2019年06月10日

梅雨


CB2EF29F-FBB6-43FB-962D-31380A468EDB.jpeg

梅雨の中、あちこちで、雨に濡れた花が街を彩っています。

この時期の雨は、木々の汚れも洗って緑も美しくなり、嫌いではありませんが、このところ、激しすぎる雨に被害も出そうで、少し気になりますね。
ほどほどの良き雨が、水不足にならない程度に、降ってくれますように。

0EBE5990-77E7-4A5F-A79E-06E5C6143CC6.jpeg
(雨に煙る新宿区)

「梅雨」という手話は、「梅」という手話と「雨」という手話を組み合わせて表現することもよくあります。

「梅雨」=「梅」+「雨」 (C)手話あいらんど
CF7D1A06-DFBB-4668-A460-C67788F2D44F.jpeg
@「梅」の手話を表現。
(昔、頭痛などの時、おばあさんがこめかみに梅を貼ったことが、
この手話の語源だと言われています。
丸い梅を口元と、額の横に着けるように表現。)

F9FFBF15-EE7B-473C-8D42-41CB31709BBB.jpeg
A「雨」
五指を広げ、上から下に振る雨の様子を表現。

550B720A-6188-41DF-B60A-767C1049EF0B.jpeg

手話の「雨」の表現は、強さの度合いによって、表現が変化することで知られています。

「雨」
image/2015-06-11T223A173A05-1.jpg
基本的「雨」の表現は、五指を雨のすじに見立て、上から下に何度か振り下ろします。
(C)手話あいらんど

「小雨」
image/2015-06-11T223A173A24-1.jpg
これが小雨になると、五指をバラバラに動かしながら、ゆっくりと下に下げ、静かに降っている様子を表現します。
(C)手話あいらんど

「大雨」
image/2015-06-11T223A173A37-1.jpg
大雨では、これが、何度も強く振りおろす表現に。表情も、大雨を見る目ような目で、険しくなり、雨の強さを表わしています。
(C)手話あいらんど

同じ単語でも、強さや状況に応じて表現が変わる・・・この手話の特徴は、視覚言語(目で見る言葉)ならでは。一つの単語でも、場面によって、こうした変化があると知ると、手話への興味もますます広がりますね。






posted by 南 瑠霞 at 22:11| 東京 ☔| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする