2017年02月27日

手話あいらんどTVクロスカルチャ―「ろう者の歴史をたどる旅・その1」


手話あいらんどTVクロスカルチャー
2月の南は、雪の残る街を旅してきました。
ことぷきと一緒に、レポートいたします!!



(簡単な内容)
手話あいらんどTVクロスカルチャー!!
ことぷきです。ろう者です。
南 瑠霞です。聞こえます。

春がすぐそこまで近づいています。
東京では、水仙の花なども、あちこちで咲いています。
花の季節になりました。

実は、南は、つい先日!!
2月23日、とある場所に行きました。
それは、ここです!!

(雪景色の写真)

雪が残っているけど、積雪量が少ないから、
東北ではないかも?
新潟あたりかな?笑

雪の写真だけではわからないので、
本当に見てわかる場所は、ここです!!

(高いビル)
(丸いビルと高いビル)
(かわいいマスコットの記念写真)

なるほど!!
ぐんまちゃんがいたので、群馬に行ったんですね。

山間には、まだたくさん雪が残っていました。
美しい自然があり、空気のきれいな場所でした。
写真の、丸い建物と渡り廊下の高いビルは、
群馬県庁です!!

群馬県というと、
ことぷきは・・・
○ 桐生うどん。以前友達に教えてもらい、
幅の広い平らな麵が、人気だということで、食べました。
○ みそぱん。パンの甘い味噌を塗って挟んだもの。
これも、おいしかった。おすすめです。
南は・・・
○ 群馬サファリパーク
○ 尾瀬という自然の豊かな場所
○ 温泉
などが、すぐに思いつきます!!

今回、南が群馬県に行った理由は、
手話言語条例の勉強をしたいと思ったからです。
車で行きました。
全国では今、手話言語条例を成立させようと、
多くの方が活動しておられますが、
その条例が成立しているのは、2017年2月23日現在
沖縄・愛知・群馬・長野など、9県。
市が56、町が8つ。

私たちは、東京に住んでいるので、
群馬県が比較的近く、勉強のために伺いました。
群馬県は、県レベルでは、鳥取・神奈川に次いで、
全国で3番目に、手話言語条例が制定されています。
群馬県下では、前橋市、中之条町、渋川市、みどり市でも、
手話言語条例が制定され、
手話の普及に向けての、様々な動きが始まっています。
多くの方が思いを込めて、
県や市、町をよくしたいということで、
条例に取り組んでいるんですね。

その中でも、今回、
南の心に残っているのが、ここです。

(ビルの写真)

大きな建物です。これは、病院?
手話言語条例ということで、ろうの人も行きやすい、
手話のできる人のいる病院かな?
いや。温泉かな?
温泉というと、木造りの古い日本の・・・みたいなイメージだけど、
がっちりしたビルですね。

実は、ここは、ろうの方の長い歴史の中でも、
皆さんの心に残っている大事な場所の一つなんです。
それが、どこで、どんな場所なのか?
中身は、次の放送で!!
お楽しみに!!

また、お会いしましょう。
さようなら〜〜〜〜〜〜!!

ぐんま.png

提供:手話あいらんど手話教室
出演:南 瑠霞・ことぷき
構成:南 瑠霞
編集:蓮子 都
posted by 南 瑠霞 at 09:02| 東京 ☀| 手話あいらんどTV〜島民通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
手話 単語

るるかのおすすめリンク
花嫁の父 愛の劇場 ラブレター 手話 歌 手話 手話 教室