2014年03月08日

オーストラリア・カウラのシンポジウムから見えてくるもの。

昨日、7日、
第二次大戦中の、民間抑留者についてのシンポジウムは、
本格的レポート報告が始まった。

7日シンポジウム.jpg

今回私を招いてくれた 永田由利子氏(日系人抑留研究者)は、
他のオーストラリア報告者と比べ、小柄であったため、
レポート姿を映した写真がマイクの向こうに隠れてしまった。笑

7日永田.jpg

7日抑留者.jpg

会場には、70年前、実際に抑留されていた、
当時の子供たちが集まった。
彼らは、みんな70代80代である。
彼ら、一人一人も、また、久しぶりの再会を喜び、
抑留時代を思い出し、自分たちのことを語った。

7日日本庭園.jpg

別会場で、流されていたニューカレドニアの日系人たちの映像で、
年配の女性が、君が代を歌っていた。
静かに、心を込めて、昔を懐かしむように。

日本では一部、戦争を思い起こさせる歌として、
反対を唱える人もいる、この歌は、
彼女たちにとっては、70年以上も前、
日本からやってきた自分たちの父が、
海を見ながら歌っていた、心の歌であることが、
その表情から伝わってきた。



日本手話入門 <今日の単語>

8、笑う.JPG
「笑う」「笑顔」
両手を顔の横に置き、フワフワと2〜3回弾ませるように表現。
顔がにこにこしているイメージです。
互いに言葉の通じない異国にあっては、
笑顔は大事なコミュニケーションの手掛かり。笑
(C)手話あいらんど/南 瑠霞

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
手話あいらんど手話教室
春クラス 間もなく開講!!
http://classroom.shuwa-island.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 2014オーストラリア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック