方にも、きちんと伝え切れていなかったのです。

ひとまず、この映像には、すべて、私たちがわかる限りの読み取りをつけて、お返ししました。ろうの方のコメントは後からではありますが、主催者にも伝わったことと思います。

ただこれは、まさに「ちょっと手話を勉強した人がイベントの通訳に呼ばれてしまった」例だということも、すぐにわかりました。
通訳をされていた方に悪意はなく、頑張っておられるのはわかりましたが、技術が追いついていなかったのです。もしかしたら、このような重要な通訳をするとは思ってもいなかったのかもしれません。
これは、通訳者の責任と言うよりも、主催者の通訳者の依頼の仕方が、明らかにずれてしまった例だったのです。
主催者の方には、そのことも正直にお伝えし、今後の通訳の依頼方法を検討していただけるようお願いをしました。
最初から、きちんとした通訳者を設置していれば、あとから、私共に余計な翻訳を依頼せずとも、良質な通訳が実現でき、余分な費用も発生しなかったわけですから。

このように混乱した現場をいくつか見れば、私の知らないところでも、同様のトラブルが少なからず発生してきていることは、想像できます。
そして、多くの主催者が、自分たちの手話通訳の依頼の仕方にも問題があると、理解し始めたことで、今ようやく、「手話通訳士と言う資格に着目し、内容にはダブルチェックが必要だ」と考えるようになった。そして、これがルールとなって社会に出回り始めたのだと、これまた多くの現場の様子から、私は肌で感じています。

2C9FA803-119A-46D9-A1FC-668C1292F715.jpeg

世の中は、厳しくなったのではありません。
本当の意味で「優しく」なり始めたのです。

イベントや映像に、手話が、なんのためについているか?
それは、主催者の、気遣いがあるところを見せるためのアリバイになってしまっては意味がありません。
聞こえない人がその通訳を利用している。だからみんなが大事にしたい。そう思えて初めて、社会が動くのだと、令和になっての大きな変化を、私は嬉しく感じています。

手話を知らない人も、そうした問題を理解して ともに良きものを作って行くために、良質の手話の持ち主としての証明となるものが「手話通訳士」の資格です。
一般の、舞台・映像の主催者・制作者は手話についてあまりご存知ない方も多いのは現実です。そういった方でも、安心して、通訳を任せられる共通の資格。それが「手話通訳士」。そう思えば、私たちも、その資格を大事に、できればそんな資格を持った人を多く育てたいと願うのも、自然な流れだと思います。
みんなで、頑張りましょう。







posted by 南 瑠霞 at 10:58| 東京 ☔| 手話通訳をご依頼下さる主催者・クライアントの皆様へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

通訳者3人メモ 太田様


前田靖子 午前
CD44BB55-A077-4253-BD2D-D5A36C72C8C2.jpeg


南 瑠霞 夕方〜夜
E92E373F-4BE3-4464-9724-5382F4A69456.jpeg


清田ちさと 昼の時間帯
47A5062E-F5BB-4B9E-AFF1-EA56B1207851.jpeg
posted by 南 瑠霞 at 17:02| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

茅の輪


image/2019-06-19T223A033A06-1.jpg

「茅の輪」ちのわ と読むのだそうです。
今、家の近くの八幡様の入り口に、茅の輪が建てられています。
説明の看板に、八の字にくぐるように書いてあったので、わけもわからず、そうくぐってみました。笑笑
これは、神社で、6月と12月の年に二度行われる神事のようで、厄よけや無病息災を願う輪なのだそうです。

image/2019-06-19T223A043A06-1.jpg

この神社は、猫のおみくじや、恋愛みくじや、ユニークな絵馬などもあって、若者やファミリーも楽しめる工夫がいっぱいあり、地元に根ざした温かい雰囲気の神社です。今までどうして気づかなかったのか、不思議です。


image/2019-06-19T223A023A05-1.jpg
「神社」「鳥居」「宮島」「広島」(C)手話あいらんど
両手の二本の指で、鳥居の形をなぞるように表現します。
広島県の宮島の赤い大鳥居に由来して、「広島」もこの手話で表現します。



posted by 南 瑠霞 at 23:47| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

手話は聴者の都合のいいようにはできていない


とある現場でのことです。
「手話では、『あなた』『私』とはっきり指さしますが、これをもっとさりげなくすることはできますかね? 特に相手を指さす『あなた』は、ちょっときついので、手のひらを上に向けて、そして、あまり手の位置をあげずお腹のあたりで表現しても良いですか?」

こう質問があったので、ご本人にやって見てみていただくと、これが「ちょうだい」に見えたり、「〇〇ですか〜?」の問いかけの表現に見えたりする・・
「手話では、指さすことは当たり前なので、人差し指ではっきり相手をさした方がいいのでは?」と ろう者スタッフが指摘すると、「それじゃ、ちょっと不自然なので 違った表現を教えてください。」と返事が返ってくる・・・
この両者の言い分を、分け合える答えは、実は、なかなか見つけられません。手話を取り入れようと思った時点で言語が違うので、聴者の音声言語の都合には、全面的に合わせることはできないからです。

手話を学んだ人なら、当然そこは手話のルールをわかっているわけですが、映像でイメージ的に手話を使いたいと発想した聴者の制作者は、元から違ったイメージがあって、そのイメージに当てはめた手話が欲しいと思ってしまうのです。

こうしたやり取りは、実は手話指導を承った、様々な現場で、常に繰り広げられています。
でも、みなさん、落ち着きましょう。笑
手話は、聞こえる私たちの都合に合わせて、なんとでもなるものではなく、「独自の文法を持つ1つの言語であり 1つの文化」なのです。

これは、他の言語同士でも、全く同じ。

例えば「キツネの嫁入り」。
ドラマのセリフで、役者さんが、「あ、キツネの嫁入りだ・・」と言いながら、空を見上げたとします。

狐の嫁入りとは、もちろん、晴れた空から降ってくる雨のことを示す、天気にまつわる言葉ですが、これは、日本独特の言い回しでもあります。日本人に生まれ育った人なら、これを聞けば、昔話の 狐の花嫁の 白いほっかぶりの角隠しをした和装の姿や その花嫁に雨がかかるのを防ぐ、蛇の目傘を思い浮かべる人も、少なからずいると思います。
「狐の嫁入り」という言葉には、「天気雨」という意味以外にも、何か日本人特有の風情や情緒を呼び起こす響きも含まれているのです。

では、これを英語にするなら、どうすればいいのでしょうか?
当然ですが、これを「フォックス ウェディング」とするには難があります。英語の「フォックス ウェディング」は、単にまさに「狐の結婚(式)」そのままでしかない場合が多いからです。もしこの言葉を、セリフに当てはめるなら、その続きに、「なにそれ?」「え?ああ。日本ではね、こんな晴れてるのに雨が降る日のことをフォックス・ウェディングっていうんだ。昔々の物語ってとこかな?」というセリフのやりとりを付け足さなければ、ストーリーが繋がりません。
でも、このシーンの台詞は、「あ、狐の嫁入りだ・・」のひとこと。そんなセリフを付け足せば、元の台本の意図自体を変える大手術になる上、そもそも、しゃべっている時間も長くなってしまいます。
また、英語ではこうした状態を「サニー&レイン」と言ったり、「サン シャワー」と言ったりする人もいるようですが、いずれも、狐は出てきません。

ここで英語に、「やはり日本の情緒も翻訳して欲しい。狐の出てこない英語は、イメージに合わない」と注文しても、英語が日本人の都合のいいようには、できていないので、何かを変えるしか、翻訳の方法はない!ということになります。
一方、日本文化なんだから仕方ないとして「フォックス ウェディング」と直訳だけをいきなりつけても、英語を主体にストーリーを見ている人は、逆に何かのキーワードかなのか?と、会話の意図とは違うところで、言葉に引っかかり、情緒どころではなくなってしまうかもしれません。笑
これより先は、そうした翻訳が得意な戸田奈津子さんにお譲りするとしても(笑)、とにかく、言葉の違いは、文化の違い。互いの思惑通りに、相手の言語を変えることはできないということは、私たちは、知っておくべきです。

この答え、とりあえず私なら、映像でお天気雨が見えていることを考えると、聴く人の耳に違和感が残らないのは、結局のところ「イッツ レイン・・(雨だ・・・)」のシンプルなひと言だという気もします。笑

さて、話は戻って、手話には、たくさんの指さしが出てきます。これが、不自然だ、違和感がある!と感じる聴者の方もいます。
でも、英語の自然は、日本語では分かりづらかったり、日本語の自然が、英語では曖昧だったり、互いにとって互いを理解しづらいと思うことがたくさんあるように、手話もまた、聴者の都合のいいようにはできておらず、手話には手話のネイティブのあり方があります。
難しいですが、これが、手話の面白いところでもあると、私はいつも思います。

そんなことに、気づけるのも、手話を学んだからこそだと思えば、それは、苦労や摩擦でなく、互いをもっと知り合うためのチャンスであり、私たちは、もっと豊かになれるのではないでしょうかね?
文化の違いは、時として相手の悪意のように感じられることもあるかもしれませんが、そうではない場合もある!
その人はその人の文化のナチュラルを生きているってこと、日々頭を柔らかくしておもんばかってみたい。自戒も含め、そんなことを考える今日この頃です。
文化の違いを楽しもう。感謝。


78B718EC-480C-4D88-84AA-0A5D13E461A0.jpeg
ネットの写真を使うより、自前のキツネの写真をと思って探したのですが、「キツネザル」さんしかいませんでした。笑
でも、可愛いですね。






posted by 南 瑠霞 at 13:55| 東京 ☀| 手話を学ぶ心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

きいろぐみ説明会御礼!!


6月15日
2019夏手話パフォーマンスきいろぐみ 一般公募説明会が無事終了しました。

今回は、愛知や岡山の方など遠方の方も多く、年齢層も、小中学性から60代までと とにかく様々な方がきてくださって、皆さんの熱い気持ちに、感動しました。皆さんのキラキラした目を見ながら、大事に作品を作らなくてはいけないなと、気持ちを新たにしました。
きいろぐみ30周年の、手話ミュージカル。いろんな方が、興味を持ってきてくださったこと、心から感謝です。
みんな、新幹線や夜行バスで、無事帰ったかな? どうぞ毎週気をつけて来てください。
みんなで、元気な舞台作りましょう。
一般公募の練習は、6月末からスタートです。

FAB2259D-593B-4CCC-8E33-ABE6CD24DED2.jpeg
今回の司会は、ろう者のいくみと若手ヒヤリングキャストゆうたろう。元気に説明会を進行してくれました。
ろう者 河内 健治と、南 瑠霞で、きいろぐみ30年の歴史を解説。

C1BC3C71-04A4-4222-88BA-350AED375739.jpeg
手話とろう者の立場から、多くの人に夢を配る!!これが、きいろぐみの目指すものです。
きいろぐみ代表 南 瑠霞。

5C8FB5C7-4083-4D32-96EF-EDD292664789.jpeg
スタッフは、キャストより簡単・・ということはありません。スタッフがいてこそ、キャストたちが輝きます。
制作スタッフ 佐々木 凌。

CC2C6B72-4F1A-42A4-BD0B-FBFC93B298BD.jpeg
キャストは、情熱を持って舞台に参加して欲しい。きちんとセリフや踊りを覚える。遅刻をしないなど、真面目な気持ちも大切です。問題は下手かどうかではありません。精一杯元気に演じましょう。
きいろぐみデフキャスト ことぷき。

40C21AC5-3E33-43F5-9C0E-7E9C8C8FBC6C.jpeg
一般公募の参加体験を、ろう者と聴者の先輩が一人ずつ、お話。研修生 RIN & 中森聡。

3317CAD8-6248-45E1-9987-9C20750810B0.jpeg
聞こえないメンバーの、学校や生活の様子。手話のいいところなど、ろう者ならではの体験トークは、笑いもあふれ、みんなの心を打ちました。
きいろぐみデフキャスト 中嶋 元美 & 塚越。

2E4B472A-26CB-46EB-A5CF-A6BDB0E96E0B.jpeg
「聞こえない人は、全て、手話の歌が好きなのか?」手話の歌の在り方。本当の意味で「聞こえることと聞こえないことの違いは?」と、たくさんの問いかけがあった「手話パフォーマンス体験」。
きいろぐみ代表 南 瑠霞 & デフキャスト 中島元美。

58ED0CE8-918F-44B1-A4CA-1CBDA3871C8B.jpeg
説明会の最後は、きいろぐみのみに手話ライブ!!
きいろぐみの新曲。きいろぐみオリジナルソング「ひまわりの道」

6DA2F06B-77DE-4CE6-B494-34ED56828629.jpeg
きいろぐみの看板ソングとも言える元気な歌も登場。会場の皆さんも一緒に、元気に手を動かして、歌いました。

ここから始まるきいろぐみの夏!!
あなたも応援よろしくお願いします。
感謝!!









posted by 南 瑠霞 at 00:23| 東京 ☔| SPK30 2019夏の一般公募!!ファイト!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

2019.06.15(土)18:30〜手話パフォーマンスきいろぐみ夏の一般公募説明会!!


C5B354D6-100C-4058-8FD3-447EDBBC96B5.jpeg

手話パフォーマンスきいろぐみが、今年も、スタッフ・キャストを一般公募します!
2ヶ月間特訓をして、8月の手話ミュージカルに参加しよう。
手話初心者でも大歓迎♪聴こえる人も、聴こえない人も集まれ!
手話の夢を一緒に届けよう!!!

≪ 説明会の参加申込み ≫
https://www.kiirogumi.net/ippankoubo2019/contact/
当日の飛び込み参加は大歓迎!ですが、資料準備などのため、お申し込み手続きの協力をお願いします。説明会は無料です。

5B16593D-CA0D-4C46-A811-E07AC567AAFE.jpeg

【夏の一般公募 説明会詳細】
一般公募の参加には、スタッフ・キャスト希望者、ともに説明会への出席が必須です。
一般公募について詳しく知りたい方、参加しようか迷われている方は、ぜひぜひお越しください。
また、すでに一般公募への参加を決意されている方も説明会に必ずご出席くださいね!

【日時】6月15日(土)夜18時30分〜
【料金】無料
【内容】概要・参加方法の説明、手話パフォーマンスレッスン など
【会場】世田谷ボランティアセンター  →地図・アクセス方法はこちら
【説明会 参加申込み方法】インターネットからお申し込みください。
※会場のお席と、資料準備の都合がありますので、出来るだけ事前のお申込みのご協力をお願いします!

≪ 説明会の参加申込み ≫
https://www.kiirogumi.net/ippankoubo2019/contact/
当日の飛び込み参加は大歓迎!ですが、資料準備などのため、お申し込み手続きの協力をお願いします。説明会は無料です。

BB4EFF41-1D96-4A17-904B-78DF013D9598.jpeg

【夏の一般公募 レッスン日程】 ※予定
【説明会】6月15日(土)夜 18時30分〜。世田谷ボランティアセンター。
【練習会場】世田谷区付近
練習時間 土曜日18時30分〜21時 / 日曜日13時〜18時
6/29(土)・6/30(日)
7/6(土)・7/7(日)・7/13(土)・7/14(日)・7/20(土)・7/21(日)・7/27(土)・7/28(日)
8/3(土)・8/4(日)・8/10(土)・8/11(日)・8/17(土)・8/18(日)
※練習日程等は、変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
【参加必須】
7月27日(土)全日 ワークショップ
8月23日(金)全日 手話ミュージカルリハーサル
8月24日(土)全日 手話ミュージカル本番(2回公演)
※この他、随時ミニステージが入ってくる場合があります。そこへの出演もできる限りお願いします。

733D0EE4-2768-4EDC-A48B-6C2AF263D8C9.jpeg

【夏の一般公募 要項】
お申込み期限:6月15日(土) 説明会終了後、会場で直接お申し込みください。

ABAFE061-295A-4AE0-B9B5-97334111F83E.jpeg
★ スタッフ(定員5〜10名)

大道具、小道具、音響、映像、記録、販売などのお手伝いをしていただきます。(聴者・ろう者を問いません) 
6月15日(土)の説明会に必ずご出席ください。
また、全練習のうち、8割以上出てくださる方に限ります。
参加費(初心者):15,000円(税込)
(指導料10,000円+保険・事務費5,000円 /内税)

参加費(経験者):10,000円(税込)
(指導料5,000円+保険・事務費5,000円 /内税)
※過去2年以内(2017年〜)に参加されている方は経験者料金となります。

EFEF155F-C77B-4B9C-9DD0-3C4FC5FBFE51.jpeg
★ キャスト(定員およそ20名)

本番で一緒にステージに立つキャストです。(聴者・ろう者を問いません)
6月15日(土)の説明会に必ずご出席ください。
また、全練習のうち、8割以上出てくださる方に限ります。
参加費(大人・初心者):45,000円(税込)
 (練習指導料40,000円+保険・事務費5,000円 /内税)

参加費(大人・経験者):40,000円(税込)
 (練習指導料35,000円+保険・事務費5,000円 /内税)

参加費(小学生以下・初心者):35,000円(税込)
 (練習指導料30,000円+保険・事務費5,000円 /内税)

参加費(小学生以下・経験者):30,000円(税込)
 (練習指導料25,000円+保険・事務費5,000円 /内税)
※過去2年以内(2017年〜)に参加されている方は経験者料金となります。
※衣装代は別途相談の上、皆さんご自身で揃えていただきます。

・ 一般公募の方は、各ステージ本番とそのためのリハーサルには、必ず参加していただきます。事故・急病等特別の事情がない限り、欠席しないようご協力お願いします。
練習日に休まれた場合、振替のレッスンはありません。周りの人によく聞いて、自分で追い付いて下さい。
・ 人前で夢を配るというステージパフォーマンスです。練習状況が不真面目な方、きちんと動きを覚えてくださらない方は、本番出演をお断りすることがあります。そのようなことのないよう、お互い一生懸命練習しましょう。(途中でおやめになった場合、参加費用など お返しできません。ゴメンナサイ)
・ 一般公募は、参加するキャストの皆さんが楽しむことだけを、目的とする出演体験企画ではありません。 皆さんに、楽しく演じていただいて、お客様に夢を提供する側になっていただく活動です。
☆ 一般公募では、スタッフ・キャストとも手話エンターテイメント後進育成の場と位置づけ、指導料をいただいています。

【一般公募の皆さんへ】
☆ イベント終了後、優秀な方は、きいろぐみ研修生としてご活動いただいています。
☆ スタッフ志望の方は、各イベントマネージャー・舞台監督補佐などとして。また、キャスト志望の方は、イベント・テレビ・雑誌などの出演者として、まじめで魅力的な方を研修生としてお迎えしています。

71EE5B90-6C9A-4D1B-B8B3-009F61D88BDD.jpeg

≪ 説明会の参加申込み ≫
https://www.kiirogumi.net/ippankoubo2019/contact/
当日の飛び込み参加は大歓迎!ですが、資料準備などのため、お申し込み手続きの協力をお願いします。説明会は無料です。







posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 南 瑠霞からのお知らせ・ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

梅雨


CB2EF29F-FBB6-43FB-962D-31380A468EDB.jpeg

梅雨の中、あちこちで、雨に濡れた花が街を彩っています。

この時期の雨は、木々の汚れも洗って緑も美しくなり、嫌いではありませんが、このところ、激しすぎる雨に被害も出そうで、少し気になりますね。
ほどほどの良き雨が、水不足にならない程度に、降ってくれますように。

0EBE5990-77E7-4A5F-A79E-06E5C6143CC6.jpeg
(雨に煙る新宿区)

「梅雨」という手話は、「梅」という手話と「雨」という手話を組み合わせて表現することもよくあります。

「梅雨」=「梅」+「雨」 (C)手話あいらんど
CF7D1A06-DFBB-4668-A460-C67788F2D44F.jpeg
@「梅」の手話を表現。
(昔、頭痛などの時、おばあさんがこめかみに梅を貼ったことが、
この手話の語源だと言われています。
丸い梅を口元と、額の横に着けるように表現。)

F9FFBF15-EE7B-473C-8D42-41CB31709BBB.jpeg
A「雨」
五指を広げ、上から下に振る雨の様子を表現。

550B720A-6188-41DF-B60A-767C1049EF0B.jpeg

手話の「雨」の表現は、強さの度合いによって、表現が変化することで知られています。

「雨」
image/2015-06-11T223A173A05-1.jpg
基本的「雨」の表現は、五指を雨のすじに見立て、上から下に何度か振り下ろします。
(C)手話あいらんど

「小雨」
image/2015-06-11T223A173A24-1.jpg
これが小雨になると、五指をバラバラに動かしながら、ゆっくりと下に下げ、静かに降っている様子を表現します。
(C)手話あいらんど

「大雨」
image/2015-06-11T223A173A37-1.jpg
大雨では、これが、何度も強く振りおろす表現に。表情も、大雨を見る目ような目で、険しくなり、雨の強さを表わしています。
(C)手話あいらんど

同じ単語でも、強さや状況に応じて表現が変わる・・・この手話の特徴は、視覚言語(目で見る言葉)ならでは。一つの単語でも、場面によって、こうした変化があると知ると、手話への興味もますます広がりますね。






posted by 南 瑠霞 at 22:11| 東京 ☔| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

保育士さんワークショップ!御礼!!


6A25A8CC-127C-4EF4-9209-0866BB47408C.jpeg

6月に入り、保育士さんたちの手話の歌(手話パフォーマンス)のワークショップに呼んでいただきました!

私は、2000年ごろから、毎年保育士さんを育成する短大の手話の講師をさせていただいています。その後社会に出た学生さんたちの多くは、いま中堅の保育士さんになっています!ワォ!!みんな、頑張ってる!!
その中のお一人が、去年突然連絡をくださり、「当時の南先生の手話の授業は、とても感動したし、ほかでは学べないことを教えていただきました。ぜひ、うちの園で手話の歌の授業をしてください。」と言って下さいました。
保育園や幼稚園では、手話の歌に取り組む保育士さんたちもたくさん。その中で、手話の本を見ただけではわからないことも山のようにあるので、ぜひ、方法やポイント、何が大事なのか?を、一緒に学びたい!といっていただいたのです。
それがご縁で、今年も!! 保育士さんたちが、一緒に学ぼうと、私たちを呼んでくださったのです。

時がつながり、ご縁がつながり、手話の輪がつながり、素敵な1日を過ごさせていただきました。


DA34B5C1-50DD-4151-8210-E14B425604B6.jpeg
「あいさつ」という手話は、両手人差し指を向かい合わせて曲げて表現しますが、これは、人と人が頭を下げてあいさつしている様子が語源のようです。

05E6AB1E-A102-4FE4-9C18-ECABBA5D8B90.jpeg
「手話は、聞こえない人の大事な言葉。」耳の聞こえない中嶋元美ちゃんが、自分の体験も交えながら、「聞こえない人の生活」などについても、皆さんにお話しさせていただきました。

EE1B082C-E8DC-4613-8E91-7DB770A135C5.jpeg
手話の歌といっても種類は様々。手話ラップや手話群舞、手話のポエムを作り上げそこに後からイメージ音楽をつけたものなど、色々あります。その中でも、今回は特に、保育園などでよく歌われている子供達にも人気の歌に手話をつける方法について、学びました。

6C798853-C985-4028-939E-AC3CAC8C6C0A.jpeg
たくさんの保育士の先生方が、楽しんで参加してくださいました。

19C6E940-0A5F-468D-A05F-2AD20196C78D.jpeg
最後は課題曲を、みんなで輪になって表現!!


保育士さんたちは、子供達に夢と希望を伝え与える 素敵な大人!!
「手話で聞こえない人とお話ししよう!」「手話ってね、こんなに素敵なんだよ。」「手話はね、私たちと同じように、聞こえない人が思いを伝え合うために使っている『大事な言葉なんだ』」そんなことも、お話ししながら、子供達と手話の輪を広げて欲しいですね。

「みなさんは、これから、聞こえない子供達や、保護者の方々と会うことも、きっとあると思います。そんな時、手話だけにこだわらず、絵を書いたり身振りをしたり、園の砂場で文字を書いたり、諦めないでいっぱいコミュニケーションを取ってください。」
最後に、中嶋元美ちゃんから、こんなメッセージも送られました。

本当にありがとうございました。


※写真提供 : 学研ココファン・ナーサリー






posted by 南 瑠霞 at 08:36| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

蒼井優ちゃん!!おめでとう!!


今朝のニュースで飛び込んできた 蒼井優ちゃんと山里亮太さんのご結婚!
本当におめでとうございます!!!!

917E4F70-98F0-4B5C-BF73-A28DE1A1AF20.jpeg

蒼井優ちゃんとは、ドラマ「若者たち2014」の時、ご一緒させていただき、仲良くしていただきました。
http://minamiruruka.seesaa.net/category/23340728-1.html
優ちゃんは、テレビから見る優しさや芯の強さがイメージそのままの人でもありましたが、控え室では、とてもお茶目で明るく元気な人でもありました。

私が一番覚えているのは、フラガールのダンスの背面起き上がりについて尋ねたときのことです。
「そうそう、あれは、私が自分でやりました。吹き替えなどじゃないですよ。ほら!!」といって、その制作の時からは、かなり時間もたっていたのに、パッと立ち上がり、フラの舞台にいるかのように、楽屋の畳の上ですぐに踊りだして見せてくれたことです!!驚き!!
飾らず、さっぱりした性格で、周りの誰にも優しさを振りまいていて、素敵な方だなあと思いました。遠くテレビの画面から見ていた優ちゃんも、私は以前から好きでしたが、楽屋でご本人にあって、ますます好きになったことを覚えています。

山ちゃんも、そんな優ちゃんと意気投合したことと思います。
お二人は、明るく優しく素敵な家庭を築かれることと思います。
本当におめでとうございます。

142735DC-3E89-44A9-808E-5A9DDB368E36.jpeg

BE71ADA0-628A-4377-90F8-D217C95AC829.jpeg

835E0646-5067-414E-BAF4-E5FD26816B01.jpeg

また、これからも、みなさんと素敵なお仕事ができればいいなあ。
様々なロケにご一緒し、撮影は、現場にも1つ1つのキャスト・スタッフの皆さんとのドラマがあり、たくさんの温かい思いをいただいています。感謝!









posted by 南 瑠霞 at 12:41| 東京 ☀| 若者たち2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする