2017年11月22日

もみじが赤くなりました!!


image/2017-11-21T143A363A05-1.JPG

神奈川県の短大のもみじです。
今年も例年通り、赤くなりました。
まだ下のほうの葉っぱは、緑が残っているのですが、
全体としては完全に紅葉した印象です。

毎年、このもみじの木の緑の葉っぱが、
どんどん赤くなるのを見ながら、
大学に通っていますが、
何度見ても、見事です。

こんな一本の大きなもみじは、
私は、街中ではほかに見たことがないので、
毎年感動をもらっています。

ここからどんどん冬になり、
手話をする身としては、
手がかじかんで動きにくくなってしまい不便なのですが、
風邪にも注意しながら、
みんなで頑張っていきたいですね。


image/2017-11-21T143A473A05-1.jpg
「赤」(C)手話あいらんど
人差し指で、下唇をなぞるように表現します。



posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

もみじが色づきはじめました!!学生たちは「好き」の使い方も勉強中。


image/2017-11-15T103A333A05-2.JPG

image/2017-11-15T103A333A05-1.jpg

今週の、神奈川県の短大のもみじです。
上のほうが、どんどん赤く色づいてきました。
今年は、例年より、冬の到来が早そうです。

学生たちは、今、
「好き」という手話の使い方も、
勉強中です。

image/2017-11-15T183A553A06-1.jpg

「好き」という手話は、
のど元を、ものがスッと入っていくイメージで表現します。

この手話は、一般に、
食べ物や、人のことを『好き』と表現するときに使いますが、
このほか、例えば、
「将来は、保育士になるのが『希望』」
「こちらより、あちらの席を『希望』」
と、『希望』という意味合いの時も使います。
また、
「走る」「飲む」「行く」などの動詞のあとに、
この「好き」という手話がくっつくと、
「走りたい」「飲みたい」「行きたい」
という意味になります。

いろんな意味合いで、様々な使い方の変化がある「好き」。
これが使いこなせるようになると、
手話もちょっと上手になってきます。

みんなで楽しみながら、手話を学びたいですね。
学生のみんなも、毎週お疲れ様!!




posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

地名の手話


image/2017-11-01T173A463A08-1.JPG


秋晴れの空の下、今週も、
神奈川県の短大の手話の授業に行ってきました。
中庭の大もみじの葉は、
少しだけ上のほうが赤くなってきたように感じられます。

先週と今週は、
住所の表現や、各地の地名などを、
学生たちと一緒に勉強しています。

手話で、地名を学ぶとき、
その表現の由来を探っていくことで、
各地の地元の歴史や、名所なども知ることもでき、
ひとつの語学の勉強から、さらに豊かな学びを得られると、
いつも実感します。


image/2017-11-01T173A583A05-1.jpg
「東京」
日が昇ることを示す「東」を2度強調することで、
「東の都=東京」。


image/2017-11-01T173A583A05-2.jpg
「京都」
東と逆の太陽の動きの「西」を2度強調することで、
「西の都=京都」。


image/2017-11-01T173A583A05-3.jpg
「仙台」
伊達政宗ゆかりの地。
正宗のかぶとの三日月をあらわして「仙台」。


image/2017-11-01T183A143A05-1.jpg
「広島」
宮島に浮かぶ赤い大鳥居が、手話では広島のシンボルとなっています。
鳥居を表現して「広島」。


アナタもぜひ、楽しみながら、
手話を学んでみてください。
感謝。




posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

もみじは雨に打たれています


image/2017-10-25T183A103A08-1.JPG

今週の神奈川県の短大の大もみじです。
雨に打たれても、まだまだ、
緑の葉っぱをしっかりと茂らせています。

各地の大学は、今、学園祭シーズンですが、
私が指導に通う短大でも、今週は、
週末の台風についての対応の情報がまわり、
予定の土日に、警報などが出た場合、
最悪、中止もある!!
ということで、
学生たちが、困っていました。
ここまで、いろんな道具を作ったり、
衣装もかなり出来上がっていたりと、
準備もほぼ終盤というタイミングでの台風!!
ぜひ、なんとか、風雨が強くならないことを、
祈ります。

IMG_4820.PNG
「中止」「やめる」「ストップ」
物事をさえぎるように、てのひらに、もう一方の手を立てて。
(C)Softbank「ゲームで学べる手話辞典」(手話監修:手話あいらんど)




posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☔| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

名前の手話の由来


image/2017-10-20T213A043A05-1.JPG

今週の神奈川県の短大のもみじです。
台風も近づいていて心配ですが、
まだ、強風でも葉っぱは落ちず、
濃い緑をしばらく保っていると思います。

今週の学生たちは、自分たちの名前のほか、
全国で、おなじみの手話の名前を、一緒に勉強しました。
その中でも、代表的なものを、
いくつかご紹介します。
この名前のご本人、
また、自分の友達にいるいる!!という方、
もしよかったら、使ってみてください。


「佐藤」
さとう.jpg
これは、手話のダジャレから来ています。
口の前で手をくるくる回して、
味が「甘い」ことを表現する手話です。
これがもとになり、「砂糖」もこの手話。
そして、そのつながりで、名字の「佐藤」にも、
この手話が使われます。

「佐々木」
佐々木.jpg
歴史で有名な、佐々木小次郎が、
刀を背中に斜めにさしていたことから。

「斉藤」
斉藤.jpg
斉藤道三のあごのちょびヒゲから。

手話の名前って、こんな風に成り立っているんだ〜!
と、学生たちも楽しんで覚えてくれています。

※(C)手話あいらんど





posted by 南 瑠霞 at 00:22| 東京 ☁| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

まだ紅葉は濃い緑!!


image/2017-10-11T123A373A05-1.JPG

神奈川県の短大のもみじです。
まだ、しっかりと、濃い緑。
でも、周辺の木々には、もう秋の気配が訪れています。

image/2017-10-11T123A293A09-1.JPG

今週も、声なしの授業を無事終了。
学校の授業では、毎週1時間半、すべて声なし。
身振りと板書と簡単な手話で、内容を進行しています
それでも、元気についてきてくれている学生たちに感謝!!

保育士の卵の皆さんが、将来の現場で、
聞こえない保護者や子供たちと出会ったとき、
コミュニケーションの手掛かりになる、
手話の基礎をお伝えしているこの授業は、
基本、一切声を使いません。

その理由は、大きく2つ。
1、手話が、音声がなくても伝えあえる便利な言葉であり、
声に頼らず、きちんと目で見て、良さを味わってもらいたい。
2、全国には、耳の聞こえない学生たちも大勢おり、
彼らが、どんな状態で授業を受けているかということを、
一週間のうち、1時間半だけでも体感し、
聞こえない人の立場を、想像してみてほしい。
ということからです。

当初、この授業を立ち上げたときは、
学校側から疑問の声も上がったものの、
どうしても!!とお願いして始めてみると、
ジョークも交えながら、楽しく笑いいっぱいに、
授業を進める中、
学生たちが、毎年
「楽しい。大丈夫。よくわかる。」と意見を寄せてくれて、
今では、これが、私の手話の授業のあたりまえの風景となっています。

今年も、
初回、不思議そうにしていた学生たちは、
30分もすれば、雰囲気に慣れ、
その後は、しっかり目で見ながら、授業を受けてくれています。
若い柔軟な頭と勘所で、
ここから、冬の卒業まで、一緒に頑張りましょう。
今週も、ありがとう。




posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 🌁| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

2017秋のもみじ通信スタート!!


image/2017-10-04T183A413A06-2.jpg

神奈川県の短大の後期の授業が始まりました。
もちろん、今の時期のもみじは、
まだしっかり濃い緑色。
ここから、真っ赤に色づくまでを、
毎週追い続けます。
お楽しみに。

今年の学生たちは、
今までよりいっそう感がよく、
簡単な手話で話す私の手話を、
けっこう読み取ってくれたりして、
やわらかい頭を披露してくれています。

半年間、
声のない目で見る授業の始まりです。
彼らの成長が楽しみです。
いっしょに頑張っていきましょう!!

image/2017-10-04T183A413A06-1.JPG
学校周辺には、まだまだ、いろんな花も咲いています。





posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

短大最後の授業は茶話会!!


1.JPG
2017年2月、神奈川県の短大の中庭のもみじの木

今週の神奈川県の短大は、今季最後の授業でした。
3年生のみんなは、今週ほぼすべての授業が終了、
いよいよ、卒業式も目の前です。
みんな、2年間の学生生活は、楽しかったですか?
保育などの幼児教育を目指す皆さんの学校では、
かわいい壁面創作や、ペープサート、エプロンシアターなどの、
子供向けのアイディアあふれる授業もあり、
私も一緒に教えてもらいたいな〜と思うことが、
しばしばあります。
そんな皆さんの、楽しい発想で、
手話の授業も、半年元気に受けてくれて、
全員無事、単位を修得しての終了となりました。

3.JPG

今週の手話の授業は、茶話会。
お茶やジュースも持ち込んで、
手話でみんなが、いろんなことを話してくれました。
みんなの行きたい国や県、卒業後の進路なども、
ここまで学んだ手話で、教えてくれて、
楽しいひと時となりました。

4.JPG
4限クラスは、人数が多かった!!
みんな、最後までついてきてくれて、ありがとう!!

5.JPG
5限クラスは、人数が少なく、みんなが個性的でした。
毎週おしゃべりが楽しかったですね。

6.jpg
最後に、みんなから、手話についての質問などもたくさん書いてもらいました。
ここから、1つずつ、このブログの中で答えていこうと思います。
どうぞ、お楽しみに!!
本当に、ありがとう。

7.jpg

8.jpg

みんなが寄せ書きをくれて、
楽しんで手話の授業に参加してくれたことがわかり、
さらにうれしく!!!
ありがとう。

9.JPG

毎週持って行っていたお弁当も、
今週でいったんお休み!!
頑張った自分!!ごちそうさまでした。笑

学生たちの元気な笑顔に、さらにパワーをもらって、
私もまた、新しい春に向かって前進できそうです。
みんな、本当に、ありがとう!!
質問の答え、このブログで、少しずつ書いていくので、
楽しみにしていてください。




posted by 南 瑠霞 at 09:41| 東京 ☀| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

耳を使わず手話を学ぶ!!


image/2017-01-31T103A313A08-1.JPG

葉を出さず、寒さに耐え、
着々と春の準備をしている神奈川県の短大のもみじです。

このもみじのように、短大2年生の学生のみんなの、
卒業も目の前に迫っています。
先週は、授業内の実技テスト!!
なんと、日ごろぼんやりしているようで、
ちゃんと手話を覚えているのかなー?と思っていた学生たちも、
テスト前に、友達同士、みんなで助け合い、
しっかり手の動きを覚えてきてくれたようで、
試験では、全員、きちんと自己紹介ができるようになっていました。
感動!!!!!

もちろん、テストの説明仕切りなどは、すべて音声なしの手話で説明、
これも、みんなにしっかり伝わって、
皆さん手順通り、きちんと真面目に滞りなく試験を受けてくれました。

学生たちの、集中力のなさ、
思考力の低下、元気のなさなどが、
取りざたされることも多くあるこのご時世、
手話の授業を受けてくれたが若者たち、みんなが最後まで、
笑顔で、一生懸命「目を使って」参加してくれたことに、
心から感謝です。

今週は、その短大の授業も最後になります。
楽しみに出かけたいと思います。

2017-01-31T103A313A05-1.jpg
この校舎で、毎週手話の授業を行っています。
赤い雨除けのカバーが、かわいい!!

image/2017-01-31T103A323A05-1.JPG
このところ、関東は晴れた良い天気が続いています。

image/2017-01-31T103A323A08-1.JPG
毎週お弁当を持って行って、授業前に講師控室で食べています。笑







posted by 南 瑠霞 at 10:52| 東京 ☀| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

ナチュラルアプローチ〜気づかない「メリット」


IMG_7955.JPG

先週の、神奈川県の短大のもみじです。
校舎の窓から見ると、ほとんど変化が感じられませんが、
少しずつ、春に向かって、新春に芽吹くはずの葉っぱが、
膨らんでいるようです。
春が楽しみですね。

10月から始まった、後期の手話の授業も、
だんだん終わりに近づいています。
先週は、
手話にまつわるさまざまな理論のまとめテストも行われました。
その中には、
後期に学んだ自己紹介の手話表現の読み取りテストもありました。
テストの内容自体は、満点に近い学生も、
それ以外の学生もいて、まちまちで、
たぶん、あまりテスト結果がかんばしくなかった!と
感じた学生もいたかもしれません。
でも!!!
私は、この「できなかったかもしれない?オーラ(笑)」を
かもし出している何人かの学生たちを見ながら、
すごく、大きなことに気づきました!!

私の授業は、この半年のすべての時間、声を使わず、
手話を見て、手話で話して、耳を使うことなく学ぶものでした。
その中で!!
「テストがイマイチだった!!」と思って、
ややがっかりした顔の学生たちも、
実は、そのテスト前に説明した私の手話を、すべてきちんと読み取り、
その指示に従って試験を受けていたのです!!驚&笑!!
でも、彼らは、それが読み取れたことに全く気付いておらず、
「テストの中身」が「できなかった」と落ち込んでいたのです。笑
これ、実は、素晴らしいことだと思いませんか?笑笑

テストは、もちろん、いろんな単語が出てきたり、
前に習ったことを忘れてしまったりすれば、できないものもあるし、
指文字の読み取りも、ちょっと長めだったり、
長音や、小さい文字や、濁点が付いたりすると、複雑な動きもあり、
ほんの数か月の授業では、
目がついてこなかったということもあるかもしれません。
理論についても、一般の学校の授業とは、まったく違う、
聞こえない人を取り巻く社会の状況について、
触れたものもありました。
でも、こうしたものは、資料を捨てずに取っておけば、また、
何かの時に、取り出して読み返すこともできます。

そんな中、テストの記入の仕方も含め、
時間前からの席の座り方、
学籍番号順の用紙の回収の仕方などは、
全部私が、声なしで、いつもと同じように話した手話の中から、
学生たちが読み取り、それに従って、
テストが、滞りなく終了したのです。
そして、この日の片付けが終わり、次週の説明をして、
「また、来週お会いしましょう」の手話のあいさつまで!!
テストだけでも大変なのに、その指示を手話ですべて理解し、
その通りに行動してくれた学生たちに拍手!!

彼ら、たぶん、その自分たちの身に着けたものの素晴らしさに、
気づいてないだろうな〜!笑
テストの点数には表れない、彼らのコミュニケーション能力の成長に、
感動をもらった1日でした。
今週は、彼らをほめてあげないといけませんね。
みんな、自分に気づかないところで、成長してるんですよ。って!

「通じない」と思えば、そこに心の壁ができます。
でも、「読み取ろう」と思えば、実は、
理解ができることがたくさんある!!
それを、自然に見せてくれている学生たちの姿に、
勇気と励ましをもらっています。

心を開いて、つねに見つめていれば、
わからなかったはずのものも、いつの間にか理解できるようになっている!!
これが、
ナチュラルアプローチ(自然な会話の中からその言語のまま語学を学ぶ手法)の、
大きな魅力でありメリットなんですね。

さあ、残り少ない授業。
みんなで楽しく頑張りましょう!!!!!!!!!!!
感謝。



posted by 南 瑠霞 at 08:28| 東京 ☀| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

手話言語条例についても学ぶ!!

IMG_7262.JPG
(今週の関東は、晴れた良い天気が続いています。)

私が手話指導する神奈川県の短大でも、
今週、年内最後の授業が行われました。

最終の今回は、
ここまで学んだ、みんなの自己紹介の、
まとめと復習。

神奈川県では、2015年春から、
手話言語条例も制定されているので、
年をまたいでみんなで、
そうした情報についても、勉強していきます。

神奈川県は、県レベルでは、
鳥取に次いで、2番目に手話言語条例が制定されており、
神奈川県で学び、県下に就職していく、
学生さんたちには、必須情報でもあります!!
地元の県や市の手話言語条例について、
大学・短大で、きちんと学ぶ例は、
まだまだ少ないと思います。
こうした環境下にいる学生たちは、
とってもラッキーだと思っています。

私自身、神奈川県の手話言語条例は、
2014年のクリスマス、県議会で可決されたその場を、
傍聴させていただき、感動をいただきました。
みんなで、手話や聞こえない人々の、
歴史に寄り添っていければと思っています。

手話言語条例マップ.png
2016年12月19日現在、手話言語条例成立自治体は64。
鳥取、神奈川、群馬など、県レベルが9。
北海道石狩市、三重県松阪市など、市が48。
北海道新得町、埼玉県三芳町など、町レベルが7。

image/2016-12-22T093A513A04-1.JPG
すっかり葉の落ちた中庭のもみじの木ですが、
空は晴れ!!
ここから、気持ちのいい新年が迎えられそうです。




posted by 南 瑠霞 at 10:16| 東京 ☀| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

ろう者の心に触れる授業


image/2016-12-14T233A373A05-1.JPG
短大の中庭のもみじは、すっかり散り、
季節は冬を迎えています。

手話指導を承り、定期的にクラスを受け持つ場合、
メイン講師が私であっても、
必ず、聞こえないゲストを招いて、
その生活体験などを語ってもらう時間をもうけさせてもらっています。
聞こえない人の言葉である「手話」を、
若者たちに、学んでもらうにあたり、
聞こえない人との交流は、必須だからです。

そんなわけで、私が毎週通っている
神奈川県の短大でも、
今週は、ろうの若者を招いての、
講演をお願いしました。
その人の生い立ち、
障がい者手帳のこと、
聞こえる人に囲まれて仕事をしているとき、
どうコミュニケーションをとっているのか?
口話だけで話は本当に読み取れるの?
手話のこんなところが魅力。
もし、保育の現場で、
将来聞こえない子供たちや、保護者に出会ったら。。。。
などなど・・・

学生たちに年代の近いろうの人の、
直接の体験談は、学生たちの心に残り、
これまで学んできた手話を用いての質問会も、
通じる喜びをもたらします。
出会いは、宝物であり、
人の心を動かす、大きなエネルギーの源。

手話指導は、出会いと出会いを結ぶ、
大事な仕事でもあると、毎回実感しながら、
ろう者ゲストをお招きしています。
感謝。

image/2016-12-15T003A053A05-1.JPG
短大のキャンパス内には、大きなクリスマスツリーも飾られています。
冷たい空気の中、授業の終わった、夕方、
美しいライトが、輝いています。



posted by 南 瑠霞 at 00:08| 東京 ☀| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

もみじ散る!冬の始まり!


image/2016-12-13T123A393A06-1.JPG
神奈川県の短大中庭の大もみじは
先週 葉っぱが全て落ちてしまいました!!
いよいよ冬の始まり!
ここから 長い 春への準備となるようです。

神奈川県は
インフルエンザもかなり流行っているので
みんなで気をつけたいですね。

image/2016-12-13T123A403A07-1.JPG
これは
学校周辺の桜の木。
まだ 赤い葉が残っている枝もあります。
これも 今週には
落ちてしまうでしょうかね。

image/2016-12-13T123A553A06-1.JPG
一方 別の木では
もう 春の準備が!!
見てください。このつぼみ!!
また 必ず春が来る証!!
木の芽たちが もう次の季節の気配を見せています。

四季の移り変わりに
自然の命の力を 感じながら
冬の短大の授業も
楽しく進んでいます!!
みんな 冬休みまであと少し
一緒に 頑張りましょう!!

posted by 南 瑠霞 at 12:46| 東京 ☀| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

秋の空の下〜体験授業


IMG_6841.JPG

神奈川県の短大のもみじは、
赤さを過ぎ、枯葉の茶色が混じり、
冬が間近であることを告げています。

今週の短大は、
みんなで、耳栓を付け、音声会話を禁止して、
一枚の地図を頼りに、学校周辺のポイントを回ってくるという、
オリエンテーション形式の、体験会でした。

耳栓といっても、あのふわふわの、ソフト耳栓で、
はっきりした声で話せば聞こえるというものですが、
それでも、低い音などは、かなりカットされ、
みんな、外では、後ろの気配が分からず、
10人のグループが、バラバラになったのに気づかなかったり、
角から出てきた自転車や車の音が聞こえなかったりと、
それなりに、様々な経験をしてきたことを、報告してくれました。
声を禁止にしているので、
途中で道が違っても、それを互いに知らせるのにも一苦労。汗&笑
みんなが、一番大変だったのは、
先に行ってしまった友達に声をかけられず、
走って呼び戻しに行かなければならなかったことなのだそうです。
ささやかな耳栓をつけ、音声会話をなくすことで、
少しだけ、聞こえない人の状況を、
想像できる瞬間もあったようです。
(これは、耳栓で「聞こえないこと」を体験するのではなく、
ほんの少し聞こえなかったり、また、声が使えなかったら、
どうやって、みんながコミュニケーションを取り合えばよいかを、
体験し、学びあう授業です。)

また、その耳栓を外せば、
今まで聞こえなかった、遠くの鳥や犬の声、
廊下の人の話し声や、人が歩く足音も聞こえ、
窓の外の、小さな車の音なども、耳に入り、
聞こえの不思議についても、
いろいろ、ディスカッションできました。
こうした小さな音は、聞こえない人の気づかないものも多く、
私たちの耳は、
見てもいない、犬や鳥の存在に気づいたり、
また、人の話し声からは、たとえ見えていない廊下でも、
それが男性の声なのか、女性なのか、
2人の会話なのか、複数人いるのか、
また、歩いていけば、その方向や、
遠ざかっているのか、近づきつつあるのかさえ、
聞き分ける能力を持っています。
そんな聞こえることと聞こえないことの違いを、
互いが気づきあい、理解すれば、
すれ違いや誤解も減るかもしれません。

「聞こえること」「聞こえないこと」
それは、どちらが上でも下でも、
誰が、かわいそうなのでもなく、
その違いを知ること。
そういうことにも、目を向けられる授業ができるといいなあと、
いつも思っています。

IMG_6831.JPG

IMG_6840.JPG

IMG_6839.JPG

学校周辺は、たくさんの木々の葉が、
赤や黄色に色づいています。





posted by 南 瑠霞 at 22:10| 東京 ☀| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

もみじが赤くなりました!!

IMG_6277.JPG

神奈川県の短大のもみじです。
なんと!!
例年より2〜3週間早く、真っ赤になりました!!
今年の秋は、早く気温も低くなったので、
もみじの葉も一気に秋を早めたのでしょう。
圧巻の光景です。
(※ http://minamiruruka.seesaa.net/category/11602256-1.html 
このカテゴリーを押すと、毎週のもみじの変化が、
一連で見ることができます。)

後期の手話の授業は、まだ、二か月足らずですが、
初心者だった学生たちもだんだん、手話に慣れ、
中には、授業終了後、自分で一生懸命考えながら、
手話で話しかけてくれるようになった人や、
けっこう長い話で、習ってない単語がところどころ出てきても、
口元なども見ながら、私の手話を読み取ってくれる学生も出てきて、
授業も順調に進んでいます。

今年の手話の授業は、履修人数が多く、
行き届かない面もあるな〜と自信を無くしかけていたところですが、
学生たち自らが、積極的に学び取ってくれることで、
例年通りの声のない授業を、
毎週元気に続けさせてもらっています。

手話は思いを伝える大事な言葉。
くだらないことも、まじめなことも、
授業を通じて、毎週、
音声なしの手話で、語り合うことで、
学生たちには、
手話の魅力や、通じ合える喜びを、
学び取ってもらえればと願っています。

赤いもみじの葉のように、
若者たちの燃えるような思いが、
手からも多くの方々に伝わりますように。

IMG_6286.JPG
関東では、コスモスの花も、あちこちで咲いています。

IMG_6288.JPG
黄色やオレンジのコスモスも、最近増えてきたようですが、
これは、改良種なんでしょうかね。

IMG_6290.JPG
柿もぎっしり実っていますが、
鳥たちがつついてないところを見ると、
これは渋柿? 笑

秋の深まる関東は、ここ数日晴れると本当にさわやかです。



posted by 南 瑠霞 at 22:00| 東京 ☀| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

秋深まるもみじ


image/2016-11-10T123A533A05-1.JPG

毎週の神奈川県の、短大中庭の大もみじ。
今週は、青空の下、
少しだけ、赤く色づいてきたのが分かるようになってきました。
真っ赤に色づくまで、おそらくあと2週間くらい。
楽しみです。

image/2016-11-10T123A533A09-1.JPG

毎回、声を使わず、1時間半のすべてを、
身振りと板書と、覚えたての手話で繰り広げている短大の授業ですが、
この色づきとともに、
皆さん、少しずつ目で見ることにも慣れ、
現在、名前や、将来の仕事、
趣味などが話せるようになってきてくれています。
ここから、家族の手話や、
耳栓をして学校周辺を歩いてみるという体験も待っています。
皆さん、ぜひ、最後まで元気についてきてくださいね。
いつも、一生懸命授業を受けてくれて、ありがとう!!

image/2016-11-10T123A543A04-1.jpg
学校周辺の桜の木も、どんどん色づき、
葉を落とし始めています。
関東も、季節の移り変わりがしっかり感じられます。






posted by 南 瑠霞 at 00:25| 東京 ☀| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

神奈川県!もみじ通信


image/2016-11-03T113A293A11-1.JPG

神奈川県の短大の、大きなモミジの木です。
まだまだ、深い緑色。

image/2016-11-03T113A293A09-1.jpg

でも、もう少しカメラを寄せてみると・・
少しずつ、上のほうが赤くなってきているのが分かります。
季節は、どんどん、秋を深めています。

学校では、去年手話の授業を受けてくれていた
3年生が、
「聲の形」ファンで、もう10回以上、映画を見たという
友達を連れてきて、紹介してくれました。
学内では、教務の方以外とは、
すべて手話だけで話している私に、
その子はちゃんと間に立って、
手話を知らない学生に通訳をしてくれたりして、
ほんの半年の授業が、
こうして、手話の授業を終えて、
1年が過ぎてなお、
こうして、その輪を広げてくれていることに、
今週もまた、ちょっと感動をもらいました。
本当に、ありがとう!!

image/2016-11-03T113A293A14-1.jpg

お弁当にも、秋らしく、
柿を詰めて、持ってきました!!
みんなで、素敵な秋になりますように!!



posted by 南 瑠霞 at 22:34| 東京 ☀| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

神奈川・東京!!


image/2016-10-26T183A463A05-1.JPG

今週の、神奈川県の短大の、
中庭のおおもみじです。
快晴の空の下、緑の葉がこんもりと茂っています。
まだまだ、暑かった夏が、思い出されます。

さて、今週の学生たちは、
自分の住所の表現を覚えました。
ほとんどの学生たちは、
東京と、神奈川県在住。

image/2016-10-26T183A473A11-1.jpg
「東京」という手話は、
日の出を表す「東」を2度強調して
『東の都』を意味する表現となっています。

image/2016-10-26T183A483A05-1.jpg
ついでにですが、その逆で、
日の入りを表す「西」を二度強調し、
『西の都』をイメージした表現で、
「京都」となります。

image/2016-10-26T183A473A05-1.jpg
「神奈川」は、
「神」を示すように、拍手を1回打ち、
次に漢字の「川」を表現します。

あなたも、ちょこっと参考に。
覚えてみてくださいね。

image/2016-10-26T183A473A08-1.JPG
学校周辺のショッピングセンターには、
ハロウィンの明かりがともって、キラキラしています。

 





ちょっとこのところ、各地、風邪が流行っていて、
熱のある人もいるみたいですね。
気を付けましょう。
posted by 南 瑠霞 at 18:57| 東京 ☀| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

短大手話指導!!いいことあるなあ!!


image/2016-10-19T223A103A13-1.JPG

今週の神奈川県の短大の中庭のモミジの木です。
まだ、ほんの少し色づく気配を見せているだけで、
あまり大きな変化はありません。
12月の紅葉が楽しみです。
私は、ここ以外で、こんなに大きなモミジの木を見たことがないので、
毎年この迫力に、圧倒されています。

私が手話指導に通わせてもらっている短大は、
保育・幼児教育の学校です。
将来は、皆、子供園の指導者や、
保育士、幼稚園教諭などになって、卒業していきます。
その中で、さらに介護についても専門的に学びたい学生は、
1年残って、追加単位を修得します。
短大で、介護福祉を学べる学校は、
全国でも珍しいのだそうです。

私の授業は、2年生が履修しているのですが、
最近では、私の授業をきっかけに、
その後も手話を学び続けてくれる学生も増えています。
3年生の中に、
この秋、1年ぶりに会ったら、
すごく手話がうまくなり、
簡単な通訳ならできるようになっている学生がいました。驚!!
なんでも、2年生の時の手話の授業が楽しく、
その後バイト先で、ろう者の友達などもでき、
その人について回って、いろいろ話していたら、
手話がさらに楽しくなり、
もっともっと話したくてがんばったら、
いつの間にか、去年よりうまくなっていた!と言うのです。喜!!
すでに、自分が終えてしまった授業で、
それをもとに、さらにステップアップして、
楽しそうに手話を続けてくれている学生を見ると、
指導させてもらったこちらも、ハッピーになります。
学生たちのパワーに、
私のほうが、元気をもらうような出来事です。
今年の後期も、素敵なスタートになって、
嬉しい手話の授業です。

そのほかにも、手話パフォーマンスを続けてくれている学生、
私たちの舞台を毎回見に来てくれる学生などなど、
みんなが、たくさんのつながりを大事にして、
ずっと手話を続けてくれていることに、
たくさんの感動をもらっています。
若者たちの作る、未来が楽しみです。

image/2016-10-19T223A103A07-1.jpg
学生課のカウンターには、こんなかわいいクリップが転がっていました。
女子学生の多いこの学校では、
レポートなどに、こうしたクリップを付けて、
提出する人も多いようで、
その残りが、学生事務局でも使いまわされているようです。
アヒルや、丸いのや、カラーのクリップ。
私も今度買って使ってみたいな〜。
文具も最近は、カラフルで楽しくなってきて、
こういうものに囲まれて仕事をするのも、
夢があっていいなあ〜と思います。

image/2016-10-19T223A103A10-1.JPG
この日のお弁当は、小松菜のおひたしや、
チキンやソーセージのカレーソースがけ。
最近は、玄米にはまっています。
あなたも、元気な秋を!!



posted by 南 瑠霞 at 22:33| 東京 ☀| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

秋晴れの空に、まだまだ濃い緑!!


image/2016-10-13T163A563A05-1.JPG
(短大中庭の大きなモミジの木を、毎週レポートさせてもらっています。
冬までの変化をお楽しみに!!)

今週も、神奈川県の短大にて、
声なしの1時間半の授業が、2コマ行われました。
(2コマというのは、つまり、クラスが2つあり、
同じ内容の授業を毎週2回行っているということです。汗&笑)
今週は、2度目の授業ということもあり、
みんな、少し雰囲気に慣れてきました。
1回目の授業では、
手話のあいさつなどを覚えましたが、
2回目の今週は、
一人一人の名字をそれぞれ確認していきました。

手話経験のない人は、
名前なら、手話の五十音にあたる「指文字」で表せばいいのかな?
と思っている人も、いると思いますが、
実は、ちょっと違います。
手話の名前は、それぞれ、
「青山」なら『青』と『山』
「山口」なら『山』と『口』
など、いくつかの単語を組み合わせて表現したり、
このほか、
『佐々木』『佐藤』『加藤』など、
手話独自の特徴のある表現もあり、
これらを、30人以上あるクラス全員でやると、
相当量の単語を覚えることになります。
名前の授業の日は、
手話の、実に豊かな様々な表現を、
互いの名前を通じて、
みんながたくさん学ぶことができるのです。

今週も、そんな充実した時間を、
みんなまっすぐな目で、
前を見つめながら、
一緒に学んでくれました!!

image/2016-10-13T163A563A12-1.JPG
(短大周辺には、秋のいろんな花も咲いています。)

私は、多くの場合、
手話の授業は、声なしで進めさせてもらっています。
通常、100人以上の大教室でも、
手話経験の全くない学生たちに、
板書と身振りと、
次々に覚えていく毎週の手話を積み重ねて使いながら、内容を伝えています。
これでも、初回から、みんな、元気に目を輝かせながら、
ついてきてくれます。
手話学習における、
「声のない授業」「語りかけを中心としたナチュラルアプローチ」は、
とかく、難しいといわれがちですが、
要は、進め方次第!!
多くの授業を通じて、
実は、若者たちは、とても素直に積極的に、
「本物の手話」に触れたいと思っていることが、
肌から伝わってきます。

私が、なぜ、
手話の授業を声なしで行うのか?
という点については、また今度!!
みんなで楽しく手話を学びあいたいですね。

image/2016-10-13T193A373A05-1.JPG
(玄米のお弁当、持参です。笑!!
最近お弁当作りにはまっています!!)


posted by 南 瑠霞 at 09:32| 東京 ☀| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする