2013年10月24日

去年の手話の授業を覚えていてくれた学生たち!!

毎週、相模原市の短大で、
手話の授業をさせてもらっています。
私が担当しているのは、2年生ですが、
次の年には、3年生になって、さらに多くの単位を修得するため、
学校でがんばっている学生たちもいます。

今年も、そんな3年生たちに廊下で会うと、
みんなが、
「あ、南先生だ!!」と言って、
声をかけてきてくれました。
そして、
「ええと・・ええと・・・」と言いながら、
まず「こんにちは」と手話で表現してくれます。
こちらが、
「久しぶり―――」と声なしの手話で話すと、
「久しぶりです〜」とまた、手話で返してくれます。
「みんな、3年になったの?」と声を使わず手話で聞くと、
「うんうん、3年生!!」
と返事が返ってくるではありませんか!!
「仕事決まったの?(声なし手話)」
「私は、まだ!」
「あ、ええと・・私は・・・保育士!!」
みんながちゃんと、
手話を読み取って、手話で話してくれるのです。驚!!

これ、もちろん、私もすごくうれしいのですが、
一番うれしいのは学生たちらしく、
「すごい、私、手話覚えてる!!」
「うれしい!!」
「わ―――、通じるじゃん!」と言って、大興奮しています。笑

やっぱり、声なしで教えてあげてよかった。
耳から覚えていないから、
ちゃんと手の意味と形を記憶してるんだ!!
と、改めて、実感!!
小さいけど、
実は、大きな喜びの一瞬を味あわせていただきました。

__.JPG
校庭のもみじは、まだまだ緑で元気です。
posted by 南 瑠霞 at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

相模原の短大のもみじ(声なしの授業スタート!)

__ (2).JPG

台風一過のもみじです。
まだ、元気な緑色。
12月くらいまで、徐々に色を変えるもみじの木を、
毎週お楽しみください。

今年も、神奈川県の短大で、
手話の授業が始まっています。
保育士や幼稚園の先生を目指す学生さんたちが、学ぶ学校です。

授業は、ここから半年間、ほぼすべて、声なし。
手話で手話を指導します。
第1の目的は、
手話は、音声を使わなくても伝えあえる、
便利な言葉なので、
せっかくだから、声を使わず、
みんなで一生懸命、目と手を使って学ぶ。
ということ。
第2に、
もし自分が聞こえなくなったら・・と考え、
耳の聴こえない人の立場なら、どんなふうに感じながら、
またどんな方法で、授業を受ければいいのか、
そんなことを、実際に、体験してもらうため。

みんな18歳19歳の若者たちなので、
毎週、元気に楽しく、
まるで、暗号でも説くように、
目を輝かせながら、
私の、身振り手振りを、読み取りながら、
授業についてきてくれています。笑
ありがとう!!

この授業は、手話のプロを育てるのが目的ではありません。
みんなが卒業後、保育などの現場で、
聴こえない保護者や、聴こえない子供たちに出会った時の、
コミュニケーションのヒントになる授業を提供しています。
学校を終えて、何年かたって、学んだ手話自体は忘れても、
いざというとき、
「ああ、あの時の手話の授業、楽しかったな」とか、
「聴こえない人と話すときは、目と手を一生懸命使うんだ!」とか、
「手話ができなくても、まず、話してみよう!!」とか、
そんな風に、直感的に素直に思ってもらえるような、
記憶ではない「心に」残る授業が、
できればいいなと思っています。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

相模原の短大で手話の授業!!

今年も、今週から、神奈川県の短大で、
後期の手話の授業が始まりました。
ここから毎週、中庭のもみじを、
レポートいたします。笑

__ (2).JPG
もみじは、まだまだ緑。
元気な夏の続きです。

__ (4).JPG
学校の近くの公園では、きんもくせいが花盛り。

__.JPG
たくさんの花をつけています。

__ (3).JPG
道路にも、花がたくさん散って、
あたり一面、いい匂いです。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

短大授業終了!!

後期半年間の、
短大の手話の授業が終わりました。
最後の水曜は、
みんなでお別れの茶話会。
手話でみんなでいろいろお話して、
終了しました。
みなさん、楽しく手話を学んでくれて、ありがとう!!

授業は、2クラスあり、
全部で、およそ60人のみなさんと、
お付き合いさせていただきました。

__ (8).JPG
1コマ目の学生たち。
ほんわか明るいクラスでした。

__.JPG
2コマ目の学生たち。
勉強が好きで、まじめなクラスでした。

今まで、大丈夫か?(笑)と思っていた学生も、
けっこう手話で話せるようになったり、
私が、すばやく手話で話しても、
読み取れるようになったり、
みんな、大成長を遂げての、卒業となりました。
みなさん、ぜひぜひ、
手話の授業のこと、忘れずにいてくださいね。

卒業後は、多くの学生たちが、
保育士や、幼稚園の先生になります。
ぜひ、仕事も、頑張って、
良い春を迎えてください。

__ (2).JPG

授業終了後、
みんなが、お菓子に書いたメッセージをいろいろくれました。笑

__ (4).JPG

__ (6).JPG

__ (5).JPG

__ (7).JPG

大事にとっておいて、
ちょっとずつ食べます。笑

早く春になるといいな〜!!
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

雪のもみじ

__ (2).JPG

16日水曜、
神奈川県相模原市の短大の、もみじの中庭も、
雪で真っ白でした。
冬ですね〜!!

短大生たちは、ちょうど19歳、20歳。
この休みに、成人式だった人も、
たくさんいたようです。

何人かの学生さんが、
「成人式で、手話通訳がいたよ!」
「成人式に行ったらね、
スクリーンで字幕通訳があったよ!」
などと、地元の様子を教えてくれました。

成人式などでも、
最近は、多くの自治体で、
手話通訳や、文字通訳を、つけています。
文字通訳は、
パソコンによる打ち込みの場合も、
要約筆記と言われる手書きの場合もあるようです。

多くの人が、若い時から、
こういう通訳場面を目にし、
「ああ、私と同じ成人の中に、
聴こえない人がいるんだな。」とか、
「聴こえない人は、手話などを通じて、
私たちと同じ内容を、共有しているんだな〜」
なんて、
自然に感じてもらえると、素敵ですね。

成人式を迎えた皆さん、
本当に、おめでとうございます!!
あなたの地元では、
成人式に、手話や文字の通訳は、
ありましたか?
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

音声なしで手話を学ぶということ

__ (5).JPG
1月9日の、相模原短大の、もみじです。
もみじかどうか、わからない冬の枯れ木です。笑

2年生の手話の授業も、
あと1か月で終わります。
3月には、みんな卒業して、
保育園や、幼稚園に仕事に入ります。
みんな寒さに負けず、現在がんばって、
最後の授業に参加しています。
他の授業も、こここらみんな、
テストなどもあって、大変ですね。笑

ここまで、学生たちは、
自分の名前や、住所、趣味、
仕事について、
家族や、誕生日について、
など、様々な会話を学びました。
簡単な自己紹介ができるようになったと思います。
このほか、
実際、保育などの現場で、
通訳者を依頼するときには、
どこに尋ねたらいいかとか、
県内のろう学校がどこにあるかとか、
耳の聞こえのしくみなどなど、
将来役立つ、簡単な理論なども、
一緒に勉強してきました。

ところで、
彼女たち(幼児教育を目指す学生達なので女子が多い。笑)は、
たぶん、思った時に、
手話が、すぐに出てこないと、
自分のことを「手話が下手」だと思っているふしがあります。
まあ、もちろん、天才的に通訳ができるわけがないのは、
当たり前なのですが、
思うように話せないと、そのことが気になり、
すごく、困るみたいなんです。
まあ、確かに、話したいのに話せないのは、
もどかしいですよね。

ところが、彼女たちの勉強の成果は、
別のところに現れています。

私の授業は、半年間、音声なし。
最初は、身振りや、板書。
後半は、もう、手話をかなり覚えてきたみんなに、
私は、手話で話しかけています。

そして、今、実は、
彼女たちは、私が、来週からの試験内容について、
手話だけ(音声なし)でペラペラしゃべっても、
ちゃんと、読み取れていたりするんです。驚!!

もちろん、個人によって、ばらつきがありますが、
誰かが、「え?なに〜?」というと、
他の誰かが、「先生は、こういってるんだよ。」
と、伝えたりして、
私が頼まなくても、自分たちで助け合って、
ちゃんと話の内容を読み取っているのです。
すごいですね。
(これって、結局、わかる子が、わからない子に、
ちゃんと通訳をしてあげているということでもあります。
たぶん、みんなは、これを通訳だとも感じず、ただ伝えている。笑)

音声だけで、手を動かさず質問してくる学生に、
「手で、話してみて。」というと、
これまた、わからないなりに指文字を使ったり、
それでもわからなければ、
周りの学生に尋ねて、表現を確認しながら、
改めて、私に手話で質問をしてきたりします。
もちろん、ちゃんと通じます。笑

これって、結構すごいんじゃない?
君たち、
手話は難しいとか、思っているだろうけど、
ま、それは、当たり前だとしても、
実は、そんじょそこらの人よりは、
ずっと、手話を読み取れているって、
気づいてないでしょう?笑
そこ!!
実は、すごいから!!!!

音声なしの授業って、
こんなふうに、
自分たちが、無意識に、
いっぱい読み取れていたりするところに、
良さがあらわれる。

フフフ・・
君たちは、この罠に気付かない。笑
知らないうちに、
手話が、君の目から頭に侵入しているのだ。
それが当たり前になれば、
別に、耳から言葉が聞こえてこなくても、
気にならなくなる。
そうすれば、
結果、苦手意識より先に、
相手の口もとを読んだり、目を見たりして、
なんとかして、
相手とコミュニケーションしようとする心が育つのさ。笑

「手話は、目で見る言葉です。」とか、
「聴こえない人は、音声が聞き取りにくいんです。」
なんて、理論で説明することも必要かもしれないけど、
実際、その空気を、肌で感じてもらうってことは、さらに大切!

実際、声のない手話を見てもらい、
おバカな話をし、
趣味とか、バイトのこととか、
楽しいことを、いっぱい話せば、
体が手話の世界を感じて、
そして、その後、聴こえない人にどう接すればいいか、
学生たちが、自分で考え始めるようになる。
それでいい。

手話の授業が、楽しかった!!と思ってもらえれば、
学生たちは、この半年の中身をすべて忘れても、
何年かのち、聴こえない人に出会ったら、
「あ、あの時、手話の勉強したな〜」と思い出し、
頭ではなく、心が何か動き始めてくれる。

そう信じて、
学生たちに、毎週手話を教えています。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

短大も冬休み

昨日は、冬至。
昼が一番短い日でしたね。
夕方もすぐに暗くなり、
すっかり冬になってきました。

今週で、相模原の短大も、
2週間の冬休みになりました。

__ (4).JPG

今週水曜日、もみじは、
クリスマスを前に、
すっかり葉っぱを落としました。

学校の窓には、学生たちが手作りした、
かわいいクリスマス飾りが。

__.JPG

__ (2).JPG

夕方には、庭のツリーの、
ライトも点灯されました。

__ (5).JPG

手話の授業では、
例えば、もっと手話を学びたくなったら、
どこに問い合わせればいいか・・・とか、
保育園などで、手話通訳を依頼しなければならなくなったら、
どこに相談すればいいか・・・など、
手話やろう者についての、
一般知識も、勉強しています。

みなさん、ぜひ、秋から学んだことを、
忘れずに、
また、1月にお会いしましょう。

素敵なクリスマスと、
良いお年を!!
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

12が並んだ一日〜晴れ!!

昨日の水曜も、相模原市の短大で、
手話の授業がありました。
ろう者ゲストが来てくれて、
いろんな体験を話してくれたのですが、
ここまで、声なしの授業を受けてきたみんなは、
目で見ることに少しずつ慣れてきていたようで、
最初のほうは、ほとんど通訳なしで読み取れ、
ここまでの成果を発揮してくれました。
うれしかった〜〜〜〜!!
みんな、ここからも、さらにがんばりましょう!!

__.JPG

中庭のもみじは、
去年の今頃より、
散りが早いようで、
葉っぱがどんどんなくなってきています。

例年のもみじ情報は、右下の「秋〜もみじ通信」
または、このアドレス
http://minamiruruka.seesaa.net/category/11602256-1.html
を、押すと、
ズラッと出てきます。
去年との比較もしてみてくださいね。

夕方、友人のキャプショナー(映像の字幕活動をしている)
宮下さんが、
JR 上野駅のクリスマスツリーの写真を送ってくれました。

121212_1228~0001.jpg

今年も、上野のツリーには、
東北復興への願いが、
込められています。
写真の日付を見て、
お〜!!今日は、2012年12月12日と、
12日の並んだ日だった!!
と、改めて気づきました。笑

すべての人に、良きクリスマスと、
良い年末を!!
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

枯葉まじりの赤いもみじ

__ (2).JPG

昨日の水曜 相模原の短大のもみじです。
少し枯葉が混じりはじめました。
でも、まだ、赤い!!
年内に散ってしまうでしょうか?
どうでしょうか?

きのうのお昼は、行きつけのお店で、
「サンマとカブのパスタ」を食べました。
サンマのスパゲティは、初めてでしたっ!!笑

__.JPG

「スパゲティ」という手話は、
人差し指、中指、薬指の3本を、
フォークに見立てて、
もう一方のてのひらの上で、くるくる回します。

__ (3).JPG
(C)手話あいらんど/今泉ちか

学生たちは、今、ちょうど、趣味の会話を勉強していて、
今週、好きな食べ物として、
スパゲティも覚えたばかりです!!
posted by 南 瑠霞 at 00:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

真っ赤なもみじ!!

__.JPG
神奈川県相模原市の短大のもみじが、真っ赤になりました!!
毎年、赤く変化していくのが、
とても楽しいですね。
今年は、ちょっと早めに赤くなったので、
散ってしまうのも早いでしょうか。
また、次週もお楽しみに。

短大周辺では、様々な秋の訪れが。

__ (2).JPG
白い椿の仲間らしき花。

__ (3).JPG
かんきつ類も、手の届く位置に。

__ (4).JPG
この柿は、とてもおいしそうな色なのに、
鳥につつかれていないということは・・・
渋柿だっ!!笑

__ (5).JPG
近くの雑木林も、色づいて。

__ (6).JPG
短大内の、クリスマスツリーのオーナメントも、
キラキラしてる。

__ (7).JPG
早く来い、クリスマス。

後期の短大の手話の授業も、半分過ぎました。
だんだん寒くなるけど、
みんなで頑張りましょう!!
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

手話の歌〜間奏のイメージも伝えて!

__.JPG

きのうの、相模原の短大のもみじです。
だんだん、色が変わってきました。
来週か12月頭には、真っ赤になるかも?
楽しみです。

学生たちは、現在、
手話の歌に取り組んでいます。
歌詞のない間奏部分も、
ただ立って待つのではなく、
音楽のイメージを伝えるため、
振付を、考え中。

グループによって、
歌に出てくる動物たちを次々登場させたり、
聞こえてくる楽器を演じて、エア楽団(笑)を表現したり、
リズムに合わせて、子供たち向けの手のふりをつけたり、
それぞれ、柔らかい頭で、
いろんな表現を考えてくれています。

12月には、
自分たちの作った手話の歌を、
ろう者ゲストに、見てもらいます。
ぜひ、心を込めて歌ってほしいです。

*手話の歌(パフォーマンス)指導については、
次の記事も、大切なことを書いているので、見てね。
http://minamiruruka.seesaa.net/article/302467211.html
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

「名前」という手話

きのうも、保育士の卵の短大生たちと、
手話の勉強をしてきました。
今回手話を履修した学生さんたちは、
昨年より、人数が多く、
ちょっと、急ぎつつ、授業を進めています。汗&笑

声なしの授業だと、
いつの間にか、学生たちは、
こちらの身振りや日本手話的表現が、
だんだん読めるようになってきます。
目で見るコツが、わかってくると、
音声に頼らず、相手の手話や口元が、
読み取れるようになってくるようです。

わかりやすい表現でいうと、
関東でよく使われる「名前」という手話。
これ、基本的には、手のひらを立てて、
もう一方の手の親指の指紋を押し当てるように表現します。
(拇印を押す動きが語源です。)

この手話を、音声付きで覚えた人は、
相手が、ちょっとでも、違った変形表現をすると、
読み取れず、混乱してしまうことがよくあります。
「え?その手話、何?まだ習ってない!わからない!」
と言うのです。

ところが、音声なしの授業で、
手話を見慣れている人は、
手話経験が、ほんの数週間でも、
話の流れをくんで、
親指を、腕に当てようが、胸に当てようが、
ちゃんと「名前」と読み取ってくれるのです。
興味深いですね。

もちろん、10月から手話を始めたばかりの、
短大の学生さんたちも、
同じように、変形手話でも、
みんな気にせず読み取って、
いろんな話をしてくれています。
指文字も、だんだん覚えてくると、
ゆっくりでも、言いたいことは、
自分で、ちゃんと伝えられるようになります。

さてさて、
ここからは、さらに楽しく、
いろんな思いや考えを伝えあえそう。
寒さに負けず、来週も元気に、
一緒に、手話を学びましょう!!

__ (8).JPG
きのうの、短大中庭のもみじ。
神奈川県の空は快晴。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

秋は進み・・・

秋は進み、
なんと昨日、暦は立冬となり・・・
街の自然も少しずつ、変化してきました。

__ (9).JPG
黄色く色づいた葉

__ (10).JPG
クリスマスやお正月シーズンには欠かせない、
赤い実も。

__ (8).JPG
きのうの、相模原市の短大のもみじも、
すこーし、上のほうの色合いが変わってきました。
でもまだ、紅葉までには時間があります。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

ハッピー!ハロウィン!!

昨日10月31日のハロウィン
私が手話指導に通っている
神奈川県の短大では、
学生たちも、みんな仮装して、
授業を受けていました。笑
楽しい学校ですね。
ちょこっとだけ、カボチャ色の服を着た人もいたし、
コウモリ柄のTシャツを着た人もいたし、
中には、不思議の国のアリスのような、
妖精のような服を着て、白い手袋をつけて、
授業を受けた人もいました。笑
(手袋は、ミトンではなく、ちゃんと5本指だったので、
手話は、大丈夫!!笑)

授業では、
ハッピー ハロウィン
カボチャ お化け などの手話もみんなで覚えました。
学生たちが、みんな、
私にも、お菓子をおすそ分けしてくれました。

__.JPG

昨日の関東は、やや曇り空。
だんだん、日中も肌寒くなってきました。
中庭のもみじは、まだ緑!

__ (5).JPG
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

もうすぐハロウィン

__ (4).JPG

今日の相模原市短大のもみじ。
もちろん、まだ、緑です。笑

__ (5).JPG

保育士さんを目指す学生さんたちは、
今、ハロウィンイベントのお道具作りで、
あちこち、盛り上がっています!!

__ (2).JPG

みなさん手作りのグッズが、楽しいです!!
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

金もくせいの香りに誘われ

IMG_6085.JPG

きのうの、相模原市のもみじです。
もちろん、まだまだ、緑です。笑
東京は、夜から雨降り。
今日木曜は、肌寒い1日になりそうです。

IMG_6079.JPG

これは、神奈川県の道沿の、ミカンの木。
まだ青いですが、たくさん実を付けています。

IMG_6082.JPG

短大の近くには、金もくせいの花も、
いっぱい咲いています。
いい匂いが漂って、秋の風。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

保育短大の授業スタート!!

今年も、昨日の水曜から、相模原市にある、
保育士を育成する短大の学生さんの、
後期の手話の授業が始まりました。

例年通り、音声は使わず、
口話や身振り、簡単な手話やボードへの板書で、
いろんなことを説明するのですが、
私が、テレビドラマ手話指導のことをお話しすると、
みんな大喜び!!
やはり今年になってからの、
「花嫁の父」向井 理くん、
「37歳で医者になった僕」草g 剛くん、
「ボーイズ・オン・ザ・ラン」関ジャニ∞丸山隆平くん達は、
大人気!!
「わ〜、向井君 背が高かった?」
「草gくん、どんな性格だった?テレビと同じ?」
「関ジャニの、マルだ。マルに会ったの?」
と、大はしゃぎ。笑
二十歳くらいの女の子たちは、
こういう俳優さんたちのこと、
大好きなんだな〜と、実感しました。

授業には、テレビドラマのセリフ体験なども、
織り交ぜながら、
楽しく進めております。笑
これから、半年、15回の授業になりますが、
学生さんたちの、将来の保育の現場で、
コミュニケーションに役立つ、
基本的な手話をいろいろお伝えしていく予定です。

__.JPG

さて、恒例の、中庭モミジの写真です。
今年は、何かの都合で、
葉っぱがかなり刈り込まれていて、少なめですが、
まだまだ、緑色。
12月に向けて、真っ赤になるまで、
毎週、楽しく観察しようと思います。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

手話の授業で、気をつけていること

短大などの学生さん達が、
毎週1回授業を受けて、
半年の授業終了後には、
ほぼすべての皆さんが、
手話を話せるようになって、
卒業していきます。
大学の教務の方にも、
このブログの読者の皆さんにも、
すごいですねー!!
と、おほめいただき、本当にうれしいです。
ありがとうございま〜〜す。

私が、短大で指導するにあたって、
気をつけていることは3つあります。

1、 声に頼らないで指導すること。
2、 怒らないこと
3、 ちょっとでも出来たら、すごくほめてあげること

以上の3つです。笑

1、声に頼らないで指導すること
皆さんも、ご存じのとおり、
私は、高校・大学などに呼ばれた場合、
体験談などの講演でなく、
手話の授業である限り、
基本的に、音声は使いません。
身ぶり、手ぶり、絵、板書で、
全てのコミュニケーションを行います。
声を使わず伝えることで、
学生たちが、手話の存在意義を、
体で納得してくれるのです。
これは、ナチュラルアプローチ・・・と言うよりも、
学生自体が、聞こえない学生になって、
授業を受けてもらう・・・という感覚に近いものです。
そして、声を使わないという条件の中で、手話を覚えると、
ほんのちょっとしたことでも、その手話を使えば、
簡単に通じることを実感します。
声がない状態では、筆談や身ぶりなどより、
単語の意味も使い方にもルールがある言語としての手話が、
とても素早く通じ、面倒でなくなるのです!!
そして、手話が通じる!!と、実感した学生たちは、
嬉しくなってしまって、
1回覚えた手話を、授業中手放すことはありません。笑
だって、それを正しく使えば、声を使わなくても通じ合えるんだもん!!笑

その条件がそろったところで、
実際に、本当にろうの若者にも、
授業に来てもらいます。
そして、実際に、話したり質問したりする中で、
学んだ手話が、聞こえない人とお話しし、通じ合えると体感してもらえれば、
学生たちのワクワクも最高潮!!
みんな、最後まで、楽しく手話の授業についてきてくれます。

2、怒らない
3、すごくほめてあげる
これ、みなさん、どんなことをイメージします?
私は、手話の入門の方には、
この2つを大事にしようと思っています。
なぜなら、入門を学ぶ学生たちは、
手話の世界の赤ちゃんと同じ。
赤ちゃんは、生れてきたら、
お父さんお母さんに、
「生まれてきて、よかった、よかった〜」
「うちの子はかわいい!!ステキ!!」
と、いっぱい言ってもらったり、思ってもらったりして、
安心して、コミュニケーションをとる中で、
言葉を覚えて行きます。
言葉を覚えるには、この安心とニコニコが、
とても大事だと、私は考えるからです。

私は、学生たちに、
うまくできないとか、なかなか覚えられないとかいうことで、
強くアドバイスや意見したりすることはしません。
また、来週までに、ここまで全部覚えなければいけません。
とか、そい言うことも、言いません。
わからなくて、答えられないときは、
「わかりません」と、手話で伝えられることを大事にし、
その「わかりません」の表現ができたら、
とてもほめてあげます。
手話は、コミュニケーションですから、
まず、自分の状態を相手に伝えることが、大切です。
だから、わからないことを「わからない」と言えた子は、
本来の読み取りの答えが0点だったとしても、
コミュニケーションは、満点です。笑

わからないとき、怒られずに、
わからないということが、理解してもらえるんだと
感じた学生たちは、
次は、ちゃんと、質問したり、覚えてきたりしてくれます。

あ、それから、私語のうるさい子も、
その私語を手話で教えてあげて、
それができたら、ほめてあげます。笑
そうすれば、その子は、自分に興味のある話題で、
授業以外の手話表現に触れられるので、
手話を身近に感じてくれるのです。笑

そうやって、半年繰り返していくと、
今年も、絶対落ちこぼれるかも・・・
と、内心、冷や汗だった学生さんも(ごめんなさい/笑)
ちゃんと、自分の名前や、
趣味の話が表現できるようになり!!再笑
みんなもだんだん、
手話が通じないとき、あわてなくなり、
「私、手話わかならい。書いていい?」とか、
そういう、表現ができるようになって、
授業を終了することができました。

中には、毎週遅刻していた学生さんは、
「時間に遅れ、ごめんなさい。」とか、そういう表現だけ、
得意になって終わる子もいます。笑
それでも、いいのです。
自分が、慣れ親しんで、安心して、伝え合える!!
それが、コミュニケーションの基本。
そこを大事にすることで、
学生たちには、手話への思いを、暖かく感じて、
卒業して行ってもらえればと、毎年考えています。

私の授業を半年受けたあと、
その後久しく、手話のことなど思い出しもしない・・・
なんて、子もいます。笑
保育士になって、
聞こえない保護者の方とのコミュニケーションに
役立てていると言う子もいます。
中には、少数ですが、さらに興味を持って、
手話サークルに行ったり、
手話通訳士を目指す学校に進む子もいます。
半年間学んだ手話をどう生かすかは、その子たち次第です。
でも、いつかまた、聞こえない子供や聞こえない人に出会ったとき、
あ、学生の時、手話やったな・・・あのとき楽しかったな、
もう一回、やってみようかな。
なんて、5年後でも10年後でも、思ってもらえれば、
私の入門の心の種まき作業は、
素晴らしい成果なんだと思っています。

手話に限らず、どんな言葉も、出発地点は、
通じ合いたいと思う心。
英語も又、受験戦争の中で、
技術ばかりを追いかける授業が繰り返され、
私達は、いつしか、
相手と話すためでなく、
良い成績・良い点数を得るための語学習得に
必死になってしまいます。

その結果、街で、英語で話しかけられると、
わ、ヤバイ!!私、英語できないんだし!!
なんて、逃げちゃう人だって、いますよね。汗&笑

手話がこうならないための努力。
現場の私達も、心をこめて、
気持ち温めて、続けて行きたいなあ・・!!

今日も長文、
読んでいただき、ありがとうございます!!

携帯マスコット.jpg
お友達のアイフォン。
左上にいるのは、イヤホンのところにちょこっとさしておく、
マスコットなのだそうです。
かわいいので、写真に撮らせてもらいました。
それにしても、こういうの、
どこに売っているんだか!!
よく見つけてくるよなあ・・笑
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

短大授業終了!!

相模原市の短大の授業が終了しました。
授業のあと、講師室に残って、
みんなの成績もまとめて提出したので、
昨日、今年度の仕事は、
全て、完了しました!!

皆さん、半年間、
手話の授業に、楽しく参加してくれて、
本当にありがとう。

今日は、最後の授業でしたので、
飲み物・おやつOKで、輪になって、
全員手話で、
好きな食べ物の話をしたり、
私への質問をしてもらったり、
楽しい90分を過ごしました。

手話が、全く分からなかった学生たちが、
半年たった今、
その手話で!!
食べ物の話や、
質問などができるまでになって、終了できること、
本当に、嬉しく思います!!

みんなの好きな食べ物、
オムライス、サーモン、ハンバーグ、ロールキャベツ
梅干し、焼き肉、アイス、カッパずし、お好み焼き、
メロンパン、グラタン、ジャガイモ、ラーメン、
ぐみ、卵焼き、トマト、ポッキー、もやし、水あめ・・・・
本当に、いろんなものがありましたね!!笑

私への質問も、
趣味に関するものから、手話を始めたきっかけ、
手話の仕事についたいきさつ、
ディズニーキャラクターの話や、
最近読んだ本とか、映画とか、
好きな場所は、どこですか? とか、
いろんなことを、みんなが尋ねてくれました。

これらが、全部、
互いに手話で話せるなんて!!
半年間の積み重ねは、すごいな〜って、
ちょっと、感動でした!!

昨年中、全然、手を動かすことがなかった男子も、
最後は、ちゃんと手話で質問できたし、
すごく、おどおどしていた女の子も、
好きな食べ物を紹介してくれたし、
それから、ホント、
金八先生みたいなんですけど、
おなかに赤ちゃんがいる女子学生も、
優秀な成績で、授業を終え、
3月には、出産予定!!
おお!!
たった半年間の授業に、
いろんなドラマがありました。

毎年、いろんな学生さんたちに会いますが、
今年も、みんなから、
たくさんのはげましをもらいました。
みなさん、ぜひ、
卒業後も、元気に!!
素敵な社会人生活をスタートさせてください。
本当に、ありがとう!!

もみじ.jpg
夏の濃い緑から、
晩秋、真っ赤になり、
そして今は、枯れ葉が揺れている
中庭の大きなもみじの木。
(秋からのもみじの変化は、コチラ
http://minamiruruka.seesaa.net/category/11602256-1.html )

寄せ書き.jpg
学生たちが、寄せ書きをくれました。喜!!
ほんとうに、ありがとう。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

相模原のもみじ

冬休みが終わり、
水曜から、また、短大の授業が始まりました。
残りの授業は、あと4回。
後期のテストもあります。

半年前、手話など
ほとんど体験したことのなかった学生たちが、
今日の授業では、
理論などを、手話で説明しても、
まあまあ、読み取れたりして・・・
とっても、おもしろいっ!!

ずっとずっと、
声を出さずに、付き合い続ければ、
学生たちは、
自然に一生懸命、目で見て、
理解しようと努めてくれる。

毎週1時間半、
学生たちに、聞こえない学生になったつもりで、
授業を受けてもらおうと、
私の手話の授業は、
全く通じない最初の日から、
声なしで行っています。笑

最初は、身振りや板書。
だんだん、みんながわかってきたら、
少しずつ手話を増やしながら、
今日までやってきました。

自分で手話があまりあらわせない学生でも、
私の言っていることは、
だいたいわかるようになってきました。
伝えたい、知りたい、
そういう気持ちで、互いが一生懸命やれば、
知らなかった言葉も、
だんだん通じ合えるようになるんですね。
感動です。

もみじ.jpg

秋、まだみどりだった
中庭の大きなもみじの木が、
12月には、真っ赤になり、
今日1月には、
枯れ葉が残って、
あと少しで裸になりそうです。笑
この時期のもみじは、変化が大胆で
本当に、毎年楽しませてもらっています。

幼児教育、介護を学ぶ学生たちの
手話の授業も、あと少し。
もみじの葉っぱと一緒に、最後まで頑張ります!!

* 右下の2011年秋もみじ通信 のカテゴリーを押すと、
この半年のもみじの移り変わりが見られます。
どうぞ、お楽しみください。笑
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする