2019年12月31日

現在のおススメ記事 一覧


南 瑠霞のブログにお越しいただき、ありがとうございます。
現在のオススメ記事をトップに掲載します。ぜひ、楽しく見てくださいね。

【おススメ記事】

★ 南 瑠霞2018秋のプロフィール
image/2019-01-29T103A433A06-1.JPG
「南 瑠霞」
手話パフォーマー・コーディネーター&手話通訳士
http://minamiruruka.seesaa.net/article/463007933.html

9BBF4AE4-FDE1-4F17-B394-B993149A4C5D.jpeg
★ SPK30 手話パフォーマンスきいろぐみ30周年メッセージ
http://minamiruruka.seesaa.net/article/463165814.html
★ SPK30 手話パフォーマンスを知らないなんてもう古い
http://minamiruruka.seesaa.net/article/463166253.html
★ SPK30 きいろぐみ年表
http://minamiruruka.seesaa.net/article/463284230.html


【話題のカテゴリー】
連続して読むと役立つブログ記事カテゴリー
★ 手話を学ぶ心
C0360572-6947-4437-BC2E-87F9821300E3.jpeg
「手話を学ぶ心」
手話の学びに役立つブログ記事のカテゴリー。
http://minamiruruka.seesaa.net/category/26931465-1.html

★ SPK30 手話パフォーマンスきいろぐみ30周年
91FC57EC-9EC3-4825-BBC7-D47AA2632985.jpeg
「SPK30 手話パフォーマンスきいろぐみ30周年」
南 瑠霞が主宰する 手話パフォーマンスきいろぐみは1989年12月旗揚げ。2019年で30周年を迎えます。手話ライブなど元気な関連記事のカテゴリーはこちら!!
http://minamiruruka.seesaa.net/category/27228729-1.html


【南 瑠霞 2つの通信】
ぜひ、あなたのお好みと目的に合わせて受信してください。もちろん、両方の愛読をおススメします。笑
★ 南 瑠霞公式LINE@手話の歌声♪
image/2019-01-20T143A423A06-1.JPG
「 南 瑠霞公式LINE@手話の歌声♪」
手話パフォーマンスであなたに夢を。手話に楽しく触れてみよう。
平日毎朝7時ごろ配信。爽やかな目覚ましがわりにどうぞ。
登録 → https://line.me/R/ti/p/%40apg9997c

★ 南 瑠霞公式メルマガ〜手話の学校
image/2019-01-29T113A403A06-1.JPG
「南 瑠霞公式メルマガ〜手話の学校」
手話通訳に特化したメルマガを、週2〜3回配信。手話をさらに深く学びたいあなたに。
登録 → https://shuwa-island.com/fx/ouhSOH


posted by 南 瑠霞 at 23:59| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

2019.05.18(土)南 瑠霞バースデー手話ライブ in 串本田並!!


77CB07CA-0B2E-4385-9D1C-EC060A269080.jpeg
2019年5月 南 瑠霞のバースデー手話ライブは、和歌山県串本町で開催します!!


ー・−・−・−・−・−・−
「田並から海を越えて!オーストラリアと異文化の風」
南 瑠霞バースデー手話ライブ & ローナ村上トークショー
ー・−・−・−・−・−・−
2019年5月18日(土)13:00〜15:30
【会場】 田並劇場(和歌山県串本町JR田並駅前)
【入場料】 無料(当日直接会場までお越しください)


@ブルームの港と安吉.png
「およそ100年前のブルームの海」
「10代で、和歌山県串本町田並からオーストラリアに渡った村上安吉」 

〜移民村 田並の物語〜
今から120年以上前、田並からオーストラリアへ渡った村上安吉は、ブルームなどで当時の歴史を残した写真家として、また、かつて現地の真珠産業に大きな影響を与えた先駆的日本人の一人として知られている。
移民の歴史は異文化交流の歴史。安吉の孫の南 瑠霞(みなみ・るるか)は、今東京で、手話を言語とし、新しい仕事を開拓。手話パフォーマー&手話コーディネーターとして活動中。
オーストラリアで安吉の血を受け継いだローナ村上が、2019年5月、ルーツをたどって来日。安吉の故郷を訪問するのを機に、今回のイベントが企画された。
当日は、南 瑠霞の手話パフォーマンスに始まり、後半は、ブルームの真珠産業にも詳しい、太地町教育委員会 学芸員の櫻井敬人(さくらい・はやと)さんの協力を得て、田並とオーストラリアの歴史をたどるローナのトークショーを開催します。

この日の公用語は「日本語」「英語」「串本(田並)弁」「日本手話」!! 
異文化と出会い続けてきた 田並 に感動!!



@ 「南 瑠霞 バースデー手話ライブ in TANAMI 」13:00〜13:45 
A★IMGP4059☆トリミングc.jpg
南 瑠霞(みなみ・るるか) 手話パフォーマー・コーディネーター/手話通訳士/手話パフォーマンスきいろぐみ 代表

和歌山県やお隣の古座川町、そして近隣新宮市も制定している「手話言語条例」。いま、全国では「手話は言語」という新しい風の中、日本の中のひとつの「言葉」として「手話」が受け入れられつつあります。
大学時代から、手話のエンターテイメント活動に取り組み、ドラマ「オレンジデイズ(妻夫木 聡/柴咲 コウ」・ハイウッド映画「バベル(ブラッド・ピット /役所広司/菊地凛子)」・アニメ映画「聲の形」など手話指導。NHK「紅白歌合戦2016〜ゴジラ渋谷襲来」「LIFE〜人生に捧げるコント」、ドラマ「ドクターX〜大門未知子」などの出演でも注目を集める南 瑠霞が、ミニ手話講座と、手話ライブを開催します。
あなたも、大海原の向こうを目指した移民の町 和歌山県串本町で、新しい「手話」という言葉に触れてみませんか?初心者大歓迎!!
南 瑠霞は、5月生まれ。2019年は、日系オーストラリア人の始祖、村上安吉の生まれ故郷和歌山県串本町田並で、バースデー手話ライブに変えて、この企画をお届けします。
(手話通訳あり ※ボランティア)

このイベント開催にあたり、多くの皆様のご協力を頂いておりますこと、
心より感謝申し上げます!! 本当にありがとうございます!!
南 瑠霞



A 「オーストラリア移民とその未来の風〜トークショー」14:00〜14:45
Bローナ近況.jpg
ローナ村上。田並からオーストラリアに渡った村上安吉の子孫の一人。
2019年5月来日、和歌山県串本町田並を訪れる予定。

和歌山県串本町田並を故郷に持つ村上安吉の子孫ローナ村上と、その家族が、自分たちのルーツをたどって田並の町を訪れます。田並の中には、ご親戚が同じように、オーストラリアのほか、ハワイやアメリカ西海岸、南米などに渡られた方も多いと思います。遠く離れたご親戚の姿も思い浮かべながら、ローナの話を聞いてください。私たちの祖先の残した未来は、いま、私たちの知らない世界で大きく広がっています。
アドバイザーに、太地町教育委員会で移民史に詳しい櫻井敬人(さくらい・はやと)氏をお迎えします。
(英語・日本語通訳/手話通訳あり ※ボランティア)


B 「交流・歓談」 15:30くらいまで。
来て下さった皆さんと、お茶を飲みながら交流。歓談。
お茶.png


C田並・村上ロード・墓.jpg
(上)およそ90年前、田並で撮られた安吉ファミリーの写真。
オーストラリアから田並への帰省中に。
(左下)オーストラリア・ブルームの街に残る 村上安吉ゆかりの「村上ロード」
(右下)オーストラリア・カウラにある 村上安吉の墓


【主催】   
田並劇場 林 澄漣(すみれん)・林 憲昭(のりあき)
手話パフォーマンスきいろぐみ代表 南 瑠霞(るるか)

【企画 お問い合わせ・連絡先】
−・−・−・−・−・−・−
『 田並劇場 』 
(電話)0735−70−1046  
(FAX)0735−66−0557
Eメール tacota@tanami.jp  
HP  http://tanami.jp/ 
−・−・−・−・−・−・−



posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

さあ!藤の季節です!!


B629282A-15E9-4FFE-9DDD-84AB5B3C741F.jpeg

環七沿いの事務所の脇に かつて大家さんが置いた鉢植えの藤の花があり 実は今はもう誰も水やりもしていないのに(笑)下からしっかり根付いて 春になると葉を茂らせ 数日前から花を咲かせています!!
野の花と化した藤は 今年も元気です!!)^o^(

D5BDB63D-1603-49AB-B093-31EE950C6EC2.jpeg

734C2030-C2BF-4842-84A7-3AA8F9C327CC.jpeg


「藤本」「藤田」「藤井」「藤崎」、、、
春の手話講座で最初に習うのは 自分の名前。「藤」のつくお名前の方、そのお友達の方も、そして街や公園、山に咲く藤が大好きなあなたも! ぜひ この手話を覚えてください。

「藤」「藤の花」(C)手話あいらんど
9F0884D4-6189-48DE-BB43-CAE81511E6DC.jpeg
← 写真は 右から。
藤棚に下がる 藤の花をイメージして 手をひねるように下げながら指をすぼめていきます。優雅な手話ですね。





posted by 南 瑠霞 at 06:59| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

手話教室体験会御礼!!


先週土曜、手話あいらんど手話教室体験会に、たくさんの方にきていただきました。
本当にありがとうございます。
手話を学びたいという、皆さんの熱い気持ちと、輝くような目にお会いし、感激でした。


「入門コース」
D5702F98-213A-49CA-B9D1-C3328C49EBD4.jpeg
手話を初めて学ぶ方は、最初から声無しで覚えれば、手話が上手くなることを、保証します!!笑
なんとなくテレビやいろんなものを見て、手話は声付きで話すもの!と思い込んでおられる方も多いのですが、手話は「音声がなくても通じ合える便利な言葉」です。だからこそ、音声付きで学んでしまうと、耳からはなんとなくわかった気がしても、音声のないろう者の手話が、とたんに読み取れない!ろう者の使うネイティブな表現がまるで身につかない!! という人が続出!!大汗
最初から声なしで学ぶこと、話すことに慣れてしまえば、そこから「手で話すテンポ」や「文の句切れ目」もしっかり自然に身につきます。
何事も最初が肝心!! 手話は声というガイドを使わずに習いましょう。
手話あいらんど手話教室の入門コースは、慣れてしまうと2〜3週間で手で話す感覚が自然にわかってきます。それ以上遅れて入ると、逆に気後れしてなかなか追いつけない雰囲気になってしまいます。(本当は落ち着けばついていけるんですが・・・汗笑)入講はお早めに!!


「初級コース」
EB33BCB4-4407-492C-9DA3-925652B2E8EC.jpeg
手話を始めて半年から1年くらいの方は、初級コースがオススメです。
手話を始めたものの、なんだかうまく身につかない。声付きで話すくせがついて、そこから抜け出せない。ナチュラルな手話にちゃんと触れて学びたい!!そう思うあなたも、ぜひ、ご参加ください。都合による振替のほか、途中でのクラス替えコース替えも相談OK!!1クラスに申し込むと、他のクラスも1回500円で受講できます!!


「コミュニケーションコース」
A1970476-0405-40AE-B5FB-B57298120461.jpeg
手話を学んでいるのだけど、ろうの人の手話がなぜか読み取れない。いったん習った手話を、忘れず話し続けたい。手話通訳者、手話通訳士を目指したい。そんな方は、コミュニケーションコースがオススメです。ろう者のネイティブな手話にいっぱい触れて、ろう者特有の表現もいっぱい身につけてください。いつの間にか、苦手だったろう者の手話が、かまえず読み取れるようになるはず。


「手話パフォーマンス講座」
7DB3F8BD-EA99-4859-AFB3-F95702F44A5E.jpeg
手話パフォーマンス講座は、手話の文法の徹底理解と、見る人を楽しませる歌とトークを学ぶ特別クラス。今期のお申し込みも完了。おかげさまで、多くの皆さんに学んでいただけます。本当にありがとうございます。



BC8DEDE1-9518-4A46-B596-BB92B0CFB896.jpeg
「手話あいらんど手話教室」 について 詳しくは、ぜひ、こちらまで!!
https://www.shuwa-island.jp/kyoshitsu/
授業は、令和元年 5月7日の週からスタート!!
お申し込み受付中!!





posted by 南 瑠霞 at 18:51| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

初夏!!


D88711DA-9061-4E8F-B98C-51A130842902.jpeg

ほんの2週間前まで美しい花を咲かせていた駅前の桜の木は、すっかり新緑の若葉となりました。
吹く風も爽やかで、世田谷にも初夏がやってきているようです。

C38D4BB6-0CDC-4D52-9EE8-2D579239C932.jpeg
「夏・うちわ・扇ぐ・暑い・南」(C)手話あいらんど
うちわなどを持って、パタパタと扇ぐ動きで。








posted by 南 瑠霞 at 11:38| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

見つかる!!


引っ越しが いったん終了したものの、慌てて箱に詰め込んだり、とりあえずあったものをそのままどさっと車に乗せて、大急ぎで移動してきたので、あらゆるものを、今一つ一つ開けて片づけています。毎日早起きして、起き抜け2~3時間、箱あけ。ここにしようかあそこにしようかと考えながら、しまうところを決めては棚や押し入れに持って行って…。そして、いらないものも、同時にこのタイミングで選んで捨ててます。やってもやっても、まだまだある・・!これが、サーフィンだったらどんなに良かっただろう。(ほら、サーファーの方って、朝波にひと乗りしてシャワーを浴びてから、電車に乗って会社に行くっていうじゃないですか!!)汗笑

でも、毎日コツコツ頑張っていると・・・
こんなものが出てきました。

image/2019-04-11T183A243A05-1.jpg

私は子供のころから、重いぜんそくで、大人になってもその体調管理に苦労してきたのですが、これを見てください。お守りにと病院からもらってきていた、平成17年の吸入器が全然使われず、そのまま残っていました!!おお!!なんと、日々何となく過ぎ、忘れていましたが、私は、大きな発作を、平成17年から起こしていなかったのです!! ぜんそく持ちの皆さん、これ、すごいことだと思いませんか? 褒めてください。もちろん、アレルギーを抑える薬など、毎日細やかに判断して飲んだり、体調を見て調節しながら、やり過ごしているわけですが、わあ、うれしい。もう14年、私は呼吸困難には なっていなかったのです。

そして、いざという時使おうと思っていた薬箱の中に、この吸入器が、そのまま使われずに残っていたのです。
で、とにかく、これは古いので、絶対使えないから、2~3日前に捨てました。笑
また、心配なので、お守りの吸入器はお医者様にもらいに行きますが、とりあえず、それも、ずっと使われないといいなあと思っています。
ぜんそくの皆様、こうやって私たち、いつも薬をお守りにもらってくるじゃないですか。この気持ち、ぜんそくの人にしかわからないよね。笑 夜中や休日に、いざというとき発作がやってくるというあの記憶。そして、それはやはりいつ起きるかわからないし、だから、発作を起こした時にはまず何とかしなくちゃいけない。その時のために、吸入器は「お守りください」とほんとに、お医者様にそう言って、処方してもらう。
「そうですね。」といって、お医者さんがにっこり笑って処方箋を書いてくださると、「あ、気持ちが通じたな~!」と思う瞬間。この安心も、私たちの治療の一環だと、私たちは感じながら患者のイスに座っているのです。

日記.png

さて、そんな、うれしい発見もあった中、私は、引っ越しが完了した日から、あるものがないことが気になっていました。それは、亡くなった父の形見ともいえる、古い日記の存在です。第二次大戦中に拿捕され、民間日本人として、オーストラリアの収容所に入れられてしまっていた抑留生活の記録を残したメモ。「あれがどこに行ったか分からない!」・・・ 私は、この1カ月くらい、ずっと一人で、それを気に病んでいました。捨てるわけないけど、金庫にもなかった。重要書類入れにもなかった。どこにやった?どこにやった?・・でも、うっかりゴミに出してしまったかもしれない。薄汚れた紙だったから、何かにはさまってどさっと捨ててしまったか… ない・・・ない・・・・・!!
記憶をたどってもたどっても、最後にいつ見たのか、どこにやったのか、このボケた頭には蘇らない・・・大焦り!!
そもそもどう考えてもあれは、父が、母や兄にでなく、明らかに私に書き残したとしか思えないメモ!!父が私への手紙のように書いた文書がない。やばいやばい!!
忙しい仕事の間は、けっこうすっかり忘れているものの、夜になるとスーッと思い出す「見つからない父の日記」・・・

そんな日が何日も続いた後!!
ようやく今朝の発掘作業で、見つかりました!!!!!!!!!!!!!
思ってもみない、ほっこりだらけのいちばん手つかずの本たちの間に、ファイルにはさまって!!
「あった〜〜〜〜〜!あった〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
「こんなところに、あったーーーー!!」
慌てて取り出して、ほこりを払って、そして、今度こそ重要書類入れに移動!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ほんと大事にしなくちゃ!!と、見つかった後で冷や汗が出てきました。

そんなこんなで私の引っ越し騒ぎは、まだまだ続いています。
2つもいいものが見つかって、本当に良かった。汗笑



image/2019-04-11T183A313A06-1.jpg
image/2019-04-11T183A313A06-2.jpg
「見つかる」「見つける」「発見」(C)SoftBank/手話あいらんど「ゲームで学べる手話辞典」
チョキは、人の視線を示すことが多いのですが、それを曲げて目元で左右に振ると「調べる」「探す」「検査する」などの意味になります。これを1度、ぱっと目の前で振り上げるように動かすと、その探し物が目に引っかかった!というイメージになり、これが「見つかる」「見つける」「発見した」などの意味になります。

あなたの探し物も、見つかりますように。





posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

Abema TIMES 「ワイプ被りに誤訳…『新元号』会見で注目を浴びた“手話通訳”の奥深さ 〜 方言、若者言葉、敬語、下ネタ まで幅広く」


先日放送された「Abema的ニュースショー」の記事が、ネットのAbemaTIMESに公開されました。ありがとうございます。
https://abematimes.com/posts/6032375?fbclid=IwAR2HIt8mwITmGNBMAddaVLSm4DKRjdL8rNkLDuqvDIev4klcDIS8jdR9zTw
いろんな写真も紹介されていますので、ぜひ、見てみてください。
以下、その内容です。(C)AbemaTV

image/2019-04-10T183A503A08-1.JPG

< ワイプ被りに誤訳…「新元号」会見で注目を浴びた“手話通訳”の奥深さ 「方言、若者言葉、敬語、下ネタ」まで幅広く >
2019.04.09 18:50

 1日に菅官房長官が行った新元号発表会見。その中継では菅官房長官が掲げた新元号「令和」の額に手話通訳のワイプ画面が被さったり、令和を「めいわ」と誤訳したりしたことが話題となり、手話通訳士の仕事が改めて注目を集めた。

 政府の会見に手話通訳士を伴うようになったきっかけは、2011年3月に発生した東日本大震災。発生の2日後から政府の会見に同伴するようになった手話通訳士は、聴覚障がい者に対して緊急情報を余すことなく伝えるなど活躍した。連日のように会見が行われた当時は、いつ何時、会見が行われてもいいように、手話通訳士はスーツ姿で宿泊、スタンバイしていたという。

 新元号発表会見を見ていた聴覚に障がいを持つある男性は「感動しています。30年前の聴覚障がい者は何の情報もなく、ただただ『平成』の字を見るしかなかった。この30年で国民の一大事にインパクトを残せる位置に手話通訳がいる。これはすごい進歩です」と感慨深そうに自身のツイッターで呟いている。

 7日にAbemaTVで放送された『Abema的ニュースショー』では、行政や企業の手話通訳として活動する傍ら、手話と舞台を合わせた手話パフォーマーとしても活躍する手話通訳士の南瑠霞(るるか)さんに手話通訳士、さらに手話通訳業界について話を聞いた。

 手話通訳士になるためには、読み取りや聞き取りの手話通訳実技に加え、国語や聴覚に障がいを持つ方々に関する法律などのペーパーテストがある。それらの試験に合格した人が手話通訳士となる。資格試験の合格率は多い時で25%ほどだったが、近年では10%前後。資格を持った人は、全国におよそ3600人いるというが、東京や大阪などの都市部には多く、地方には少ないという課題もある。青森県出身のろう者である“ことぷきさん”はによると、青森では前もって確認していかないと、通訳をしてもらえない場合もあるらしい。

image/2019-04-10T193A003A08-1.JPG

【手話にも様々な表現は存在する「マジメだけが手話じゃない」】

 会話を聞いて理解し、即座に置き換えて手を常に動かす。そんな手話通訳士の仕事は意外にも重労働であることを、南さんは自身の経験を踏まえて「昔は一人で地域のろう者の方に毎日手話通訳をして回っていたので、病気で倒れることもあった。その病気は頸肩腕障害といって首、肩、手が痛くなる病気と言われていたが、今では防がなければいけないというのが共通の理解になっている」と明かした。

 さらにテレビ中継の中で、新元号「令和」の額に手話通訳のワイプ画面が被さったことについて南さんは「あれが起きたのは、きちんと手話通訳を入れるというテレビの姿勢があってのこと。30年前の平成の発表の時はもちろんなかったし、ろう者はどんな読み方をするのか分からないまま漢字を見つめていた。その時代を考えれば、手話通訳がつくこと自体時代が進んだ証拠」と話しちょっとしたハプニングすら前向きにとらえた。

 手話通訳士が新元号を「れいわ」ではなく「めいわ」と表現した間違いについて「音が同じだったり近かったりすると間違いは起こる。公園と講演、さらに公演なども間違いは起こりやすい」と話すと、ろう者のことぷきさんは「文の流れを汲んでイメージしながら理解していく必要がある」とろう者の立場を説明した。

 普段、我々が使用している言葉の中には、若者言葉や方言、敬語など様々な種類が存在している。そのことについて聞くと、ことぷきさんは「青森と東京の手話は異なる」と前置きすると、「高校」という言葉について、青森では顎の位置で手をぐるぐる回すのに対して、東京では二本指を目の前で横にすると具体的な例を用いて説明すると、南さんは「通訳者同士でも『今の何?』となることはよくある」と笑顔で話した。すると同じくろう者の中嶋元美さんは、若者手話で「ヤバイ」や「インスタ映え」などを実演してみせた。若者に限ったことではないが、俗にいう「下ネタ」表現の有無についてはどうか。いくつかの下ネタを実演したことぷきさんの横で、中嶋さんは笑みを浮かべていた。

 そんな楽しそうな二人の姿を見て横でほほ笑んでいた南さんは「マジメな手話だけが手話じゃない。遊びの現場での手話をたくさん育てたい。それが本当の手話であり、聞こえない人の姿なんじゃないかな」と思いを語っていた。

 一連の問題について漫画家の江川達也氏(58)は「言葉は生き物だからどんどん発達していく。一方、既定の言葉は公式だから固定されて死んでいく。20、30年前も実際に使われている手話と公式な手話は既にズレていた。今後も生きた言葉が発達して言葉を変えていくというのは、手話に限らず僕らの言語も同じだ」と話した。
(C)AbemaTV

image/2019-04-10T183A503A08-2.JPG

【見逃し視聴】
「方言、若者言葉、敬語、下ネタ」まで幅広く、奥深い“手話通訳”の世界
※ AmebaTV「Ameba的ニュースショー」2019.04.07の 見逃し配信も、今週いっぱいご覧いただけます。スマホなどに、AmebaTVアプリを取り込んで、ご覧ください。
南 瑠霞の手話日記投稿はこちら http://minamiruruka.seesaa.net/article/465007157.html




posted by 南 瑠霞 at 19:01| 東京 ☔| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

ブログが無事復活!!うれしい!!


image/2019-04-09T143A443A09-1.jpg

うれしいっ!です。
これは、1月のきいろぐみ手話ライブを、お客さんが撮ってくださった写真です。ありがとうございます。
いまの私の気分にぴったりなので、掲載させていただきます!!

2〜3月、やたら忙しい上に、引越しも決行。なかなか書けなかったブログが!! ようやく書けるようになってきました。
引越しも終わり(・・と言っても、まだ荷物の海は3分の2くらい残ってますが!汗笑)、やや仕事も落ち着き、無事なんとか、パソコンの前に帰ってきました〜〜〜〜〜!!
私は、ものを書くのが大好きなので、とてもうれしいです。みなさん、ありがとうございます。

ところが、やたら重いネタが、ただただたまっており、これを一気に上げても、読んでくださる方もアップアップかも?汗 ・・・ということで、とりあえず、ゆっくり毎日、記事を書いていこうと思います。前日の記事が、やや熱い内容なので、今日のは、こんな感じです。笑
一緒にぜひ、「うれしい」という手話を表現してください。感謝。


image/2019-04-09T143A443A05-1.jpg
「うれしい」「楽しい」「心が躍る」(C)手話あいらんど
心のおどる様子。手を軽く開いて、胸の前で交互に上下させて。





posted by 南 瑠霞 at 14:58| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

「豪徳寺(ごうとくじ)」=「猫」


image/2019-04-06T193A033A05-2.JPG

世田谷区内に、「豪徳寺」という招き猫で有名なお寺があります。
マスコットの招き猫の置物を奉納して、お参りをする人も大勢います。
昔、えらいおサムライさんを、猫が助けたという逸話が残っており、それから、このお寺では猫が大事にされているのです。

image/2019-04-06T193A033A05-1.JPG

で!!
地元では有名なこのお寺、「猫」という手話で表現されます。

口形を「ごうとくじ」と動かしながら「猫」という手話を表わすと、「豪徳寺」!!
あなたの地元でも、こういう、歴史にちなんだ手話の地名、残っていませんか?
手話って、楽しいですね。



image/2019-04-06T173A403A07-1.jpg
「猫」(C)手話あいらんど
猫が顔を洗うような様子を表現して。











posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

中嶋元美〜都内講演御礼!!


A6DC2C3F-58FC-44FF-9308-1DD643EF304E.jpeg

今週、手話パフォーマンスきいろぐみデフキャスト 中嶋元美が、都内手話サークルで、講演をさせていただきました。本当にありがとうございました。
「手話はろう者の言葉〜聞こえを失って気づいた豊かな生き方〜」
幼い頃から難聴で、聞こえづらくてもわかったふりをしながらニコニコ笑ってごまかしてきた自分を、暗かったという元美は、8年前聞こえを完全に失ったことで、逆に「目で見る言葉『手話』」に目覚め、豊かなコミュニケーションに気づいたと言います。
その新しい生き方と意義を、身につけたたくさんの手話で語りました。
南も読み取り通訳として同行しました。
スタッフの青木くんがとってくれた写真で当日の様子をご紹介します。

DB4FB94A-1E0B-4D18-A848-0F20A7B9DA44.jpeg

豊かな表情で語る元美の話に、みなさんも泣いたり笑ったりしてくださいました。
地元手話サークルの皆さんに、心から御礼申し上げます。

B0D0F704-CD2B-44F4-B9F8-087663715657.jpeg

私たちは、ろう者と手話の豊かな生き方を、たくさんの人に知っていただきたいと願っています。出会いに、感謝。





posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

手話教室発表会御礼!!出会いに感謝!!


9B8069FD-4446-49AE-BCB0-ADCAEEDC8F75.jpeg
(発表会の司会は、ろう者の河内講師と、南 瑠霞!!楽しいひと時でした。)

3月最後の土曜日 手話あいらんど手話教室の発表会が行われました。
3が月の学習を終えた皆さんの、元気な発表を見せていただき、出会いと学びの暖かさと大切さを教えていただいた思いです。
毎週毎週集まって、ろう者講師と話し続けることで、技術ばかりでなくみなさんの思いが育って行くんだな〜と、実感しました。

D75DE6FD-D476-4843-8DC4-191354559FE2.jpeg
各クラスの皆さんの楽しい発表。会場には笑いもこぼれて。声のない手話のみの発表なのに、みんなが楽しめる内容をそれぞれのクラスの皆さんが、工夫してくださっています。ありがとうございます。

80DA45B7-9CF7-4DCE-985D-C3E180FD59D9.jpeg
手話パフォーマンス講座のみなさんも、元気に歌ったり踊ったり。

F5A33888-9DC3-4900-954F-B721A4B3418B.jpeg
各講師からの熱いメッセージも。会場は夜の三軒茶屋。発表会後の交流会も盛り上がりました。
遠く他県からのご参加の方もたくさんおられ、心から感謝です。また、必ずお会いしましょう!!


春の講座の体験会は、4月20日(土)です。ぜひお越しください。

***************
「手話あいらんど手話教室」体験会 2019年4月20日(土)
太子堂区民センター(世田谷区太子堂1ー14ー20/田園都市線「三軒茶屋」駅)
「ろう者と話そう会話レッスン講座」13:30〜
「手話パフォーマンス講座」15:00〜
https://www.shuwa-island.jp/kyoshitsu/trial/
***************






posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

引越しが完了しました!!


37CE3CCD-BB38-4802-9E8C-EB929504634A.jpeg

ようやく、引越しも終え、ブログが書ける体制となりました。わぉ!!

仕事の都合で、どうしても、事務所の近くに移動したく、年度末に急遽決まったお引越し!!
同じ区内の引越しで、3月いっぱい2軒をお借りし、徐々に徐々〜に荷物を運びながら、忙しい仕事をこなし、月末あと数日を残すタイミングで、冷蔵庫や洗濯機など手に負えない大物だけを赤帽さんに運んでもらいました!!この引越しラッシュの中、お二人も来てくださって、ぼられることもなく!!当日は、古い家から、大きな冷蔵庫を狭い階段を縫うように前後左右に傾けながら、知恵の輪のようにかいくぐって搬出、無事新しい家まで運んでもらいました。
本当に助かりました!!
晴れ女の私は、この日も快晴!!喜!!

その後も、3月31日引き渡し時間のギリギリまで、掃除や片付けをして、ご近所にもごあいさつして、ようやく新しい家に全ての荷物が、運び込まれ・・・
今はまだ!!そのギュウギュウの荷物の海の中で、暮らしています。笑笑

4月は多くの人にとって、新しい出発の季節。
私もまた、新しい部屋から、元気に仕事に通いたいと思います!!
春だ〜!春だ〜!!
嬉しいですね。
ありがとうございます。


203360D9-EFCD-4501-A7C5-EF90257EE4A4.jpeg
「引越し」「引っ越す」「家移り」(C)手話あいらんど
家の屋根が、よいしょ!と移動する感じで。
はすは引越しシーズンですね。





posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

元美‘デフバースデーパーティー手話ライブ!!本当に ありがとうございました!!


9F55A851-545A-4D2F-A88C-4D8728E829D0.jpeg

2019年3月24日(日)
世田谷区三軒茶屋 グレープフルーツムーンにて、4回目の 中嶋元美デフバースデーパーティーが 開催されました。
当日は、満席の中、ちょっと狭い思いをされた方もおられたのではないかと、思います。
本当に、ありがとうございました。

みなさんのおかげで、とても暖かい手話ライブとなりましたこと、心より御礼申し上げます。
事務局の写真で、当日の様子をご報告させていただきます。

B3BD9463-DE0C-4784-BF73-969615BFB49F.jpeg
元見に、みんなのひらひらとした手話の拍手の波が注がれ。

B2FD7464-316E-4AD8-9611-9F5AC9B48C54.jpeg

BF89ABC6-3CFB-4B8D-8AF4-ADA3F10C0C12.jpeg
こんなに多くの方が、開演前から並んでくださっていたことを、私は写真で知りました。
本当にありがとうございます。

EAC08A0C-35A6-4F8D-A1A4-782C1093C0DC.jpeg
小学生のりおんちゃんの司会も、大人気でした。

AFF2FF39-5A25-42A4-9674-37AD14A9873D.jpeg

image/2019-03-27T213A183A06-3.JPG
1B4E9426-22EE-4B0C-83FB-5F384DEFF904.jpeg
image/2019-03-27T213A183A06-2.JPG

image/2019-03-27T213A183A06-1.JPG
911A5A43-C8E8-43D4-9693-D78468060E17.jpeg
元美が、今回特に大事にした2曲は、「おめでとう」という言葉が繰り返し出てくる歌と、輝ける「ひまわり」がテーマの歌。

9DAC1555-5FFC-48E4-8ADA-DA6325077CDB.jpeg
みなさんに、最後まで応援いただき、私たちも感謝です。

9E930ECF-04B2-45E1-A805-416F04AFCB15.jpeg
今回は、りおんちゃんが大成長を遂げたライブでもありました。

CB06F8DF-1C93-4CD4-98DF-9B549ACD5632.jpeg
会場の皆さんと一緒に撮った記念写真。

きいろぐみは、旗揚げ30周年。
素敵な春の始まりを、皆さんとともに過ごせたこと、本当に嬉しく、また、きいろぐみの「ろう者と手話の立場から多くの人々に夢を配る」という目標も新たに!!
また、新年度から元気に活動を続けてまいります。
どうぞよろしくお願いします。

本当に、ありがとうございました。


※写真は マネージャーのはっちゃんが撮ってくれました!ありがとう!!




posted by 南 瑠霞 at 10:00| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

南 瑠霞の歯医者日記!!泣笑


0DCA2B38-DE4D-47D9-ADDE-984C00BDF99B.jpeg

あまりの歯医者嫌いに、ほぼ20年くらい行っていなかった歯医者さんに、数ヶ月前から通い始め、幼い頃のトラウマと戦いながら、1本ずつ小さな小さな治療やメンテをしています。
これらは、多分普通の大人なら「今日コンビニに行きました」くらいなフツーすぎるテンションで、ブログになんか書くはずもないくらい、ささやかすぎるアホみたいな出来事。汗笑 また超強烈に歯を痛めているわけでもなく、健全なみなさんなら半年に一回くらいは通って歯の汚れを見てもらうなどの程度のそんな内容です。
そして、今日も、別に目玉が飛び出るような痛さはなく、通常なら子供でさえニコニコ笑ってサラッとごあいさつして帰る程度の虫歯治療をしました。(もちろん、心の中では、結構怖かったです。笑笑)

さて、そんな私の治療にも慣れた先生は、今日は、治療の後すぐに、私の要求を待つことなく「メダル」をくれました。「はい!どうぞ!!」って。笑
それをもらって、今日も、私はいそいそと子供用のガチャガチャのところへ行きました。
今日 当たったのは!!

9D25A4CE-DBDD-4E9B-BFF4-20CA36ED411F.jpeg

4F6AFBBB-E3F9-447E-BC99-6E3A2C88EC52.jpeg

ディズニーの、チップとデールのマスキングテープでした!!
おお!! 私が欲しかったのは、元々、幼稚園の出席みたいな「よくできましたシール!」。別にガチャガチャの、子供用のおもちゃが欲しかったわけではないので、今日のは、さらに嬉しかった。これを、毎回歯医者さんにきたら、終わりにちぎって、手帳の今日の日付のところに貼る!!と決定。笑笑
チップとデールが、私の歯医者さんの「よくできましたシール」となりました。これまでの数回分の日付のところにも、チップとデールを貼ってみると・・私が歯医者さんに行った日が、手帳に浮かび上がり、小さな“子供の私”の誇りとなりました。笑笑 うれしい!!
歯医者に行くのが、ちょっと楽しみになりました。

そうだ。あの日小さな頃、私が欲しかったのは「ちゃんと歯医者さんで治療できた!」という誇り。小さな私が、大人の階段を上るために必要だったのは このささやかな自信だったのだと、大人になりすぎた今、はじめて気づきました。
ここの先生が、子供扱いしてくれなかったら、私はいつまでも、この誇りの存在を知らないままだったかもしれないなあと、改めて小児歯科のすごさを実感。子供達は皆、こうやって大人になっていたのかぁ・・・・

image/2019-03-26T143A353A06-1.jpg

ちなみに、前回当たったのは、小さなビーズの指輪でした。笑
次回は、メダルで何が当たるかな?


「安心」(C)Softbank/手話あいらんど「ゲームで学べる手話辞典」
8BDB2ADC-167C-4287-AD13-EB4E491AECAE.jpeg
上に向けた両手を、ゆっくり下に下げて。
胸やお腹の中が安心して下に落ち着くイメージ。
ふ〜〜ぅ!






posted by 南 瑠霞 at 14:56| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

元美 手話ライブ御礼!!


image/2019-03-24T193A543A10-3.JPG

今日の 元美‘s デフバースデー!! IN 世田谷
私には、ああしたら良かった、こうしたら良かったと、思うことのいっぱいあるライブでした。
自分の中で、なし遂げられず、悔しいことも山のようにありました。

ところが、元美はあまりに熱く、また、お客さんたちの中には、ライブ終了後、私たちのところに走ってきて、「本当によかった。感動した。」と言葉ばかりか、涙を流してくださる方もおられ、それも一人や二人ではなく!! これはお世辞じゃない!!と、肌で感じ。
いろんなことは整理し切れてはいませんが、今回も貴重な一期一会をいただいたのだと、ありがたい気持ちいっぱいに帰ってきました。

多くの方が、中途失聴の中、手話という言葉を覚え直し、ろう者として生きると決めた元美のことを本気で応援し、また、ライブを楽しんでくださったこと。心から感謝です。
本当にありがとうございました。

音響スタッフがとってくれた写真で、めっちゃ急いでご報告申し上げます。

image/2019-03-24T193A523A08-1.jpg

image/2019-03-24T193A523A08-2.jpg

image/2019-03-24T193A523A08-3.jpg

image/2019-03-24T193A523A08-4.jpg

image/2019-03-24T193A543A10-1.jpg

image/2019-03-24T193A543A10-4.JPG

image/2019-03-24T193A543A10-2.jpg

事務局の写真も改めて、後ほどご紹介させていただきます。

本当に本当に、みなさんが、ライブ終了後握手をしに駆け寄ってきてくださったこと、私にはとても感動で、この活動の意義・意味を改めて感じました。
きいろぐみは、今年30年を迎えました。ここまで活動を支えてきてくれた、多くのスタッフ、そしてキャストのみんな、また、私たちのステージを見続けてきてくださった多くのお客様、各舞台スタッフの皆さん、全ての方に、心から御礼申し上げます。
本当にありがとうございます。

南 瑠霞











posted by 南 瑠霞 at 20:34| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

ただいま引っ越し中!!


image/2019-03-12T083A543A05-1.JPG

家が少し事務所から遠いため、事務所に近い場所に引っ越し中です。
と言っても、同じ世田谷区内なので、新しい場所を1ヶ月ほどダブって借りて、本番などの合間を縫って、ちょこちょこ引っ越しをしています。夜逃げのように、日が暮れると荷物をこそこそと運び出しているのです。笑笑
この方法の良いところは、ちょこちょこ無理なく運んでいるので、一気に運んで腰を痛めないこと。車で、ほぼパッケージせず、ぽんぽん運んでいるので、何をどこにしまったかわからなくならないこと。です。笑笑

というわけで、とても忙しく、ブログの更新がほとんどできていないことを、お詫びします。
また、4月から頑張りますので、しばしお許しを!!
いつも本当にありがとうございます。感謝。


「引っ越し」「引っ越す」「家移り」
image/2019-03-12T083A543A10-1.JPG
(C)手話あいらんど
せっかくの引っ越しシーズンです。この手話も合わせて、覚えましょう。汗笑





posted by 南 瑠霞 at 09:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

春雨


image/2019-03-05T003A193A07-1.jpg
昨日の東京は雨。
春雨の時期。まさに一雨ごとに、春へ春へと季節が進んでいるようです。

手話の「雨」の表現は、状態によって、強さの度合いが変化します。

「雨」
image/2015-06-11T223A173A05-1.jpg
基本的「雨」の表現は、五指を雨のすじに見立て、上から下に何度か振り下ろします。
(C)手話あいらんど

「小雨」
image/2015-06-11T223A173A24-1.jpg
これが小雨になると、五指をバラバラに動かしながら、ゆっくりと下に下げ、静かに降っている様子を表現します。
(C)手話あいらんど

「大雨」
image/2015-06-11T223A173A37-1.jpg
大雨では、これが、何度も強く振りおろす表現に。表情も、大雨を見る目ような目で、険しくなり、雨の強さを表わしています。
(C)手話あいらんど

同じ単語でも、強さや状況に応じて表現が変わる・・・この手話の特徴は、視覚言語(目で見る言葉)ならでは。一つの単語でも、場面によって、こうした変化があると知ると、手話への興味もますます広がりますね。

ちなみに昨日の東京の春雨は、2番目の「小雨」でした!!







posted by 南 瑠霞 at 00:21| 東京 ☔| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

おひなさま


image/2019-03-01T003A113A07-1.jpg

3月になりました!
いよいよ ひな祭りです。
最近は ひな飾りを 何段も組み立てて 出す家庭も少なくなりました。
これは あるところに飾られているおひなさまですが なんと一体3センチくらいの とても小さく可愛いものです。顔立ちもしっかりしており むしろ作るのが大変だったろうなと 職人ワザに見とれました。


image/2019-03-01T003A113A07-2.jpg
「おひなさま」(C)SoftBank/手話あいらんど「ゲームで学べる手話辞典」
関東では、この手話が一般的。雛人形が手に持つ「しゃく」を表現したものです。
同じくしゃくを持つ「聖徳太子」も、手話ではこの表現になります。笑笑








posted by 南 瑠霞 at 00:17| 東京 ☔| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

もっちー!!という手話を覚えよう!!


2019.03.24(日)
中嶋元美‘S デフバースデーパーティー 手話ライブ!!

image/2019-02-26T193A563A06-1.jpg

最新オリジナルグッズ、マフラータオルが完成しました。
ライブ当日、限定15本の発売です。お楽しみに!!

チケットは、残りわずか!!
お急ぎください。

ちなみに!!中嶋元美のニックネームは、元美という名前から、もっちー!!
「お餅」という手話で表現します。
一緒に覚えて、楽しくライブで使ってください。

image/2019-02-26T193A563A06-2.jpg
image/2019-02-26T193A563A06-3.jpg
「もち」(C)Softbank /手話あいらんど「ゲームで学べる手話辞典」
口元のお餅が、ビヨ〜んと伸びる様子を表現して。



image/2019-02-17T073A343A06-1.JPG

*******
元美’S デフ・バースデー・パーティー
*******

【とき】
2019年3月24日(日)
開場12:00〜 開演13:00〜

【チケット】
4,000円(限定プレゼント付き)
※チケット代とは別に、店内で飲食物を1品以上注文していただく料金が必要です。

【お申込み&詳細】
http://minamiruruka.seesaa.net/article/463762032.html

【ところ】
グレープフルーツ・ムーン
http://www.grapefruit-moon.com/
東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋駅」より徒歩約8分
(東京都世田谷区太子堂 2-8-12 佐々木ビル B1)
C2DF2956-DA57-460F-A666-869C1021D0AE.jpeg





posted by 南 瑠霞 at 20:25| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

子供扱い希望!!


今週も、歯医者日記です。笑笑

先週、歯医者さんがとても怖くて、子供扱いしてもらいたい!と、ブログに書いたら、友人たちが、ネットでも同じような人がいる!!と教えてくれて、その人は、毎回歯医者さんでちゃんと子供用のご褒美をもらっているらしい!!との話がもたらされました!!

それで・・・先生ともだいぶ話し慣れてきた私は、さほど痛くもない治療(笑)のあとに、今回も単にこちらの一方的精神状態で超恐怖を感じつつ、帰りにちょっと尋ねてみました。
「先生、あの・・・子供のよくできましたシールとか、そういうのないんですか?」
すると・・先生は・・・
「あー、シールはないんです。でも、メダルならありますよ。」
「え?メダル?」
「はい。メダルをガチャガチャに入れると子供用のプレゼントが出てきます。うちは、子供のご褒美がそれなんです。欲しいですか?」
と言うではないですか!?
「え?それは?それは!有料ですか?」
と聞くと、
「いいえ、お子さんには皆さんにプレゼントしています。」
とのこと!!
「え?私も!!!!私もください。私も子供扱いしてください〜!」
とお願いしてみると、
「いいですよ。はいどうぞ!メダル。」
といって、私に、メダルをくれました。

image/2019-02-25T203A353A07-1.jpg

おお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!
そのまま待合室に戻ると、なるほど、今まで気にもしていませんでしたが、子供用のガチャガチャがっ!!

image/2019-02-25T203A353A07-2.jpg

image/2019-02-25T203A353A07-3.jpg

しかも、女の子用と、男の子用があるではないですかっ!
どっちにしようか迷って、とりあえず今回は、女の子用をガチャガチャしてみました。すると・・・

image/2019-02-25T203A353A15-1.jpg

image/2019-02-25T203A353A15-2.jpg

ピンクのハートのシュシュが当たりました!!喜!!ピンク!ピンク!!

マジ落ち着いてみれば、別に痛くもない治療だったのですが、なぜか超不機嫌だった私の気分も、これでちょっと治り、ホッとして帰りました。笑笑
子供扱いして欲しい人!他にもいると知って、大感動の2019年2月。私も「子供の地位」を取り戻しました!!笑笑

これ、歯医者さんで、ちゃんとこちらのお話を聞いてもらえた!!というのが、嬉しいんですよね。「歯医者が怖い」と思っている人は、その気持ちを幼い頃から、ぞんざいにされて、「少しぐらい我慢しなさい。」とか「大げさな!」とか「虫歯になったのは自分のせいでしょ!」とか言われて、なぜか「シンプルに怖いのだ」という話を無視されてきた人が多いと思うんです!!
そうなると、実は子供としては「大人は自分の話を取り合わない。どうせ話しても、意地悪なことしか言わない!でも、怖いんだ!助けて〜〜〜〜!!」と話す相手を失ったまま、パニックになるしかない。もはや大人になってしまった患者としては、「お医者さんは、単なる削り屋で、自分のことは厄介者としか思っていない。」と感じ、妄想もあいまって不信感ばかりが募り、歯医者さんとの信頼関係が築けなるなってしまうように思います。

そこを、ちゃんと丁寧に聞いてもらえると、私たちだって、少しずつ歯医者さんも怖くなくなるんじゃないだろうか。どうかなあ・・
次は、メダルで 何が当たるかな? 笑


image/2019-02-25T203A353A15-3.jpg
「こども」「児童」(C)手話あいらんど
「こども」という表現は、いくつかありますが、これは、子供の頭を撫でるような動きで表現。

image/2019-02-25T203A363A05-1.jpg
「子供」「赤ちゃん」「あやす」(C)手話あいらんど
手をひらひらさせて 赤ちゃんをあやす様子をイメージした手話。
どう考えても、いまの私の気分は、こちら!!笑笑









posted by 南 瑠霞 at 21:32| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする