2016年01月27日

快晴の短大!!声なしの授業もあとわずか。

image/2016-01-27T173A373A58-1.JPG

美しい青空の下、
今週も、神奈川県の短大の学生たちと一緒に、
手話の勉強をしました。

声のない授業も、みんなすっかり慣れ、
私の手話を一生懸命読み取りながら、
残りわずかの授業を楽しんでくれています。

後期の半年間で、みんなには、
一通りの自己紹介ができるよう、
様々な表現を指導していきますが、
私はいつも、何より、出席重視で、
成績をつけさせてもらっています。

私の授業は、基本、一切音声を使わず、
前半は板書で、
後半は、みんなが少しずつ覚えてきた手話を使って、
進行しています。

「目で見る授業」は、なんだかんだ言っても、
慣れることが大切。
そして、何より、聴こえない人と触れ合った時、
その方が、どうやって相手から情報を得て、
どうコミュニケーションをとっているかを、
実感することが重要です。
毎週の授業の中で、
学生たちが、自分自身で、
手話に苦手意識を持たず、
たとえ手話ができなくても、
聴こえない方とどうやってお話するのかの、
思いのようなものを、はぐくんで行ってもらいたいと願っています。

ですから、この授業は、
わかるわからないの前に、
楽しく、何度も手話に触れる!!
それが、一番大切だと考え、
毎週いろんな工夫をして、授業を展開しています。

選択授業にもかかわらず、
多くの学生が参加してくれて、
単位の登録のない子も、途中参加で、
人数が増え、
みんなが、目を輝かせて、ここまで授業を受けてきてくれたことに、
心から感謝します。

今回も、登録したすべての学生さんたちは、
目標の出席日数を達成し、
テストやレポートも一生懸命取り組んでくれたので、
今、みんなの成績をつけさせてもらうのも、
楽しみです。

皆さん、寒い冬の授業も、
あと少しとなりましたが、
ぜひ、最後まで、元気に行きましょう。
毎週、お疲れさま。
そして、ありがとう!!
ファイト!!!

image/2016-01-27T173A383A12-1.JPG



posted by 南 瑠霞 at 17:49| 東京 ☀| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
手話 単語

るるかのおすすめリンク
花嫁の父 愛の劇場 ラブレター 手話 歌 手話 手話 教室