2014年10月23日

短大のもみじ

毎年、後期になると、
神奈川県にある保育・幼児教育の短大に、
手話指導に通っています。

中庭に大きなモミジの木があり、
時がたつとともに、
どんどん、赤く染まってきます。

今週のもみじは、こんな感じ。

image/2014-10-22T22:21:33-1.JPG

image/2014-10-22T22:21:35-1.JPG

上の方から、すこーしずつ、赤くなりつつはあるのですが、
全体は、まだ、しっかり濃い緑です。

庭には、なぜだか、
実物大の、2頭のシカの象もあります。笑

image/2014-10-22T22:21:42-1.JPG

さて、モミジの色は、
学生たちの、手話への理解の深まりを示すように、
毎週色を変えていきます。

3週目を終えた今週、
みんなは、教室に入ってくると、
手で「こんにちは!」と、あいさつをし、
帰りには、
「また来週!!」
「ありがとうございました。」
「お疲れ様でした」
と、それぞれの感性で、
手話のあいさつをして、教室を出て行きます。
みんな、覚えた手話を、
すぐに楽しく使ってくれているのです。
素敵ですね。
みんなが、「話そう」と思ってくれている気持がうれしいです。

声なしの授業に、
最初は戸惑っていた学生たちも、
少しずつ、慣れてきて、
授業では、一生懸命目を使って、
私の身ぶりや手話や板書を見てくれています。

1週ごとに、話せる手話が増えていく学生たちと、
日に日に、色を変えていくもみじを見ながら、
季節の移り変わりを感じています。

短大のもみじの赤は、私にとって、
明るい学生たちの、
どんどん増えていく手話への思いの色のようでもあります。

もみじの木が真っ赤になるのは、
12月の初めごろなので、
さらに1か月くらい先のことです。
短大に行って、、
私が一番最初に「こんにちは」と、
あいさつしているのは、
このもみじの大木です。


posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☔| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

手話の歌〜いきなり翻訳や歌い方の指導はいたしません!!汗&笑

私が手話の専門家だと知って、
いきなり、
「この歌を手話で歌いたいんです。手話教えてください!」
と言ってくる方が、
この頃、ますます増えています。

ダメよ!ダメダメ!!
おお!まさにあの、
何やらお笑いの壊れたお人形のようになってしまそうな私です。笑

手話の歌・・・と言っても種類もいろいろ、
方法もいろいろですが、
こういった連絡をくださる方は、
すべて、基本的に、
「今、聴こえる人の間で流行っている歌に、
手話を付けて歌いたい!!」
というものです。

ところがこれ、
聴こえない人の約半数が、嫌い!
または、好ましく思っていない、
または、全然興味がない!!
ということを、ご存知でしょうか?

聴こえない人の中には、手話の歌が大好きで、
自分もいっぱい歌いたい言う人も大勢いますが、
反対に、子どものころから、
無理にリコーダーを吹かされたり、
わからないのに、歌え!と言われ、
音楽に対して嫌な印象を持っている人、
また、
わからない音楽を、わかれと言われても、
楽しくもなんともない!!
という人もたくさんいます。

さらに、
手話という聴こえない人の大事な言葉を使って歌うからには、
やはりまず、
「聴こえない」ということがどういうことなのか、
「手話」とはどんなものなのか、
その辺のところを、ちゃんと、知ったり、
体験したうえで、
”聴こえない人とも分かり合える方法で”、
心を込めて歌ってもらいたい。

いつも、このブログでも、
お伝えしているように、
私達は、基本、どんな手話指導でも、
ドラマの役者さんでも、
歌い手さんの歌であっても、
いきなり、
テキストから入ったり、
手話翻訳だけを教えたりすることはありません。

1回目のレッスンは、必ず、
「聴こえない人との出会い」から。
( *詳しくは、先日の記事がわかりやすいかも!
http://minamiruruka.seesaa.net/article/406715512.html )

聴こえない人が、どんな暮らしをし、
どうやってコミュニケーションをとっているのか、
通じない時、どうやって伝え合えばいいのか、
そして何より、
言葉や音楽を、目から見るって、
どういう状態なのか?
そういったことを、よーく考えて、
思いを伝えるってことの大切さを、
感じてもらってから、
その次にやっと、
本格的な手話レッスンです。

そうした部分をすっ飛ばして、
「時間がないから、早く!」
って、言われても、
ちょっと、無理なんだな〜。

それに、歌詞の翻訳って、
手話ができれば、やれるってもんじゃない。
正しく手話に翻訳しても、
言葉数や、表現の長さが合わなければ、
音楽に乗せられない。
「その場で、教えて!!」と言われても、
どういう単語や表現が、
その歌にピッタリ合うのか、
ちゃんと考えないと、良い手話の歌は、できないのです。汗&笑
これは、日本語の歌を、英語に作り直すときも同じ。
正しく英語に翻訳しても、
音楽の長さやリズム、メロディーにうまく合わなければ、
歌が歌えないでしょ?
手話も、一つの言語なので、
日本語の都合のいいようにはなっていないんだな〜。
そういうこと、わかるかしら?

〇手話の歌が大嫌いなろうの人もたくさんいる
〇手話で歌うなら、聴こえない人のこと、
 手話のこともきちんと理解してから。
〇手話の歌詞翻訳には、手話通訳ができるうえ、
 さらに、歌詞を音楽に合わせてイメージごと
 組み立てられる能力が必要!!

そういうわけで、
ダメよ!!ダメダメ!!
「流行の歌に、手話を付けて!!今、教えて!」
と言われても、
いきなり翻訳や歌い方の指導は、
いたしません!

あなたもぜひ、よーく考えてみてね。
どうぞ、よろしくお願いします。

image/2014-10-15T23:04:45-1.JPG
今週の、神奈川県の短大のもみじです。
まだ濃い緑の葉っぱがいっぱい茂っています。


posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

声を使わない手話の授業!!

今年も、相模原市の、
幼児教育専門の短大の、
手話の授業が始まりました。

image/2014-10-09T01:21:01-1.JPG

この短大の中庭には、大きなモミジの木があります。
まだ、今の時期、
濃い緑色をして、こんもり茂っているこの木が、
12月には真っ赤に色づきます。
毎年入学して、そして卒業していく、
多くの若者たちを見守っている、
キャンパスのシンボル的存在の木を、
今年も毎週紹介していきたいと思います。
どうぞ、お楽しみに!!

第1回の講義から、この半年間、
私の手話の授業は、基本、声を使いません。
それには、理由が2つあります。
一つは、
手話は、耳を使わなくても通じ合える
便利な言葉なので、
学生たちにもそれを味わってほしいから。
2つ目に、
全国にたくさんいる同年代の、
ろう学生の立場になったつもりで、
授業を受けてみてほしいから。
耳の聴こえない若者たちも、
みんなと同じように大学に通っていて、
同じようにいろんな授業を受けています。
その時、耳には入ってこない様々な情報を、
どうやって受け止めているのか、
毎週ほんの90分だけですが、
そういう視点も持って、
授業に参加してほしいからです。

若いみんなは、最初少し戸惑った後は、
けっこうしっかり授業についてきてくれて、
みんなよそ見もせず、
静かに、私の話と板書をみいってくれます。

初回の授業では、
簡単な手話のあいさつと、
「トイレに行ってもいいですか?」
「時間に遅れて、ごめんなさい。」
など、授業で使えそうな会話を、
まずは、少し覚えてもらいました。

最初の授業では、とにかく板書がいっぱいで、
学生たちも大変だと思いますが、
書いている私も大変です。笑

でも、これが、あと2~3回して、
みんなが指文字を覚え始めた後は、
板書はぐっと減って、
みんな、どんどんいろんなことを、
手の表現から読み取ってくれるようになります。

若者たちの元気に支えられて、
今回も、半年がんばろうと思います。
素敵な手話の思い出を作ろう!!
どうぞよろしくお願いします。

posted by 南 瑠霞 at 01:41| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

2013年度最後のもみじ

今週で、相模原市の短大の授業が終わりました。
最後の授業は、みんなで茶話会。
手話で、春休みの予定や、
将来の夢を語り合いました。
半年で、少し話せるようになった学生たちは、
自分たちのことを、
手話で、いろいろ教えてくれました。
みんな、頑張りましたね。
ぜひ、卒業後も、手話の授業のこと、
覚えていてください。
本当に、ありがとう。

もみじ.jpg
今週のもみじの木と、青い空。

コアラのマーチ.jpgおだんご.jpg
茶話会中、みんなで交代で、
コアラのマーチを振り続けたら、
お団子になり、
新しいデザート出現!!
案外おいしそう!!笑

3限.jpg4限.jpg
2クラスの学生たちです。

みんな、お疲れさま。
いろんなことを一緒に学んでくれて、
ありがとう!!
また、必ず、お会いしましょう。
感謝!!
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

空は晴れ!短大のもみじも気持ちよさそうでした。

今週の短大のもみじです。
大学の中庭で、
まもなく卒業していく、学生たちを、
見送ろうとしています。

短大もみじ.jpg

今週の学生たちは、
実技テスト。
日ごろ学んできた手話会話を、一人一人に、
表現してもらいました。
みんな、一生懸命頑張ってくれて、
落第者はなし!!喜!!
授業もあと少しですので、
楽しく行きましょう。

posted by 南 瑠霞 at 00:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

テレビの音声を消して、字幕で番組を見てみよう!!

毎週、相模原市の短大の学生たちに、
手話指導に通っています。

冬休みの間に、
字幕について、テレビなどを見て、チェックしてみて…
と課題を出したら、
「ニュースを見たら、字幕がすごく遅く、
映像の状況と字幕がずれていて、
今、何の情報なのかが、わかりにくかった。」とか、
「ドラマを見たら、役によって色が変わり、
分かりやすかった。」
「たまに、CMに字幕のあるものがあって、驚いた!!
CMは、字幕がないと何を言っているかわからなかったので、
字幕が付くのは、すごくいいことだと思う。」
など、いろんな感想を教えてくれました。

また、近くの映画館で、邦画の字幕上映があるか調べてみて!
とお願いしたら、
「うちの近くの映画館では、字幕上映がなかった。
少し離れた隣の駅の映画館で、ようやく見つけた!!」
「受付の人が、『うちでは、字幕上映はありません。』と言ったので、
改めてインターネットで調べたてみたら、期間限定で上映していた。
映画館の人の、認識がないのは、だめですね。」
「最新の人気の邦画は、公開1か月後に、
1週間だけ、字幕上映があった。
聞こえない人は、こんなに待たないと邦画がみられないのかと、
驚いた!!」
など、様々な、生き生きとした意見を述べてくれました。

いろんな人が、少しずつ、
手話学習などを通じて、
こうしたことにも気づいて行ってくれるといいなと、
思いました。
みんな、いろんなことを考えてくれて、ありがとう!!

あなたも、家のデジタルテレビで、
字幕をONにして、
音声を消して、映像を見てみてください。
いろんな発見があるかもしれません。
聞こえない人にとって、これは、とても重要な情報源です。

短大2.jpg

昨日の短大のモミジの木です。
寒そうですね。笑
雪の予報の出ていた午後の空は、晴れ!!でした。笑

晴れ.jpg

posted by 南 瑠霞 at 00:14| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

真っ赤なもみじの木!!

__ (2).JPG

今週の相模原市の短大のもみじです。
木全体が真っ赤になりました。
今年は、今週がピークのようです!!
来週からは、葉が落ち始めそう。
秋が深まったな〜!!

今週の学生たちは、
耳栓をして、学校周辺を歩くなどの、
体験をしました。
ほんの15分ほどの外出でしたが、
後ろから来る自転車や、車の音に気付きにくいとか、
前のほうに行った友達を呼ぶには、
走って行って、肩をたたくしかないとか、
いろんな発見をして、帰ってきてくれました。

将来保育の現場に立つみなさんなので、
ぜひ、ろうの子供や、保護者などとの、
出会いの参考になればいいなと思います。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

相模原市の短大のもみじ

A.JPG

毎週手話指導に伺っている短大のもみじが、
例年より早く、赤くなりました!!
今年は、
寒暖の差がはっきりした気候になったからかもしれません。

B.JPG
近くの運動公園の、紅葉も進んでいます。

短大の近くには、いろんな花も咲いて、
秋を彩っています。

1.JPG

2.JPG

3.JPG

4.JPG

今週の関東は、いい天気が多く、
青い空が気持ちいいですね。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

少し色づき始めたもみじ

__.JPG

今週の相模原市の短大のもみじです。
大きな木です。
少し、上の方から、赤い色が付き始めました。
空も快晴で、気持ちがいいですね。
このもみじは、毎年、
12月くらいに真っ赤に色づきますので、
ここから、1か月の変化が楽しみです。

短大の学生たちは、
毎週の声なしの授業で、
目が慣れてきたのか、
どんどん手話が上手になってきています。
がんばりましょう!!
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

11月のもみじ

image.jpg

いつも、このブログにお越しいただき、
ありがとうございます。
今週の 相模原の短大の紅葉です。

http://minamiruruka.seesaa.net/category/11602256-1.html
こちらのカテゴリーで
毎シーズンの もみじの葉の
移り変わりが 楽しめます\(^o^)/
posted by 南 瑠霞 at 00:16| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

相模原市 淵野辺公園事件!!

__.JPG
きのうの、相模原市の短大のもみじです。
まだ、緑の葉っぱが茂っています。

昨日は、いつも手話指導に通っているこの短大の、
すぐ近くの公園で、殺人事件があり、
あたりが騒然としていました。
学校では何事もなく、無事授業も終了。
学生たちも、落ち着いていました。
早く解決してくれることを祈ります。

私のクラスの学生たちは、
みんな指文字も覚えて、声なしの授業も、
どんどんコミュニケーションがしやすくなっています。
ここから冬に向けて、寒くなりますが、
みんなで楽しく頑張りましょう!!
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

去年の手話の授業を覚えていてくれた学生たち!!

毎週、相模原市の短大で、
手話の授業をさせてもらっています。
私が担当しているのは、2年生ですが、
次の年には、3年生になって、さらに多くの単位を修得するため、
学校でがんばっている学生たちもいます。

今年も、そんな3年生たちに廊下で会うと、
みんなが、
「あ、南先生だ!!」と言って、
声をかけてきてくれました。
そして、
「ええと・・ええと・・・」と言いながら、
まず「こんにちは」と手話で表現してくれます。
こちらが、
「久しぶり―――」と声なしの手話で話すと、
「久しぶりです〜」とまた、手話で返してくれます。
「みんな、3年になったの?」と声を使わず手話で聞くと、
「うんうん、3年生!!」
と返事が返ってくるではありませんか!!
「仕事決まったの?(声なし手話)」
「私は、まだ!」
「あ、ええと・・私は・・・保育士!!」
みんながちゃんと、
手話を読み取って、手話で話してくれるのです。驚!!

これ、もちろん、私もすごくうれしいのですが、
一番うれしいのは学生たちらしく、
「すごい、私、手話覚えてる!!」
「うれしい!!」
「わ―――、通じるじゃん!」と言って、大興奮しています。笑

やっぱり、声なしで教えてあげてよかった。
耳から覚えていないから、
ちゃんと手の意味と形を記憶してるんだ!!
と、改めて、実感!!
小さいけど、
実は、大きな喜びの一瞬を味あわせていただきました。

__.JPG
校庭のもみじは、まだまだ緑で元気です。
posted by 南 瑠霞 at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

相模原の短大のもみじ(声なしの授業スタート!)

__ (2).JPG

台風一過のもみじです。
まだ、元気な緑色。
12月くらいまで、徐々に色を変えるもみじの木を、
毎週お楽しみください。

今年も、神奈川県の短大で、
手話の授業が始まっています。
保育士や幼稚園の先生を目指す学生さんたちが、学ぶ学校です。

授業は、ここから半年間、ほぼすべて、声なし。
手話で手話を指導します。
第1の目的は、
手話は、音声を使わなくても伝えあえる、
便利な言葉なので、
せっかくだから、声を使わず、
みんなで一生懸命、目と手を使って学ぶ。
ということ。
第2に、
もし自分が聞こえなくなったら・・と考え、
耳の聴こえない人の立場なら、どんなふうに感じながら、
またどんな方法で、授業を受ければいいのか、
そんなことを、実際に、体験してもらうため。

みんな18歳19歳の若者たちなので、
毎週、元気に楽しく、
まるで、暗号でも説くように、
目を輝かせながら、
私の、身振り手振りを、読み取りながら、
授業についてきてくれています。笑
ありがとう!!

この授業は、手話のプロを育てるのが目的ではありません。
みんなが卒業後、保育などの現場で、
聴こえない保護者や、聴こえない子供たちに出会った時の、
コミュニケーションのヒントになる授業を提供しています。
学校を終えて、何年かたって、学んだ手話自体は忘れても、
いざというとき、
「ああ、あの時の手話の授業、楽しかったな」とか、
「聴こえない人と話すときは、目と手を一生懸命使うんだ!」とか、
「手話ができなくても、まず、話してみよう!!」とか、
そんな風に、直感的に素直に思ってもらえるような、
記憶ではない「心に」残る授業が、
できればいいなと思っています。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

相模原の短大で手話の授業!!

今年も、今週から、神奈川県の短大で、
後期の手話の授業が始まりました。
ここから毎週、中庭のもみじを、
レポートいたします。笑

__ (2).JPG
もみじは、まだまだ緑。
元気な夏の続きです。

__ (4).JPG
学校の近くの公園では、きんもくせいが花盛り。

__.JPG
たくさんの花をつけています。

__ (3).JPG
道路にも、花がたくさん散って、
あたり一面、いい匂いです。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

短大授業終了!!

後期半年間の、
短大の手話の授業が終わりました。
最後の水曜は、
みんなでお別れの茶話会。
手話でみんなでいろいろお話して、
終了しました。
みなさん、楽しく手話を学んでくれて、ありがとう!!

授業は、2クラスあり、
全部で、およそ60人のみなさんと、
お付き合いさせていただきました。

__ (8).JPG
1コマ目の学生たち。
ほんわか明るいクラスでした。

__.JPG
2コマ目の学生たち。
勉強が好きで、まじめなクラスでした。

今まで、大丈夫か?(笑)と思っていた学生も、
けっこう手話で話せるようになったり、
私が、すばやく手話で話しても、
読み取れるようになったり、
みんな、大成長を遂げての、卒業となりました。
みなさん、ぜひぜひ、
手話の授業のこと、忘れずにいてくださいね。

卒業後は、多くの学生たちが、
保育士や、幼稚園の先生になります。
ぜひ、仕事も、頑張って、
良い春を迎えてください。

__ (2).JPG

授業終了後、
みんなが、お菓子に書いたメッセージをいろいろくれました。笑

__ (4).JPG

__ (6).JPG

__ (5).JPG

__ (7).JPG

大事にとっておいて、
ちょっとずつ食べます。笑

早く春になるといいな〜!!
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

雪のもみじ

__ (2).JPG

16日水曜、
神奈川県相模原市の短大の、もみじの中庭も、
雪で真っ白でした。
冬ですね〜!!

短大生たちは、ちょうど19歳、20歳。
この休みに、成人式だった人も、
たくさんいたようです。

何人かの学生さんが、
「成人式で、手話通訳がいたよ!」
「成人式に行ったらね、
スクリーンで字幕通訳があったよ!」
などと、地元の様子を教えてくれました。

成人式などでも、
最近は、多くの自治体で、
手話通訳や、文字通訳を、つけています。
文字通訳は、
パソコンによる打ち込みの場合も、
要約筆記と言われる手書きの場合もあるようです。

多くの人が、若い時から、
こういう通訳場面を目にし、
「ああ、私と同じ成人の中に、
聴こえない人がいるんだな。」とか、
「聴こえない人は、手話などを通じて、
私たちと同じ内容を、共有しているんだな〜」
なんて、
自然に感じてもらえると、素敵ですね。

成人式を迎えた皆さん、
本当に、おめでとうございます!!
あなたの地元では、
成人式に、手話や文字の通訳は、
ありましたか?
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

音声なしで手話を学ぶということ

__ (5).JPG
1月9日の、相模原短大の、もみじです。
もみじかどうか、わからない冬の枯れ木です。笑

2年生の手話の授業も、
あと1か月で終わります。
3月には、みんな卒業して、
保育園や、幼稚園に仕事に入ります。
みんな寒さに負けず、現在がんばって、
最後の授業に参加しています。
他の授業も、こここらみんな、
テストなどもあって、大変ですね。笑

ここまで、学生たちは、
自分の名前や、住所、趣味、
仕事について、
家族や、誕生日について、
など、様々な会話を学びました。
簡単な自己紹介ができるようになったと思います。
このほか、
実際、保育などの現場で、
通訳者を依頼するときには、
どこに尋ねたらいいかとか、
県内のろう学校がどこにあるかとか、
耳の聞こえのしくみなどなど、
将来役立つ、簡単な理論なども、
一緒に勉強してきました。

ところで、
彼女たち(幼児教育を目指す学生達なので女子が多い。笑)は、
たぶん、思った時に、
手話が、すぐに出てこないと、
自分のことを「手話が下手」だと思っているふしがあります。
まあ、もちろん、天才的に通訳ができるわけがないのは、
当たり前なのですが、
思うように話せないと、そのことが気になり、
すごく、困るみたいなんです。
まあ、確かに、話したいのに話せないのは、
もどかしいですよね。

ところが、彼女たちの勉強の成果は、
別のところに現れています。

私の授業は、半年間、音声なし。
最初は、身振りや、板書。
後半は、もう、手話をかなり覚えてきたみんなに、
私は、手話で話しかけています。

そして、今、実は、
彼女たちは、私が、来週からの試験内容について、
手話だけ(音声なし)でペラペラしゃべっても、
ちゃんと、読み取れていたりするんです。驚!!

もちろん、個人によって、ばらつきがありますが、
誰かが、「え?なに〜?」というと、
他の誰かが、「先生は、こういってるんだよ。」
と、伝えたりして、
私が頼まなくても、自分たちで助け合って、
ちゃんと話の内容を読み取っているのです。
すごいですね。
(これって、結局、わかる子が、わからない子に、
ちゃんと通訳をしてあげているということでもあります。
たぶん、みんなは、これを通訳だとも感じず、ただ伝えている。笑)

音声だけで、手を動かさず質問してくる学生に、
「手で、話してみて。」というと、
これまた、わからないなりに指文字を使ったり、
それでもわからなければ、
周りの学生に尋ねて、表現を確認しながら、
改めて、私に手話で質問をしてきたりします。
もちろん、ちゃんと通じます。笑

これって、結構すごいんじゃない?
君たち、
手話は難しいとか、思っているだろうけど、
ま、それは、当たり前だとしても、
実は、そんじょそこらの人よりは、
ずっと、手話を読み取れているって、
気づいてないでしょう?笑
そこ!!
実は、すごいから!!!!

音声なしの授業って、
こんなふうに、
自分たちが、無意識に、
いっぱい読み取れていたりするところに、
良さがあらわれる。

フフフ・・
君たちは、この罠に気付かない。笑
知らないうちに、
手話が、君の目から頭に侵入しているのだ。
それが当たり前になれば、
別に、耳から言葉が聞こえてこなくても、
気にならなくなる。
そうすれば、
結果、苦手意識より先に、
相手の口もとを読んだり、目を見たりして、
なんとかして、
相手とコミュニケーションしようとする心が育つのさ。笑

「手話は、目で見る言葉です。」とか、
「聴こえない人は、音声が聞き取りにくいんです。」
なんて、理論で説明することも必要かもしれないけど、
実際、その空気を、肌で感じてもらうってことは、さらに大切!

実際、声のない手話を見てもらい、
おバカな話をし、
趣味とか、バイトのこととか、
楽しいことを、いっぱい話せば、
体が手話の世界を感じて、
そして、その後、聴こえない人にどう接すればいいか、
学生たちが、自分で考え始めるようになる。
それでいい。

手話の授業が、楽しかった!!と思ってもらえれば、
学生たちは、この半年の中身をすべて忘れても、
何年かのち、聴こえない人に出会ったら、
「あ、あの時、手話の勉強したな〜」と思い出し、
頭ではなく、心が何か動き始めてくれる。

そう信じて、
学生たちに、毎週手話を教えています。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

短大も冬休み

昨日は、冬至。
昼が一番短い日でしたね。
夕方もすぐに暗くなり、
すっかり冬になってきました。

今週で、相模原の短大も、
2週間の冬休みになりました。

__ (4).JPG

今週水曜日、もみじは、
クリスマスを前に、
すっかり葉っぱを落としました。

学校の窓には、学生たちが手作りした、
かわいいクリスマス飾りが。

__.JPG

__ (2).JPG

夕方には、庭のツリーの、
ライトも点灯されました。

__ (5).JPG

手話の授業では、
例えば、もっと手話を学びたくなったら、
どこに問い合わせればいいか・・・とか、
保育園などで、手話通訳を依頼しなければならなくなったら、
どこに相談すればいいか・・・など、
手話やろう者についての、
一般知識も、勉強しています。

みなさん、ぜひ、秋から学んだことを、
忘れずに、
また、1月にお会いしましょう。

素敵なクリスマスと、
良いお年を!!
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

12が並んだ一日〜晴れ!!

昨日の水曜も、相模原市の短大で、
手話の授業がありました。
ろう者ゲストが来てくれて、
いろんな体験を話してくれたのですが、
ここまで、声なしの授業を受けてきたみんなは、
目で見ることに少しずつ慣れてきていたようで、
最初のほうは、ほとんど通訳なしで読み取れ、
ここまでの成果を発揮してくれました。
うれしかった〜〜〜〜!!
みんな、ここからも、さらにがんばりましょう!!

__.JPG

中庭のもみじは、
去年の今頃より、
散りが早いようで、
葉っぱがどんどんなくなってきています。

例年のもみじ情報は、右下の「秋〜もみじ通信」
または、このアドレス
http://minamiruruka.seesaa.net/category/11602256-1.html
を、押すと、
ズラッと出てきます。
去年との比較もしてみてくださいね。

夕方、友人のキャプショナー(映像の字幕活動をしている)
宮下さんが、
JR 上野駅のクリスマスツリーの写真を送ってくれました。

121212_1228~0001.jpg

今年も、上野のツリーには、
東北復興への願いが、
込められています。
写真の日付を見て、
お〜!!今日は、2012年12月12日と、
12日の並んだ日だった!!
と、改めて気づきました。笑

すべての人に、良きクリスマスと、
良い年末を!!
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

枯葉まじりの赤いもみじ

__ (2).JPG

昨日の水曜 相模原の短大のもみじです。
少し枯葉が混じりはじめました。
でも、まだ、赤い!!
年内に散ってしまうでしょうか?
どうでしょうか?

きのうのお昼は、行きつけのお店で、
「サンマとカブのパスタ」を食べました。
サンマのスパゲティは、初めてでしたっ!!笑

__.JPG

「スパゲティ」という手話は、
人差し指、中指、薬指の3本を、
フォークに見立てて、
もう一方のてのひらの上で、くるくる回します。

__ (3).JPG
(C)手話あいらんど/今泉ちか

学生たちは、今、ちょうど、趣味の会話を勉強していて、
今週、好きな食べ物として、
スパゲティも覚えたばかりです!!
posted by 南 瑠霞 at 00:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
手話 単語

るるかのおすすめリンク
花嫁の父 愛の劇場 ラブレター 手話 歌 手話 手話 教室