2016年12月30日

東京都聴覚障害新聞〜新春対談!!


新春・豪華対談
手話パフォーマンスの明日
FullSizeRender (3).jpg
大橋ひろえ × 長谷川則之 × 南瑠霞
(3人で、新春の干支「鶏」の手話をしています!!)

東京都聴覚障害新聞の新春企画にて、
公益社団法人 東京都聴覚障害者総合支援機構
広報部長の 長谷川則之さんが、
手話パフォーマー同士の対談ということで、
ろう者の大橋ひろえさんと、
私南 瑠霞を呼んでくださいました。

FullSizeRender.jpg

大感激の対談で、とても話が盛り上がり、
お話が終わって皆さんとお別れするのが、
ちょっと寂しくなるような感じでした。

大橋さんは、サインアートプロジェクト.アジアン代表、
ろう者の立場から、演劇活動を18年続けています。
私の主宰する、手話パフォーマンスきいろぐみも現在28年となり、
互いの活動の中から、思うこと、ここからの抱負など、
様々なことを、お話させていただきました。

お話の前半は、東京都聴覚障害新聞2017年1月号、
後半は、2月号に紹介されます。
私たちの次々に繰り出すお話を、やさしく引き出し、
まとめてくださった長谷川さんと、広報部スタッフ廣川麻子さんにも、
心から御礼申し上げます。

FullSizeRender (2).jpg
この画像をクリックすると、大きな記事が出てきます。
興味のある方はぜひ、読んでみてください。

2016年も多くの皆さんに、本当にお世話になりました。
2017年も、また、変わらず、よろしくお願い申し上げます。


posted by 南 瑠霞 at 00:32| 東京 ☀| 南 瑠霞のライブラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
手話 単語

るるかのおすすめリンク
花嫁の父 愛の劇場 ラブレター 手話 歌 手話 手話 教室