2013年05月08日

ろう者俳優・ろう者タレントになりたい!!というアナタへ

このところ、
ろうの若者のみなさんから、
いろいろご相談を受けることも、増えました。
本当に、ありがとう!!

「手話の仕事がしたいんです。」
「ろう者の女優になるには、どうしたらいい?」
「手話あいらんどや、手話パフォーマンスきいろぐみで、
活動をしたい。どうすればいいですか?」

みんなの目がキラキラしていて、
ここから、いよいよ、ろう者もどんどん、
いろんな活動の道が開けていくんだなと感じます。

そんな皆さんに、ちょっと、
何回かに分けて、アドバイスをさせていただきたいと思います。

まず、俳優・女優・タレントを目指すみなさん。
この活動は、時間がとても不規則で、
仕事も、突然入ってきます。

ここまで、活躍している、
ろう者の女優さんたちなどは、
皆さん、日ごろ、自分に合うアルバイトをしながら、
エンターテイメント活動をています。
カフェなどで働いている人も、
動物園の飼育のお手伝いをしている人などもいます。
そして、映像や舞台の仕事が入れば、
そのバイトを休んで、
現場に駆けつけているのです。

耳の聴こえる、ごく普通の役者さんや、
タレントさんたちも、
売れっ子になる前は、
皆さん、そうやって、バイトなどをして、
まじめに、生活されていますので、
条件は、同じですね。

ただ、そうなると、
バイト先との、相談がとても大切になります。
「私は、女優をしています。私は、タレントです。
テレビや雑誌の仕事が入ったときは、
急に休まなければいけない場合があります。
ぜひ、力になってください。」
とお願いしたうえで、
アルバイトをすることが必要です。
信頼関係の作れない職場で、
突然仕事を休んだりしたら、
そこでアルバイトを続けることができなくなってしまいます。汗
良い人間関係の築けるアルバイトをゲットすること!
これも、本人の、頑張りの一つです。
ぜひ、夢に近づくために、
この課題をクリアしましょう。

また、
ろう者女優・タレントを目指す場合、
「日本手話」がとても大切です。

最近の映像出演依頼では、
「ろう者らしい、ナチュラルで美しい手話表現のできる方を探しています。」
「ネイティブなろうの役者さんに、自然に演技をしてもらいたい。」
という、制作会社からの相談が、
少しずつですが増えてきています。
多くの人たちが、
聴者では、ろう者のようにうまく手話が話せない。
付け焼刃の手話では、なんだかぎこちなくて、
いい演技が引き出せない。
と、気づき始めているからです。

若いろうのみなさんの中には、
ろう学校の寮や先輩たちに恵まれ、
豊かな手話を身に着けている人もたくさんいます。
デフファミリーで育ち、
生まれつきいい手話を見て育った人もいます。
そういった方で、役者さんを目指す人は、
ここからがチャンスです。
ぜひ、中学・高校時代から、
そうした道にも、
チャレンジしてみるのもいいかもしれません。

一方、ここまでのろう教育の中で、
「口話教育」に重きが置かれ、
安定したナチュラルな、きちんとした文法の、
良い日本手話を、
身に着けてないな〜と感じているろうの皆さんがいたら、
ぜひ、今一度、
自分たちの、本当の良さを見直し、
豊かな日本手話を身に着けて、
素敵な、女優さん、俳優さん、
かわいいタレントさんを目指してくださいね。

今こそ、ろう者の魅力的な手話が、
求められているとき!!
ぜひぜひ、聴こえる人にはできない、
素敵な手話の演技で、
多くの方を、魅了してください。

今日は、日頃のアルバイトと、日本手話の、
アドバイスでした。
みなさん、本当に、いろんな問い合わせ、
ありがとう!!
感謝します。

みんなで一緒に、素敵な手話ワールドを、
作っていきましょう!!

TS3S0493.jpg
(友人が、GW中の素敵な花の写真を送ってくれました。
ありがとう!!)

< 注 >
* 日本手話・・・ろう者のネイティブな手話で、音声日本語とは、語順や文法も違う。
* 音声対応手話・・・音声言語に合わせて、手話単語を表現する方法。音声言語の文法に合わせて表現するため、中途失聴の方や、補聴器などを併用する難聴の方などに、多く使われている。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 手話の仕事・アルバイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ろう者タレントオーディションしたいです。志望です、私は耳が聞こえないので、手話会話してます。デフワァミリーです、家族も耳が聞こえないので。あたしは今沖縄県宮古島住んでます。ろう者タレントオーディションしたいです、したい気持ちありました。連絡下さい。
Posted by 池間真梨恵 at 2014年01月17日 12:20
池間さん、
沖縄宮古島から、ご連絡、
ありがとうございます。
お若い方でしょうか?
オーディションは、随時、撮影依頼のあった時、
皆さんに、呼び掛けさせていただいています。

なお、この冬も、手話のライブがあります。
みんな、長いトレーニングを積んだり、
オーディションに合格した人たちで、
ステージに立っています。
もしよかったら、ぜひ見に来てください。

2014年1月24・25日金土夜
東京渋谷クロコダイルにて。
http://minamiruruka.seesaa.net/article/382254753.html
時々、沖縄の、石垣島などからも、
お客様が見に来てくださる
人気のライブです。
もしよかったら、ぜひ、お越しください。
ありがとうございます。
Posted by 南 瑠霞本人 at 2014年01月19日 00:42
初めてですが、聾者俳優、タレントになるのが難しいかも知れませんが、どうでしょうか?手話が未だ未だ足りないし、知識や理解も必要ですが、磨いた方が宜しいでしょうか?少しでも経験しながら、やって見たい気持ちが今日で、初めてです。初めてですが、宜しくお願い致します。
Posted by 平澤佑幸 at 2014年05月31日 15:40
平澤さん、ありがとうございます。どちらにお住まいですか?やる気になれば、いろんなことができると思います。私たちの周りには、いろんな先輩たちがますよ。ぜひ、事務局からもご連絡させていただきます。kiirogumino1@yahoo.co.jp まで、ご連絡ください。ありがとうございます。楽しく頑張りましょう。
Posted by 南 瑠霞本人 at 2014年06月02日 08:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/359296531
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック