2015年01月02日

「花嫁の父」をご覧いただいて、ありがとうございます!!

この年末年始は、各地で、
「花嫁の父」が再放送され、
皆さんから、お便りをいただくなど、
私自身も感激しています。
ありがとうございます。

花父.jpg

ほぼ1年間のロケを経て、完成したこのドラマ。
冬の新潟県旧山古志村に訪れたときは、
民家のそばに雪の道が築かれ、
2階の屋根が、下の方にありました。
再び夏に伺った時は、その屋根が、はるかに上にあり、
とても驚きました!!

何度も手話レッスンでお会いした、
向井理君や、貫地谷しほりちゃん、
柳葉敏郎さんとも、
暖かな交流をいただき、
最後のロケでは、
山中で、すっかり自分たちも雪に埋もれそうになった現場が、
今でも、目に浮かびます。笑

そんな様子は、
私のブログ「南 瑠霞の手話日記」
「花嫁の父日記」のカテゴリーで、ご覧いただけます。
いくつかの記事がありますので、
もしよかったら、古い方から順に読んでみてください。
現場の様子が少しわかると思います。
http://minamiruruka.seesaa.net/category/11822862-1.html

雪山.jpg

雪深い新潟の町と、東京の下町とが舞台になった、
暖かい家族愛のドラマです。
皆さんの心にも、いつまでも残りますように。
ありがとうございます。




posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 『花嫁の父』日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

「花嫁の父」また海外で受賞!!

2012年1月に放送された「花嫁の父」がっ!!
また、海外で受賞した模様です!!
すごいですね。

作家の井沢満さんと、
監督の竹園元さんから、
ご連絡いただきました!!!

花父.png

<スタッフに届いたメッセージ>
「花嫁の父」ご関係者のみなさま
早いもので、放送から1年3ヶ月も経ちましたが・・・、
なんと審査が遅いところもありまして、
この度、「花嫁の父」が、
2013ニューヨーク・フェスティバルの
テレビムービー/ドラマ部門の
銀賞を受賞し、ラスベガスの授賞式で発表になりましたので、
みなさまにお知らせ致します。
本当に有難うございました。
そして、おめでとうございます。
放送のみならず、国内外でいろいろと評価して頂き、
とても感謝しています!

PS:NYフェスティバルのHPアドレスはこちらです。
http://www.newyorkfestivals.com/winners/2013/index.php
 (ちなみに、金賞はドイツの作品でした)
<以上>

花嫁.jpg

実は、竹園監督は、
ここまで、何シリーズも放送を重ねている、
MBSの「ハンチョウ〜神南署安積班」の、
監督さんでもあります。
とても、細やかで、つながりを大切にされ、
いつもちょっとしたことがあると、
すぐにご連絡をくださいます。
こうした、優しさ、熱心さが、
花嫁の父を、海外などにも送り出し、
いろんなフェスティバルの受賞に、
つながっているのだと実感します。
ハンチョウが、
何作も何作も、放送を続けているのも、
うなづけます。

つながりを大事にする、
竹園さんたちのことを、見習いながら、
私たちも、コツコツと、
活動を続けていければと思います。

あなたも、機会があったら、
レンタルで、
「花嫁の父」、見てみてくださいね。
字幕、ついています!!
なお、「花嫁の父」手話指導日記は、
こちら!!
http://minamiruruka.seesaa.net/category/11822862-1.html

ありがとうございます。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 『花嫁の父』日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

「花嫁の父」関西で10/21再放送!!喜!!

2012年1月に放送された「花嫁の父」が、
関西地区にて、再放送決定!!(MBS)
10/21(日)13:00−15:24
ぜひ、あなたもチャンスがあったら、見てくださいね!!

花嫁の父.jpg

「花嫁の父」は、9月、
2012年日本民間放送連盟賞 テレビドラマ部門優秀賞も受賞!!
今なお、温かきドラマの一つとして、たくさんの評価をいただいています。
本当に、ありがとうございます。
( 詳しくは、日本民間放送連盟HP 
http://www.j-ba.or.jp/index.php?%C6%FC%CB%DC%CC%B1%B4%D6%CA%FC%C1%F7%CF%A2%CC%C1%BE%DE%2F2012%C7%AF(%CA%BF%C0%AE24%C7%AF)%C6%FE%C1%AA%A1%A6%BB%F6%C0%D3#v05cc91f

ドラマ「花嫁の父」手話指導裏話は
http://minamiruruka.seesaa.net/category/11822862-1.html
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 『花嫁の父』日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

「花嫁の父」海外でも注目!!

DSC_0258.JPG

作家の井沢満さんから、ご連絡をいただきました。

新春に放送されたドラマ「花嫁の父」
http://minamiruruka.seesaa.net/category/11822862-1.html
がっ!!

なんと!!アメリカのっ!!
video and film festival
(ビデオ&フィルム・フェスティバル)
「US国際映像祭」で!!
Father of a bride SOUND OF SNOW
(ファザー・オブ・ア・ブライド/サウンド・オブ・スノウ)
というタイトルで、紹介され!!
脚本の、井沢満さんが!!
First Place Gold Camera Award.
(ファースト・プレイス・ゴールド・カメラ・アワード)
つまり! 金賞!!を、
受賞されたそうですっ!!

アメリカでも、多くの方が、
「花嫁の父」を見てくださったんですね!!
そして、素敵な作品に、賞が贈られたというわけです。
アメリカの方々には、
しんしんと降る雪のイメージや、
娘を送り出す父親の気持ち、
どんなふうに、伝わったのでしょうかね。

「花嫁の父」は 5月に中国でも、
ゴールデンタイムに放送されたのだそうです。

家族の絆は、国が違っても、みな同じ。
静かに熱い思いを込めたストーリーは、国境を越えて、
多くの方の心に何かを伝えたことと思います。

素敵なお知らせをくださった井沢さん、
本当に、ありがとうございます。
作品作りに参加させていただいて、
心から感謝申し上げます。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 『花嫁の父』日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

「花父」ミニ打ち上げ!!

きのうは、
ずっと都心にいました。

昼間、六本木で、手話映像の撮影があり、
日暮れまで、
せっせと頑張りました!!
久しぶりの六本木で、写メもいっぱい撮りました。笑

アマンド.jpg
待ち合わせで有名な六本木交差点アマンド。

オシャレな居酒屋.jpg
おしゃれな居酒屋

神社.jpg
近くの神社には、どこかの会社の重役さんのような方が、
立ち寄って、お参りをされていました。
小さなお社ですが、地元では、
親しまれている大切な神様のようです。

張り紙.jpg
こんな風情のお店も。

ライブハウス.jpg
六本木の有名なライブハウス「スイートベイジル」

バー.jpg
ガーデン風のバー

もうもう!!
田舎者の私には、撮っても撮りきれません。
六本木!!笑

そして!!お昼に頑張ったご褒美は。。。夜!!

昨夜は、引き続き、赤坂で、
1年間頑張って撮影し、1月に放送された
「花嫁の父」の、ミニ打ち上げ飲み会!!が
ありました。

久しぶりに、
井沢満さんにお会いし、
やっぱり優しくて、素敵で、
手話のお話もいろいろ聞いていただいて、
様々なお話をして、
とても、いやされました。
井沢さんは、春の藤の花のような方です。
風のようで、ゆらゆら揺れて、
華やかで、木陰が優しい!!

それから、監督の竹園さんにお会いし、
これまた、静かな情熱を、
たくさん感じました。
竹園さんは、ドラマの監督さんであるとともに、
いろんな人と人を結びつける、
縁結びの神様のようでもあります。

撮影現場では、いつもお近くで、
役者さんやモニター映像を、
一緒に見続けてきた、
メイクの方にもお会いし、
久々にごあいさつ!!

カッコいい、カメラの川田万里さんも!!
そのほか、プロデューサーさんや、
宣伝の方々などなど・・・
みんなで鍋を囲み、
茄子や豆腐や、鶏肉料理や、
いろんなお酒をいただきました。
いつも、ロケ現場では、
真剣な表情の方々も、
飲み会では、和やか〜!!

単発ドラマで、
これだけ、皆さんと仲良くなれるのは、
とても珍しいことなので、
ホント、やっぱり、
「花嫁の父」は、特別ですね。

皆さんとの出会いに感謝。
本当に、ありがとうございます。

花父.jpg
「花嫁の父」。いただいたファイルと、
私が付箋をいっぱい貼って使った脚本。
posted by 南 瑠霞 at 01:38| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 『花嫁の父』日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

ろう教育と手話〜花父の気持ち

「花嫁の父」放送以来
皆さんからの反響が大きく、
驚いています。
ありがとうございます。

今日の日記も、2つあります。汗&笑
ぜひ、次の記事もご覧ください。
短大で、手話講師をしてまして、
その授業の様子を、
毎週、書かせていただいています。
http://minamiruruka.seesaa.net/article/245594234.html

コイ.jpg
(山古志のニシキゴイ)

「花嫁の父」日記も、
今週で、いったん一区切りです。

皆さんが、予約して下さったDVDは、
5月くらいに完成、販売となるようです。
まだまだ、楽しみが続きますね。
そのころにまた、ドラマと手話の話題を
お伝えできるかもしれません。

このブログは、南 瑠霞の
手話パフォーマー/手話コーディネーター
そして、手話通訳士 としての、
日々の活動を、いろいろご紹介しています。
ぜひ、これからも、引き続き、
いろんな話題をお楽しみください。
ありがとうございます。

雪山.jpg

さて、今日は、「花嫁の父」の娘、
美音ちゃんのことについて、少しお話しします。

現在25歳くらいの人・・・
と言うと、1985年くらいに生まれた人・・
と言うことになります。
美音ちゃんは、たぶん20代中盤くらいかと思いますので、
そのころの子供達が通ったろう学校は・・・
まだ、
花嫁の父 里志が、ドラマで言った通り、
「世の中のほとんどの人は、聞こえる。
手話を話す人は、少数。
口で話し、口を読みとり、筆談をすることが、
聴こえない子供の将来のため。」
と言う、考えが、大多数だった時代です。
当時は、ろう学校でも、手話を使う先生は、多くはなく、
親たちも、子供達のためにと、手話を使わない人が、
たくさんいました。

この時代の子供達は、
特に小学校時代は、
「手話を覚えてしまうと、便利で、
日本語を覚えなくなる。」という考えのもと、
授業は、算数も国語も、
口話で進めている学校がほとんどでした。

一方、実のところ、子供達は、
休み時間などは、互いが手話を使い、
先輩から後輩へと、
自然に手で話す方法が伝わっていました。
卒業後は、さらに、
ろう者同士のコミュニケーションで、
楽しく話せる手話を使う人が、増えます。

そんな環境で育ったという設定の
美音ちゃんも、また、
ろう学校育ちの豊かな手話を使い、
役場で勤めているということですから、
もしかしたら、
役場の手話サークルなんて言うのがあって、
そこで、周りの聴こえる人に、
手話を教えていたかもしれませんね。笑

そんな中で、元彼も、
同じ職場同士、
幼馴染のよしみもあって、
自然に、手話を覚えたのでしょう。

さて、時代が進んで、2000年くらい頃から、
少し、文部省やろう学校の考え方も変わってきています。
長い間のろう運動の成果で、
一般の人が、手話に興味を持って学び始め、
様々な場面に、手話が広がってきたこと。
また、その後の研究で、
「目できちんと理解できる手話を用いたほうが、
子供たちのストレスも減り、内容がつかみやすく、
結果、日本語習得にも役に立つ。」
「聴こえない子供達を、
豊かなコミュニケーション環境に置いたほうが、
手話も日本語もよく身につき、結果、勉強も進む。」
など、手話のいい面が、
たくさん認められはじめたのです。

この方針を受けて、各地のろう学校では、
聴こえない先生を、たくさん採用し始め、
豊かな手話で、授業をする先生も増えました。
そんな中、最近では、逆に、
聞こえない子供のために手話を覚えたい!!
そう思う親御さんも、少しずつ増えてきています。

父.jpg

又、聞こえない方と言っても、
コミュニケーション方法は様々で、
補聴器から聴こえる声と、口話をうまく読みとって、
音声で生活している人もおられます。

又、口話で生活しながら、その補助的手段として、
手話を使う方もおられます。

それから、筆談を使いこなすあの
筆談ホステスさんも、素敵ですね。

ろう学校時代から、
手話がメインで、これこそが、
自分たちの言語だと
誇りを持っているろう者の方々。

もともと口話教育がメインで育って、
大人になって、便利な手話を身につけ、
その後、使いこなしている人。

また、職場では、口話と筆談。
手話を勉強中の人とは、簡単な手話。
ろう者同士では、巧みな手話。
・・・など、場面によって使い分けている人も、
たくさんいます。

ドラマでは、美音ちゃんは、
ろう学校育ちの人の手話。
丸くんは、美音ちゃんと話したくて、
一生懸命覚えた 初心者の手話。
それを基本にやってみようと、
監督の竹園さん、作家の井沢さんと相談し、
実際のろう者、小林澄枝ちゃんに翻訳を頼んで、
この作品に取り組みました。

船.jpg

聴こえない方の手話、
そして、コミュニケーション方法も様々。
あなたの出会う聞こえない方は、
どんな人でしょうか?
その人と、あなたの間で、
互いが通じ合える、一緒に作るコミュニケーション。
ちょっと、素敵だと思いませんか?

現在、全国には、
およそ100の
聴覚障害児向け特別支援校(ろう学校)があります。
各県に、2校くらいずつある計算になります。
数が少ないので、遠隔地の子たちは、
寄宿舎に入って、生活しています。

そんな子供たちもまた、卒業して、
いつか社会に出て行きます。
その子供達が、あなたと出会うとき、
社会は、どんなふうになっているでしょうか?
あなたも私も、その社会の一員として、
子供達を、暖かく、迎えてあげられるといいですね。
posted by 南 瑠霞 at 02:42| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 『花嫁の父』日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

丸(マル・向井理くん)は、どうやって手話を覚えたのか?

今日は、記事が二つあります。

次ページには、手話教室開催情報!!
「新年、何か習い事をしたいなあ・・・」
と、お考えのあなた。
また、『花嫁の父』を見て
「へえ、手話ってけっこういいじゃん!!」
と、思ったあなた。
ぜひ、次のページから、
手話教室情報をGET!!
http://minamiruruka.seesaa.net/article/245221750.html
(楽しい講師たちの動画です。)

まる やえ.jpg

さて、「花嫁の父」
スタッフ・キャストの皆さんの、
暖かい取り組みのおかげで、
多くの方に見ていただきました。
ありがとうございます。

ドラマに出てきた 
若きろうの花嫁 美音(みね)と
浅草の船宿の息子 丸(まる)。
二人の初々しい演技、
素敵でしたね。

丸は、美音に出会ってはじめて、
手話に触れたのですが、
こういう場合、
一般的に、その後、どうすれば、
丸のように
手話を身につけられるんでしょうか?

おおむね、たぶん・・
浅草あたりなら、
昼間にも、夜にも、
みんなが集まっている
区の手話サークルがあります。

丸に手話のアドバイスをしたり、
通訳をしてくれていた
弥恵さんは、地域の活動で、
ある程度きちんと手話を学んだと思われる設定です。
ドラマの中で、
手話の説明も、しっかりしていましたもんね。笑
弥恵さんは、たぶん、手話サークルの運営委員とか、
区の登録通訳者なども、なさっているかも・・・笑
仕事の合間に、そういう時間を作って、
毎週通うわけですね。

また、弥恵さんのように、きちんと手話をしている人なら、
時間のあるときには、手話サークルだけでなく、
通訳の勉強会や、
ちょっとワンランク上の手話教室・講習会などにも
通っているかもしれません。
実際、関東では、
本格的に通訳や手話指導について学びたい
と言う場合、
多くの方が、区市の地域の勉強会以外、
都や県が開く、通訳者養成講座とか、
ろう者の手話について、もっと深く知りたいと思う人は、
手話あいらんどのような、
ネイティブのろうの先生が教えてくれる
特別な手話教室などに通う人も、たくさんいます。

・・・というわけで、
弥恵さんを演じた 平栗あつみさんは、
翻訳された手話をきちんと覚えてくださったほかに、
私たち手話あいらんどの手話教室にも、
顔を出し、手話の基本にふれてくださいました。
「手話を、心のあるセリフとして話すには、
もう少し、空気感を感じたい。」
ということで、
個人のセリフのレッスンだけでなく、
みんなに混ざって、手話を学ぶと言う体験も
してくださったんですね。
平栗さん、
本当に、ありがとうございました。

そして!!
そんな弥恵さんに、手話について教えてもらった丸は、
自分でも、美音のために、
もっと手話で話してみたい・・・
なんて、思ったに違いありません。
丸くん自身も、忙しい仕事の合間を縫って、
本やDVDなどで勉強したほか、
地域の手話サークルなどにも、
顔を出したかもしれません。
手話サークルでは、
いろんな人が、自分のペースに合わせて、
手話の勉強をしたり、
聞こえない人と交流したりしています。
そこに入って、
まずは、初心者のテーブルについて、
手話通訳の先輩や、ろうの先生から、
手話を教わるんですね。

・・・そんなわけで、向井君には、
まず、最初のレッスンを、
ろう者と話すところから、
はじめてもらいました。

ろうの人と仲良くなってもらいたいレッスンですから、
基本的に通訳者は入りません。
ろう者の江副君が、
自由に話すその手話を、
身振り手振りで、まねたり返したりしながら、
向井くん自身に、
手話サークル体験をしてもらったかのように、
ふれあってもらいました。

その時には、
生まれつきろう者で、家族もみんなろう者と言う、
江副君の生い立ちなども、聞いてもらい、
(こっちは読み取り通訳付き!大事な内容ですからね。笑)
手話の初心者 丸が、
聞こえない人にどう接したらいいか・・・
そんな演技のヒントにもしていただきました。

向井君は、とても勘のいい方だったので、
手の形や単語の意味なども、
その場でけっこう、覚えておられました。

協力してくれた江副君も、
本当に、ありがとう!!

・・そんなこんなで、
丸君は、
美音と出会い、手話に出会い、
聞こえない女性と、
まじめに結婚を考え、
あの!浅草で、結婚式を挙げ、
屋形船で披露宴をすることになるんですね。

え?
丸君くらい手話で話せるようになるには、
どれくらいかかるかって?

それは・・・・
3ヶ月から半年かと思います。
だって、大好きな人と話すために覚えた手話ですもの。笑
急に、むずかしい通訳などはできないかもしれませんが、
楽しく学べば、
聞こえない方と一生懸命お話しできるようになるまでの時間は、
そんなに長くはかかりません。

手話界でも、
ろう者のカレ・カノが、できれば、
あっという間に上達する!!
と言うのは、常識的見解です。笑

さあ、あなたも、
カレ・カノとは言いませんので(再笑)、
ろう者のお友達を作って、
楽しく手話の会話、してみてくださいね。
今まで知らなかった、新しい世界が、
目の前に広がるかもしれません。

手話あいらんど手話教室
http://classroom.shuwa-island.jp/
posted by 南 瑠霞 at 00:05| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 『花嫁の父』日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

「花嫁の父」つながりのご質問!!

この連休中は、
皆さんに、MBS・TBS系ドラマ
「花嫁の父」をお楽しみいただきまして、
本当にありがとうございます。

5、闘牛大.jpg

いろんな方から、
お問い合わせや、ブログコメント、
メール等をいただきまして、
本当に、感謝しております。

皆さんからお問い合わせが多かった3点について、
過去の私のブログ記事を、
ご紹介します。
参考になれば、幸いです。

Q、手話の仕事、又は南さん達のような仕事に就くにはどうしたらいいんですか?
・・・と言う お問い合わせについては、ぜひ、
南 瑠霞のブログの「手話の仕事・アルバイトについて」の記事を、
ご覧ください。
何回かに分けて、手話や私達の仕事の内容、心構えなどについて、
まとめさせていただいています。
http://minamiruruka.seesaa.net/category/7748891-1.html

Q、ろうの人の手話って、声つきの手話とは表情も口も違いますよね。
勉強の仕方がわからない。どうしたらいいですか?
・・・手話を学んでいる方の中には、こんなふうに悩んでいる方も、
大勢います。そういうあなたには、この記事。
<ろう者の手話を身につけるには?>
http://minamiruruka.seesaa.net/article/114869591.html

Q、テレビドラマの役者さん達って、どうやって手話を覚えているんですか?
・・・ドラマをご覧になった方の中には、そう思う方も多いようです。
まずは、そこを知りたい。と言う方は、
<テレビドラマの手話学習方法について>
http://minamiruruka.seesaa.net/article/114774019.html
などが参考になるかと思います。

このほか、手話ドラマの現場の様子を、
ネタばれしないよう、細心の注意を払って(笑)、
頑張って書いた、それぞれの日記は・・・

☆ 今回の、「花嫁の父」日記 
http://minamiruruka.seesaa.net/category/11822862-1.html
☆ 昼ドラの、「ラブレター」ノート
http://minamiruruka.seesaa.net/category/5742555-1.html

ハリウッド映画「バベル」や、「オレンジデイズ」、
「新星の金貨」などの日記があればよかったのですが、
それは、私が、このブログを、
がんばってチャレンジしてみよう。
と思う前のお仕事でしたので、
記録も写真もあまり残っていない・・・汗

私の仕事は、とても珍しい仕事ですので、
こうした活動を、皆さんに知っていただこうと、
本格的にこのブログを書き始めたのは、
2008年のこと。
皆さんに、たくさんお読みいただいて、
本当に、感謝しています。

どうぞ、今後ともよろしくお願いします。
手話パフォーマー&手話コーディネーター(手話通訳士)
南 瑠霞

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
(この連休中のおでかけフォト)

七草がゆ.jpg
7日夜に食べた 七草

六本木ヒルズ.jpg
首都高前方に迫る 六本木ヒルズ

スカイツリー.jpg
「花嫁の父」にも出てきた 東京スカイツリー

犬.jpg
つくばわんわんランドの11メートルの犬のモニュメント
下で手をあげているのが私!!

霞ヶ浦.jpg
筑波まで行ったなら、ここも!!
霞ヶ浦のボート乗り場。
おだやかな夕暮れ。

くじら.jpg
空には、クジラのような雲。
まるで海の中をドライブしている気分。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 『花嫁の父』日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

「花嫁の父」御礼!!

このたびは、ドラマ「花嫁の父」をご覧いただき、
ありがとうございました。

雪の山小屋.jpg
(最後のロケ地となった、新潟県の雪山。)

雨の日も、照りつける太陽の日も、
又、極寒の雪山でも・・・・
2時間の単発ドラマであったにもかかわらず、
キャスト・スタッフの皆さんと、
1年間を共にさせていただき、
まるで、連ドラのように、
思いをつながせていただいたように思っています。

撮影チェック.jpg
(本番中は、モニターで手話チェック。監督の竹園さん、記録の愛川さんと。)

脚本の井沢さん、監督の竹園さん、
2010年の秋から、構想を練り、
たくさんの取材からスタートしていただき、
心から感謝申し上げます。

記録の愛川さん、共に画面で、
手話を追い続け、
撮影ベースを共にさせていただき、
ありがとうございました。
クランクアップの時、
「編集頑張ります。きっといい映像にします。」
と言っていただいたこと、心に残っています。

三味線2.jpg
(隅田川のほとりにて。
今から、美音(貫地谷さん)が、話しかけるところ。)

貫地谷しほりさん、明るい人柄にほれました!!笑
レッスンでは、聞こえない人の体験に、共に涙し、
「きちんとやりたい。厳しく指摘して下さい。」と、
まっすぐな目で臨まれ、
現場では、肝っ玉母さんのように、
みんなに暖かかった貫地谷さん!!
本当に、お疲れ様でした。
あ、マネージャーの大友翼さんも、
いつも裏で、私達と楽しくすごしていただき、
ろう者スタッフと一緒に話して、
一緒に手話も覚えていただいたりして、
心から、感謝申し上げます。
ありがとうございます。

向井理さん、手話に三味線にと、いろんな挑戦、
お疲れさまでした。
向井さんは、基本的に、
音声付きの手話がベースでしたので、
その辺の表現について、
どう演技と絡めるか・・・
なんて、いろいろご質問いただきながら、
同行させていただき、
楽しい時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございます。

柳葉敏郎さん、
初めてお会いした瞬間から、熱い思いの手話
予習して来てくださっており、
ありがとうございました。
私もまた、自分の父を思い出すような
そんな演技に
手話は、もう手話でなく、
まさに花嫁の父の言葉となっていたのだと、
感じております。
感謝いたします。

丸に手話を教えた・・・という役柄の
平栗あつみさん!!
わざわざ、うちの手話教室にまで
通って来て下さり、
ありがとうございました。
テレビでは、本当に手話サークルの役員みたいな手話で、
頼もしかったです!!笑
ありがとうございます。

美音の、元彼役の、趙a和さん、
実は、このドラマの一番最初が、
趙さんの手話レッスンでした。
撮影の出番が、早かったんですよね。
込み合う衣装合わせの部屋の片隅で、
ろう者スタッフと、ひざを突き合わせてお話しして、
覚えた手話で、新潟入り。
楽しいひと時を、ありがとうございました。

ロケ風景A.jpg
( 旧山古志の闘牛場と、大勢のエキストラさん。
反射板やマイクが、物々しく取り囲んで・・・・
中央の板の陰に、貫地谷さんがいます。笑 )

あ、それから、今回の撮影では、
「ラブレター」の時、半年ずっとご一緒させていただいていた、
スタッフの方が、又1年間、同じ現場に入っておられ、
安心とともに、励まされました。
映像の青木さん!!
(1月4日の記事で、雪が積もっていた黒いあの・・・
http://minamiruruka.seesaa.net/article/244047931.html
この方が、青木さんです!!汗)
本当に、いつもありがとうございます。

お願い.jpg
(新潟県長岡市 旧山古志村にて。「僕と結婚して下さい。」)

そして、今回、
手話あいらんど手話指導チームとして、参加してくれた
小林澄枝ちゃん、松本有加ちゃん、
高橋愛ちゃん、江副悟史くん。 
http://minamiruruka.seesaa.net/article/231918966.html
& 現場通訳 蓮子都!!

ろう者エキストラの皆さん!!
http://minamiruruka.seesaa.net/article/244644368.html
6月の撮影から半年!! 今まで、約束を守って、
ネタをばらさず秘密にしてくれていて、ありがとう!笑

たくさんの協力、本当に感謝いたします!!
みんなの力が、このドラマの手話となりました!!
これからも一緒に頑張りましょう。

ふなもり.jpg
(屋形船の披露宴で、出された船盛り。
本番では、みんなこれを食べながら、手話で話してました。笑)

MMJスタッフのみなさま、
毎日放送のみなさま、
この1年間本当に、お世話になりました。

ドラマ「花嫁の父」が、多くの方の心に残りますように。
ありがとうございました。

「花嫁の父」手話コーディネーター 南 瑠霞
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 『花嫁の父』日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

「花嫁の父」1月8日夜21時〜ON・AIR

(この記事は、1月8日までトップに来るよ!!
次のページに毎日の新しい記事もあるから、読んでね!!)

花父ミニ.jpg
(出演:柳葉敏郎/貫地谷しほり/向井 理/余 貴美子/橋爪 功 ほか)

手話あいらんどが手話指導したドラマ「花嫁の父」
TBS−MBS系全国ネット
2012年1月8日(日)夜9時より放送!!


年末「花嫁の父」ロケ現場から〜撮影用語を覚えよう!!
(この動画の字幕はhttp://minamiruruka.seesaa.net/article/242375019.html )


☆☆☆ 「花嫁の父」関連番組 ☆☆☆
1月6日(金)  5:30〜8:30「みのもんたの朝ズバ!」 (番組紹介予定)
        8:30〜9:55「はなまるマーケット」
       11:00〜13:50「ひるおび!」(番組紹介予定)
       23:25〜23:55「A−Studio」
       
1月7日(土)  8:00〜9:25「知っとこ!」
       16:30〜17:00「花嫁の父放送直前〜日本の家族の絆SP〜」(関東)
       
1月8日(日)  7:00〜7:30「週間!健康カレンダー カラダのキモチ」
       11:45〜12:54「アッコにおまかせ!」
      19:00〜20:54「さんま玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろかSP」
       (※予定は変更になることもありますのでご了承下さい)


ドラマのメイキングも、各地で放送中!!見てね!!
******************
新春ドラマ特別企画「花嫁の父」放送直前
〜日本の家族の絆スペシャル〜
******************
MBS(関西) 1月3日(火)16:00〜16:30
TBS(関東) 1月7日(土)16:30〜17:00

HBC(北海道) 1月6日(金)09:55〜10:25
CBC(東海) 1月6日(金)15:19〜15:48
MRT(宮崎) 1月7日(土)11:00〜11:30
BSN(新潟) 1月7日(土)15:30〜16:00
RKB(福岡) 1月8日(日)05:45〜06:15
RSK(岡山・香川) 1月8日(日)13:00〜13:30

TBS花父.jpg
ドラマ「花嫁の父」HP http://www.mbs.jp/hanayome/

手話あいらんど花父.jpg
手話あいらんど「花嫁の父」のページ http://www.shuwa-island.jp/hanayome/

ミニ.jpg
南 瑠霞『花嫁の父』日記 http://minamiruruka.seesaa.net/category/11822862-1.html
* この記事の右下 『花嫁の父』日記(カテゴリー)を、
クリックすると、南 瑠霞の「花嫁の父」に関する日記が、
出てきます!!見てね。
posted by 南 瑠霞 at 01:00| 東京 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | 『花嫁の父』日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

TVぴあ & 毎日新聞

「花嫁の父」の手話の記事が
TVぴあ と 毎日新聞に載りました。

TVぴあは、関東版 
現在、コンビニなどで発売中の1/7〜1/20号。

表紙.jpg

「花嫁の父」の手話指導などについて、
記者の方が、素朴な疑問を、
一生懸命尋ねて下さいました。
もしよかったら、あなたも買って、
読んでみて下さいね。

タイトル.jpg

毎日新聞は、2012年1月5日(木)の夕刊に掲載。
貫地谷さんの手話に臨んだ姿勢のほか、
聴こえない大学生 松本有加ちゃんのコメントも、
ていねいに紹介して下さっています。

かんじやさん.jpg
( 記事は、インターネットでも、ご覧いただけます。
http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20120105dde012200071000c.html )

記事2.jpg
毎回遠い現場まで、足を運び、
ロケに立ち会い続けた有加ちゃん、お疲れさま!!

このほか、「花嫁の父」では、
翻訳と手話モデルを、ろう者の小林澄枝ちゃん、
発音モデルを、ろう者の高橋愛ちゃん、
又、向井理さんのアドバイザーを、
ろう者の江副悟史くんが、担当してくれています。
(スタッフ紹介はこちら!!
http://minamiruruka.seesaa.net/article/231918966.html )

現場通訳には、手話あいらんどマネージャー
蓮子都(通称:はっちゃん/笑)が、
毎回入ってくれました。

チームみんなで頑張った手話指導です。
あなたもぜひ、応援してください。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 『花嫁の父』日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

スタッフがカッコいい!!

南 瑠霞、きのう4日から、
こまごまとした仕事、本格始動!!
頑張ってます!!笑

まずは、年明け早々のイベント準備と、
短大生たちの授業の確認。
短大の1月2月は、後期の総まとめの、
テストもあるので、準備も管理も大変です。汗汗!!

花父1月8日放送決定.jpg

さて、花嫁の父の放送が迫ってきました。
私が、こうしたメディアの現場の仕事にかかわって、
もっともたくさん触れ合うのは、
手話を担当される役者さん達のほか、
やはりメインのスタッフの方々!!
監督さんや助監督さん、
プロデューサーさんや、記録の方などなど、
いつも、最も近くで、
お仕事を拝見させていただいています。

皆さんも、ご想像の通り、
もちろんそうしたスタッフの皆さんは、
とてもタイトなスケジュールで、
細かくて面倒なことも、
一つ一つ、夜が暮れようとも、
朝が近づこうとも、
きちんと終了するまで、
不眠不休で、こなしておられます。

女性スタッフは、デートの時間もなく、
(・・っていうか、24時とか25時に仕事が終わって、
一緒に飲みに行ってくれるのは、
同業者しかいない・・・笑&涙)
「ねえ、私、お嫁に行きそびれそう・・・」
なんて、
やや先輩女子となった私は、
そんな相談も、
現場で受けることがある・・・汗汗・・

でも、やっぱりスタッフはかっこいい。

川田万里.jpg

写真は、今回雪山をバックに、
映像を撮り続けておられた
カメラの川田さん。
( あまりにカッコいい写真だったので、
花嫁の父のHPから拝借。スミマセン・・汗
どうぞ、本物もご覧ください。
http://www.mbs.jp/hanayome/photo-001.shtml )
70歳近いこの方は、
最初、とても怖かった。
必死で映像を追いかけているから、
顔つきも怖いし、
ベテランの方だから、意見も厳しい。
本当に、勢いのある方で、
みんなから、とても尊敬されていました。
ところがこの方、一時、夏の雨の現場で足を滑らせ、
ひざを痛めて、手術されたんです。
・・・で、どうなるのかとみんなで心配していたら・・・
この冬の雪山に見事復活!!
「すごいですね。足、回復されたんですね。」
と話しかけたら、
にっこり笑って、
「そうなんですよ。ちゃんと現場に戻ってきました。」
と、おっしゃっていました。
日ごろ、怖そうな感じだったので、
その笑顔がまた、すごく優しかった。
そして!!
とにかく、やっぱり!!
鬼の川田さんは、戻ってきた!!笑
そのとき、私は、
川田さんのように、年をとっても現場にいたい!!
と、強く感じましたし、
なにより、川田さんの姿勢から、
励ましのパワーをいただきました。
撮影の裏で、
本当に、うれしい感動の一瞬でした。

川田さん!!カッコイイ!!

ちなみに、以前、TBSの昼おび、
「ラブレター」で、私の撮影した写真を見つけました。
やっぱり、スタッフの方がカッコいい!!
太平洋の荒波をバックに
カメラ&助監督さんが、砂浜で、
美波と海司を、追いかけている瞬間です。
あ、本番中じゃありませんよ。
準備中で、
かつ手話シーンではない合間の時間です。笑

08年秋館山ミニ.jpg

手話の仕事でメディアの現場に入らせていただき、
衣装さんや、メイクさんや、
美術さんや、大道具さんや、
本当に、いろんな方々と、
触れ合わせていただき、
皆さんのオーラを、
いっぱい浴びながら、
私たちも、また、
走り回らせてもらっています。
感謝。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 『花嫁の父』日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

雪まみれの撮影!!

富士山.jpg

3日 神奈川県を走る
東名高速道路から見た
富士山です。
ちょっと、遠くて写りが悪いのですが、
白い雪をかぶっているのが、わかります。

2011年12月
まだ2週間くらい前ですが、
ドラマ「花嫁の父」が、
雪山でクランクアップを迎えました。

きのうから、各地で、
直前のナビ番組の放送も始まりました。
見てくださったあなた!!
ありがとうございます。

私は、瀬戸内海で生まれ育ち、
両親の実家も暖かい和歌山県ですので、
雪の経験が、ほとんどありません。
雪景色は、テレビで見るのが専門!!
のはずでしたが・・

撮影部隊.jpg
枝に積もった雪の向こうに見えるのが、
撮影部隊。

ゆきまみれ.jpg
向かって右から、同行したろう者の松本有加ちゃんと、
通訳者でマネージャーのはっちゃん。
人間に降り積もる雪!!笑

私.jpg
私の赤い帽子にも雪がいっぱい!!大笑

映像さん.jpg
ひどかったのは、スタッフの方に積もった雪。
手前の黒い塊は、けして荷物ではなく、
映像エンジニアさん!!
モニターチェックで、じっとしている間に、
どんどん降り積もっていく・・・

そんなこんなで・・・・
現場は、まさに雪国。
確かに、寒さのほかにも、
たっぷりの湿気で、肌に良さそうなのは、
実感しましたが・・・・

私たちが、出向いた理由は、
もちろん、手話指導!!

手話でもっとも困ることの一つに、寒さ!!があります。
手がかじかんで、指が動かなくなるのです・・・・
かつて私も、冬の雨のステージで、
本当に、手が冷えて、
手話が話せなくなってしまったことがありました・・・!!
なのに!!今回のロケは、
その手話の天敵!!極寒の雪山!!・・・

しかし!!
役者さんたちは、そんな寒さを感じさせることなく、
一生懸命手を動かして、
大事な手話を、心をこめて話してくれました。
雪の中の体当たり手話!!も、
今回の見どころのひとつかもしれません。

雪山では、私たちもいっぱい転びましたが、
役者さんたちも、足を取られて、
いっぱい転びました。笑

雪まみれの撮影をくぐりぬけ、
あとは、お茶の間で、放送を待つのみ。
当日は、暖かい部屋で、お茶でも飲みながら、
画面に向かいたい。笑
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 『花嫁の父』日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

雪の中越!!

中越雪.jpg

ろう者の友人が、
新年の新潟県 中越地方の写メを、
送ってくれました。
ありがとう!!
雪景色が、
まるで水墨画か、白黒写真のようです。

昨年1年間、
ドラマ「花嫁の父」の撮影のために、
新潟県中越地域の、長岡市や旧山古志村に、
何度か通いました。

一番驚いたのは、冬の雪の深さです。

2、雪なしの道mini.jpg

春には、花も咲き、
こんな、なんでもない風景だった場所が・・・

1、雪の壁.jpg

冬のロケでは、
こんな雪の壁に覆われた道に・・・
木の姿から、ようやく、
同じ場所だということがわかります。
雪は人の背丈の倍以上!!
地元の方が、
雪かきをしてくださっているおかげで、
私たちも、現場に入れました。

数年前には、大地震もあったこの地域での、
ドラマ撮影。
このタイミングで、現地に伺い、
地元の方々とも触れ合わせていただき、
私たち自身、
様々なことを考えさせられました。

ドラマごと、一緒に、
2011年様々な災害に遭われた地域の皆さんの、
復興をお祈りできればと思います。

雪深き山に、思いを寄せて。
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 『花嫁の父』日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

「クロスカルチャ」〜放送現場で使う手話!!

「手話あいらんどTV クロスカルチャ」
今回は、ドラマ「花嫁の父」の、撮影中、
雪の現場からお届けしています。



(簡単な内容)
手話あいらんどTV クロスカルチャ〜〜〜!!
南 瑠霞です。聞こえます。
松本有加です。ろう者大学生です。

今、私たちは、寒〜いところに来ています。
新潟県の、雪の深いスキー場です!!

有加ちゃんは、スノボーをやるんだよね。
大学に入って、始めて、今4年目。
新年にも、スノボーに出かける予定です。

南は、スキーなどの経験がなく、
ゲレンデに入るのは初めて。
とてもうれしいです。
でも、もう、今日2度、大きく転びました。笑

今日は、「花嫁の父」の撮影のために、
ここに来ました。
2012年1月8日夜全国放送予定!!

手話のシーンは、ほとんど今日撮影が終わります。
有加ちゃんは、メインの2人は、
手話が自然でびっくりしました!!
放送が楽しみです。

今日は、撮影の現場で、
ろう者のスタッフ・手話のスタッフが、
よく使う単語を、ご紹介しましょう。

○ 撮影の前に使う手話 「テスト」
○ テストのあとは 「本番」
○ 本番が終わると 「カット」
○ そのあと映像を 「チェック」
○ 撮影が終了したら 「お疲れ様」

最近は、いろんな手話ドラマも増えました。
裏で手話スタッフたちが、使っている手話単語も、
思い浮かべながら、
ぜひ、ドラマを、楽しんで下さい。

「花嫁の父」ぜひ、見て下さい。
又、お会いしましょう。
さようなら〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 『花嫁の父』日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

花嫁の父オールアップ!!

きのう、新潟県で行われたロケで、
「花嫁の父」の撮影が、
オールアップを迎えました。

木曜夜、東京で、
手話ライブの打ち合わせ終了後、
深夜23時、車で出発。
金曜午前3時半ごろ、現地に到着。
夜明けから、
最後の撮影に臨みました。

美しき雪の風景です。
また、詳しくは、放送日まで、
少しずつ、ご紹介してまいります。

雪.jpg
あたりの木々は、みんなこんな感じ・・・

実.jpg
枯れ草の実にも、雪。

こや.jpg
風景は、白黒写真のように・・・

車.jpg
私の車にも、積もる雪!!汗&笑

MBS開局60周年 記念スペシャルドラマ
「花嫁の父」
http://www.mbs.jp/drama/hanayome/
2012年新春 全国MBS・TBS系 放送予定。

手話あいらんど「花嫁の父」HP
http://www.shuwa-island.jp/hanayome/ 
南 瑠霞「花嫁の父」情報
http://minamiruruka.seesaa.net/article/223655535.html
posted by 南 瑠霞 at 01:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 『花嫁の父』日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

花嫁の父〜報道公開

手話指導中のドラマ「花嫁の父」
間もなく、新潟の雪の中での撮影も迫っています!!汗
雪道なので、
スタッドレスタイヤを履いて、車で行くか、
でも!!危ないので、
ロケバスに乗せてもらうか・・・
今、思案中・・・!!

花父.jpg

きのう、
「花嫁の父」の報道記者会見がありました。
http://www.oricon.co.jp/news/movie/2004181/full/
http://mantan-web.jp/2011/12/12/20111211dog00m200012000c.html

花嫁の父役の柳葉さん、
本当に、自分の娘を送り出すような気持で、
演技しておられました。
そばで一緒に撮影さていただいて、
震える心を感じました。

貫地谷さん、
まだ、ここから、大事なシーンの撮影があるので、
最後まで一緒に、がんばりたいです。

あなたも、応援してくださいね!!
posted by 南 瑠霞 at 09:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 『花嫁の父』日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

花嫁の父!!

「花嫁の父」の現場が、
いろいろ動いています。
金曜は、
私たち手話チームも取材をしていただきました。

紅葉.jpg

久しぶりの
赤坂サカスは、桜の木が紅葉していて
すっかり秋の景色。
風が、少し肌寒かったです。

南極大陸.jpg

TBSの正面玄関は、
クリスマスツリーとともに、
今人気の「南極大陸」の
大看板が目に飛び込んできます。
すぐ近くには、
屋外スケートリンクもあって、
ちょっと、ニューヨークっぽい?笑

南&松本.jpg
今回、撮影現場に何度か入ってくれている
ろう者の大学生 松本有加ちゃんと!

聞こえる両親の間に生まれた
ろうの子供が、
家庭で、どんなコミュニケーションをとっているか、
それぞれの家庭が、
手話をどんな風に思っているか・・・
そんなことも少しご紹介させていただきました。

撮影は、年末まで続きます。
新潟の雪の寒さに負けないよう
今から、抵抗力をつけておこう!!笑

雪だるま.jpg

MBS開局60周年 記念スペシャルドラマ
「花嫁の父」
http://www.mbs.jp/drama/hanayome/
2012年新春 全国MBS・TBS系 放送予定。

手話あいらんど「花嫁の父」HP
http://www.shuwa-island.jp/hanayome/ 
南 瑠霞「花嫁の父」情報
http://minamiruruka.seesaa.net/article/223655535.html
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 『花嫁の父』日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

花嫁の父〜井沢満さん

2012年新春放送予定の「花嫁の父」の原作となる
書籍「ゆきのおと〜花嫁の父〜」を、
作家の、井沢満さんが、送ってくださいました。

花父本ミニ.jpg

ドラマでは、耳の聞こえない花嫁を貫地谷しほりさん、
その相手役を、向井理さん、
父親役を、柳葉敏郎さんが、演じておられます。
皆さん、手話の特訓をして、
情感あふれる演技をしてくださっています。
また、詳しくは、今後お伝えしていきたいと思います。

作家の、井沢さんは、新潟の雪深い町を舞台に、
ろう者の女性と父親の、暖かいストーリーを描きたいと、
何度も手話あいらんどに、取材を重ねてくださいました。

聞こえない人の心、感じ方、
手話に寄せる思い、
手話そのものの表現の仕方などなど・・・
熱心に、質問してくださいました。

何度も何度も、メールなどのやり取りをし、
実際に、聞こえない女性にも会ってお話を聞いたり、
井沢さんなりに、たくさんのことを感じたうえで、
このストーリーに取り組まれました。
新潟の町に、古くから伝わる習慣なども、
とても大事に描かれています。

井沢さんの感性で描かれたこの作品が、
どのような物語になったのか、
私も、拝読したいと思います。

井沢さんは、とても丁寧な方で、
こうして、出会って、情報を交換し合った私に、
お忙しい中、何度も、報告のメールや、あいさつや、
こうして、書きあがった書籍も直接送ってくださったり、
本当に、細やかに心遣いをしてくださいます。

井沢さんの、繊細さや、出会いの紡ぎ方、
思いの届け方、
学ばせていただくことがたくさんあり、
心から感謝しています。

仕事を通じて、仕事以上に、
思いを大事にしておられる井沢さんに、
それこそ、物語を生み出す、
父のような母のような、そんな愛情のようなものを感じます。

物語は、こうして、生み出すのだという情熱のような、
一途な心、
きっとこの思いこそが、ドラマの熱い芯となって、
多くのスタッフの方々や、役者さんたちを動かしているのだと、
心にしみる思いです。

どうぞ、この本もドラマも、
多くの方の心に届けられますように。

雪.jpg

MBS開局60周年 記念スペシャルドラマ
「花嫁の父」
http://www.mbs.jp/drama/hanayome/
2012年新春 全国MBS・TBS系 放送予定。
(南 瑠霞の手話日記 関連記事
http://minamiruruka.seesaa.net/article/223655535.html
posted by 南 瑠霞 at 21:41| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 『花嫁の父』日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

ドラマ「花嫁の父」

MBS開局60周年 記念スペシャルドラマ
「花嫁の父」
http://www.mbs.jp/drama/hanayome/
2012年新春 全国MBS・TBS系 放送予定。

花父.jpg

聞こえない娘と、その父の、
心温まるストーリー。
手話あいらんどが手話指導。

「女外科医 有森冴子 」などでもおなじみの、
井沢 満さん原作・脚本。
新潟中越を舞台にした家族の愛の物語です。
ぜひ、あなたも応援して下さい。

ここから、少しずつ、
皆さんに、様々な情報もお届けします。
お楽しみに!!

*** 手話指導チーム ***
南.jpg
手話コーディネート 南 瑠霞(手話通訳士)

松本ゆか2.jpg
貫地谷しほり 手話アドバイザー 松本有加(ろう者大学生)

江副 悟史.jpg
向井 理 手話アドバイザー 江副 悟史(ろう者/ネイティブサイナー)

*手話翻訳:小林澄枝(きいろぐみデフキャスト)
posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 『花嫁の父』日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
手話 単語

るるかのおすすめリンク
花嫁の父 愛の劇場 ラブレター 手話 歌 手話 手話 教室