2009年02月23日

海司役 田中幸太朗さん お疲れ様でした!!

愛の劇場 ラブレター

今日は、
おとなの海司を演じた 田中幸太朗さんに、
メッセージをさせていただきます。

田中幸太朗さん、
ガラス越しの、愛のことば、
いいシーンでしたね。

実はあの時、幸太朗さんは、
まったく音声を使っていませんでした。
カメラ等切り替えには、すべてのスタッフが、
手話の区切れ目などがわかっていなければ
ならないのですが、
慣れない人は、手話だけ見ていても、
ついていけなくなってしまう場合があります。
また、ちょっと台本を見たりして、目を離すと、
手話を見逃してしまって、
どこをやっているのかわからなくなってしまったり、
音声のない手話だけの撮影には、
皆さん苦労されたようです。

それで、今回の重要シーンでは、
裏で私にマイクが仕込まれ、
私が、幸太朗さんのすべての手話の
同時読み取りを行っていました。
私の声は、外には漏らさず、
スタッフの皆さんがつけているイヤホンだけに
入るようになっており、
皆さんそれをきっかけに、
画面の切り替えなどを、行っておられました。

手話の撮影では、
一般の音声のお芝居とは違う点も、
いろいろありましたが、
これも、手話撮影の特徴のひとつでした。笑

嫁さんになって.jpg
(海司が「嫁さんになってくれ」と、
『結婚』の手話を表現した瞬間。)

さて、その幸太朗さん、実は、
今回が初めての、手話のお仕事ではありませんでした。
ちょうど、1年くらい前、
同じTBSで、女子刑務所東3号棟という
泉ピン子さん主演のドラマがありました。
その時、ろう者の役をされ、
手話指導させていただいたのが、最初でした。
あのときも、すごく一生懸命、
ろうのスタッフと、お話しされていましたよね。

今回は、それに続いて、すぐ、半年後の仕事でした。

海司の手話は、正しさより、
暖かさや、不器用さや、一生懸命さを重視した手話。
単語の数を少し少なめにし、
日本語音声の意味を、
うまく補える範囲の手話翻訳をさせていただきました。
幸太朗さんは、最初こそ、少しやりにくそうでしたが、
今回は、2度目だったということもあり、
終わりに行くほど、のびのび演じていただき、
とても感謝しています。

幸太朗さんは、役柄そのものの、明るい方で、
移動のバスの中や、飲み会でも、常に盛り上げ役。
本当に、素直でおおらかな方でした。
また、海司よりは、
もう少し都会的で、細やか方でもありました。笑

最初見た目は、
どちらかというときれい系の方のようだったので、
クールな人かなという印象もあったのですが、
本当にコミュニケーション好き!!
& 周りにいろいろ気づかいもされる暖かい方でした。
今回も、空き時間には、
自分でどんどんいろんな方と話したり、ふざけたり、
ろう者の澄枝ちゃんとも手話をしたり、
手話がわからなくても、何とかして、身ぶりや口話で、
全身でお話しされて、
本当に、こだわりのない方なのが伝わってきました。
そんな、幸太朗さんの一面を、
いっぱい拝見させていただき、
とても楽しく、うれしいお仕事でした。

耳になったる.jpg
(このドラマの心に残る一言「俺がお前の耳になったる!」
最後の結婚式シーンで。)

幸太朗さん、ぜひ、またお会いしましょう。
あなたの、素直さと明るさは、
みんなをハッピーにして下さると思います。
私も、幸太朗さんのように、
元気に輝いていたいと思います。
本当に、ありがとうございました。
お疲れさまでした。
posted by 南 瑠霞 at 02:14| 東京 ☀| Comment(22) | TrackBack(0) | 「ラブレター」ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
るるかさん♪

おはようございますっ!!『俺がお前の耳になったる!』
すっっごく大好きな台詞でした☆
実は、田中幸太朗さんとは『世界の中心で愛を叫ぶ』ドラマ版の時に一緒でした。
と言っても私はクラスメイトの役だったので、個人的な絡みはそんなになかったんですが、撮影の合間などちょっとだけ話したり、
すごく場を盛り上げたりしてくれてました☆

あれは舞台とドラマ掛け持ちの時で、20歳のバースデーを迎えた年だったので、もう4年前になりますが(>_<)
でも良い思い出です。

海司の大人役は、田中幸太朗さんで良かったです♪
役柄が合ってたし、お芝居も自然だったし爽やかな笑顔がピッタリでした(^-^)/
Posted by 花ちゃん at 2009年02月23日 05:38
女子刑務所東3号棟
見ました!
あの時は手話も田中幸太朗さんも少ししか出てこなくてちょっと寂しかったですが。
私は幸太朗さんが好きだったので、大人になるのを楽しみにしていました。
その途端、冷たい海司になった時はちょっとショックでしたが、、、
あの笑顔に何度もやられてしまいました(≧∀≦)
ガラス越しの切ない表情もステキでしたが♪
↑ってただのファンですね、すいません・・・
これからもいろいろなところで見るのを楽しみにしています。
南さんと幸太郎さんの一緒のお仕事もあったらいいなーとこちらも思ってしまいました☆
Posted by YUMI at 2009年02月23日 10:06
ちなみに、本などでは見たことがなかった、
ラブレターで覚えた単語、
『一生』
という手話が好きです。
なかなか普段使う機会はないですが・・・^^;
Posted by YUMI at 2009年02月23日 10:08
花ちゃん、ありがとう!!
幸太朗さん、明るかったでしょ〜〜〜!!
ホント素敵な人だった。
坂本爽さんと、
仲良しでしたよ〜〜〜!!
ありがとう。
Posted by 南瑠霞本人 at 2009年02月23日 10:15
YUMIさん、とってもありがとう!!
幸太朗さん、
素敵な方ですねーー!!
笑顔も、少年ぽくてかわいいです。笑
「一生」と言う手話、
親指が男性、小指が女性をあらわし、
もう一方の手のひらは、
人生のゴールを表しています。
そこへ向かって、時を進め、
そのときがくるまで。
と言う意味になるようです。
本当に、ありがとう。
Posted by 南瑠霞本人 at 2009年02月23日 10:19
瑠霞さん、先日の私のコメントに対して、コメントを頂きましてありがとうございました(*^^*)
私も、もちろん、女子刑務所東3号棟見ました! 出演シーンは少なかったけど、手話を一生懸命覚えたんだろうなぁと思いながら見てました。
今日のメッセージでは、最終回の画像を2つもアップしてくださってありがとうございま〜す)^o^( 白いタキシード姿での笑顔、最高です!!
Posted by みゅ〜ま at 2009年02月23日 20:40
みゅ〜まさん、ありがとうございます。
女子刑務所 見ましたか〜!!
ありがとうございます。
元気で楽しい幸太朗さんと、
連続して、お仕事をさせていただき、
感謝しています。
彼は、本当に人を幸せにしてくれる人です。
みゅ〜まさん、素敵な方のファンで、
ハッピー!!
Posted by 南瑠霞本人 at 2009年02月23日 22:14
こういう男にプロポーズされたいわぁ。
絶対、押されたら・・・
ヤバいわ。笑 おほほ♪
Posted by かおりん at 2009年02月23日 22:50
 るるかさん、こんばんわ〜ヽ(^o^)丿
いやぁ〜、「ラブレター」すっかり見入っちゃいましたよぉ〜。特に海司の「おまえの耳になったる」 という台詞が印象に残ってます。
(まだ、16話位までしか見れてませんが)
それと、美波の手話が実に美しい(小学校・中学校時代・そしてチラっとだけ見た大人の美波)
「本当に、ろう者が使う手話なんだなぁ〜」と思い、読み取ってます(読み取りも僕はできますので 笑 )
 すっかり美波・海司・陸 この3人の虜になっちゃいました。(美波&海司の会話のやり取りが面白いです。)
 
 ではでは、またカキコさせていただきます。
Posted by ダイスケ at 2009年02月23日 23:20
かおりん、ありがとう。
かおりんは、海司タイプか〜!笑
楽しんでもらえてよかった〜
本当に、ありがとうございます。
Posted by 南瑠霞本人 at 2009年02月23日 23:29
ダイスケさん、いつもありがとうございます。
今回の聾者の手話は、
デフスタッフの、すみえちゃんが、
すごく頑張りました。
新年は、スタジオに1人で、
1週間泊まり込んだりして!!
本当に、彼女のおかげです。
手話をいろいろ見ていただけて、
感激です。
本当に、ありがとうございます。
Posted by 南瑠霞本人 at 2009年02月23日 23:32
瑠霞さん、ラブレターの手話指導お疲れ様でした。
私もラブレターは大好きで、中でも田中幸太朗さんの海司を見る度、胸がキュンとなりました。
このドラマで初めて幸太朗さんを知る事になったのですが、今では大ファンになり、他の出演ドラマを見てみようと思っています。
ガラス越しのプロポーズ…すごく感動し涙が止まりませんでした。
手話って本当にすばらしい言葉と思います。
私も初めて興味を持ちました。
とにかく美波と海司が結ばれてよかったです。
最後に美波が「ずっと一緒に居ようね」と言った手話、私覚えましたよ!
瑠霞さん、これからも手話を使った多くのドラマで活躍される事を願っています。
Posted by リトル at 2009年02月24日 09:50
リトルさん、ありがとうございます。
そうそう、あるドラマがきっかけで、
その人のファンになるって楽しいですよね。
わたしも、以前、
のだめで、玉木宏君のファンになりました。笑
あの時、多くの方が、
クラシック音楽のファンになったのと同様、
今回は、手話ファンが増えてくだされば、
とてもうれしいです。
リトルさん、本当にありがとう。
Posted by 南瑠霞本人 at 2009年02月24日 11:19
あ〜女子刑務所のドラマみたことがあるわ!
あの時に出ていたろう者役は田中さんでしたか?!
そっか〜!!頭の奥にどこかみたことがあるような‥気はしたのですが、やっぱりそうでしたか?
彼の笑顔が印象的でしたから‥。納得。
Posted by 子守熊 at 2009年02月24日 23:14
海司本当にかっこよかったですよね^^
あんなプロポーズされてみたいですねッ!!
田中幸太郎さんって本当にやさしそうな顔されてますよね^^
Posted by Asuka at 2009年02月24日 23:58
子守熊さん、そうです。
その方が、田中幸太朗さんです〜〜!!
ありがとうございます〜〜!!
Posted by 南瑠霞本人 at 2009年02月25日 00:04
Asuka さん、ありがとうございます。
素敵な愛の言葉。
大切に演じてくれた幸太朗さんに、
感謝してます。
彼、本当に優しくて繊細ですよ。
ちょっと、やんちゃですけど。笑
Posted by 南瑠霞本人 at 2009年02月25日 00:17
遅くなりました。ここまで読むのに時間がかかってしまって・・・。

二度目の手話だったんですね。

ずいぶん、慣れているなと感じていました。

最終回では、目に涙がこぼれそうになっていませんでしたか?

感無量というかんじでしたよね。

本当に、心を込めての、演技だったのですね。

感動です。
Posted by えむ at 2009年03月19日 22:23
えむさん、ありがとう
田中幸太朗さんは、
とにかく イイヤツ!!でした。
なんでも一生懸命やるし、
いつもみんなのことを気遣っているし、
ろう者の澄枝ちゃんとも、
自分から積極的に話すし、
いっぱい、元気と明るさをいただきました。
感謝しています。
Posted by 南瑠霞本人 at 2009年03月20日 04:30
お返事ありがとうございます。
田中幸太朗さんは、とっても良い俳優さんだと、私も感じました。
一生懸命だったり、気を使うことの出来る人って、憧れてしまいます。
ますます、期待できる俳優さんですね。
Posted by えむ at 2009年03月21日 20:30
えむさん、ご丁寧にありがとう!!
Posted by 南 瑠霞本人 at 2009年03月22日 10:33
自分、小豆島のお父さん役だったフッくんの一つ上の年齢なんですが、当時人生で一番好きなドラマでした。(その後『あまちゃん』に抜かれてしまいましたけど^ ^)
昨年『若者たち』の時に妻夫木さんがまだ手話を覚えていたと書いていらっしゃいましたけど、いい役者さんは一度覚えた言葉は芸の肥しにしちゃうものなんですね。

Posted by なかぢ at 2015年03月26日 01:30

この記事へのトラックバック