2018年06月25日

#あーりん #手話 #hanabi


image/2018-06-25T203A273A14-1.jpg
(今年もソロコン会場外に設置されていた、あーりんの立ち姿看板!!
もちろん、一緒に写真を撮りました。笑)


この夏も、あーりんが、手話の歌にチャレンジしました!!

グアムの海をイメージした、キラッキラのステージと、
いつものおなじみ、ピンクの銀河に包まれたような、2万人の海の中!!
ももクロのあーりんが、ソロライブを開催しました!!
そのきらめくような海の星屑にまぎれて、
私たちも、一緒にピンクのスティックを振りまくり、
客席から一緒に、楽しい時間を過ごさせていただきました〜〜!!
あーーりーーーーーーーーーーーーーん!!

今回あーりんが挑戦したのは、
ちょっとスローで独特のリズムと雰囲気を持つ「hanabi」。
今回3度目となる手話の歌で、
あーりんは、ちょっと化けたなと私たちは、感じました。
そうです!!
手話の歌が、今までよりさらに素敵になって、
空中に風景が描き出されるように表現されたのです。
歌詞の中で何度も、夜空に花火が上がり、
炎が燃え上がり、
思いを込めた、切ない恋心が、私たちのところにも届きました。

あーりんの勘がいいのは、
ファンの皆さんも、もちろんご存知だと思いますが、
そこのすごさは、当たり前のこととしてスルーして(笑)
今回の手話の歌で、
私が皆さんにお伝えしたいのは、
歌の最後の最後の、一番最後の単語についてです。

この歌では、彼女の「逃げなかった強さ」を、
『僕は知ってるよ』というフレーズが、繰り返し出てきます。
手話でその部分は、「僕・知ってる・あなた」と、訳されていますが、
これが、最後に、
「僕は知ってるよ。僕は知ってるよ。僕は知ってるよ。」
と3度繰り返されます。

ここでは、もちろん、
「僕・知ってる・あなた」と、
繰り返し同じ表現を使ってもよかったのですが、
最後は、とても大事な、僕の気持ちを表現する部分。

あーりんに、この意味をどう解釈するかと相談した時、
私たちは、最初、ラストを、
「僕・知ってる・(あなたを)見つめてきた」
と提案し、どう感じるかと聞いてみました。
私たちは、大事な相手を見続けてきたことがわかる、
まっすぐな表現がいいのではないかと思ったからです。
すると、あーりんから、
「いや、何か、私は、
相手のことをしっかり記憶にとどめているというか、
そういう感じの方が、イメージが近いかも!」と意見が飛び出しました。
そこで今回、相談の結果、
皆さんが本番で見たラストの表現が選ばれました。

ご覧になった方、覚えていますか?
あーりんは、このラストを、
「僕・覚えている」と表わしたのです。
これは、ゆっくりとゆっくりと、
「僕は、思いを握りしめている」といったニュアンスで、
表現されました。

アンコール前の最後の1曲で歌ったhanabiは、
その「覚える(記憶にとどめる)」という手話で締めくくられ、
静かに暗転しました。

私は、この手話が、
今回あーりんが一番大事にした手話だったのではないかなと思っています。
「僕が見てきたあなたの姿を、僕がこの頭に握りしめている」
そう思って、もう一度あの手話を思い出してください。
あーりんが選んだあーりんらしい表現です。
素敵でしたね。


image/2018-06-25T203A273A14-2.JPG
(去年のライブのDVD。私たちの手話指導風景も収められています。)


さて、そんな、あーりんのライブでは、
私には謎なことも、ありました。
みんな、いろんな歌に合わせて、あーりんの名前を叫ぶのですが、
その時の、呼び方が、
「あーりん」というときと「佐々木」というときがあります。
みんなは、なぜか、あるタイミングで突然、
「あーりん」とか、「佐々木」と叫ぶのですが、
一度に聞こえる呼び方は、
誰も間違えることなく、「あーりん」!!
また、別の時には「佐々木」と、
ちゃんと同じ呼び方で、そろって叫ぶのです。
え?今のは、会場全員で「あーりん」?
へえ、ここは「佐々木」??
と、私にはわからない、ぷにのふの皆さんの、謎のルールで、
コンサートは、どんどんと盛り上がっていきました。笑笑

私はというと、一緒に行ったきいろぐみデフキャストの元美に、
光るピンクのスティックを、借りて一生懸命振っていたのですが、
興奮しすぎて、それがどこかに飛んで行ってしまい、大騒ぎ!
ふと見ると、なんとそれは、後ろのあーりんママの足元付近に落ちており、
実は、それをぶつけてしまったのではないかと大変心配しています。汗汗
あーりんママ、ごめんなさい、ごめんなさい。
大丈夫でしたか〜〜?

今回は、コンサートが始まる前に、
あーりんママとも少しお話ができて、
ママも、すごく手話が勉強したいと言ってくださって、
元美とも握手して盛り上がったりと
さらにうれしいこともありました。

3年前に始まった、あーりんの手話の歌のプロフェクトは、
様々な出会いを紡いでくれていて、
あーりんファンの方が、手話を学び始めて、
すごく聞こえない人と友達になったり、そんな姿にも触れ、
あーりんやファンの皆さんの暖かさや、豊かさや、ナチュラルさや、
何かさわやかな風のようなものもいっぱいもらっていて、
胸が熱くなります。
積み重ねの大切さを、あーりんに教えてもらっています。

皆さんにも、素敵なhanabi 届きましたか?
あーりん今年も 本当にお疲れさまでした。
2018年ソロライブ成功、おめでとう!!


image/2018-06-25T213A263A06-1.jpg
「覚える」(C)手話あいらんど
頭に物をつかんで握りるイメージで。










posted by 南 瑠霞 at 21:29| 東京 ☀| 南 瑠霞のライブラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする