2013年05月13日

森の風

2013年春、花と緑の風の中に出て、
カメラに目を向けてみた。
新しい決意、強くなるという思い、
空に、雲に、木々に向かって、
この手で話しかけた。
草と木と水と風が、一緒に、歌を歌ってくれた。



@小横森の約束2.jpg
(C)手話あいらんど / Photo by Hatsushi Miyako 


森は好きである。
澄んだ空気がひんやりして、鳥たちの声がするのがいい。
幼いころ暮らした、瀬戸内海の島の、
古鷹山(ふるたかやま)を思い出す。
頂上までの道を、父と競争しながら登った。
山のてっぺんから、本土の造船所や、行きかう車が見えて、
海の向こうは、島よりずっと都会で、
大人たちの別世界だと、感じたのを覚えている。
船に乗って、本土へ行くときは、
いつも、とっておきのワンピースを着て、
赤い靴をはいて出かけた。
船が港を離れるとき、島の山の頂上が見えて、
見送られているような気がした。
疲れて「抱っこ」とせがんだ父との思い出が、
葉を揺らす風と共に、森に眠っている。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポートレート&エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/360600728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック