2017年08月28日

きいろぐみ2017手話ミュージカル「真夏のメリークリスマス」御礼


1★全体IMGP1012.JPG

8月26日(土) 
手話パフォーマンスきいろぐみ2017 
ファミリー手話ミュージカル「真夏のメリークリスマス」
本当にたくさんの皆さんに見に来ていただき、心より御礼申し上げます。
本当に、ありがとうございました。

0★シェルとルビーIMGP2043.JPG

美しい南半球の海辺の町に、
日本に住むろう者の女性いくみの投げた、
ビンの手紙が届くところからが、物語の始まり。
町には、さわやかな風が吹いています。

2★子供二人IMGP0080.JPG

まだ若い頃の、ろうの少年ブルーは、
友達にいじめられては、ケンカばかりしていました。

3★子供二人IMGP3649.JPG

そのブルーと友達になったのが、
日本からお父さんの仕事の都合で引っ越してきた、
耳の聞こえる元気な女の子ルビー。
これは、まだ幼いブルーとルビーの小さな恋と成長の物語。

4★全体IMGP2280.JPG

時は流れ、美しい森には、
嵐が吹き荒れていました。

5.JPG

大人になったルビーは、
クリスマスを前に、まだ戻ってこないブルーを待ち続けます。

6★大ブルーIMGP2210.JPG

大人になったブルーは、
南半球の子供たちのために、サンタクロースになろうと決心。
北ヨーロッパで修業を積んで、今まさに戻ろうとしたとき、
嵐と稲妻に打たれ、遭難してしまったのです。
ブルーは、自分の育てたカンガルーのルドルフと一緒に、
サンタとトナカイの資格を取って、
空を飛んで戻って来る途中でした。

7★ルドルフIMGP3064.JPG

ジャングルに不時着したブルーとルドルフ。
そこで崖から落ちたルドルフは、
危篤状態に陥ってしまいます。

10★呪文.JPG

そのピンチを救ったのは、
ブルーが作ったタツノオトシゴのお守りと、
お客さんたちからの、力強い呪文。
みなさん、本当に、ご協力ありがとうございました!!

9★コントIMGP0805.JPG

これは、途中で繰り広げられた、
楽しいコメディ―マジックショーの一コマ。笑

11★クリスマスIMGP3483.JPG

物語のラストは、元気のいい真夏のクリスマスソング。

12★クリスマスIMGP1496.JPG

トナカイの称号を得たカンガルーのルドルフは、
見事に復活を遂げ、
ブルーは、南半球のサンタクロースとなって、
ルビーの元へ帰ります。

100★大ルビーIMGP3207.JPG

こどもブルーを演じたのは、一般公募で、
コーダの、依田悠太郎くん。
素晴らしい、手話と演技をありがとう。
こどもルビーを演じたのは、
小学生の時から、きいろぐみで演技を続けて、
この春大学生になった、加藤まひろちゃん。
主演おめでとう。
二人の、一生懸命な演技が、多くの方の心に届いたと思います。

大人になった私たちが、日ごろ忘れかけていて、
でも、確かに胸の中にある、ひたむきだった子供のころの心に、
触れていただければと願って、ストーリーを追いかけました。
今の自分を作り上げているのは、間違いなく幼いころの自分であり、
そのエネルギーは、今も燃え続けていると信じて。
ありがとうございます。



posted by 南 瑠霞 at 12:22| 東京 ☀| 2017夏の手話ミュージカル一般公募レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする