2017年04月18日

シーグラス


IMG_9735.JPG

先日、ろう者の友人に会ったら、
こんなにたくさんの、水色の石のアクセサリーを持っていました。

「いや、これは、シーグラス。石じゃないよ。」
と言われ、初めて知ったのですが、
これは、私たち人間が、昔海に捨てたガラスのびんが、
砕けて波にもまれ、角が取れて丸くなったもので、
彼女いわく「ゴミの宝石」なんだそうです。
海のガラスなので「シーグラス」
または、浜辺で拾うので「ビーチグラス」
と呼ばれているそうです。

浜によって、赤いガラスや、琥珀色、
グリーンの強いもの、ブルーや水色など、
様々なガラスの破片が、拾えるそうで、
写真のものは、友人が人に頼んで作ってもらったものだそうですが、
彼女自身、いろんな浜に行って、
きれいなガラスを拾い、穴をあけて、
自分でアクセサリーを作ることもあるそうです。

長い歴史の中で流れ着いたビンのかけらもあるそうで、
ちょっと夢のあるごみのアートなんだな〜と、
驚きました。
うちの実家は、まさに目の前が海ですので、
今度行って、きれいなガラスを拾ってみようと思います。
ゴミ拾いにも貢献できるし、いいですよね。


IMG_9871.PNG
「波」「浜」「波打ち際」
一方の手を砂浜にみたて、
もう一方の手で打ち寄せて引く波を表現。
(C)Softbank/手話あいらんど「ゲームで学べる手話辞典」



posted by 南 瑠霞 at 00:09| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする