2018年06月02日

保育士さんと手話ソングワークショップ!!


@IMGP7196.JPG

この週末は、都内保育園で、
保育士の皆さんと一緒に、
手話の歌に関するワークショップを行いました。

保育園には、時には、耳の聞こえない子供も入ってくるし、
保護者の方が聞こえない場合もあるということで、
皆さん、真剣に、勉強会に参加してくださいました。

歌に手話を付ければ、
聞こえない人が誰でも歓迎してくれるわけではない。
とか、
手話で歌うときは、歌詞の手話翻訳も大切。
とか、
間奏も存在しているのに、ただ立ったままでは、
音楽があるのかないのか、聞こえない人に伝わらない。
とか・・・
そんなこともディスカッションしながら、
子供たちと楽しんで手話の歌に取り組むための、
様々な勉強をしました。

AIMGP7277.JPG

子供たちと一緒に手話で歌うということは、
聞こえない人の大事な言葉「手話」を、
子供たちを通じて未来へつなぐということ。
聞こえない人が、手話の歌について、どう思っているかとか、
ろう学校の子供たちの様子なども、
きいろぐみデフキャストの中嶋元美ちゃんが、
たくさん紹介しました。

BIMGP7263.JPG

最後は、みんなで一緒に手を動かして、手話歌レッスン。
保育士さんたちは、日ごろから、
子供たちと手遊びやお遊戯などもたくさんしているだけあって、
表現力も豊かで、
楽しい講座となりました。

CIMGP7343.JPG

子供たちに広がる手話の歌。
それを支える保育士さんたちには、
これからも、手話を大切に、
正しく、暖かい理解のもと、
心のこもった手話の歌に取り組んでいただきたいと思います。
本当に、ありがとうございました。
みんなで楽しく頑張りましょう!!






posted by 南 瑠霞 at 22:06| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする