2016年03月10日

全国の「手話を学びたい」あなたへ!!

私達は、東京世田谷で活動する
手話エンターテイメントカンパニーです。
私達も、手話あいらんど手話教室を開催し、
英会話の駅前留学のように、
ろうの講師を囲んだナチュラルアプローチ形式の手話講座や、
(ネイティブサイナーが、手話で手話を指導する方法)
国家資格の手話通訳士を目指すみなさんへの指導クラスなどを、
展開しています。
http://www.shuwa-island.jp/

image/2016-03-10T183A163A30-1.JPG

でも、こうした専門的手話講座は、東京とか横浜とか、
大阪とか名古屋とか、都市部でないと、
なかなか見つけられないかもしれません。
インターネットで探しても、なかなか、近くの手話講座がない!!
と、戸惑う方も多いと思います。

そんなあなたに、提案です。
現在全国各地では、ご自分のお住まいの自治体(市や町、区など)で、
手話講座や手話サークルのあるところがたくさんあります。
そういった場所も、ぜひ、探してみてください。

自治体主催の手話講座・講習会では、
地元の税金で講師を手配し、10人〜50人くらいのみなさんに、
一度に指導する内容がほとんど。
多くの場合、日本語で書かれたテキストに添って指導が行われています。
こうした講座は、地元のろうの方のために、
多くの方に手話に親しんでもらいたい、
また、将来的に、手話にむいた人は、
数年後、地元で手話通訳者となって活躍してもらいたい、
というのが主な目的で開講されています。
こうした講座では、比較的安価で、テキスト代などの実費のみで、
手話を教えてもらえるところも多く、
多くのみなさんには、身近な場所と言えると思います。

こうした所では、音声による指導を行うところが多く、
きちんとした会話や、日常の単語などは、責任もって教えてもらえて、
将来的に通訳を目指して腕を磨きたい人には、
地元の各都道府県のなど情報も、提供してくれます。

こうした講座は、税金を使って行われているため、
通訳者の育成は、大きな目的の一つです。
”楽しく英会話のように学びたい。”
”文法より、まずは日常会話から、生の手話で。”
”手話を学ぶと、通訳を目指さなくてはいけないの?”
と思っている方には、ちょっと堅苦しいかもしれませんが、
地元ならではの良い面もたくさんあると思います。

こうした地元の講座は、まさに今!!春前がチャンス。
市の広報などに手話講座の情報が載っていないか、
今すぐチェックしてみてください。
また、広報誌などで見つけられない場合も、
あなたの地元の、市役所・区役所・町役場の、福祉課などに電話すると、
手話講座があるかどうか、教えてもらえます。
また、うちは村だし!とか、
小さな町でそういうものはありそうにない!!
という方も大丈夫。
まずは、地元に電話してみて!!
(村でも手話講座のあるところはいっぱいあります!)、
もしなければ、
必ず通いやすい、お近くの大きな市に問い合わせれば、
手話講座があるはずです。
春から始まる講座は、今が募集の時期だと思いますので、
ぜひ、チェックしてみてください。
手話講座は一般的に、
春に開講し、毎週1回開講されているところが多いと思います。
急いで!!

このほか、そういう講座の申し込みが過ぎていても、
年間を通して、受け入れてくれるのが、
地元の人たちが集まって、毎週互いに学び合う、
手話サークル。
こちらも、地元か、地元の近くの自治体を探すと、
必ず見つかります。
同様に、市役所・町役場・区役所などに問い合わせてみてください。
仕事の関係で毎週講座に通うのは難しいとか、
もう少しマイペースに学びたいという方は、
肌に合うなら、こちらもおすすめです。
手話サークルは、行政の手話講座と違って、
運営自体が自分たちで行うことになるので、
仲間同士の活動を楽しめるタイプの方には、
通いやすいと思います。

それぞれ、手話を学ぶには、
特徴や、自分にとってのメリット・デメリットもあると思いますが、
今、手話は、全国に広がりつつあり、
調べてみれば、意外に近くに、
講座や、サークルがあるはずです。

いろいろ悩む前に、まず行動!!
ぜひ、明日の昼間、役所の空いている時間に!!
あなたもすぐ、電話してみてください。
年間を通しても、今は、チャンス。
手話は、春からが、始め時です!!

ケン.png

そして、
「いやいや、ろう者の生の豊かな手話に出会いたい!!」
「学ぶならやっぱり、駅前留学でしょ!!笑」
というアナタも!!
間もなく手話あいらんど手話教室の春の情報が公開されます。
あと、数日お待ちください。
私達は、あなたにお会いできるのを、
楽しみにしています。
「手話は言葉」「手話は出会い」!!
みんなで一緒に、素敵な春にしましょう。
http://www.shuwa-island.jp/

いつも、このブログにお越しいただき、
本当に、ありがとうございます!!



posted by 南 瑠霞 at 18:35| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

『一生懸命』の手話の語源

image/2016-03-09T183A533A30-1.jpg
「一生懸命」(C)手話あいらんど

「一生懸命」という手話は、
両手を顔の横に置き、2度くらい前に出して、
脇目も振らず、前へ前へと意識を向けるように、
表現します。

IMG_0397.JPG

これは、競走馬が、よそ見をしないようにつけている
「遮眼帯」と言われる馬具の様子が、
語源だと言われています。

3月も中盤になり、新年度に向けて、
一生懸命、勉強や仕事に向かわれている方も、
多いかもしれません。

image/2016-03-09T183A023A15-1.JPG

手話あいらんどの事務所のある世田谷区には、
中央競馬会JRAの管理する 馬事公苑があり、
昼間は、一般に公開されていて、
高齢の方や、スポーツウエアの方のほか、
ベビーカーを押すママたちも、散歩に訪れています。

image/2016-03-09T183A013A42-1.JPG

image/2016-03-09T183A013A18-1.JPG

image/2016-03-09T173A593A49-1.jpg

公園の通路では、馬も人も同じ道を歩いたり、
障害物の練習をしている騎手の方もおられ、
動物好きの私には、たまりません!!

image/2016-03-09T183A023A09-1.JPG

中の池には、カモや白鳥も泳いでおり、
人が近づくと、スイスイと水をかいて寄ってきます。

image/2016-03-09T173A593A11-1.JPG

そんな馬事公苑も、桜が咲き始め、
春の訪れを告げています。

近くでのんびり散歩をしながら、
動物と触れ合えるスポットは、数少ないので、
私には、貴重な公園の一つです。


posted by 南 瑠霞 at 19:13| 東京 ☔| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

東京都耳の日大会!!

image/2016-03-06T233A203A53-1.jpg

この土日は、東京都でも、耳の日大会が開かれました!!
時間ができた私も、急きょ会場へ!!
東京都のほか、周辺の県のみなさんが、
大勢集まり、大変盛り上がった大会となっていました。

image/2016-03-06T233A213A17-1.JPG
メイン講演は、障害者差別解消法について。
NHK手話ニュースでもおなじみの那須英彰さんが、
元気な姿を見せておられました!!

image/2016-03-06T233A213A33-1.JPG
見てください!!この人!!
那須さんの人気と、注目度の高い話題で、これだけの人が集まり、
皆さん、真剣に見入っておられました。

image/2016-03-06T233A213A55-1.JPG
私は、青年部のカフェで、カレーをいただきました。

image/2016-03-06T233A223A13-1.JPG
それから、これは、ASL協会のコーナーで買った、
アメリカ手話のアルファベットのカップ。
家で早速、暖かいミルクティーをいただきました。

image/2016-03-06T233A223A26-1.JPG
会場の東京都障害者福祉会館の近くから見える東京タワー。
いつも、耳の日大会では、この東京タワーを見るのも、
私の楽しみの一つです!!

会場では、いろんな方にも、お声掛けいただき、
お話させていただいたり、
様々な勉強を させてもらったり、
充実したひと時を過ごさせていただきました。
本当にありがとうございました!!
感謝。

posted by 南 瑠霞 at 23:32| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

アカデミー賞!!アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督!!おめでとうございます!!

菊池凜子さんや役所広司さんも出演され、
日本人ろう者エキストラ400人を投じて撮影された
ハリウッド映画「バベル」の監督、
アレハンドロ・G・イニャリトゥ氏が!!
今年も、「レヴェナンド:蘇りし者」で、
アカデミー賞・監督賞を受賞されました!!
本当に、おめでとうございます!!

アレハンドロ監督.png

今回も、映画好きの友人などと、
この話題で、盛り上がりました。

監督賞.png

この作品では、主演男優賞に、
レオナルド・ディカプリをさんも選ばれ、話題となっていますね!!

「バベル」では、私達も手話指導で入らせていただき、
現場の撮影で、およそ2か月、ご一緒させていただいた、
アレハンドロ監督。
監督は、少年のような瞳とオーラの持ち主で、
思ったことをどんどん実現させていく、
行動力と、喜びにあふれた姿は、今でも目の前に浮かんできます。

きっと、今回も、あの日と同じように、
大きな体と心とパワーで、
台風のような大きな渦とエネルギーを巻き起こして、
アカデミー賞を呼び込まれたことと思います。

素敵な出会いに心から感謝です。
おめでとうございます。

アレハンドロ.jpg
これは、バベル撮影時、ずっと取材等に同行していたときの記録。
監督はいつも、小さなカメラや、映像フレームを覗くための小さな枠を持って、
撮影の現場確認をされていました。

A5D0A5D9A5EB[1].jpg
2007年ハリウッド映画「バベル」
http://minamiruruka.seesaa.net/article/108130323.html 



posted by 南 瑠霞 at 12:29| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

マスク

今年も幼なじみの和恵ちゃんが作ってくれたマスクが、
広島から送られてきました〜〜〜〜〜!!嬉!!

私は、のどが弱いので、
特に風の冷たい冬の時期、マスクは必須!!
ふだん、夜も必ずマスクをつけて寝ています!!
フツーの白いガーゼや、不織布のマスクは、
かわいくなかったり、使い心地が悪かったりして、
とにかく、気に入らない!!
それで、5〜6年前、和恵ちゃんに相談したら、
年に2回くらい、手作りマスクを作って、
送ってくれるようになったのです。喜!!!

今の時期は、インフルエンザなども流行るし、
それが終わるとすぐ花粉症もやってくる・・・
ということで、マスクに興味のある方も多いと思うのですが、
るるかワールドのマスク、
この春は、こんな感じ!!

image/2016-02-26T063A463A37-1.jpg
これは、マスク自体を折りたたんで縫って、
立体になるプリーツタイプ。
不織布マスクなどで、よく見る形ですね。
今回、初挑戦で作ったのですが、
鼻と口からあごまですっぽり覆われて、
使い心地、良いです!!
色もかわいいでしょ?
ガーゼを、下北沢の布やさんで買って、
和恵ちゃんの住んでいる広島まで送って、
縫ってもらいました。笑

image/2016-02-26T063A473A17-1.jpg
これは、今多くの人がつけている、
立体に縫ったマスク。
左右上下で、4パーツを縫い合わせています。
これも、鼻の部分が高くなっているので、
頬のほうに隙間ができず、GOOD!!

で、こちらは、和恵ちゃんが、裏表の布を変えて、
全てリバーシブルに作ってくれています。ワォ!!

image/2016-02-26T063A473A32-1.jpg
このマスクを、そのまま裏っかえした写真が下。

image/2016-02-26T063A473A44-1.jpg
どちらの面を付けるか、迷うでしょう?笑

ドラマのロケでは、美しい女優さんたちと一緒に、
ホテルや民宿などに泊まって、連日撮影する・・
ということもよくあるのですが、
彼女たちも、いつも夜寝るとき、マスクをしています。
演技に必要なのどを、ちゃんと守って、寝ているんですね。
あ!!
ちなみに、マスクをして寝ると、
顔も保湿されて、肌の調子もいいようなので、
それも、皆さんマスクを使っておられる理由の一つなのかもしれません。

あなたも、美しい声と肌を目指して、
かわいいマスクはいかが?

【マスク】
両手で、マスクの形を描いて口もとにあてる。
image/2016-02-26T063A503A08-1.jpg
(C)手話あいらんど

※ 手話をするときは、口もとが相手から見えなくなってしまうので、
マスクを外して、話しましょう!!
(・・・とか言っても、ろうの友人たちも、
気心の知れた通じ合える相手だと、マスクつけたまま、
手話で話してますけどね!!笑)


posted by 南 瑠霞 at 07:15| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

イナビル吸入粉末剤

イナビル.jpg

昨夜から、具合が悪く、
すごくだるくて、もう何もしたくない。
鼻も詰まって、セキも出る。
・・・と思ったら、
今朝になって、37.5〜38度くらいの熱。
インフルエンザかな?
でも、すっごい急な高熱という感じではないし、
なんだろう???

でも、やっぱり、
鼻とセキと熱とめまいと吐き気が一気にやってきて、
体の節々も痛いし、寒気もする。
熱は、39度とかじゃないけど、
フツーじゃない!!!!!
と思い、
午前中、行きつけの医院に行きました!!

街の小さなお医者さんなので、
関係のない他の患者さんにうつしてはいけないと思い、
受付を済ませたら、外にとめた自分の車で待っており、
順番が来たら、
看護師さんに呼びに来てもらうことにして、
待ちました。

呼ばれて、中に入っても、
案の定、検査をしても、A型もB型も陰性。
でも、先生が、
『この状況は、インフルエンザとみなしてもいいと思うので、
インフルエンザの薬を処方してみましょう。
むしろ、年末に、予防接種をしているので、
反応が出にくく、熱も上がりにくいのかもしれません。』
とのことで・・・・

薬局で、イナビルという薬をもらい、
その場で、吸入すると・・・・!!
わぉ!!
なぜか、10分くらいで、頭痛が和らぎ、
1時間くらいで、セキと鼻水もスーッと引いてきたのです。
すご〜い!!

先生によると、こうした抗インフルエンザ薬は、
普通の風邪には、まったく効かないということで、
この反応を見て、
私は、おお!!やっぱり私はインフルエンザだった!!
と、確信したのでした。汗&笑

その後、昼は、熱を下げる薬などを飲み、
ぬくぬくおひるね。
今、夕方ようやく目を覚ましたのです。
でも、朝のひどい状態は、けっこうやわらぎ、
薬の効き目に驚いています。

そんなわけで、ひとまず、お医者さんには、
「最低でも3~4日、自宅待機で、
人に移さないよう気を付けてくださいね。」
と、言われましたので、
わが社の、手話あいらんど手話教室に遊びに行ったり、
いろんな人に会いに行くのは禁止です。
無理をしなければ、週末には復活、
また元気に活動できそうです。大汗

打ち合わせをキャンセルさせていただいた、各皆様、
本当に、申し訳ありません。
また、仕切りなおして、なにとぞよろしくお願いいたします。
恐縮です。

皆さんも、どうぞ、
体調が悪いときは、病院へ!!
最近のインフルエンザの薬は、こんなに効くのかと、
あまりに驚いたので、
記事を投稿させていただきます。
(でも、まあ、薬が効いたのは、私の話なので、
人によっては、合う合わない、副作用などもあるかもしれません。
ぜひ、病院で先生のアドバイスをよく聞いて、
皆さんも、薬を選ばれるのがよいかと思います。)
フ〜!

インフルエンザ.PNG
「インフルエンザ」という手話は、
指文字の「イ」で、口もとで、セキ(風邪)の表現をします。

い.jpg
指文字の「イ」は、小指を立てて。
アルファベットの「@」と意味しています。

日頃、様々な流行に、かなりうとい私ですが、
なぜか、インフルエンザの最も盛り上がる時期に、
その波に乗ってしまった南でした。汗&涙
皆様も、お気を付け下さい。


posted by 南 瑠霞 at 18:53| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

広がれ手話の輪!!本州最南端の手話サークル!!

今週は、ちょっと実家のある和歌山県へ帰省していました。
私の実家は、和歌山県串本町、本州最南端にあります。
本州の一番南というと、
なんとなく、山口県などをイメージしてしまいますが、
本州は、弓なりな形をしていて、
一番下に向かって反っている、四国の隣の位置が、最南端。
和歌山県になります。

串本町は、人口およそ1万6000人。
3人のろうの方が暮らしておられます。
人口が少ない地域ですので、
ろう運動、手話通訳などは、
串本町だけではなく、近隣の和歌山県南部
東牟婁(ひがしむろ)地区の市町村の皆さんが、
協力しあって、様々な活動をされていています。

串本町には、独自に、昼と夜の手話サークルがあり、
皆さんが、地元のろうの方を囲んで、
毎週集まって手話の勉強もされています。

今回ちょっと時間があったので、
地元の方にお会いしたら、
一人の聞こえる手話を勉強中の方が、
以前お会いした時より、
ものすごく手話がうまくなっておられ、驚きました。
以前は、口でばかり話していたこの方が、
今回は、お話しする内容にほとんど手話がついていて、
ろうの方と、楽しく一生懸命話しておられたのです。
こうした、都会から離れた場所でも、
皆さんが、大事に手話の輪を広げておられて、
お一人お一人が成長されていることに、
とても感動しましたし、励まされました。
これも、ろうの皆さんの、熱い思いのたまものですね。

今年の地元の手話サークルには、
人がずいぶん増え、
新しい方も、たくさん集まっておられるそうです。
中には、看護師さんや、近くのカフェの方もおられるとのことで、
聴こえない方も、理解者が増え、
町が、過ごしやすくなっているのを感じました。
手話を学びたいという人が、少しずつ増え、
だんだん手話が特別のものではなくなってきたことが、
小さな町の手話サークルからも伝わってきました。
素敵ですね。

さて、実家に戻って小休止の後は、
私も、また、東京にて、
元気に活動に励みたいと思います。
ろう者と手話の立場から、多くの聴者に夢を!!
私も、手話エンターテイメント活動を、
大事に育てていきたいと思います。

image/2016-02-11T193A323A11-1.JPG
太平洋に沈む、美しい南紀の太陽。


posted by 南 瑠霞 at 20:09| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

2月11日〜音を光や振動に!!聴こえない方の協力者募集!!

メディアアーティストの金箱淳一さんが、
様々な方法で音楽を楽しむ楽器等の研究をしています。
あす、2月11日の祝日、
都内で、研究調査の(45分程度)の協力者を募集中です

探しているのは、20歳以上で、
耳が聴こえない、または聴こえにくい方。
聴こえる人も聴こえない人も、共有できる、
これからの、新しい音づくりに、
ろう者・難聴者の立場から、
一緒に協力してあげよう!!
そう思うあなたは、ぜひ、金箱さんに、
直接メールで、ご連絡ください。

ちなみに金箱さんはこんな人↓↓
★金箱淳一
http://www.n-bunka.jp/next/artist/entry/64.php
金箱.jpg
ちょっとワイルドで、元気なイメージの方ですね。
かっこいい彼に会いたいという、
聴こえない女子も、ぜひ!笑

<研究実験内容>
実施日時 2月11日(木・祝)11:00 - 20:00
所要時間 1人当たり約45分(説明含む)
場  所 JOYミュージックスクール
(東京都足立区千住2-18 宇田川ビル3F)
参加条件 20歳以上の聞こえない、聞こえにくい方
☆薄謝あり

音と振動で、リズムを体験して、
音楽の印象を、金箱さんに、伝えてあげてください。
音はスピーカーから聞こえます。
振動は音のリズムに合わせて、
指先から感じるデバイス「KIKIMIMI (キキミミ)」というものを、
使うのだそうです。
この実験は、こうした新しい機器に触れてみたいと言う方にも、
おすすめのようです。
難しい操作は、まったく必要ないので、どなたでも気軽に参加OK!!
お休みを利用して、ちょっと遊び気分で行ってみてください。
普段から音楽を聞く人も、そうでない方も、話の種にいかがでしょうか?
実験の開始時間は、
いただいたメールで、相談の上決めるそうですので、
興味のある方は、ご連絡を!!

<主な進行内容>
○ 実験の説明(約5分)
・・・ 一生懸命筆談と身振り手説明してくれるそうです。
○ 音楽の印象評価実験(約35分)
・・・ 辛口の意見もおおいにOK.笑
○ 事後アンケート(約5分)

<問い合わせ・お申込み>
金箱淳一(かねばこじゅんいち)
筑波大学 感性認知脳科学専攻 博士後期課程3年
メールアドレス:kanejun@gmail.com

image/2016-02-09T173A543A36-1.JPG
あなたの休日が、素敵な1日になりますように!!

posted by 南 瑠霞 at 18:14| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

家庭内暴力の君へ!

家庭内暴力の君へ!!

家庭内暴力が止まらなくて
自分が悪いと思い込んでいる君!!
そんな君は、いないだろうか?

君は、本当に自分が悪くて、
ただ、大暴れしたくて、
暴力を振るっているのだろうか?

もしかしたら、それはあまりに小さいころのことで、
よくわからず、忘れてしまったかもしれないけど、
あなたの周りの大人は、
本当に、あなたに愛情を持って、
接してくれていただろうか?

例えば、お父さんやお母さんは、
小さな君に、
体の暴力は振るわなかったとしても、
ねちねちとしつこく、
嫌なことを言い続けたりしては来なかっただろうか?
どう考えても、おかしな、
子供を否定したり、バカにするような言葉を、
繰り返し、君に、毎日投げかけてきたり、
しては来なかっただろうか?

君は、もしかしたら、
ある日、その、相手の言葉に、
耐えられなくなって、
「ばかやろう!」とか、
「うるせえんだよ!」
とか、言ったんじゃないか?
そして、相手を黙らせた!!
それは、その時、とても効果的だったかもしれない。
相手に恐怖を与えて、黙らせたのだから。
それは、君の、精いっぱいの説明であり、
勇気を振り絞っての行動だったかもしれない。

なのに、その時、相手は、
それがあたかも、君のせいであるかのように、
「この子は、すぐ反発する」とか、
「この子は乱暴な子だ」とか、
「怖い子だ」とか、
さらに、君に言ったりしなかっただろうか?

それが重なるごとに、
まるで君が悪者で、
親が善人であるかのごとくの、構図が出来上がり、
君は、親からすると、
はれ物に触るように扱われるようになった。

そして、また、親が嫌な・・というよりも、
本当に人として、許せないようなバカにしたことを、
しつこく、君に言う。
親は、自分が悪いことをしているなんて思っていないから、
平気でそんなことを繰り返す。
我慢できずに、君が暴れる。
すると、親がまた、君が悪いと決めつける。
そうやって、君の暴力は、
家庭の中で膨らんでいったのではないか?

小さな子供の君は、
そうやって、大人にだまされて、
「自分が、悪いことをしたのだ」
「すぐ切れるのは、自分が悪いんだ」
そんな風に思わされてしまってはいないか?

心ないことをしているのは、親のほうなのに、
小さな子供だった君は、わからなかったのではないか?
思い出してみてほしい。
本当に、君は、最初から、悪い子だったろうか?

思い返してみてほしい。
本当に 大人は 君の話に耳を傾けてくれたか?
実は 自分たちばかりが、
言いたいことを言って、
本当に人の言うことを聞いていないのは、
大人の方ではなかったか?

君は、小さくて、
親にNOという方法を知らなかった。
だから、暴れた。
本当は、親が、とても失礼な態度で、
君のことを否定したり、さげすんだりしてきたことを、
君は、ずっと我慢してきたのではないか?
君は、親におとしいれられていないか?

家庭内暴力の君へ。
本当に悪いのは、君だろうか?
本当に、君のせいで、家庭が壊れたのだろうか?
本当は、君は悪くないのではないか?

私は、もしかしたら、
君は、悪い子ではないんじゃないかと思ってる。
自分を疑う前に、
親や、君が小さなころから関わってきた
大人のほうも疑ってみてほしい。

君がもし、本当に家庭内暴力をやめたいと思ったら、
そう言う解決策もあるってこと、
ちょっと、考えてみてほしい。
君は、心あるいい子だからこそ、切れたんじゃないかって。

寒さにいてつく季節、
君は、今、部屋に閉じこもっているのだろうか?
暖かい食事は、食べただろうか?
風呂で暖まって、ふ~と大きく息を吐き出しているだろうか?

もうすぐ春が来たら、
『本当は、自分は悪くないのかもしれない!』
そう思って、外の風景を見てみてほしい。
君が、そこから抜け出せる手立てを教えてくれる、
誰かに出会えるかもしれない。

image/2016-02-08T203A513A05-1.JPG

posted by 南 瑠霞 at 21:05| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

手話通訳士試験合格率2.1%に思う

昨年秋に実施された手話通訳士試験の結果が、
発表されました。
例年、合格率はおよそ10〜20%でしたが、
今回、発表されたのは、2.1%。
はじめ、それを話し始めた友人の数字に、
「この人、一桁間違えてる!?ダメじゃん!」と思い込んで、
改めて、インターネットで確認しなおしたほどの、
低い合格率でした。汗!

公式に発表されている、今回第27回手話通訳士試験は、
・受験者数 1,076人
・合格者数   23人
・合格率   2.1%
だったのです。

もちろん、関係者は一様に驚き、
手話言語条例や法律に、
結び付けていかなければならない重要なタイミングで、
これでは、先が思いやられる・・
などの、声も漏れてきています。

ただ、最近、
手話通訳士資格を持った方とお仕事をさせていただくとき、
思うこと気づくことは、いくつかあります。

手話通訳士資格を持っている人の中には、
私から見ても素晴らしい!と思える通訳をされる方や、
優秀な指導者もいますが、
なかなかろう者の手話を読み取れない方、
おぼつかない聞き取り通訳で、ろう者にきちんと意味を伝えきれず、
自信が持てない!と言っている方も大勢います。

手話通訳士試験を合格されている方は、
皆さん勉強やトレーニングも積んで、
基礎能力が身についていると、
試験によって、証明された方々です。

その中で、さすがと思える優秀な方も大勢いる中、
一方で、現場ではなかなか実力を発揮できない人もいるのは、
正直なところ事実でもあります。

また、通訳士資格を取ったばかりで、
最初、つまづいたように見えても、
その後、たくさんの経験を積んで、
いろんな能力・判断力を身につけ、
2〜3年すると、
驚くほど豊かな通訳ができるようになっている方もおられます。

ここからもわかるように、
手話通訳士の試験では、
圧倒的能力で合格された方は、もちろん、
現場で即戦力となる様々な活動に入っていくわけですが、
今後の活躍に期待を見込まれて、伸びしろ分も想定して、
合格判定を受けた人は、基本能力はあるにしても、
その後、伸びるも伸びないも、本人次第ということになります。

この伸びしろ分の期待がはずれると、
現場では、なかなかフットワークよく、
動けない場合も出てくることになります。

この辺の加減は、難しく、
このところ、合格率を高め、現場に勢いを吹き込みたいという、
業界の風向きから、
「必要にたる基本的最低限の能力
(と言ってもこれでも一般的にはかなり高度ではあるのですが・・)」重視で、
見込み期待値の高い人に出されていた合格判定が、
現場で能力を発揮しづらい現実を前に、
今回、大きく落ち込んだのではないかと、私は見ています。
(これは、関係者などに取材したものでなく、南自身の、個人的感想です。
しかし、この考えに「なるほど」と思って下さる方も、
いらっしゃると確信します。)

手話通訳士試験は、毎年、そのあり方も常々見直され、
年々質を上げながら、今日に至っています。
その中で出された、この厳しい判断は、
苦渋の決断ともいえると思います。

通訳士は増やしたい。増えてもらわなければ困る。
しかし、その通訳士の質が下がったのでは、
結果として、
大本として願われた、ろう者・聴覚障害者の福祉に反する。

毎年この時期には、私達も、
多くの通訳士の誕生で、喜びに沸くのですが、
また、そのたび、
「手話通訳士試験合格は、ゴールではなく、
ここからこそが始まりだ!!」
という思いも新たにします。

確かに手話通訳士の資格を取ることは、
たくさんの勉強や、現場での訓練も必要で、
まさに高校や大学受験のように、
一生懸命やらなければならない場面も、たくさんあります。

でも、これは、ある一定の能力がなければ、
それを必要な人の役に立てないからであり、
例えば、保育士や、看護師や、医師や、
弁護士、理学療法士、言語聴覚士などなど・・・
こうした人々が、無免許で、生病法やまじないを
してもらっても困るのと同様に、
通訳者もまた、
きちんとした能力が保障された人でなければならないからです。

その中で、今回の、2.1%という数字は、
私達がもっと、現場でしっかりと活躍してくれる
能力も心も豊かな通訳者を、
本当に望んでいるのだという意思表示であり、
これは、手話を学ぶ多くの人にとって、
心に留めておくべき、大事な一件のように思います。

また、この合格率と審査方法に、問題を返す前に、
私達の、現場での後進の育成の方法、心がまえごと、
問い直す時が、来ているのだと実感します。

image/2016-02-01T133A103A53-1.JPG

ちなみに、
こうした私心を述べるたび、必ずお伝えしていますが、
これは、「通訳者」と言う専門家を
みんなで育てたいと願う立ち位置で述べているものであり、
日々、「聴こえない人と友達になりたい」
「自分と友人のために、まずは自分の手で話したい」
そう思って手話を学ばれている方々の、
心をくじくものではありません。汗&笑

手話は、ヘタでもいいんです!!笑
思いを込めて、相手と付き合っていく中で、
通じたり通じなかったり、
そうやって、周りの人と共にやりとりを積み重ねていくことが、
コミュニケーションそのものです。

手話は、まず、出会いと心から。
聴こえない友達と通じ合う歓びはまた、
そのまま、聴こえない人々にとっても通じ合う歓びであり、
互いが、互いを思う心に勝るものはありません。

もちろん、手話通訳士試験自体、
その思いの延長線上になければ、
何事もなしえないことは、改めて、
多くの皆さんに、お伝えしておきたいと思います。

合格された皆さん、今回の数字の低さに、
おごらず、ビビらず、
ぜひ、心さわやかに現場にお越しください。
おめでとうございます!!笑
多くの方々も、
「うっわ〜〜〜!! 難しいんじゃん。この資格!」
などと思わず(汗&笑)、
興味のある方は、まず、手を動かしてみること、
様々な出会いを楽しむところから!!
私達は、あなたが手話の扉を開けて、のびのびと、
楽しい世界へ飛び込んできてくださることを、
お待ちしています!!

いつも、長文、
読んでいただいて、本当にありがとうございます。

手話通訳士600番 南 瑠霞
(南の本名を知りたい方は、通訳士名簿をどうぞ!笑)


IMG_9223.JPG
まだまだ枯れ木の季節ですが、空の向こうには、たくさんの希望が!


posted by 南 瑠霞 at 13:18| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

クロコダイル〜キッチンスタッフ大募集!!

私達もおよそ20年お世話になっている
原宿ライブハウス・クロコダイルが、
キッチンスタッフを大募集しています!!

ドリンク.png

今年も私たちは、
このクロコダイルで手話ライブを開催させていただきました。
その時、私がいつも、大好きだった
ワニチャーハンと、ワニの竜田揚げのメニューがなくなっていました。驚!
お聞きすると、それが得意だった方が、
どうしても事情で辞めてしまい、
現在メニューを変更中なのだそうです。

いや!!
私は、どうしても、またワニチャーハンが食べたい。
クロコダイルという名前にふさわしい、ワニ料理!
それに、私、自分のライブのあと、
このワニチャーハンを食べるのが大好きだったのです!
今回は、初めてワニチャーハンのないライブとなり、
とてもさびしく思いました。

クロコダイルでは、現在、
こうした料理をパワフルに作ってくれる
キッチンスタッフを募集しています。

経験よりもやる気!!
そして、時間が深夜24時を過ぎるということ。
それでも、ミュージックエンターテイメントを展開する
ライブハウスのお手伝いがしたい!!
たくさんのミュージシャンの夢を支えたい!!
というあなた!!
もしよかったら、ぜひ、
クロコダイルのために一肌脱いでください!!
いや、南が大好きなワニチャーハンのため!
と、言ってもいいかもしれません!汗汗!!

クロコダイルは、久保田利伸や、米米CLUBを、
輩出してきた、老舗のライブハウス!!
ここのオーナーが「よし!」と言ってくれたら、
そのアーティストはのちにとても有名になる!
というジンクスがあります。
私達も、20年前、この店のオーナーの方に、
オーディション映像を見てもらい、
「じゃ、うちでやってみなよ。応援するよ!」
と言ってもらい、今日まで来ました!!
まだ、手話ライブという言葉のなかった時代、
全国最初のきいろぐみの“手話ライブ”が、
ここから始まったのです!!

image/2016-01-26T153A313A27-1.JPG

そんな歴史のあるライブハウス!!
我こそはというあなたは、ぜひ、
渋谷クロコダイスまでご連絡を!!

ちなみに、
料理やキッチンの仕事を一生懸命真面目にやって下さる方なら、
もちろん、ろう者でもOK!!
ぜひ、あなたも、ご一考ください。
ぜひ!! よろしくお願いします。

クロコ看板.png

原宿クロコダイル
http://www.crocodile-live.jp/
〒150-0001 渋谷区神宮前6-18-8 ニュー関口ビルB1
Tel:  03-3499-5205 
Fax:  03-3499-5206
E-Mail: croco@crocodile-live.jp

※ この呼びかけは、拡散を希望します!!



posted by 南 瑠霞 at 15:34| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

障害者の見方が根底から覆される集団!!〜ドッグレッグス

ドッグレッグスという、団体を知っていますか?
かつて世田谷から生まれた、障害者プロレスが、
今人気で、全国各地のほか、海外でも話題になっています。

25年前、私は、彼らのファイトに出会いました。
車いすで登場し、そこから下りた彼らは、
手だけを使って、リングの上を走り回っていました。
歩行のおぼつかない人も、
実は、手でなら、いくらでも、這って走ることができるのです。
中には、なんとか立ち上がって戦える人もいます。
彼らは、柔道のような技も繰り出します。
知的障害の人もいます。
彼らは、体当たりで、本気で戦っていました。
彼らは、みんな、プロレスが大好きだから!!
そして、そんな彼らは、
ファンとしてただ、傍らでその試合を見るのではなく、
自ら、人前に立ち、自分の体で戦うことを選んだ集団だったのです。

私は、彼らのプロレスを見て、思いました。
「 ああ!! 障がい者と言ってもいろいろで、
彼らの場合、手足の状態が、私とちょっと違うだけで、
こんなに荒業にも耐えて!!
いつも風邪ばかり引いている私より、
この人たちは、ずっと丈夫で元気がいい!!
私なんかより、ずっと何倍も、パワフルだ!!
この人たちは、圧倒的に、私より強い!!」

障害者はひ弱で、誰かに助けられるべき存在!!
そう思っていた私は、
その価値観を、一気にひっくり返されました。
私は、その日からずっと、彼らのプロレスが大好きです!!

ドッグレッグスのドキュメンタリー映画が、上映されています。
英語と日本語の字幕付きです。

小1.jpg

小2.jpg

image/2016-01-25T223A053A47-1.jpg image/2016-01-25T223A063A08-1.jpg
※小さい方の画像をクリックすると、大きなチラシが出てきます。

ヒース・カズンズ監督のドキュメンタリー映画
「Doglegs」が、日本上映!
現在、下北沢トリウッド と ポレポレ東中野の、
両映画館にて上映中!

下北沢トリウッド http://homepage1.nifty.com/tollywood/
ポレポレ東中野 http://www.mmjp.or.jp/pole2/
Doglegs (映画公式サイト) http://doglegsmovie.com/ja/


posted by 南 瑠霞 at 22:14| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

急募!聴覚障害者実験協力者募集!!

「共遊楽器」の開発研究をしているアーティスト
金箱淳一君さんが、
実験に参加してくれる聴覚障害者を急募しています。

FullSizeRender.jpg

<実験の概要>
音と振動で、どれだけリズムが区別できるかを測る実験です。
音はスピーカーから聞こえます。振動は音のリズムに合わせて
指先から感じるデバイス「KIKIMIMI (キキミミ)」を使います。
難しい操作は必要ないので、どなたでも気軽に参加可能です。

<主な実験内容>
アンケートへの記入(約5分)
スピーカーを使ったリズム弁別実験(約7分)
KIKIMIMIを使ったリズム弁別実験(約7分)
スピーカーとKIKIMIMIを使ったリズム弁別実験(約7分)

<日時等>
実施日時 1月27日(9:00 - 18:00)
所要時間 1人当たり約30分(説明含む)
場所 女子美術大学(東京都杉並区和田1-49-8)
参加条件 20歳以上で高度〜重度難聴をお持ちの方
情報保障 こころを込めて筆談で対応させてください

<問い合わせ先>
金箱淳一(かねばこじゅんいち)
筑波大学 感性認知脳科学専攻 博士後期課程3年
メールアドレス:kanejun@gmail.com

音と光.png

金箱淳一
http://www.n-bunka.jp/next/artist/entry/64.php
金箱さんの作品、音を見せるアプローチ。
https://vimeo.com/149246784 


posted by 南 瑠霞 at 16:50| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

2016.01.22(金)夜!!手話パフォーマンス講座体験会

先日の、手話パフォーマンスきいろぐみ〜手話ライブには、
多くの方に来ていただき、本当にありがとうございました。
メンバー一同より、心から御礼申し上げます。

EDSC06304ブログ用出た.jpg

さて、そんなライブに参加して、
わあ、楽しそう!自分も手話パフォーマンスをやってみたい!!
と思って下さった皆さん!!
もしよかったら、ぜひ、体験会にお越しください。

手話の歌のあり方、聴こえない人の思いなども、
共にディスカッションしながら、
手話の歌を体験していただきます。
今回の課題曲は、アガルタやV6でおなじみの、
「輪になって踊ろう!!」
一緒に、体ごと動かして、暖まりながら、
手話パフォーマンスを学んでみましょう!!

1.jpg

※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※
「手話あいらんど手話教室
手話パフォーマンス講座〜体験会!」
★2016年1月22日(金)19:30〜21:00
飛び入り歓迎ですが、もしよかったら事前にご連絡を!
[メール] kiirogumino1@yahoo.co.jp
★世田谷ボランティアセンターにて!
東急田園都市線「三軒茶屋」駅より徒歩約15分。
東京都世田谷区下馬2-20-14
 (迷う人続出!汗 ぜひ30分前目指してきて!)
★料金 3,240円(税込)
※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※

ボラセン地図.png

【お問い合わせ】
手話あいらんど
電話 03−3487−0752
Email kiirogumino1@yahoo.co.jp

※ 手話パフォーマンス講座について、くわしくは・・・
http://www.shuwa-island.jp/kyoshitsu/course/performance.html 





posted by 南 瑠霞 at 01:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

手話ライブ速報2!!

手話パフォーマンスきいろぐみ
17日日曜日のステージも、満席御礼!!
皆さんのおかげで、大変盛り上がったステージとなりました。
本当に、ありがとうございました。

カメラマンのみなさんが撮ってくださった写真は、
まだ上がってきていませんので、
日曜日のものは、お客さんが撮ってくださった写真を中心に、
急ぎのご報告です!!
すごく、ありがとう!!

1.jpg
今回は、みんなできいろの衣装をそろえています!!
元気がいいでしょ?

3.jpg
素敵なバルーンの贈り物をいただきました。

2.jpg
TARAKOさん、いつもありがとう!!

6.JPG
大人気だったタオルダンス!笑

5.jpg
たくさんの花の咲く歌!!

4.jpg
これは、「つながり」を意味する手話!

7.JPG
17日後半の南の衣装は赤と黒!!

福島県で、住宅などの放射能の除染作業をされているという方や、
遠く山口県などからも、テレビで私たちのことを知って、
駆けつけてきて下さったという方もおられました!!
多くの方々と触れ合い、たくさんのお気持ちもいただき、
熱い思いがこみ上げてきました!!
心より感謝いたします。
2016年も、素敵な1年にしましょう!!

事務局からの公式写真も、また、
完成次第発表させていただきます。
本当にありがとうございます。



posted by 南 瑠霞 at 15:05| 東京 ☔| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

手話ライブ速報!!

1月16日の手話ライブが、無事終了しました。
本当にありがとうございました。

マネージャーのはっちゃんが取ってくれた写真で、
簡単に速報をお伝えします。
今回も、満席で、
皆さんのおかげで大盛況となりました!!
感謝!!

@ジャガジャガDSC06010ブログ用.jpg
ほうきのギターで、大熱演!!
風も送ってみたりして!!笑

ADSC05360ブログ用イレアイエ.jpg
みんなで、元気いっぱいのステージです。

BDSC05198ブログ用金子.jpg
16日のゲストパフォーマーは、
大道芸人の金子くんでした!!
本当にありがとうございました。

CDSC04766ブログ用花.jpg
ステージに花も舞い!

DDSC05083ブログ用きいろ.jpg
お客さんたちも黄色いものを持って集まってくださいました!!
本当にありがとう!!

EDSC06304ブログ用出た.jpg
17日もがんばります!!

※ライブチケットは完売しています!!
当日券は、19時、空き席が出た場合に販売予定です!!
本当にありがとうございます。
皆さんの応援、心より感謝申し上げます。




posted by 南 瑠霞 at 02:55| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

手話の歌〜いきなり翻訳や歌い方の指導はいたしません!!汗&笑

以前書いた記事なのですが、
大事な事なので、今一度、リライトで!!

image/2016-01-14T143A403A12-1.jpg

私が手話の専門家だと知って、
いきなり、
「この歌を手話で歌いたいんです。手話教えてください!」
と言ってくる方が、
この頃、ますます増えています。

ダメよ!ダメダメ!!
おお!まさにあの、
何やらお笑いの壊れたお人形のようになってしまそうな私です。笑

手話の歌・・・と言っても種類もいろいろ、
方法もいろいろですが、
こういった連絡をくださる方は、
すべて、基本的に、
「今、聴こえる人の間で流行っている歌に、
手話を付けて歌いたい!!」
というものです。

ところがこれ、
聴こえない人の約半数が、嫌い!
または、好ましく思っていない、
または、全然興味がない!!
ということを、ご存知でしょうか?

聴こえない人の中には、手話の歌が大好きで、
自分もいっぱい歌いたい言う人も大勢いますが、
反対に、子どものころから、
無理にリコーダーを吹かされたり、
わからないのに、歌え!と言われ、
音楽に対して嫌な印象を持っている人、
また、
わからない音楽を、わかれと言われても、
楽しくもなんともない!!
という人もたくさんいます。

さらに、
手話という聴こえない人の大事な言葉を使って歌うからには、
やはりまず、
「聴こえない」ということがどういうことなのか、
「手話」とはどんなものなのか、
その辺のところを、ちゃんと、知ったり、
体験したうえで、
”聴こえない人とも分かり合える方法で”、
心を込めて歌ってもらいたい。

いつも、このブログでも、
お伝えしているように、
私達は、基本、どんな手話指導でも、
ドラマの役者さんでも、
歌い手さんの歌であっても、
いきなり、
テキストから入ったり、
手話翻訳だけを教えたりすることはありません。

1回目のレッスンは、必ず、
「聴こえない人との出会い」から。
( *詳しくは、先日の記事がわかりやすいかも!
http://minamiruruka.seesaa.net/article/406715512.html )

聴こえない人が、どんな暮らしをし、
どうやってコミュニケーションをとっているのか、
通じない時、どうやって伝え合えばいいのか、
そして何より、
言葉や音楽を、目から見るって、
どういう状態なのか?
そういったことを、よーく考えて、
思いを伝えるってことの大切さを、
感じてもらってから、
その次にやっと、
本格的な手話レッスンです。

そうした部分をすっ飛ばして、
「時間がないから、早く!」
って、言われても、
ちょっと、無理なんだな〜。

それに、歌詞の翻訳って、
手話ができれば、やれるってもんじゃない。
正しく手話に翻訳しても、
言葉数や、表現の長さが合わなければ、
音楽に乗せられない。
「その場で、教えて!!」と言われても、
どういう単語や表現が、
その歌にピッタリ合うのか、
ちゃんと考えないと、良い手話の歌は、できないのです。汗&笑
これは、日本語の歌を、英語に作り直すときも同じ。
正しく英語に翻訳しても、
音楽の長さやリズム、メロディーにうまく合わなければ、
歌が歌えないでしょ?
手話も、一つの言語なので、
日本語の都合のいいようにはなっていないんだな〜。
そういうこと、わかるかしら?

〇手話の歌が大嫌いなろうの人もたくさんいる
〇手話で歌うなら、聴こえない人のこと、
 手話のこともきちんと理解してから。
〇手話の歌詞翻訳には、手話通訳ができるうえ、
 さらに、歌詞を音楽に合わせてイメージごと
 組み立てられる能力が必要!!

そういうわけで、
ダメよ!!ダメダメ!!
「流行の歌に、手話を付けて!!今、教えて!」
と言われても、
いきなり翻訳や歌い方の指導は、
いたしません!

あなたもぜひ、よーく考えてみてね。
どうぞ、よろしくお願いします。

image/2016-01-14T143A393A30-1.JPG



posted by 南 瑠霞 at 14:42| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

登呂遺跡!!

image/2016-01-07T093A043A35-1.JPG
冬休み中の 静岡県の空です。
この年末年始は、
全国的に暖かく、良い天気のところも多かったようですね。

image/2016-01-07T093A003A21-1.JPG
私は、その冬休みの最後に、
登呂遺跡に行ってきました。

image/2016-01-07T083A593A59-1.JPG
およそ2000年前、ヨーロッパで西暦が始まったころの、
日本の弥生時代に当たる遺跡で、
高床式の木組みの倉庫の手前には、
当時の田んぼの後も残されています。
このころ、すでに木組みの家があり、
三角の屋根が作られ、
田植えとそれを守る定住文化があったことに、
驚きです。
2000年前にタイムスリップしても、
ここなら、私たちもちゃんとフツーに暮らせそうに感じました。
その賢さと文化に、感動しました。

image/2016-01-07T083A593A40-1.JPG
天気の良い外では、男性の方が、
子どもたちに当時の火のおこしかたを教えてくださっていました。
こうした器具もすでに、人が使っていたということですね。

image/2016-01-07T093A013A27-1.jpg
小学生の子が、見事に火をおこしました!!
子どもでも火が起こせる道具が、当時あったということに、
人の文明の大きな力を感じます。

image/2016-01-07T093A013A57-1.jpg
藁ぶきの屋根の竪穴式住居の中は、
モンゴルの丸いパオの使い方に似ているようですが、
すでに囲炉裏があります。
火を起こして、調理をしていたのです!!

image/2016-01-07T083A583A44-1.JPG
小さな機織りの原型。
女性の方が体験で小さな布を追っておられました。

image/2016-01-07T093A023A35-1.JPG
当時の人が来ていた麻の服も、
こうして、ハタを織って作られたものなのだそうです。
加工技術が、現代的です。

image/2016-01-07T083A593A08-1.jpg
今とほぼ同じゲタ!

image/2016-01-07T093A023A54-1.jpg
土器の壺やおわん。

image/2016-01-07T093A033A17-1.jpg
木製のスプーンも作っていて、
ほぼ、今の私達の生活は成り立ちます。

image/2016-01-07T093A043A01-1.jpg
これは、かつての女性の姿を復元したものですが、
見てください!!
ビーズのネックレス!!
2000年前も、女性は、
オシャレに興味がありあり!!
女の子たちが着飾りたいと思うのは、
現代人だけの特徴ではなかったのです!!

私たちが子供のころ、
「昔々、あるところに・・・」
と聞かされたお話は、
ほとんど江戸時代のイメージです。
そこには、わらぶきの屋根があり、囲炉裏があり、
おじいさんやおばあさんが火にあたっていたり、
なんとかごんべいさんが、
田植えをしたりしていますが、
その原型は、すでにすべてこの弥生時代にそろっていたと知り、
いまさらながら、驚愕したと当時に、
私達って、現代の状況を、
科学の発展とか、すごいビルを建てたとか、
パリコレだのミラノコレクションなどと言っていますが、
もう、ここに!!
全部ある!!!!!!!!!
そう思って、興奮が止まりませんでした。

ほんの30分のつもりが、
2時間以上、あちこちを見て回り、
学芸員やボランティアの方のお話を聞きまくり、
あっという間に日が暮れてしまった、
この日でした。

お正月に、こうした素晴らしい文明について、
しかも!!
私たち日本人の!!!!!!!
知恵と生活、また、
人と人とが助け合い力を合わせて暮らしていく姿について、
勉強させていただいて、
本当に素敵な、1年のスタートになりました。
そう!!
私達は、すごくない!
先人たちがすごかったから、
そのおかげで今があるのだ!!と実感した2016年1月です。

人が、時を超えており成してきた
文化・文明・歴史の積み重ね、
すごいですね。

FullSizeRender.jpg
「静岡」
両手をチョキにして、富士山の形を描きます。
(C)ゲームで学べる手話辞典/Softbankアプリ
(手話監修:手話あいらんど)


※ 手話あいらんど手話教室 体験会
http://www.shuwa-island.jp/kyoshitsu/trial/
ろう者と話そう会話レッスン!! 1000円
2016年1月9日(土)14:00〜
宮坂区民センター2階 大会議室
(東京都世田谷区宮坂1-24-6)

※ 手話あいらんど手話教室 入門情報
http://www.shuwa-island.jp/kyoshitsu/course/natural1.html 


posted by 南 瑠霞 at 10:07| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

和歌山県〜津波速報誤報!!驚!!

1月1日 新年早々
串本町は、大騒ぎになりました。

午後、突然エリアメールで、
「和歌山県沖に津波発生。避難せよ!」
と、連絡が入りました。
地震もないし、サイレンもならないし、
気象庁のお知らせもなく、
和歌山県の地震速報システムが自動的に作動したのです。

氏神様に初もうで中だった私たちは、
周りの、知らない人にも、
メール来ました? メール来ました?
と尋ね回ると、
みんな、来た来た!!
と、見せ合う状況に。
その場で、
逃げたほうがいいのかな?
と話し合っていました。

すると、およそ1時間後、
さらに追加のメールで、
周り中の人の携帯が、
ピンポンピンポンと鳴り響き、
「津波はさらに高くなっています。
周辺地域の方は非難を!!」
との文字。

これで、嘘だと思って逃げ遅れたらまずいと、
みんなで、避難の段取りを話し合っていたら・・・
町役場からようやく反応があり、
「現在出回っているメールは誤報です。
安心してください。」
と、町中の拡声器が鳴り響いて、
みんなが、落ち着きを取り戻しました。

お正月で、帰省中の人も多く、
私たちも、ちょうど、
周りの若い人たちと一緒に、
年寄たちを先にどう逃がすか?
子供をどうするか?
動ける私たちは、まず何をしようか?
と、話し始めていたタイミングでした。
大汗!!

そのころ実は、
町の役場は、このメールの影響で、
出られる職員は全員緊急出勤!!
役場では、問い合わせの電話が鳴り響きっぱなし。
危険を感じたいくつかの家族はすでに避難開始。
と、かなりの騒ぎとなっており、
それを鎮めるのも、
時間がかかったようです。

「和歌山沖」と言われれば、それは、
つまり、和歌山県の一番海側の先端にあたる
まさに「串本沖」のことであり、
串本直撃が想像される津波情報では、
こう反応するのが、当たり前です。

人騒がせのメールは、
誤報と分かり、ほっと一息ですが、
もちろんこれが事実だということもあるわけで、
海沿いの町は、
一気に緊張感が高まった新年となりました。

和歌山県が独自に採用したシステムが、
誤作動したということですが、
今後、もっと、正確に反応するよう、
改善を急ぎたいところです。
一報目は、まだ仕方ないとしても、
第二報で、「さらに津波が高まり…」と、
情報が配信されたのは、
かなり、まずい状況かとも思われます。大汗

また、たぶん誤報だと思ったとしても、
緊急に、役場に集まってくださった職員の皆さん、
また、警報を信じて、
すぐに非難されたみなさんこそ、
たたえたいと思います。
警報が出たら、すぐに逃げる!
それで、98%の人が助かるということも、
私たちは、肝に銘じておきたいなと実感した
騒動でした。汗汗

今年も、日本、そして世界が、
安全なスタートとなりますように。


【避難/逃げる】
FullSizeRender.jpg
(C)ゲームで学べる手話辞典/Softbankアプリ
(手話監修:手話あいらんど)


posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

手話の勉強を始めよう!!

IMG_8263.jpg

あけまして、おめでとうございます。
めずらしく、お正月のタイミングで、
実家に帰省している南です。

新年お正月は、1年の始まり!!
何か、自分に挑戦してみたいなと思うあなた!
手話を始めてみませんか?

手話は聞こえない人の大事な言葉であり、
耳を使わなくても、目で見て、手で話せる!という、
日ごろ聞こえる私たちが使っている音声言語の概念を覆す、
価値観のひっくり返るような言葉です!!
私は、手話を初めて見た時、
「わあ、思っていることや考えていることが、
その人の目の前に浮かび上がって見えている!!」
と感じ、とても感動しました。
それが、私と手話との出会いです。

手話を、
福祉やボランティア的観点から学ぶ方も多いと思いますが、
私は、ちょっと違って、
手話は、一つの言語であり、
英語やフランス語などと同じように、
異文化・異言語として勉強すると、
たくさんの学びを私たちにもたらしてくれると、
いつも実感しています。
もしよかったら、ぜひ、
あなたも手話に触れてみてください!!

※ 手話を通じた南 瑠霞の活動プロフィール
http://minamiruruka.seesaa.net/article/431471031.html
※ 手話あいらんど手話教室
(新年スタートクラス/体験会情報)
http://www.shuwa-island.jp/kyoshitsu/


『あけましておめでとう』の手話は、
「お正月」+「おめでとう」と、表現します。

【正月】=【1月1日】
人差し指を横に倒して、上下に並べることで、
漢数字の「一」が縦に並んでいる様子を作ります。
これで、「お正月」!
あけ.jpg

【おめでとう】
すぼめた両手を上に向かってパーッと開いて。
打ち上げ花火のイメージで。
ome.png

(C)ゲームで学べる手話辞典/Softbankアプリ
(手話監修:手話あいらんど)


今年も、よろしくお願いします!!

posted by 南 瑠霞 at 10:21| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
手話 単語

るるかのおすすめリンク
花嫁の父 愛の劇場 ラブレター 手話 歌 手話 手話 教室