2009年02月24日

最後の美波役 鈴木亜美ちゃん

愛の劇場 ラブレター

とうとう、きのうから、
五つ子ちゃんが始まりましたね。
これまでの3ヶ月とは、
また違う新しい、13時です。

私は今、この半年間にためてしまった、
大仕事があり、
それを、顔を引きつらせながら、やっています。笑
これもまた、完成したら、お伝えしますね。
N協会のYさんNさん、J社のIさん。
本当にごめんなさい。
がんばっていますので、
もう少しだけ待ってくださいっ!!
ほんとうにすみません。

さて、今日は、
最後の美波を演じた 鈴木亜美ちゃんにメッセージ。

愛してると言われた.jpg
(美波が、海司からガラス越しに、
『愛してる』と言われた瞬間)

亜美ちゃん、最初は、
慣れない手話に、悪戦苦闘でしたね。
今回の役者さんたちの中で、
一番立ち上がりに苦労した亜美ちゃん。
ろう者の手話は、
手話の単語、口の動き、手話文の区切り方、表情、
手の動きの強さ弱さ・・・と、
音声つきの手話の皆さんとは全く違う文法ルールがあって、
最初は、呆然としてしまいましたよね。
本番が近づき、
ようやく、自分なりのやり方が見つかり、
亜美ちゃんは、
自分で自分の手話台本を、赤い小さな手帳で作って、
必ずそれを持ち歩いていました。
この魔法のノートのおかげで、
ようやく、亜美ちゃんの日本手話が、立ち上がり、
クランクインの小豆島の撮影に間に合いました!!
この間、亜美ちゃんのあのノートは、
まさに、美波の筆談用のノートと同様、
亜美ちゃんの大事な一部だったと思います。
その、大変だった日を乗り越え、
素敵な美波を演じることができたこと、
心から、祝福します。
亜美ちゃん、おめでとう!!
本当に、お疲れ様でした。

誓います.jpg
(結婚式で、海司への愛を「誓います」と
表現した手話が、ブーケとともに輝いたシーン)

打ち上げのあいさつのとき、
そのすべての言葉を、
音声とともに手話つきで話した亜美ちゃん!
全部、全部、ろう者の澄枝ちゃんに伝わったね。
亜美ちゃんの「手話で話そう!」と言う強い気持ちが、
あふれていました。
あの、最初に苦しんだ日が、癒されていくような、
亜美ちゃんの手話のコメントが、
なにかひとつの強さのようなものを物語っていました。

あの時、私は、
亜美ちゃんが、せりふとしてだけでなく、
自分の言葉として、手話を覚えてくれたんだなって、
とてもうれしく感じました。
亜美ちゃんに手話をやってもらって、
本当によかったです。

さらに、途中、ライブイベントなどもいくつか重なり、
とてもハードなスケジュールでしたが、
無事乗り越えられて、よかったね。
久美子が亡くなるシーンの日、
亜美ちゃんだけ、
30時半(朝7時半)まで撮影が続き、
体力的にも精神的にも、
大変だったと思います。

寒い毎日の外ロケも、手がかじかんで動かず、
手話がやりにくかったことが、たくさんありましたよね。

泣き言ひとつ言わずに、
最後まで、がんばったあみちゃん。
本当に、おめでとう!!
ぜひ、これからも、素敵な仕事、
たくさんチャレンジしてください。
また、ひとまわり成長した亜美ちゃんに、
お会いしたいです。

亜美ちゃん、
素敵な頑張りを見せてくれて、ありがとう!!
心から感謝しています。

ずっと.jpg
(海司を見つめ、60話中、
一番幸せな表情を見せた、美波のラストシーン)

また、ここまで、
このブログにお付き合いいただいた皆さんにも、
心から、お礼申し上げます。

この「ラブレターノート」は、
2月いっぱい、
スタッフさんたちとのこぼれ話などもご紹介して、
終わらせていただこうと思っています。
皆さん、よい春に向かって、GO!!
もうすぐ、3月です。
posted by 南 瑠霞 at 01:15| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 「ラブレター」ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。ラブレターの撮影の裏側には様々な苦労があったんですね。
だからこそ、素敵な作品になったんですよね。

私が好きなシーンは、陸のお父さんに別れを伝える手話と海司との踏み切りでの手話が印象的でした。
感動してしまいました。

最後は、ハッピーエンドで本当に良かったです。  また、続編があることを願っています。

亜美美波、たくさんの愛をありがとう!!
Posted by クミ at 2009年02月24日 02:16
クミさん、夜中に、ありがとう!!
いろんな記事を、いろいろアップしている中、
合間を縫って入ってきてくださって、
大感激。
美波が陸のお父さんに別れを伝えるシーン、
海司と踏み切りの向こうとこちらで話すシーン、
どちらも、切なかったですね。
今回、手話を題材に取り上げてくださった、
ブラP いや ホワイトP こと、
新井順子さんにも、
心から、お礼を言いたいです。
クミさん、また来てね。
ありがとう。

Posted by 南瑠霞本人 at 2009年02月24日 03:14
南さん、本当にお疲れ様でした。
本当にいいドラマでしたね。
最初から最後まではまって見ちゃいました!

たまってしまったお仕事、大変ですね。
楽しみにしてます。
頑張ってくださいね。
Posted by こうのとり at 2009年02月24日 19:39
こうのとりさん、ありがとうございます。
はい、仕事がんばります。
今後ともよろしくお願いします。
本当に、ありがとう。
Posted by 南瑠霞本人 at 2009年02月24日 21:47
お仕事お疲れ様ですッ!
ためっているお仕事がんばってください!!

鈴木亜美さん、本当にかわいいですね^^
なんかラブレターをみてたら本当のろう者の方って感じがしました!!
でも、苦労されたんですね・・・でも、苦労からあんなにすばらしいドラマができたんですね^^

あと関係ないんですけど・・・あの気になることがあって、、、フェリーのシーンはどこ行きのフェリーに乗られてたんですか??
Posted by Asuka at 2009年02月25日 00:14
Asuka さん、よく気づかれました。
ドラマと、ホンモノの船は
行き先が違います。笑
ドラマに出てきた青いフェリーは、
本州の日生(ひなせ)港と、
小豆島の北側の大部(おおべ)港を、
むすんでいる「ひなせ」という船です。
ありがとうございます〜〜。


Posted by 南瑠霞本人 at 2009年02月25日 00:23
いつもコメントの返事ありがとうございまッ!!すごくうれしいです^^

ほんとですか???
日生って岡山県ですよね!??
私岡山県に住んでるんですよ〜
日生も結構近いんです^^

なので、小豆島まで近いので今度友達といくことにしました〜♪

質問に答えてくださってありがとうございました♪
Posted by Asuka at 2009年02月25日 00:37
はじめまして。
ドラマはとても感動しました。
そして、録画をして何度も見ています。

周りに1人ろう者がいて、ほとんど筆談で話をしていたのですが、このドラマを通して覚えた手話で、少し手話で話しかけることができるようになりました。今までよりも距離が縮まったような気がしています。

ドラマから、感動と手話の勉強という、2つのことを頂きました。

有難うございました。


Posted by ジュク at 2009年02月25日 00:40
うわ、Asukaさん、
そうです。岡山県日生。
小豆島へ行ってらっしゃ〜〜い!!
Posted by 南瑠霞本人 at 2009年02月25日 00:57
ジュクさん、はじめまして。
そうですか。
手話でお話されましたか!!
すごくうれしいです。
とっても素敵なご報告、
ほんとうに、ありがとうございますっ!!
Posted by 南瑠霞本人 at 2009年02月25日 00:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック