2017年04月27日

たばこの進化形!!


image/2017-04-27T233A093A12-1.jpg

談笑中、知り合いが、ふと胸元から
こんなものを取り出しました。
アイコス というのだそうです!!

電子たばこ系のもので、
ほとんど煙も出ず、周りの人を煙の害に巻き込まず、
自分でタバコを吸える最新機器だそうです。

この方が持っていたのは、マルボロの、
アイコス専用タバコ。
これを、アイコスのスティックにさすと、
タバコと同じように吸えるらしい。

image/2017-04-27T233A093A05-1.jpg

聴くと、このアイコス、今では、
コンビニでたいてい買えるとのこと。
世の中は進化しています。

最近では多くの人に嫌われるタバコも、
生き残りをかけて、様々な工夫が凝らされているんですね。
まあ、それにしても、ニコチンの吸い過ぎには、
ぜひ、皆さんお気を付けください。
私も、特にたばこファンではありません。汗&笑


たばこ.PNG
「たばこ」
二本の指でタバコをはさんで、口元に運ぶしぐさで。
(C)Softbank/手話あいらんど「ゲームで学べる手話辞典」

嫌い.PNG
「嫌い」「イヤ」「受け入れない」
人差し指と親指をのど元に当て、
パッと開きながら軽く前に出すように。
嫌なものを、ペッと吐き出すイメージ。
(C)Softbank/手話あいらんど「ゲームで学べる手話辞典」



posted by 南 瑠霞 at 23:41| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

「好き」


image/2017-04-27T233A093A15-1.JPG

image/2017-04-27T233A093A09-1.JPG

世田谷の街路樹。
ハナミズキやつつじの花が、
今、満開です!!
私はこの時期が大好きです。


好き.png
「すき」「希望」「好み」「〜したい」
親指と人差し指を開いてのど元に当て、
閉じるようにしながら、スッと下に引く。
のどごしの良い飲み物が、
のどをス〜ッと通っていくイメージだそうです。
(C)Softbank/手話あいらんど「ゲームで学べる手話辞典」



posted by 南 瑠霞 at 23:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

秋川渓谷


今週、仕事で、秋川渓谷に行きました。
春から自然豊かな素敵な場所に行けて、
さわやかな気持ちになりました。

image/2017-04-26T223A383A05-1.JPG

image/2017-04-26T223A393A12-1.JPG

豊かな水の流れと、川音に癒されました。
そして!!

image/2017-04-26T223A393A16-1.JPG

image/2017-04-26T223A393A05-1.JPG

image/2017-04-26T223A393A08-1.JPG

image/2017-04-26T223A403A08-1.JPG

この地域一帯では、ほうとうなども有名だそうで、
暖かな鶏肉のほうとうをいただき、
おなかも癒されました!!笑

手話を通じて、本当にいろんな場所に伺い、
心から感謝です。


KAWA.png
「河」「川」「水」「流れ」
手のひらを水面に見立て、川や水の流れを表現。
(C)Softbank/手話あいらんど「ゲームで学べる手話辞典」

TANI.png
「谷」
両手で地形を表現。
(C)Softbank/手話あいらんど「ゲームで学べる手話辞典」






posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

チーズの酒粕漬


FullSizeRender.jpg
今、私がはまっているおやつです。
毎晩一口ずつ食べてます。
ちょっとお値段がするので、もったいなくて、
ちょこっと、ちょこっと食べているのです。笑

IMG_0064.JPG
こんなほのかな色の桜の花も乗っていて。

FullSizeRender (5).jpg
桜の花入り、チーズの酒粕漬です。
クリームチーズのような とろける味わいです。喜!!

FullSizeRender (4).jpg
中に入っていたカードには、クラッカーなどにのせて食べるとおいしいと、
紹介されてました。
お友達などのお宅を訪問するときのお土産にも、
とても良いと思います。


IMG_0068.PNG
「チーズ」
チーズを削る動きをイメージして、
手のひらを合わせて、ぐるっと回します。
(C)Softbank/手話あいらんど「ゲームで学べる手話辞典」


posted by 南 瑠霞 at 23:45| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

ツインタクシー!!


FullSizeRender.jpg

世田谷区内のとある小さな公園でのこと、
幼稚園前後の3人の兄弟姉妹が、
赤い大きな三輪車に乗っていました。
みんなが、一緒に、わいわい乗って、
どんどん進んでいるではないですか!!
「ねえねえ、珍しい三輪車だね。」
と、聞くと、その子たちが、
「これは、ツインタクシーっていうんだよ」
と教えてくれました。
それで、「タクシーなの?」と尋ねると、
「後ろに客さんを乗せられるよ。」
と言うのです。
なるほど!!
運転手が一人と、後ろのお客さんが二人で、
「ツインタクシー」!!

その子たちは、そのあとも、
楽しそうに、それに乗って、
どんどんどこかに行ってしまいました。
きっと近所の子供たちだったのでしょう。
楽しい夢をありがとう!!

防犯上3人の写真は撮らない方がよい!と思ったので、
インターネットで調べたら、
すばり!本当に、ツインダークシーが出てきました。

IMG_9909.JPG
3人の子供たちは、ちょうどこんな風に、乗って遊んでいました!!
春の公園は、チューリップなどいろんな花も咲いていて、
三輪車の赤が、とても映えていました。

IMG_9906.PNG
「三輪車」「自転車」
両手でペダルをこぐように、交互に回して。
(C)Softbank/手話あいらんど「ゲームで学べる手話辞典」



posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

東京西部の手話サークルにお邪魔しています!!感謝!!


今週から、5月の手話ライブの宣伝で、
いろんな手話サークルを回らせていただいています。

FullSizeRender (2).jpg

一つの手話サークルが、みんなで写真を撮ろう!!
と言ってくださって、元気にチーズ!!笑

FullSizeRender (3).jpg

各地の手話サークルでは、ろうの方が先生となって、
手話の勉強会をしているところもたくさんあります。
生きた言葉としての手話!!
みんなで楽しく学びたいですね。
素敵な手話サークルの皆さんに感謝。

みなさん、ぜひ、手話ライブに、いらしてくださ〜い!!


南 瑠霞.png
2017.05.21(日)南 瑠霞バースデー手話ライブ「ごろごろRURUKA」
http://minamiruruka.seesaa.net/article/447741996.html
ペットOKの手話ライブです!!
【とき】
2017年5月21日(日)
14:00〜15:30(開場13:00〜)
【チケット】
3,000円(税込)
3才未満のお子さんと、ペットちゃんは無料。笑
【チケットお申込みはこちら!】
http://www.kiirogumi.net/20170521/ticket/
【ところ】
Ichiro san no キマグレ cafe
東京都羽村市羽西3-11-26


posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

春爛漫!!


世田谷の町は、今、すっかり春となり、
花たちがにぎやかに咲き競っています。

IMG_9837.JPG
世田谷のソメイヨシノはすっかり時期が終わり、
もう、緑の葉でいっぱい!!
これから夏に向けて、通る人を熱い太陽の光から守る、
木陰を作ってくれそうです。

IMG_9851.JPG
その下には、かわいいチューリップ!

IMG_9847.JPG
マーガレットの花も、さわやかです。

ここは世田谷区内の、とある駅前なのですが、
毎朝、通勤通学の人も、この花たちを見て、
気分もウキウキするだろうな〜と思って、
写真を撮りました!!嬉!!


FullSizeRender (2).jpg
「春」 (C)手話あいらんど
下から暖かい空気が立ちのぼってくるようなイメージの表現です。

まだまだ、ここから桜の季節!!!北国の皆さ〜ん。
「桜」という手話はこちら!!
http://minamiruruka.seesaa.net/article/448182339.html?1492588137



posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

シーグラス


IMG_9735.JPG

先日、ろう者の友人に会ったら、
こんなにたくさんの、水色の石のアクセサリーを持っていました。

「いや、これは、シーグラス。石じゃないよ。」
と言われ、初めて知ったのですが、
これは、私たち人間が、昔海に捨てたガラスのびんが、
砕けて波にもまれ、角が取れて丸くなったもので、
彼女いわく「ゴミの宝石」なんだそうです。
海のガラスなので「シーグラス」
または、浜辺で拾うので「ビーチグラス」
と呼ばれているそうです。

浜によって、赤いガラスや、琥珀色、
グリーンの強いもの、ブルーや水色など、
様々なガラスの破片が、拾えるそうで、
写真のものは、友人が人に頼んで作ってもらったものだそうですが、
彼女自身、いろんな浜に行って、
きれいなガラスを拾い、穴をあけて、
自分でアクセサリーを作ることもあるそうです。

長い歴史の中で流れ着いたビンのかけらもあるそうで、
ちょっと夢のあるごみのアートなんだな〜と、
驚きました。
うちの実家は、まさに目の前が海ですので、
今度行って、きれいなガラスを拾ってみようと思います。
ゴミ拾いにも貢献できるし、いいですよね。


IMG_9871.PNG
「波」「浜」「波打ち際」
一方の手を砂浜にみたて、
もう一方の手で打ち寄せて引く波を表現。
(C)Softbank/手話あいらんど「ゲームで学べる手話辞典」



posted by 南 瑠霞 at 00:09| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

春の通訳映像撮影〜手話通訳士として


1.JPG

新年度も春が明け、このところ、
様々な映像やイベントの手話通訳を、お引き受けしています。
これは、演出チームの許可を得て、
現場風景を撮影させていただいたものです。

私の活動は、主に舞台やドラマ、アーティストとの方々とのコラボなど、
エンターテイメント業界の仕事が多いのですが、
一方で、きちんとしたまじめな通訳を求められることも多く、
手話通訳士として、様々な現場にも、お伺いしています。
ろうの方々が、安心して様々な情報に触れることができますように。

2.JPG
専門用語も多い、様々な解説映像では、
事前の用語のチェックも欠かせません。

3.JPG
撮影が終了して、みんながほっとした瞬間。笑

手話を通じて、様々な現場に伺い、
様々な方々とお会いし、学びを得られること、
心より感謝いたします。


posted by 南 瑠霞 at 18:51| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

それいゆ(関テレ)東京公演


以前、ドラマ「こちら本池上署」でご一緒した
http://minamiruruka.seesaa.net/article/421876359.html
http://minamiruruka.seesaa.net/article/107895966.html 
金井勇太君が、舞台に出るということで、
池袋のサンシャイン劇場に、見に行ってきました!!

それいゆ.png
http://www.ktv.jp/event/soleil/index.html 

ジャニーズの中山優馬君が主演をつとめることでも、
注目を集めている「それいゆ」!!です。
中山君を直接拝見したのは初めてでしたが、
とてもキラキラしたさわやかな演技で、
みなさんが大好きになるのがよくわかりました!!

「それいゆ」というのは、フランス語で、
太陽やヒマワリのことを意味するのだそうです。
第2次大戦中から戦後にかけての、カリスマ的アーティストで、
雑誌などの挿絵や人形作家として大人気だった
中原淳一さんの生き方を追いかけたストーリーです。

その中に出てくる ちょっと悪役っぽい、
でも、人間味あふれる、
詐欺師まがいの悪どくしぶとい生き方をする
五味という男を演じたのが、金井勇太君です!!

以前のドラマと変わらず、
なんと柔らかい演技をすることかと、
見ていて心洗われながら、
物語を最後まで見させていただきました。

ちなみにこの作品は、偶然にも、
以前「37歳で医者になった僕」で大変お世話になった
演出家の木村淳さんと、
作家古家和尚さんが手掛けたもので、
ストーリーのラストも、
私の大好きな古家さんの優しさがあふれるものとなっていて、
さらに感激!!
私には、とてもうれしいひと時となりました。
(「37歳で医者になった僕」ロケ日記はこちら
http://minamiruruka.seesaa.net/category/13151553-1.html )

私たちは、今この時代この社会のどこにいるのかと考えたり、
また、逆に、
だれも、そのような自分の立ち位置などわからず、
必死に、その時その時を生きているのだと思ったり、
そして、木村さんと古家さんが示した地図の中、
素敵な役者さんたちが、一人一人の役柄に命を吹き込んで、
輝くようなお芝居でした。

東京公演は、4月11日(火)まで。
その後、福岡小倉公演、神戸公演と続くそうです。

スケジュール.png
http://www.ktv.jp/event/soleil/index.html 



posted by 南 瑠霞 at 16:44| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

補聴器をオシャレに!


今日の関東は寒い雨。
咲き始めた桜も 進行が遅れそうで
せっかくの土日が 嬉しいような悲しいような・・

さて 先日 手話あいらんどTVで
補聴器をした人の耳元で 大声で話しても 話がわかるわけではない・・
と言ったお話をご紹介しました.
http://minamiruruka.seesaa.net/article/448513992.html
今日は その補聴器の お手入れやオシャレのお話。

実は 聞こえない人が使う補聴器、
お天気や気候に左右されるということを ご存知でしょうか?
まずは 今日の関東のような日。
補聴器は雨にぬれると故障することがあるようで、
特に大雨は要注意なんだそうです。
確かに機械製品ですので いろいろお手入れにも気を使いますよね。
湿気でいえば、結露(けつろ)も怖いということで、
寒い所から、急に暖かい部屋に入ったりすると、
冷えた補聴器が一気に水気を含んでしまうこともあるのだそうです!!
また実は、今の花粉シーズン、
花粉の小さな粒子が 補聴器の故障の原因になることもあるのだそうですよ。

最近の補聴器といえば、
若者は、カラーやスケルトンの、耳かけ式が人気。
かつてのアナログはどんどん姿を消し、
人の声など必要な音だけを拾いやすく調整できるデジタル補聴器が主流です。

image/2017-04-01T043A223A03-1.JPG

それに!!
昭和の頃、大きな箱の集音機がついたイヤホン式補聴器が使われ、
皆が、恥ずかしかったと言っていました。
数年くらい前から、ヘッドホンステレオ式補聴器といって、
ヘッドホンやイヤホンを両耳に入れるものが、
カッコよくなって再登場しています!!
今のものは、ウォークマンみたいで、
おしゃれになっているわけですね。
これなら、昔のようにからかわれずにすんで、
恥ずかしくないかも。

image/2017-04-01T043A233A05-1.JPG

それから 子供達は、元気に動き回るので、
汗なども考慮した、耳かけ補聴器のカバーもいろいろあるようです。
ネットでいろいろ探しました。
お母さんの手作りのものなど 愛情のこもったものでいっぱいです。

image/2017-04-01T043A233A11-1.JPG
http://www5.kcn.ne.jp/~nara-psd/tyounou/tedukuri%20hocyoukikaba-.htm

image/2017-04-01T043A233A08-1.JPG

image/2017-04-01T043A233A13-1.JPG

本格的な補聴器は、みんな
片耳30万円とか40万円とか・・・
高いものを使っている方も、多いとか。

でも、カラーやスケルトン、
かわいいカバーなどなど、
補聴器も、楽しむ時代。
あなたも聞こえない友達ができたら
ぜひ いろいろ尋ねて見てください。
あなたの知らないことも、
いろいろん教えてくれるかもしれません。



posted by 南 瑠霞 at 04:26| 東京 ☔| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

手話言語条例の町を訪ねて


新年に入り、関東周辺の手話言語条例制定地におじゃまして、
いろいろ勉強させていただいています。
ありがとうございます。
3月後半、山梨県などにも伺い、
熱い思いを持った方々にお会いし、各地の豊かな自然に触れ、
感動をいただきました。

上野原市.JPG
山梨県上野原市は、
手話あいらんどの事務所のある世田谷から高速で、
わずか1時間。
手話を日常的に使うろうの方はそう多くないそうですが、
そうした当事者の方々の声を受け、
市長さんと行政の皆さんが積極的に手話言語条例を敷いた市の一つ。
少しずつ、手話の輪が広がるようにと、
手話講座を充実させ、確実な施策の輪を広げておられました。
大事な一歩を踏み出したことが、皆さんの姿から伝わってきました。

市川三郷パンフ.jpg
これは、山梨県で一番最初に手話言語条例を制定した
市川三郷町の、手話のパンフレット。
地元の元気なキャラクターもデザインされ、
親しみやすい雰囲気が作られています。
町で手話講座に参加された方には、
「手話勉強中」バッヂが配られるのだそうです。
これを付けていると、見た人が「それ何?」なんて訪ねてきて、
「ああ、これ? 私、手話を勉強してるんだ。」などと答えたりして、
「へえ、どこでやってるの?」とかいうことになって・・・
会話のきっかけにもなり、手話について興味を持つ人も、
増えるかもしれません。

山梨県最初の条例.JPG
手話言語条例をきっかけに、町役場では、
聞こえない当事者の方も非常勤で雇用され、
部署をあげて手話の普及に努めておられました。
皆さんの熱い思いが伝わってきます。

プロジェクト.jpg
町では、様々な手話プロジェクトも進められています。

市川三郷町.JPG
市川三郷町役場は、とてもおしゃれで近代的な建物でした。

長野県のパンフ.JPG
少し前に伺った長野県でもこうしたパンフが作られ、
手話言語条例への理解を広めようという暖かい思いがあふれていました。

様々なところで、少しずつ、
「手話は言語だ」と思う人が増え、
英語のように、多くの人が学び親しみ、
話せる人が増えていくといいですね。
本当に素敵な春を感じる3月の終わりとなりました。


posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☔| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

聞こえない人の119番ファックス通報


私の地元、世田谷区で、教えてもらった情報です。
手話を学ぶ中、こうした情報も、ちょっと知っておくと、
とても勉強になりますし、役に立つ場合もあるかもしれません。

東京消防庁では、耳の聞こえない方、言語障害のある方が、
耳を使う一般電話が使用できない場合、
119番を、ファックスで、直接通報することができます。
「119」をダイヤルすると、
そのままファックスがつながり、緊急を伝えることができます。
システムの事前登録なども必要ありません。


irasuto.png
※救急要請等の場合は、東京消防庁から折り返し確認のファックスをします。
ただし、火災通報の場合は、原則として、折り返しの連絡はしません。


ファックス通報用紙.png
これは、東京消防庁が準備してくれている、FAX通報用紙です。
この用紙のダウンロードはこちら。
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/topics/119/youshi.pdf 

このほか、東京消防庁では、
音声(肉声)による119番通報が困難な人のために、
携帯電話等のウェ ブ機能を利用して緊急通報を送信できるシステムを、
平成27年12月1日から運用開始しています。
こちらは、事前に登録が必要ですが、
屋外でも、携帯電話からすぐに通報でき、安心できるシステムです。
東京消防庁・緊急ネット通報について、詳細はこちら。
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/topics/annai.pdf 

最近では、スマホの119番通報アプリなども出てきています。
こうしたシステムは、都道府県や市町村などによっても対応が違うようです。
ぜひ、あなたも地元の状況を、調べてみてくださいね。

時代がどんどん変わり、新しい情報も次々出てきます。
手話とともに、聞こえない方々の生活関連情報も、
いろいろ勉強していきたいです。



posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

手話通訳派遣事業〜世田谷区の場合


FullSizeRender (6).jpg

春になりました。
新年度のスタートも間近ですね。
世田谷区の手話通訳制度も、また新しい1年が始まります。

あなたの市や町の手話通訳制度は、どんな風になっていますか?
地域により、制度はかなり状況が違い、
他の県と言わず、東京23区でも、
隣の区に行くとまったく事業形態が違ったりします。
手話を学んでいるあなたも、ぜひ、
地元の通訳制度を調べてみてください。

image/2017-03-21T233A253A05-1.jpg

世田谷区で配られている、手話通訳派遣のパンフです。
区内の聞こえない方の病院通院や、学校の保護者会などに、
手話通訳者が派遣され、
聞こえない人は、無料で利用することができます。
通訳者には、一定の報酬が支払われます。

世田谷区では、一般の企業などからの通訳依頼も、有料で受けたり、
そのほか、様々な形態の通訳を行っています。

FullSizeRender (3).jpg

世田谷では、主に、
3年間の手話講座を修了した人が、
地元の通訳者の新規登録試験を受けて、
手話通訳者になります。

毎年、誕生する新人通訳者は4〜5人ですが、
すでに登録されている通訳者も、4年に一度見直し試験がありますので、
毎年、春前には、多くの人が登録試験や面接を受けています。
現在登録されている世田谷区の通訳者はおよそ80人。
うち50人程度が、国の公認資格である手話通訳士です。
登録された区の通訳者は、毎月1回、
技術や知識を深めるための研修会もあり、
それに参加することが、義務付けられています。

地元の聴覚障害者連盟による、
情熱的な通訳者育成活動によって、
優秀な人材のそろう世田谷区の通訳制度は、
それだけでも素晴らしいのですが、
私は、さらに素敵だなと思っている点が、あります。

FullSizeRender (4).jpg

それは、聞こえない人が、
他県など遠隔地に出向いた場合でも、
世田谷区の通訳制度が適用される!!
という点です。
これ、世田谷区の通訳者が、
聞こえない人に同行して、北海道や沖縄に、
出張するわけではありません。汗&笑
なんと、世田谷区の通訳センターが、
聞こえない人が出かける先の役所と相談し、
その土地の手話通訳者を派遣してもらって、
その料金を、世田谷区が持つ形で、
間接的に通訳者を確保するという方法を確立しているのです。

かつて、地方のろうの方が、
東京の大学での説明会に、地元の通訳者を派遣できず、
苦労した話などがニュースになったこともあります。
確かに、地元の通訳者を遠隔地に派遣させるには、
費用や日数、人材的に無理のかかる場合も多くあります。
でも、この世田谷の方式なら、
通訳者派遣の可能性が大きく広がりますよね。
世田谷区の通訳者として、
最初にこの方法の説明を受けた時、私は、とても感動しました。
聞こえない方のニーズに合わせて、
様々な方法を、考えだし、
地元の通訳制度が、成長を続けているんですね。

全国には、
この春から、新しく地元の通訳者として活動をするという方も、
たくさんいらっしゃると思います。
互いに、学びあい、能力を高め、
へこんでも励まし合い(笑)、
また、頸肩腕症などにも、気を付けて、
みんなで地域を大事に守っていけるよう、
力を合わせて行けるといいですね。

みんなで、元気な春を!!


posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☔| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日


IMG_9206.JPG
連休中、神奈川県の西の端に、
早咲きの桜を見に行ってきました。

IMG_9210.JPG
花曇りの空の下、山間に咲いた桜が、見事です。

FullSizeRender (4).jpg
盛りを過ぎて、間もなく葉桜の枝も。

IMG_9189.JPG
桜の花の向こうに菜の花も咲いていて、
春分の日にふさわしい、のどかな風景。

IMG_9203.JPG
関東にも、気持ちのいい春が、訪れています!!

間もなくこの桜たちは、盛りを過ぎますが、
次は、いよいよソメイヨシノの季節。
私は桜が大好きですので、とても楽しみです!!


 「桜」
桜.jpg
手のひらを2〜3回合わせるように動かし、
重なり合う桜の花びらのイメージを表現。
(C)ゲームで学べる手話辞典(Softbank/手話あいらんど)


posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

切り花を長持ちさせる方法!!


IMG_9146.JPG

私は、切り花を長持ちさせるのが、比較的得意です。
上の写真は、左がちょうど一か月前に、手話ライブのお客様にいただいた花束。
右のものは、つい2〜3日前にいただいた花です。
1か月前のものは、最初もっと分量が多かったのですが、
少しずつ様子を見て、弱ってきたものから、外していってこの状態ですので、
100%の維持率ではありませんが、
それでも、1か月たった花が、こうして窓辺を飾っているって素敵ですよね。

で、よく皆さんに、
「どうやったら、そんなに長持ちするんですか?」
ときかれるのですが・・・・・・
実は!!
朝晩必ず、全ての水を変え、
茎の状態を見て、弱ってきているようなら、
水を吸いにくくなっているので、
ちょっとずつ切って、短くしていっているだけ!!です。
あとは、花瓶自体時がたつとぬめってくるので、
2〜3日に1回、さらーっと全体をスポンジで洗ってはいますが。。
本当にそれだけです。笑

最初に、いただいた花束は、水道水にさらしながら、
まずは、かなりバッサリ切っていますので、
その時、水の吸い込み口がしっかり確保されるのかもしれません。
また最初の晩は、花が切られて花束になって少し時が立っているので、
花たちは、花瓶が空っぽになるほど、
めっちゃ水を吸い上げていることがあります。
きっと花たちも、長く花束のままにされていると、
のどがカラカラになってしまうんでしょうね。汗&笑
ですから、翌朝の水の確保、入れ替えは必須です!!
大体こんな感じかな〜

これを簡単にまとめると、、、
@ いただいた花束はそのまま花瓶にさすのでなく、
その日のうちに、水にさらしながら茎をしっかり切って、
水をたっぷり入れた花瓶に入れる。
A 次の日の朝は、花が特に水をよく吸っているので、
必ず確認して、新しい水をたっぷり入れる。
B あとは、毎日朝晩(1日2回)
ただ淡々と、前の水を捨てて新しい水をたっぷり入れる。
C 下で水につかってしまった葉っぱは、そのうち腐ってくるので、
切って捨てる。
(水につかりそうな葉っぱは前もってちぎっておくほうがいいかも。
でも、そんなの後でも先でも、まあ大丈夫。笑)
D 茎を見て、水の吸い上げ口(茎を切ったところ)が、
黒ずんだりして弱ってきていたら、1センチくらい切る。
(たぶん週1で大丈夫)
E 花瓶も時々さらっと洗う。(これは週2回くらいかな?)
F 弱ってきた花は、卒業させて捨てる。
F 以上を毎日続ける。

まあ、でも、面倒な人は、とにかく。
「朝晩水を変えるだけ!!」です。
たぶん!笑

切り花を長持ちさせるため、
よく、10円玉を入れておくとか、
ちょっとだけ、水に洗剤を垂らすとかという、
アイディアも提案されているし、
もちろん、花の延命剤もたいていのスーパーなどには売っていると思うのですが、
要は、水がきれいで余計な菌などが繁殖しておらず、
花が毎日水を吸ってくれればOKということなんだと思います!!
あとは、直射日光が当たる極端に暑い場所などでは、
ない方が、もちろんよいとは思いますが・・・
まあ、それぞれご家庭で窓や部屋の位置や状況は違うので、
テキトーです。笑

食卓にいつも花を!!
部屋に切り花のある生活を!
と思っている方は、ぜひ、ご参考にしてみてくださいね。
花は私たちが思っているよりずっと長く、私たちを楽しませてくれます。
本当に、いつもありがとうございます。


FullSizeRender.jpg
「花」 (C)手話あいらんど
握った両手を開かせて花のイメージを表現。

FullSizeRender (2).jpg
「春」 (C)手話あいらんど
下から暖かい空気が立ちのぼってくるようなイメージを表現。



posted by 南 瑠霞 at 23:00| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

お子様ランチ!!笑


image/2017-03-13T233A133A15-1.JPG

小2の女の子と、取引して、
お子様ランチを食べました!!笑

私は、お子様ランチが、それなりのバランスが整っており、
無理のない少なめの分量で、見た目もかわいいので、
けっこう好きです。笑
子供のころこういう食事をした覚えもないので、
子供が同席した時は、
お願いできそうなときは、ある「取引」をしています。笑

先日も、手話パフォーマンスきいろぐみで、稽古の合間に、
小学2年生の女の子と一緒に夕ご飯を食べる機会があったので、
もし、大人っぽいものを食べるなら、
私と入れ替えて注文し、ぜひお子様ランチを注文してほしい!!
とお願いしてみました。
すると、気軽に「いいよ。」と言ってくれたので、
二人で相談し、それぞれ相手のほしいものを注文して、
食べるときに取り換えっこして食べたのです。笑笑

IMG_9068.JPG

彼女が食べたかったのは、大人女子に人気のパスタでしたので、
私がそのパスタを注文し、
彼女には、お子様ランチを注文してもらうと、
お子様には、シールがついてきて、
彼女は、そのシールを妹用に受け取って一件落着。
私は、そのあと楽しく、お子様ランチをいただきました。笑

image/2017-03-13T233A133A12-1.JPG

image/2017-03-13T233A143A05-1.jpg

ファミレスには、
かわいい子供向けキャラクターも!!笑

FullSizeRender (3).jpg

スマイルポテトもかわいくて、どうやって手に入るのか調べてみたら、
コストコや、通販などで、出回っているとわかり、
ちょっと買いに行きたくなりました。笑


「ファミリーレストラン」=「ファミリー(家族)」+「レストラン」

FullSizeRender.jpg
『ファミリー(家族)』
家の屋根と、男女の家族が暮らしていることを表現。
(C)手話あいらんど

FullSizeRender (2).jpg
『レストラン』
洋食を表わす、ナイフとフォークを表現。
(C)手話あいらんど




posted by 南 瑠霞 at 23:52| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元美'S デフ・バースデー御礼!!


1元美.jpg

2017.03.12(日)
元美ちゃんが “ろう者になると決意した日” の
記念パーティーが、開かれました。
チケットも早々に満席となり、来られなかった方も多かったと思います。
また、ぜひ、次の機会に来てくださいね。
本当にありがとうございます。

2-1まひろ.jpg
司会は、4月から大学生になるまひろが担当。
楽しく明るいトークを、ありがとう!!

2-2くすだま.JPG
おめでとうのくす玉が割れ、軽やかにライブがスタート!!

3踊る元美.png
バレエダンサーとしても活躍中の元美の軽やかな踊り。

4りおん.png
花の舞う美しいマジックを披露してくれたのは小学生のりおんちゃん!!

5杉.JPG
開場には、暗黒のすぎ軍団が登場。
花粉をまき散らすという一幕も!!
元美ちゃんが、見事退治しました!!笑

6クロカル.JPG
ライブでは、手話あいらんどTV 
ろう者と聴者の文化の交差点「クロスカルチャー」の
撮影も行われました。
3月中の放送を予定しています。お楽しみに!!

7RPG.jpg

8星.JPG
元気のいい歌も、静かで美しい歌も!!

9ひまわり.JPG
ラストナンバーは、元美ちゃんが難聴の時から、聞いていて、
歌詞にいつも励まされていたという「ひまわり」!!
会場では、ライブが進むにつれ、一緒に涙を流してくださったお客様もおられ、
私たちも感動をいただきました。
本当にありがとうございました。

10記念写真.JPG
元美ちゃんの記念チョコを買ってくださったお客様で、じゃんけん大会!!
最後に勝ち残った方と、一緒に記念写真!!
本当にありがとうございました。

元美ちゃん、今年もデフバースデーパーディー、お疲れ様!!
ここからも、みんなで共にステージを作っていきましょう。
本当に、夢をありがとう!!



飾り.jpg
これは、元美ちゃんが自ら飾り付けた舞台セット!
かわいかった!

※ 写真は、マネージャーのはっちゃん、音響スタッフ、
それから、お客様が撮ってくださったものです。感謝。




posted by 南 瑠霞 at 10:57| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

地域の登録通訳者の能力にはばらつきがある?

先日、とある通訳に伺いました。
とても親しい友人のろう者で、緊急事態だったので、
駆け付けたのですが、
そのあと、ちょっと気になる話が出ました。

通訳に伺ったろうの方の 聞こえるお相手の方が、
「今日の通訳はわかりやすかった。
このろうの方とお話したいときは、また、
南さんが来てくださるんですか?」
とおっしゃいました。
ところが、私は、本当に緊急事態に、
ろうの友人が困っていたので、急いで行っただけで、
今回は、完全に友達としてのサポート。
その地域の通訳者でも何でもありません。
また、そこは、車で1時間半かかる場所で、
その日は、本当にたまたま時間があって行けただけで、
昼間のその時間は、普段絶対仕事でふさがっており、
次のお約束はできません。

それで、その話を通訳すると、ろうの友人が、
「あの・・・南さんは、いつもとてもきちんと通訳してくれるので、
緊急事態で、来てもらいましたが、
次からは、地元の通訳を呼ぶことになると思います。
でも、地元の通訳は、自分に合う人も合わない人も、
ベテランの人も、新人も入り混じっていて、
誰が来てくれるかわかりません。
だから、通訳者が来ても、今日のように、
スムーズに話し合いができるかというと、ちょっと心配です。
そういう時は、もっと筆談も増やして、
わかりやすく話してください。」
と、話し始めました。
(それも、私が通訳。)

そうなんです。
各地の地元の登録通訳者の方には、
ベテランで、様々な経験をし、
いろんな事態に対応能力の高い人もいれば、
2〜3年手話の勉強をして、
「人材が足りないから、勉強だと思って通訳者として、登録してね。」
と先輩方に言われ、自分でもまだまだだなーと思っているけど、
一生懸命やってみようと、登録した人もいます。
また、人によって、
行政のかたい原稿のあいさつ文なども、事前にきちんと準備すれば、
とても上手に手話表現できる人も、
かえって、フリートークの通訳のほうがしやすいという人も、
また、私のように、基本どんな内容でもペラペラ通訳できるのに、
なぜか、料理の話になるとちんぷんかんぷんになって、
まったく通訳ができなくなるという場合もあります。汗&笑
通訳者も、自分の得意分野や、不得意な分野があるのです。汗汗
もちろん、そういったことがないように、幅広い勉強をし、
事前に準備をし、責任をもって現場に出かけるのが、
通訳者としてのあるべき姿ですが、
やはり、一人一人、能力や個性には、特徴や限界があるわけです。
そんな中で、
自分の通訳に誰が来るかわからない。
というのは、ろう者にとっては、ちょっと不安な面もあることは、
事実です。

ろうの友人は、その辺のところも、今後のために、
相手の方に話したわけです。

さて、ここで大事なのは、
「地域の登録通訳者には、能力にばらつきがある」
ということでは、ありません。
それはそれで、現実ではあるのですが、
実は、私も、かつては、ド新人だった!ということを、
振り返ってみたいと思います。大汗
多くの通訳者は、最初から天才的に、
通訳がうまかったわけではありません。
多くの手話通訳者は、
ろう者が我慢し、ろう者が教え、ろう者が育てて!!
今日に至っているのです。汗&笑
もし、自分が少しは、ましな通訳者になれたかも!
と思ったら、それは、それだけ、多くのろうの人が、
その通訳者に、下手でも「大丈夫だよ」と声をかけ、
失敗しても「また次に頑張ってね。」と励まし、
時には、「ここがダメ」と、言いたくないアドバイスもし、
一生懸命育ててきた賜物です。
私自身、今回のろうの友人をはじめ、多くのろうの方々が、
どんなにへたくそでも、やらかしちゃったときでも、
叱ったり励ましたりして、導いてくれたから、
ここまで来ているわけです。

また、このろうの友人が言うとおり、
通訳を受ける側も、
その通訳者を頼り切るばかりでなく、
自分のできることをして、相手に伝えたいと、
互いが意思表示しあうことが、
コミュニケーションをよりスムーズにします。

各地の、地域の登録通訳者は、決して、天才ぞろいではないかもしれません。
でも、その中で、通訳者も、ろう者も、そしてその通訳を受ける聞こえる人も、
みんなが力を合わせることで、より良い情報のやり取りができ、
通訳もまた、より能力を発揮し、
そこから、聞こえない人を取り巻く人々の環境も、
良い方向に変わっていくのだと思います。

最初は戸惑っておどおどしている新人通訳者たちも、
ここから、様々な経験を積んで、成長していくんですね。
そいう言う意味で、聞こえない方々も、
我慢しながら、そういう通訳者に付き合ってくれています。
もちろんこの状況は、良いことばかりではありませんが、
逆に、悪いことばかりでもないということです。
その中の何人かは、のちにとても優れた通訳者になる可能性があるからです。

今回は、たまたま伺った通訳現場で、
別の角度の問題に、あらためて気づかせてもらい、
勉強になりました。

今私が、手話の活動で、誰かに何かをほめられたとしたら、
それは、その数だけ、私の後ろにろうの人たちがいるということ。
その豊かさに、感謝しながら、
ここからも、一歩ずつ進んでいければと思いました。

いつも、ブログを読んでいただいて、ありがとうございます。


image/2017-03-10T013A133A05-1.JPG
都内は、すっかり梅の季節です。


posted by 南 瑠霞 at 22:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

動物園もおひな様!!


image/2017-02-28T213A183A05-1.JPG

関東も、だんだん春らしくなってきました。
今週、千葉県の動物園に行くと、
とてもきれいな花と、動物パネルのおひな様が、
迎えてくれました!!
この動物園は、立って歩くレッサーパンダがおなじみで、
おだいり様とおひな様には、動物代表として、
このレッサーパンダが扮していました!!笑

image/2017-02-28T213A183A10-1.JPG
まだまだ外は寒いのですが、こうして枝に咲いた満開の花を見ると、
吹く風も変わったように感じられます。

とはいうものの、
私は、寒がりなので、完全防備で、
動物園を回りました。笑

IMG_8859.JPG
ふれあい動物園で、ヤギやヒツジとお話しているところ。
ちなみに、鹿の角は触れると暖かいのですが、
ヤギさんの角は冷たかったです。
でも、血が通っていないわけではなく、
鹿の角は、毎年生え変わり、
ヤギの角は一生もので、折れると大けがになるんだそうです。
生き物って、不思議ですね。

IMG_8860.JPG
ネズミさんも手に乗せてもらいました!!感激!!
軽〜くて、暖かかったです。

IMG_8845.JPG
小さな動物園でしたが、ペンギンもいました。

IMG_8865.JPG
大人気のレッサーパンダちゃん達。

ニホンザル.jpg
ニホンザルの群れでは、木の枝の奪い合いがあり、
長〜い枝を持ったまま、みんなが走ったり叫んだり大騒ぎ!!笑
これは、大きいサルが、子ザルたちに、
「この枝は誰のものか」と熱弁をふるっているところ。
・・てか、なんでこの枝がそんなに人気なのか??笑笑

IMG_8861.JPG
そのほか、いろんなおさるさんもいました。

ここには、動物の赤ちゃんたちもたくさんいましたが、
みんな、お母さんの陰に隠れて、写真はいいのが取れませんでした。
春ですね〜!!


FullSizeRender.jpg
「おひなさま」(Softbank「ゲームで学べる手話辞典」手話監修:手話あいらんど)
平安装束のしゃくを両手で縦に持っているようなイメージで。
上のレッサーパンダのおひな様は、片手に持っているようですね。


posted by 南 瑠霞 at 09:04| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
手話 単語

るるかのおすすめリンク
花嫁の父 愛の劇場 ラブレター 手話 歌 手話 手話 教室