2016年02月06日

手話パフォーマンス講座〜最初に考えたい!とても「大切なこと」

手話あいらんど手話教室では、
新年も、『手話パフォーマンス講座』が、スタートしています!
これは、結成25年を過ぎた手話パフォーマンスきいろぐみが、
これまでのノウハウを生かして、
多くの方にも手話パフォーマンスのことを知っていただこうと、
開設している講座です。

3か月1単位の手話パフォーマンス講座は、
毎回最初の1回目が、体験会。
手話パフォーマンスのあり方や、
聴こえない人が音楽をどのようにとらえているかなどを、
ろう者の講師自身が自分の体験などを踏まえて、
いろいろ話したり、
また、聴こえることと聴こえないことの違いなどを、
皆さんとディスカッションしながら、進めています。
この体験会は、
手話パフォーマンス講座参加のためには、必須の内容で、
この1回目のレッスンを受けることが、
手話パフォーマンスを学ぶ第一歩となります。
手話と聴こえない人への理解なしに、
手話パフォーマンスは成り立たない!
ただ単に、手話の単語をお伝えして踊ったり語ったりしてもらう前に、
私達が手話パフォーマンスを行うその目の前に、
聴こえない人がいる!ということを実感するところから、
この講座を、スタートさせてもらっています。

また、手話あいらんどのキャッチフレーズは、
「みんなが手話で話す島!!」
手話あいらんどの公用語は『手話』です。
聴こえない人とともに活動していくため、
聴こえない人とその場を共有し、
互いが通じ合えることを、とても大切にしています。
最初は、身振りでも、筆談でも構いません。
聴こえる人も聴こえない人も、
互いが、話している内容がわかるよう、
参加している皆さん、一人一人が、
自分のできる工夫をすること!!
これが、大切になってきます。
そして、この講座で、
手話のできない人に、まず覚えていただくのは、
「手話通訳お願いします。」という手話です!笑
これを自ら表現すれば、誰かがやさしく通訳してくれますが、
それなしに口だけでしゃべっても、
あなたの言葉は、聴こえない人には届きません。
手話が話せなくても、
聴こえない人と通じ合える方法はたくさんある!!
そして、聴こえない人とともに、活動できる場を、
自分自身が作っていく。
それが、手話パフォーマンス講座参加の、
大事なポイントです。

手話パフォーマンス活動の場面には、
お客さんであっても、同じ表現仲間であっても、
必ず、聴こえない人が共にいます。
その、聴こえない人の存在を忘れないこと。
手話あいらんどの公用語が手話であること。
そして、手話ができなくても、
それに代わる方法を自分で一生懸命工夫すること。
この心構えができたら、
さあ、ここからが、手話パフォーマンス活動のスタートです。

手話あいらんど手話教室
きいろぐみプレゼンツ「手話パフォーマンス講座」は、
こんなことを願いながら、講座を開いています。
もしよかったら、あなたも一緒に考えてください。
私達と一緒に、素敵な手話パフォーマンスワールドを作っていきましょう。

手話教室では、3か月間の終わりに、ミニ発表会もあります。
手話パフォーマンス講座のみんなも、
見に来てくださった方に、楽しんでいただけるよう、
素敵な演技を、心を込めて、行いましょう!!

image/2016-02-06T003A473A43-1.JPG
手話パフォーマンス講座の生徒さんたち。
今回も、元気よく体を動かしてくれています!!
ありがとう!!


posted by 南 瑠霞 at 00:49| 東京 ☀| 手話パフォーマンス講座入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
手話 単語

るるかのおすすめリンク
花嫁の父 愛の劇場 ラブレター 手話 歌 手話 手話 教室