2011年06月04日

ジューンブライド

6月は、ジューンブライドと呼ばれ、
花嫁が幸せになれるという言い伝えがあります。

これは、ヨーロッパの考え方のようで、
ローマ神話のジュピターの奥さんが、ジュノという名前の、
6月の女神で、家庭や結婚を守る役割を持っているからなのだそうです。
このほか、6月はヨーロッパでは、
雨が少なくて気候がよく、さわやかな日が多く、
この時期が、結婚シーズンにふさわしいというのもあるようです。

この考え方が、日本に入ってきて、
逆に、天気が悪く人気のない6月も、
素敵な結婚式シーズンとして、
受け入れられ始めたのだそうです。

ジューンブライドという響きは、
白いウエディングドレスを、イメージさせ、
きらめくような、美しい女性の晴れ姿を、
思い起こさせます。

うっとうしいはずの雨さえ、
光輝いて、木々の緑も一層鮮やかに、
雲の切れ間からは、
天使の階段のような日差しがそそぎ、
空には、虹がかかり、
花嫁はそのアーチの下を、
幸せに向かってゆっくりと歩く。
天使は、鳩の翼をまとって、
今か今かと、
愛の矢を射ぬく瞬間を待ちかまえている。
まぶしい光だけが、雲の向こうに見えて、
花嫁は、幸せの決意とともに、
新しい世界の、カーテンをくぐる。

私は、毎年何組かのカップルの結婚式で、
手話による司会をさせていただいています。
これまで、心に残った、何組かの結婚式のお話、
ここから、数回、ご紹介していきましょう。

ション便小僧.jpg
浜松町の駅のホームのション便小僧は、
今、黄色いカッパを着せてもらっています。
彼も梅雨シーズン真っただ中。笑
posted by 南 瑠霞 at 00:39| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 結婚式と手話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
結婚式の季節ですね。
ドレスが着たい  笑&汗
Posted by えむ at 2011年06月04日 06:56
えむさん 笑
確かに、ウエディングドレス、
何度でも来たいですね。
ありがとうございます。
Posted by 南 瑠霞本人 at 2011年06月04日 08:24
梅雨の季節はあまり良いイメージがありませんが、それでも楽しく過ごせたら、言うことありませんよねv(^-^d)
Posted by サトゥー at 2011年06月04日 09:14
サトゥーさん、
そうですね。
梅雨の時期は、さわやかな話題
いっぱい集めたいですね。
Posted by 南 瑠霞本人 at 2011年06月04日 17:29
何を隠そう、ジューンブライド組です笑
ちょうど雅子様ご結婚と同じ月笑
しかも、私は雅子様と同い歳だじょ笑(信じられんかもしれんけど笑)
Posted by ラングレー at 2011年06月06日 21:37
ラングレーさん、
そうなんですね〜!!
なんだかいろいろすごい。笑
ありがとうございます。
Posted by 南 瑠霞本人 at 2011年06月06日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/206803760

この記事へのトラックバック
手話 単語

るるかのおすすめリンク
花嫁の父 愛の劇場 ラブレター 手話 歌 手話 手話 教室