2016年10月10日

ハロウィン手話ライブ御礼!!

1.指文字の歌.jpg

きいろぐみハロウィン手話ライブ!!
本当に、ありがとうございました。
会場には、白い羽を付けた天使や、
緑の衣装に身を包んだピーターパン、
そのほか、かわいいオレンジのペンダントを付けてきてくれた方、
猫耳の方などなど、
いろんな方が、来てくださって、
私たちも、とてもうれしく、
皆さんと一緒に、盛り上がりました。
本当に、ありがとうございました!!

私たちも、ディズニーの姫、魔女、猫、
人気キャラクター、カボチャ、包丁のささった人、
ガイコツなど、
楽しい仮装をさせていただきました〜〜〜〜!!笑

2.南.jpg
私南は、魔女っぽくしてみました。
これは、「モンスター」の歌の1シーン!!

3.ラプンツエル.jpg
たまと元美も、かわいいでしょ〜?

4,チョコレイト.jpg
まひろも、受験が落ち着いたということで、
小悪魔として舞台に戻ってきてくれてます。
今回は、トークを頑張ってくれました。

5.聲の形.jpg
舞台中、「聲の形」の手話モデルとなった二人も、トークをしました!!
左は、ろう者硝子の妹「ゆずる」役の手話モデルとなった たま(樋口珠音)ちゃん。
中央は、きいろぐみデフキャスト樺沢たまきちゃん。
樺沢たまきちゃんの手話が、聲の形のアニメ映像の中で、
あの繊細でやさしく多くの悩みを抱えていた
ろう者高校生硝子(しょうこ)の手となり、思いを伝えています。
もしよかったら、あなたも、
「聲の形」見に行ってください!!!
http://minamiruruka.seesaa.net/article/441458062.html

6.サヨウナラ.jpg
「ねえ、地球が一人で泣いてる」と歌う、
ちょっと悲しいワルツも、サインアイドルたちの手で、
美しく表現されました!!

皆さん、一緒にハロウィンを楽しんでくださって、
ありがとう。
ここからも、みんなで、元気な秋にしましょう。
またお会いしましょう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!
大感謝です〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!
ウヮオ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!




posted by 南 瑠霞 at 09:30| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

サインアイドルたちを応援してね!!2016.10.08(土)夜 ハロウィン手話ライブ!!

FullSizeRender.jpg
今、一押しの、4人のサインアイドルたちを、ご紹介します。

中嶋 元美
NHKにも取り上げていただくなど、
今注目の、ろう者手話パフォーマー。
ダンスが得意です。

加藤 まひろ
高校3年生の、手話パフォーマー。
手話の腕前は、手話通訳士並み!!
キュートな歴女です。

樋口 珠音
高校2年生。手話パフォーマー。
スポーツが大好き!体力に自信あり!!
夏の手話ミュージカルでは、芝居のうまさでも人気に!!

樺沢 環
ろう者手話パフォーマー。高校2年生。
リズミカルなダンスが、得意です。
手話のトークも、元気でセンスがあります。

こんな彼女たちも、
10月8日(土)夜 ハロウィン手話ライブに登場。
ぜひ!!
ぜひぜひ!!応援よろしくお願いします。


蝙蝠.png


*。○。*。○。*。○。*。○。*。○。*
手話パフォーマンスきいろぐみ
2016秋〜手話ライブ!!
ハロウィンだ!モンスターだ!わぉ!!
*。○。*。○。*。○。*。○。*。○。*

★ライブには、ぜひ、仮装をしてきてね。
本格コスプレのほか、
ちょこっと猫耳を付けるとか、こうもりのペンダントを付けてくるとか、
ハンカチが黒いとか、そんなささやかな仮装でもOK!!笑

【とき】
2016年10月8日(土)
19:30〜21:30(開場18:30〜)

【チケット】
3,500円(税込)
チケットセンター.png
http://www.kiirogumi.net/2016108/ticket/
※10月7日(金)16時。または定員になり次第締め切らせていただきます。
※チケット代金とは別に、店内で飲食物を1品以上注文していただく料金が必要です。
※当日代金と引き換えでチケットをお渡しします。

【ところ】
グレープフルーツ・ムーン
東急田園都市線 三軒茶屋駅より徒歩7分
(東京都世田谷区太子堂2-8-12 佐々木ビルB1)
地図.png

あなたのお越しをお待ちしています!!



posted by 南 瑠霞 at 00:46| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

ハロウィンなので!!笑 10月8日(土)夜 きいろぐみ手話ライブ(世田谷)


IMG_4877.JPG

2016年10月8日(土)夜は、
手話パフォーマンスきいろぐみ
ハロウィン手話ライブ!!です。
ぜひ、見に来てください。

IMG_4870.JPG
この土日は、みんなで最終調整に入っています!!

それで、今回のライブでは、
皆さんに、本格仮装、またはちょこっとだけひそかに仮装(笑)を、
してきていただけるよう、お願いしています。
ぜひ、あなたも一緒にお楽しみください。

それに先駆けて、私も、スマホアプリで、
ちょこっと変身を遂げてみました。笑

IMG_4862.JPG
魔女がお菓子を噴出しているところ。

IMG_4852.JPG
泣いちゃった、ワンちゃん。

IMG_4849.JPG
落書き風。笑

首の周りにお菓子のネックレスをかけてきてくださったり、
オレンジ色のハンカチを持ってきていただいたり、
ほんの少しの飾りでかまいません。
外で見せるのが恥ずかしい方は、
会場に来てから!!笑
ぜひ、一緒に、みんなで楽しみましょう。
本当に、いつもありがとうございます。

蝙蝠.png

*。○。*。○。*。○。*。○。*。○。*
手話パフォーマンスきいろぐみ
2016秋〜手話ライブ!!
ハロウィンだ!モンスターだ!わぉ!!
*。○。*。○。*。○。*。○。*。○。*

★ライブには、ぜひ、仮装をしてきてね。
本格コスプレのほか、
ちょこっと猫耳を付けるとか、こうもりのペンダントを付けてくるとか、
ハンカチが黒いとか、そんなささやかな仮装でもOK!!笑

【とき】
2016年10月8日(土)
19:30〜21:30(開場18:30〜)

【チケット】
3,500円(税込)
チケットセンター.png
http://www.kiirogumi.net/2016108/ticket/
※10月7日(金)16時。または定員になり次第締め切らせていただきます。
※チケット代金とは別に、店内で飲食物を1品以上注文していただく料金が必要です。
※当日代金と引き換えでチケットをお渡しします。

【ところ】
グレープフルーツ・ムーン
東急田園都市線 三軒茶屋駅より徒歩7分
(東京都世田谷区太子堂2-8-12 佐々木ビルB1)
地図.png

あなたのお越しをお待ちしています!!



posted by 南 瑠霞 at 00:10| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

2016.10.08(土)夜!プチ仮装してきてね!!ハロウィン手話ライブ!!


ハロウィン看板.jpg

10月8日(日)夜は、手話パフォーマンスきいろぐみ
ハロウィン手話ライブ!!
10月の終わりのハロウィンに、本格仮装がしたいあなたは、
その予行演習に仮装して!!笑
そうでないあなたも、ちょこっとだけ、ハロウィンにちなんだ何かを身に着けて、
ぜひ、会場に来てください。笑笑

もちろん、めちゃくちゃコスプレしてきてもOK!!
フランケンシュタインとか、ドラキュラとか、
何かの着ぐるみとか…
ハロウィンだからこそやれることは、いろいろですよね。笑

でも、いくらなんでも、そんな格好できないし、
恥ずかしい!!というあなたは、
すこーしだけ、ハロウィン気分になってください。

その例を、南 瑠霞画伯のヘターな絵で説明すると…

image/2016-09-29T233A293A08-1.jpg
image/2016-09-29T233A293A05-1.jpg

たとえば、画用紙で作った小さな猫耳を髪にピンでとめる。
爪にこうもりのシールを貼る。
実は、どくろ模様のネクタイを持っているが、今まで使うチャンスがなかった…
100円ショップで小さな仮面を買ったから、それくらいなら会場でつけてもいい。
ドクロの指輪を付けてみようかな?
お化けのイヤリングとか、ピアスならかわいいかも!!
いや、黒かオレンジのものを身に着けるだけでも、ちょっとハロウィンポイかな?
などなど、目立たないけどちょっとだけ、ハロウィンらしくする…みたいな!!
そんな風にして、みんなで楽しめればいいなと思っています。

ぜひ、あなたも、当日は、ハロウィンルックにご協力ください!!

ちなみに、メンバーである私たちですが、
かぼちゃのコスプレ、魔女になる、姫になる、骸骨になるなど、
それぞれ工夫して、何らかの変身を遂げる予定です。笑
だけどだけど、南が、
「顔も、いろんなメイクをして、血が噴き出すみたいなのがしたい!」
と言ったら、メンバーみんなに、
「そんな顔になったら、
手話で必要な顔の表情が分からなくなるから良くない!!」
と、口々(手に手に/笑)言われ、敗北!!笑
私たちの顔は案外フツーです。
参考までに。汗&笑

蝙蝠.png

*。○。*。○。*。○。*。○。*。○。*
手話パフォーマンスきいろぐみ
2016秋〜手話ライブ!!
ハロウィンだ!モンスターだ!わぉ!!
*。○。*。○。*。○。*。○。*。○。*

★ライブには、ぜひ、仮装をしてきてね。
本格コスプレのほか、
ちょこっと猫耳を付けるとか、こうもりのペンダントを付けてくるとか、
ハンカチが黒いとか、そんなささやかな仮装でもOK!!笑

【とき】
2016年10月8日(土)
19:30〜21:30(開場18:30〜)

【チケット】
3,500円(税込)
きいろぐみチケットセンターは、こちら!!
http://www.kiirogumi.net/2016108/ticket/
※10月7日(金)16時。または定員になり次第締め切らせていただきます。
※チケット代金とは別に、店内で飲食物を1品以上注文していただく料金が必要です。
※当日代金と引き換えでチケットをお渡しします。

【ところ】
グレープフルーツ・ムーン
東急田園都市線 三軒茶屋駅より徒歩7分
(東京都世田谷区太子堂2-8-12 佐々木ビルB1)


posted by 南 瑠霞 at 23:59| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

邦画やアニメなどの字幕上映!!聞こえるアナタも行ってみてね!!

各地の映画館の、邦画やアニメで、
聞こえない人向けの字幕上映が増え、
字幕のつく日は、お客さんがすこーし減る場合があるのだそうです。
「え?どういうこと?
聞こえない人は、字幕が付くと便利だから、
みんなが見に行って、お客さんが増えるんじゃないの?」
そう思うあなた、
ちょっと、お話を聞いてください!!

一般の聞こえる人は、
邦画などに字幕が付くと、邪魔に感じる人がいるというのは、
まあ、おいておいて、
聞こえない人も、字幕のつくときとつかない時があると、
限定された日程では、
実は、なかなか都合がつけられなかったりして、
映画を見に行けなかったりもする。
これも、いろいろ字幕上映の際は、話題になる点です。

で、今回、私がお伝えしたいのは、
それとは、別の話。
実は、こうした聴覚障がい者向け字幕が付くと、
「見たい映画なんだけど、
字幕が付くなら、聞こえない人がたくさん行きたいだろうから、
譲ったほうがいいだろうし、聞こえる自分は、遠慮しようかな?」
と思う人がいること。
これ、確かにそういう思いやりも大切なのだけど、
それで、集客率が落ちてしまうのも、残念だし、
実は、聞こえない人は、
そんな聞こえるアナタと一緒に映画を見たい!!
と思っていることに、皆さんお気づきでしょうか?
それが、たとえ知らない人であっても、
聞こえない人は、聞こえる人とともに映画を見るのは、
素敵なことだと思っています。
だから、なおのこと、邦画上映などでは、『字幕がついていると嬉しい!!』
と思うのです。

字幕が付くということは、
単に中身が分かって便利なだけではなく、
「隣の聞こえる人と対等に、
同じ映画を同時に見られる。」
「聞こえる人も見ているその映像を、
自分も何の遠慮もなく見られる。」
という、とても大事な、人の心の誇りに関わる、
心の支えでもあるということ、
私たちは、ちょっと気づいていたいなと思います。

こういう状態が実現することで、
それでこそ、聞こえる人も聞こえない人も、この世に存在して、
対等に、映画も楽しめたり、
いろんなことが自由にできたりするっていうこと、
私たちも、心に止めておきたい。

邦画やアニメの字幕は、聞こえない人の不便を解消するとともに、
多くの人と、ごく自然に対等になるためにこそ、
望まれているのです。

もし、このブログを読む方の中に、
「字幕が付くなら、聞こえない人のために、
譲って、自分はまた今度にしよう。」
そう思う方がおられたら、
ぜひ、遠慮なく、その字幕のついた映画を楽しみに出かけてみてください。
遠慮されると、
それは聞こえない人にとっても、寂しいことだったりするかもしれません。
ですから、心優しいあなた、
そういう時は、逆に何も気にせず、劇場に出かけてみてね。
そしたら、そこには、聞こえない人もいて、
アナタと同じように、一つの同じ映画を見ている。
そこにあなたもいること、
それが、聞こえない人たちが望む、本当の平等です。

もしよかったら、
聞こえないあなたも、聞こえるアナタも、ぜひ、
字幕のついた邦画やアニメを見に行ってください。
せっかく、情熱をもって制作した
多くの関係者、演出家、役者さん、スタッフの皆さんだって、
そうやって映画がもっともっと盛り上がれば、
さらにうれいだろうと思います。

「字幕が付いていても、邦画やアニメを見に行くよ。」
そう思う、一般の聞こえる人が増えれば、
聞こえない人たちもうれしく思うってこと、
ちょっと心に止めてみてください。

これは、南の考えではなく、
いろんな聞こえない人と話したら、みんながそう思っていた!!
ということに気づいたので、
投稿してみました。
ホント、みんなで一緒に、映画を楽しみたいですよね。

そんなわけで、いつも長々と思うことをいろいろ書かせてもらっていますが、
本当に、ありがとうございます。
考え方は、いろいろあると思いますが、
こう感じている、聞こえない人や手話関係者もいるということ、
知っていただけると嬉しいです。
感謝。

南 瑠霞

映画.png


posted by 南 瑠霞 at 22:39| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

関東大会にきいろぐみ!!

私、南 瑠霞が手話パフォーマンス甲子園に伺っていた、
9月24・25の土日、
東京では、第39回関東ろうあ者大会が開かれ、
そこでは、私たちも制作に参加した「聲の形」についてのトークショーや、
きいろぐみの手話パフォーマンスステージも、展開されました。

こちらも、とても盛り上がったようで、
ろう者・手話環境が、ますます理解の輪を広げ、
多くの人がともに、歩んでいることが、
感じられました。

きいろぐみメンバー.jpg
きいろぐみも、東京で、元気なステージ!!

会場.jpg
会場では、多くの皆さんが、
きいろぐみと一緒に手を動かしてくれました。
この写真は「この手で歌おう〜指文字の歌」。
皆さんが、『うさぎ』の手話を表現してくださっているところです!!
東京都聴覚障害者連盟と一緒に作った
「この手で歌おう〜指文字の歌」は、
五十音の指文字がすべて出てきますが、
なんと一発で一緒に歌えるのは、
もちろん日ごろ手話や指文字を使いなれているろうの方!!
こうしたろう者関係の集いでは、客席全体が、
一斉に、同じ手話を次々表わしてくださって、
いつも、私たち自身も、感動をいただいています。

手話言語条例も少しずつ広がり、
各地のろう者大会も、満席になる盛況ぶり。
時代とともに、環境も変わり、
暖かく熱い気持ちになれ、
この秋もさわやかにスタートしました!!
感謝。

posted by 南 瑠霞 at 13:43| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

第3回手話パフォーマンス甲子園にて審査員を承ってきました!!

image/2016-09-26T063A453A05-1.JPG

この週末は、
「手話パフォーマンス甲子園」が第3回を迎え、
その審査員に呼んでいただき、
鳥取県にお邪魔してきました!!

image/2016-09-26T063A473A04-1.JPG

ここまで夏の後半は、関東も、何かと雨続きでしたが、
24日土曜、私たちが羽田から鳥取空港に到着するころ、
現地は青空!!さわやかな日本海の風に迎えられました!!
(私!!晴れ女ですから!!笑)

土曜夜は、交流会!!
なんと!!高校生たちメインの立食パーティーだったので、
お酒抜き!!笑
およそ200人の皆さんと、梨のジュースで乾杯しました!!
佳子内親王も見えて、
さわやかな笑顔を振りまかれ、
若さと元気のあふれる会場で、
様々な方々と交流させていただきました。
ゲストでステージに立った
高木里華&坂本珠美ちゃんの
二人のろう者手話パフォーマーのダンスと表現は、
とても素晴らしく、
会場の若者たちに、エネルギーを放っていました!!
感動!!

元気なスタートを切った手話パフォーマンス甲子園の
本番は、25日(日)。
予選61チームの中から勝ち抜いた
20チームの高校生パフォーマーの皆さんが、
様々な演技を見せてくれました!!
私たちは、それを審査させていただいたのですが、
それぞれ形式も人数も違う一つ一つの作品は、
どれも、みんなの熱い思いがこもっており、
審査するのが申し訳ないような素晴らしいパフォーマンスばかり!!
長い審査の後、特に優秀だった3チームが、入賞しました!!
結果は、こちらでどうぞ!!
http://www.pref.tottori.lg.jp/item/1044297.htm#itemid1044297
選にもれた皆さんも、
ここからの力強い未来を感じさせるものばかりで、
パワーをいっぱいもらいました。
高校生の皆さん、本当にお疲れさまでした。
鳥取での素敵な1日、おめでとう!!

image/2016-09-26T063A453A08-1.JPG
今回の審査員の皆さんです。
大会終了後、みんなで記念写真を撮りました!!
左から、絵かき(絵本作家)の門秀彦さん。 
鳥取県合唱連盟理事長で、全日本合唱連盟常務理事の山田衛生さん。
私、手話パフォーマーで手話通訳士の南 瑠霞。
審査員長で、演出家・俳優の庄ア隆志さん。
全日本ろうあ連盟副理事長の小中栄一さん。
女優の忍足亜希子さん。
皆さんとても暖かく、誠実な方々で、
互いに思いをもって、この会場に集まり、
真剣に審査に臨まれ、
この熱さにもまた、感動をいただいた、
手話パフォーマンス甲子園でした。

私、南自身、今回の甲子園に集まった多くの皆さんと同様、
10代に、手話に出会い、
こうして、手話パフォーマーとなり、手話通訳士となり、
手話エンターテイメントにかかわる仕事に就くことになりました。
手話パフォーマンス甲子園は、
そうした若者たちの未来をも育てる素敵な場だと、
実感させていただきました。

image/2016-09-26T133A103A06-1.jpg
舞台裏で、パチリ!!
現在この優勝旗は、熊本ろう学校の手に!!

会場でお声がけいただきました
多くの皆さんにも、お礼申し上げます。
たくさんの出会いに感謝いたします。



posted by 南 瑠霞 at 13:11| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

ももクロ あーりんへ!!

あーりん、今回は、
ソロコンサート本当に、おめでとうございました!!
そして、初めての手話にチャレンジ、お疲れさま!!
ご自身のブログにも、
私たちや手話のことを、書いてくれて、本当にありがとう。

私たちは、あーりんから、
手話で「青春賦」をやりたいとお話があった時、
すでに9月に入っていたこともあり、
最初少し、大丈夫かな? と思いました。
でも!!
最初のレッスンで、あーりんにお会いし、
ろう者の元美ちゃんと、なんの通訳もなしに、
身振り手振りでたくさん話し、
明るく通じ合う努力をしている姿を見て、
サビだけといわず、きっと、丸々1曲すべてやれる!!
そう感じました。

また、手話の歌では、歌詞だけではなく、
本人が、それをどう解釈し、
どのような思いで歌っているかによって、
翻訳も違ってきます。
あーりんは、その点を、私たちに任せきりにせず、
「私は、この部分は、こう思う。」
「ここは、こう伝えたい。」
と、たくさんの意見を持っていたことも、
より、あーりんらしい手話を作っていくうえで、
大切な手掛かりとなりました。
こうして、あーりんだけの、
あーりんが歌う手話の「青春賦」が、完成したこと、
とてもうれしく、また素晴らしいことと思っています。

それから、実は、手話で歌うときは、
音声の歌詞とは違う、手話のリズムがあり、
それをどこでどう区切るか、
どう音楽に乗せるかは、大きな課題です。
一般に、初めて手話の歌に挑戦した人は、
音声の歌詞に引きずられ、
手話の区切れや文法が混乱してしまうこともよくあります。
ところが、あーりんは、
ここまでのももクロでの、歌や踊りという表現活動の中で、
体をリズムに乗せることが、自然に身についていました。
それで、手話独自のリズムをつかむカンも、なかなかのもので、
切れのいい手話表現ができたと思っています。
急な視線の変化や、表情なども、のびのびとやれ、
初めてながら、とても素敵な手話の歌になりましたね。

それから、
私たちが、もう一つ感動をいただいたのは、
3Bジュニアの皆さん!!
皆さん、明るくて元気で、
あーりんと作った手話の歌を一緒に練習しながら、
私たちもいっぱい元気をもらいました。
礼儀正しく、
共にステージを作っていく喜びを、
体いっぱいに表現していた3Bジュニアの皆さん、
本番終了後、ご挨拶できませんでしたが、
皆さんにも、心から、お礼をお伝えしたいと思います。

ライブでは、大型画面に、
すべての歌詞が、文字になって表われ、
楽しいあーりん講座(笑)の時間には、
テンポの速いトークとともに、
画面いっぱいに、手書き文字と絵が次々繰り出し、
一緒に見ていたろう者の元美ちゃんも、
通訳なしに、会場のみんなと一緒に笑っていました。
きっと、耳の聞こえないファンも、
あーりんのライブでは、たくさん楽しめたと思います。

会場では、何人かのあーりんファンのみなさんが、
手話で話す私たちを見かけ、
「手話で話しているんですか?耳が聞こえないの?」
「音楽どうやって楽しむの?」
「ぜひ、楽しんでくださいね。」
と、暖かい言葉をいっぱいかけてくれました。
とてもうれしかったです。
あーりんファンの皆さんの、素敵なハートまでいただいて、
感激の体験を、させていただきました。

横浜アリーナを埋め尽くした、ファンの皆さんのピンクは、
桜の花びらのじゅうたんのようで、
皆さんの持つライトまで、ピンクでキラキラして、
夢がいっぱいの世界。

その中で、歌い、踊り、早変わりし、
ギターを弾き・・・、
たくさんのあーりんの姿の中の一つに、
手話を取り入れ、
豊かに表現してくれて、本当にありがとう!!

私たちは、日ごろ「手話の夢の配達人」として、
様々なステージにも立ち、活動をさせてもらっていますが、
あーりん、そして、3Bジュニアの皆さんもまた、
私たちの思いを引き継ぐ、
素敵な「手話の夢の配達人」になってもらえたと感じています。

ぜひ、また、今後とも、一緒に!!
お母さんにも、どうぞよろしくお伝えくださいね。

最後に、あーりんと私たちを、
結びつけ、素敵なコンサート本番のその時間まで、運んでくださった、
演出、プロデュース、マネージャー、
様々なスタッフの皆様方にも、心から、感謝申し上げます。
夢の世界の仲間に、私たちも入れていただいて、
本当に、ありがとうございます。

多くの出会いに感謝いたします!!
あーりん、ありがとう!!

プレゼント.png



posted by 南 瑠霞 at 07:40| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

じんけんフェスタしが2016御礼

image/2016-09-23T013A003A11-1.JPG

22日の祝日、
彦根市で開かれた じんけんフェスタしが2016に、
日帰りで行ってまいりました!!

image/2016-09-23T013A003A08-1.JPG

会場のメインホールにて、午後から、
大阪のかおりん(岡本かおりさん)と一緒に、
Let's 手話ソング のコーナーを担当。
舞台から、手話の良さ、
デフリンピックとパラリンピックのお話などを、
お届けしました。

かおりんとるるか.jpg

かおりんは、
目で聴くテレビ手話キャスターで、
ろうコメンテーター、サインコーディネーター、
デフリンピック ろうバレーボール選手。
豊かな経験と、全身から繰り出すパワフルな手話は、
本当に、素晴らしく、
かおりんがアレンジしたろう者の桃太郎の昔話は、
初めて見る人にも、その楽しさが目いっぱい伝わり、
素敵なひと時となりました。

最後は、私とかおりんで、
事前に二人で練習した「365日の紙飛行機」手話版をレクチャー。
会場の皆さんと一緒に、手話の歌を歌いました。
手話が初めてだという年配の方も、
すぐに覚えて、一緒に手話表現してくださり、
驚くやら、うれしいやら。
和やかな会場で、
私たちも たくさんの励ましをいただきました。

image/2016-09-23T013A013A09-1.jpg
image/2016-09-23T013A013A05-1.jpg
地元のお弁当は、味が優しく、
とてもヘルシーで、おいしかったので、
ご紹介します!!

image/2016-09-23T013A023A04-1.jpg
帰りはお土産に、ひこにゃんのお菓子を買って帰りました。

心温まるイベントに呼んでいただき、
本当にありがとうございました。
皆さんにお会いでき、とても楽しい1日でした。
感謝。

かおりん、本当に、お疲れさま!!
また、ぜひ一緒に、お仕事ができますように!!
LOVE!!

posted by 南 瑠霞 at 01:25| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

秋の手話教室スタート!!

手話あいらんど手話教室。先週の体験会の様子です。

image/2016-09-20T233A073A05-1.JPG
今回の入門体験は、南が講師を担当しました。
楽しいひと時をありがとうございました。

image/2016-09-20T233A083A05-1.JPG
ろう者の中嶋講師が、初級指導。
優しくて楽しい先生です。

image/2016-09-20T233A083A08-1.JPG
コミュニケーションコースの体験は、河内講師。
ろう学校育ちのネイティブな手話で、あなたを指導します。

IMG_4639.JPG
IMG_4638.JPG
手話パフォーマンス講座は、初回が体験会を兼ねています。
1時間半の時間をかけて、ろう者と音楽の在り方などにもふれながら、
元気な初日がスタート!!
ここから3か月みんなで一緒に頑張りましょう。

TORA.png

手話あいらんど手話教室
「ろう者と話そう会話レッスン講座」は、
今週から、各コース各曜日がスタート!!
http://www.shuwa-island.jp/kyoshitsu/
まだ間に合います!!
「あ、やってみよう!」と思ったあなたは、
ぜひ、ご参加ください。

火曜午前 入門コース(間もなく満席!)
火曜午後 初級コース
火曜夕方 コミュニケーションコース
金曜夜  入門コース / 初級コース
土曜午前 入門コース(満員御礼!!)
土曜午後 初級コース
土曜夕方 コミュニケーションコース(間もなく満席!)



     
posted by 南 瑠霞 at 23:28| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

キラキラを身に着けて手話しよう!!笑

各地の手話講習会などで、
「手話をするときは、華美にならないよう。」
「派手なアクセサリーを付けない。」
「メガネも通訳では光って目の表情が読み取りにくくなるので、
外したほうが良い場合がある。」
「大きな指輪などは、もってのほか。
つけていても、せいぜい、結婚指輪くらいに。」
「いや、結婚指輪でさえ、外したほうがいい場合も。」
などと、習うことがよくあります。

IMG_4257.JPG

もちろんこれは、通訳に立った場合には、重要事項です。
通訳では、手元が見えやすい、
紺や黒、茶色の服のほうが、目も落ち着いて、
手話をきちんと見ることができます。
また、ボタンも妙に光っていると気になりますし、
派手なキラキラしたイヤリングや指輪なども、
身に着けないのは、常識です。
これらはすべて、
手話という言葉を見えやすくするための工夫であり、
通訳の際は、通訳対象となる当人がいるわけで、
それを超えて目立つ必要もないし、
きちんとしたまじめな服装でいることが必要です。

一方、これを、必要以上に厳しく考えすぎ、
「手話をするときは、必ず、地味な服装で、
アクセサリーも身に着けない。」
などと思ってしまうのは、
私は、ちょっと違っていると思います。

そういうまじめさを手話に求めれば、
逆に、ろう者は、相手に手話が見えやすいように、
常に、地味な服装でいたほうがいいのかな?
とか、
ろう者女性は、おしゃれもできないんじゃないか?
そんな風に思う人もいるかもしれませんが、
もちろん、そんなことは、ありません。笑

ろうの友人だって、
ネイルでかわいくしている人はいっぱいいるし、
手話を学ぶ人であっても、おしゃれが大好きな人は、
様々なアクセサリーを付けていても、
私は、かまわないと思っています。

手話は、ごくフツーの言葉であり、
英語やフランス語などの外国語と同じように、
楽しくコミュニケーションするためのもの。
おしゃれだって、いっぱいしてもいいと思うからです。

私の場合は、手話=地味 などというようなイメージも、
すごーく良くない!!と思っていますので、
日頃、できるだけ、明るい色の服装で、
アクセサリーもいっぱい身に着けて、
手話をするよう心がけています。笑
そんなわけで、私は、
髪の毛も大好きな赤に染めていることがよくあります。笑

必要な場合は、いわゆる通訳ルックで、
あらゆるアクセサリーを外し、
髪も黒く戻すことはありますが、
それは、あくまで正式な通訳場面でのこと。

また、通訳といえども、
役場などでのまじめな通訳と、
披露宴などの時の服装では、
違いがあります。
華やかな場では、それに合った色合いや、
時には、胸に小さな花もつけて通訳することが、
求められる場合だってあります。
そういうわけで、
TPOによって、服装も、アクセサリーも、
まったく違えなければいけないし、違っていていいし、
そういうことは、その場その場で、
条件が、いろいろ変わってしまうというのが本当のところです。

ろう者の友達とパーティーに行くときは、
思いっきり、着飾って。
日常でも、フリーな場面では、思いっきりキラキラに!!
これが、私の、手話ライフの理想です。
ネイルをキラキラにしていなければならないネイリストの方も、
派手な髪形のモデルさんも、
みな、手話で話す権利はあるし、
もちろん、ろうの人だって、
目いっぱい、自分のやりたいおしゃれを楽しむ権利があるわけで、
そこに余計な条件付けは、不自然です。

IMG_4258.JPG

ところが一方、
実は、くだけた打ち合わせなどでも、
手話できちんと話し合わなければいけない場面では、
派手でもいいけど、「手話がきちんと見える」ということには、
気を使わなければならないこともあります。

以前、ジーパンもあり、帽子もかぶっていていい、
とにかく楽しく話し合おうよ!!
という、ろうの若者の集いで、
2人ほど、手話が見えづらい!!
と、不評だった人がいます。笑
それは、カラフルすぎる花柄のワンピースの女性と、
迷彩柄のシャツを着た男性でした。笑
下にそれに似た柄を、添付しておきますので、
あなたも見てみてください。
この服を着て、その胸元で、手が動いたら・・・
これは、目が惑わされて、
けっこう手話が読みづらい!!笑
いくら好きな服といってもねえ・・・笑
まあ、それでも、個人的な友達同士では、
もちろん、服装は自由です。再笑

IMG_4262.JPG

IMG_4263.JPG

そんなわけで、
手話を行うときの服装は、
TPOの、判断が大切。
でも、日常は、できるだけ、楽しいイメージが作りたい。
だから、アクセサリーは、キラキラにつけるのも、一つの方法。
そんな風に、私は、考えています。

手話を学ぶ中で、多くの方が、こうしたことも迷っているとお聞きします。
ちょっと、一言お伝えしてみようと思いました。
こんな考えもあると、ご参考にされてください。

本当に、いつも、
ブログを読んでくださって、ありがとうございます。




posted by 南 瑠霞 at 23:50| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

手話ミュージカル御礼!!

@道具.jpg

昨日8月27日(土)、年に一度の手話ミュージカルが、
無事、終了しました。

今回は、チケット販売が大ピンチとなったにもかかわらず、
当日は、多くの皆さんがかけつけてくださり、
たくさんの方々の暖かい目に支えられた、舞台となりました。
本当にありがとうございました。
心よりお礼申し上げます。

事務局が記録した写真が、上がってきましたので、
皆様にご報告いたします。

A違います.JPG
ろう者の新郎 丸が、誓いの言葉を間違えて、
「違います」と言ってしまい、
式場が、騒然となるところから、物語はスタート!!
楽しいけんかシーン、見ていただけましたか?笑

B船の旅.JPG
ろう者夫婦の間に生まれた、
コーダの男の子(聞こえる)、語(かたる)を主人公に、
物語は、進行します。
ろう者の母ゆめが読んでくれる絵本の中の登場人物たちが、
豪華客船の旅に出ます。

Cどうぞ〜!.JPG
南は、人魚姫のおつきのタツノオトシゴを演じました。

Dシンクロナイズドスイミング.JPG
海では、元気なシンクロナイズドスイミングも!!笑

E大自然の歌.JPG
赤道に一番近い島は、美しい海に囲まれていました。

F波.JPG
これは、一般公募の皆さんも一緒に体全体で描き出した、
打ち寄せる大きな波の姿。

みんなの祈り.png
サメに襲われた人魚姫を救うため、
会場の皆さんも一緒に、手話での祈りをささげ・・・

H花嫁衣裳.JPG
花嫁衣裳の、人魚姫がよみがえります。

I王子と姫.JPG
美しい花吹雪の中・・・

Jプロポーズ.JPG
王子が人魚姫にプロポーズ。

K南 瑠霞.JPG
南は、構成・演出を手がけました。
最後のごあいさつの模様。

皆さんのおかげで、
今年も、素晴らしい出会いをいただくことができました。
本当にありがとうございました。
感謝。




posted by 南 瑠霞 at 02:51| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

お化け

8月27日(土)の手話ミュージカルを前に、
今、最後の宣伝に、各地の手話サークルなどにお邪魔しています。

18日の今日は、
川崎市と、横浜市の手話サークル3つにお邪魔してきました。
本当に、皆さん、ありがとうございます。

そして!!
今日、皆さんにお伝えする手話は、これです。笑

お化け.png

え?これ手話?お化けの絵だよね!!
と思われたあなた。
まあ、それはそうです。笑
でも、これと同じように、両手を前に垂らせば、
手話では、「お化け」「幽霊」という表現になります。
ぜひ、あなたもやってみてください。

この時期、各地にお邪魔すると、
お盆の話や、怖い話を手話でして、
みんなで交流している手話サークルがよくあります。

今夜も、
「子供のころ、死にかけて、三途の川の手前まで行ってきた。」
というろうのおじいちゃまのお話、
また、ろうの女性の方が、小学生のころ、
「修学旅行に行ったら、床の間にお化けが出た!!」
というお話を、されているところへ伺い、
こわーい!!と思うとともに、
本当に、目の前に三途の川や、
風もないのに掛け軸が揺れる様子が、浮かび上がるような、
ろうの方の豊かな手話を拝見し、
感動をいっぱいいただきました!!

こうして、宣伝に伺うと、
私のほうが、学ばせていただくことも多く、
より豊かな気持ちをいただいて、
明日も頑張ろうと思いながら、帰ってきます。
チケットは、
ここからまだまだかなり、皆さんに買っていただかねばならず、
とても大変なのですが、
うれしい出会いもあり、感謝の数日です。
本当に、ありがとうございます。


違います看板.png
http://minamiruruka.seesaa.net/article/439869516.html
★きいろぐみチケットセンター 
http://www.kiirogumi.net/musical2016/ticket/



posted by 南 瑠霞 at 23:11| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

食事の席での手話通訳??

先日、手話通訳士の友人が、
ある人から頼まれごとをしました。
「ろうの方と食事をしながら、いろんな話がしたい。
ぜひ、手話通訳に来てください。
通訳料もきちんとお支払いします。
おいしい料理も用意しています。
あなたの分は、もちろん無料です。
ぜひ、一緒に、食事をしながら通訳していただけませんか?」
通訳士の友人は、とりあえず、出かけては行きましたが、
食事は、ほとんどできませんでした。汗&笑

手話通訳の、あるある!!です。

手話に理解を寄せたいと思い、
ろうの人と話したいと願い、
手話通訳者が技術が高いのもわかるので料金も払う。
そこまで、世の中が進んできたことは、
大変喜ばしく、
また、そういう姿勢の人が増えることは、歓迎すべきことです。

しかし、まだまだ、そうした思いとは裏腹に、
手話通訳が良い質で、
適した環境で通訳するためにはどうしたらいいか?
ということに、思いが至る人は少ないようです。

重要な話であればあるほど、
「食事をしながら」の通訳はできません。
それは、手話通訳が、手と目を使う通訳だからです。
会食は、互いのムードを和らげ、
打ち解けて話し合える良い場所の一つですが、
通訳者は、その両者の間に立ち、
常に、聞こえない人の手話を読み取って、音声に変え、
音声で話された言葉を、手話に変え、
話が盛り上がれば盛り上がるほど、
飲み物を飲むタイミングさえ、
失ってしまう場合もよくあります。

そんな通訳者に、
「あれ?あまり召し上がってませんね。どうぞどうぞ。」
と言われても、
心の中で『その、あなたの通訳をしてるんだから食べられません。』
と思わざるを得ないし(笑)
通訳者は、その言葉すら、「ろう者に通訳したい」と願うものです。
なぜならば、
「音声同士の会話こそが、聞こえない人の最も聞きたいこと」だと、
通訳者自身が一番知っているからです。
さらに、
「ああ、これは、くだらない話ですから、通訳しなくていいですよ。」
なんて言われたとしたら、
そのくだらない話こそが、
なごやかなムードを誘う、心遣いから生まれるものであり、
そここそが、通訳しなければならない、大事な部分。
その通訳をしない通訳者は、そもそも、いい通訳者とは言えません。
だから、通訳者は、通訳者として、その場にいたら、
できるだけ、細やかに通訳します。
そのほうが、コミュニケーションが、スムーズにいくからであり、
そこが、日頃、聞こえない人が最も聞きたいことの一つだからです。

そうなると、手話通訳者は、
せっかく出してもらったお料理も、ほとんど手を付けないし、
ましてや、通訳中に、ワインなんて、飲んだりはしません。笑笑

・・・・というわけで、
「通訳者として出向いた」友人は、
ほとんど料理は、食べず、
「良い通訳」をして、帰ってきましたとさ。笑笑

これが、単に友達同士であり、
本人同士は、通訳がなくても、それなりに、
身振りや筆談で、仲良くコミュニケーションし、
重要で、どうしても通じない部分だけ、
さりげなく通訳する。
という状況なら、
もちろん、通訳者も、そこまで、細かく考える必要はないでしょう。
でも、こと「通訳者として依頼され」その場にいるなら、
対応の仕方は、大変重要です。

私たちは、こうした通訳の場合、
事前におなかに何か入れていき、
現場では、食事をせず、
簡単な飲み物だけを、さりげなく準備していただきます。
それが、雰囲気を損なうなら、料理も、簡単につまめて、
さっと口に入れられる軽食を、メニューに組み込んでいただくなどの、
工夫をしていただいています。
また、もしコース料理などが出た場合も、
あらかじめ、
「通訳を優先するのでそんなに食べられないが、
それは、失礼な態度をとりたいからではない。」
ということを、よーくよーく、伝えておきます。笑
また、本当に重要な内容であれば、
食事も含め、2時間くらいは、かかるであろうことを想定し、
通訳者は、一人でなく、「交代で2人」を、
準備していただくようにしています。

もちろん、こうした考えがすべてではないし、
頼む側からしたら、
それほどじゃないのに!と思うこともあるかもしれません。
しかし、手話を言葉として使うろう者や、手話通訳者の側からすれば、
重要な課題が隠されていることもたくさんあります。
へえ! こういう発想もあるんだな〜と、
多くの方に、知っていただければ、うれしく存じます。

一口に食事の席での手話通訳といっても、
カジュアルな場なのか、けっこう気軽なランチなのか、
きちんとした会食なのかなどによっても、条件は違ってきます。
通訳者を依頼する場合は、
もし、自分が通訳者だったら・・・
自分が聞こえない人だったら・・・
と、思いをはせてみると、いいかもしれませんね。
社会が少しずつ進んできて、
通訳の依頼も、その方法も少しずつ変わってきた今だからこそ、
聞こえない方々や手話への、さらなる幅広い理解が、
求められているように思います。

いつも、長文、読んでくださって、ありがとうございます。

image/2016-08-10T133A483A05-1.JPG
近所のカキの実が、大きくなってきています。
オレンジに実るのは、いつのころなんでしょうかね。


posted by 南 瑠霞 at 13:49| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

「三宅」という手話を覚えよう!!

4年前のロンドンに続き、今回のリオオリンピックでも、
女子重量挙げ48キロ級で、
三宅宏美さんが、銅メダルを獲得しました!!
腰の故障を乗り越えての、3位!!
バーベルに戻って、頬刷りした姿が、とてもキュートで、
見ている私もうれしくなりました。

さて、関東では、この「三宅」という名前、
手話で、こんな風に表す人がいます。

三宅.jpg

そうです。
手話で表す名前の「三宅」は、
「重量挙げ」を意味しているんです。

この三宅という手話は、
東京オリンピックをきっかけに生まれた表現!!
当時、金メダルを取った三宅 義信選手の姿を見て、
多くのろうの人が、
「三宅」といえば、あの!!「重量挙げ」だ!!
と、強くイメージし、
それ以降、この手話表現が、
「三宅」として、使われるようになったのだそうですよ。

東京オリンピックの三宅 義信さんは、
今回の宏美さんのおじさんに当たられ、
名コーチと言わている宏美さんのお父さんも、
オリンピックのメダリスト。
ほかにも、この三宅ファミリーのみなさんは、
多くの方が、重量挙げ選手として、
国内外で、活躍をされています。

こうして、重量挙げの三宅ファミリーが、語源となって、
手話の「三宅」を、「重量挙げ」と表現する人が、
たくさんいるんですね。

今回、かわいい三宅宏美さんを見て、ファンになったというあなたも、ぜひ、
「三宅」という手話、覚えてみてくださいね。
両手を握って上にあげて「三宅(重量挙げ)」!!
一緒に元気な気持ちになれる気がしませんか?

リオオリンピックでは、
出だしで大きくつまづいた日本男子体操勢の皆さんも、
気持ちを立てなおして、見事金メダルをゲット!!
よかったですね!!

ブラジル・リオは、南半球にあって、現在真冬。
といっても、やや赤道に近い北よりの位置にあるので、
現在の気温は、最低が19度くらい、最高で27〜8度くらい。
また、この時期のブラジルは、一年でももっとも雨の少ない時期なのだそうです。
さわやかな気候に恵まれ、選手の皆さんの体への負担も少なそうです。
世界のアスリートの皆さんが、ご自分の力を発揮され、
元気に試合に臨まれますように!!
毎日、夢を、ありがとうございます。

posted by 南 瑠霞 at 11:02| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

小池百合子さんから学ぶもの

東京都の新知事が、小池百合子さんになりました。
大方の予想を超える得票数で、圧勝でした。

今回小池さんの戦いぶりから学ぶことがいくつかありました。
「大きな支援組織がなくても、自分を信じて戦うこと」
「外部の大組織からの激しい批判を浴びても、やるからにはひるまないこと。折れないこと」
「自分が見方だと信じる人と力を合わせ、その輪を広げること」

これらは、選挙戦のノウハウでなく、
例えば、仕事、夢、受験などなど、
私たちの様々な人生のステージにおける挑戦で、
参考にすべき姿勢だったように思います。

若者がやりたい道に進むとき、
学校の先生も親も反対するかもしれない。
会社で、
自分の信じるプロジェクトが、苦境に立たされるかもしれない。
そんな時、頼りになるのは、
自分への強い信頼と、熱い思いを持つ仲間。
それまで自分を守ってくれていた強き見方を失っても、
自分を見失わなければ、
道が開ける場合もあるのだと、
そんな姿を見せていただいたように感じます。

せっかくの当選、
ぜひ、金銭スキャンダルなどに見舞われず、
東京都の経済安定や、子育て環境の充実、
そして、2020年の東京オリンピックの成功を目指して、
全力で都政に取り組んでいただければと願います。



【小池】=「小」+「池」
image/2016-08-02T183A503A12-1.jpg
「小」は、漢字の小の字を表わしています。

image/2016-08-02T183A503A10-1.jpg
「池」は、一方の手が池のふち、もう一方の手が水面を表わしています。



【東京都】=「東京」+「と(指文字)」
image/2016-08-02T183A503A06-1.jpg
「東京」は、日がのぼることを意味する『東』という手話を2度連続表現し、
”東の都”であることを表わしています。

image/2016-08-02T183A513A04-1.jpg
「都」は、指文字の「と」で表現します。

(C)手話あいらんど


posted by 南 瑠霞 at 19:01| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

タコの口はどこにある?

タコ.JPG

タコです。
今日、ペットショップでタコが水槽にいるのを見かけました。
間近で見ると、なんとも不思議な生態!!
ピクッと動くだけで、岩の色になったり、
すぐに黒くなったり、
薄い色になったりと、様々に変化して、
しばらくの間見入ってしまいました。
岩の色になると本当に見分けがつかず、雲隠れしたようで、
海の中の忍者のようです。驚!!

タコの絵.jpg

で、これは、南画伯の絵ですが(いつも こんなんですみません。笑)
みなさん!!
タコの口はどこにあるか、ご存知ですか?
私は、今日調べるまで、この絵の目の下の細長い丸い管のようなものが、
口だと思い込んでいました。汗

ところが!!
調べてみると、タコの口は、
8本の足の中の真ん中のところ!!

タコの口.jpg

タコは、長い吸盤のついた足(触手)で捕まえたものを、
この下の中央の穴(口)に、運ぶのだそうです。驚!!

でもって、
目の近くにあって私が口だと思い込んでいたのは、排せつ器官で、
タコは、ここから、
卵も、消化の済んだ排せつ物も、黒い炭も、
吐き出すのだそうです。

なんと!!
私が信じていたタコの口は、お尻で、
お尻だと思っていたほうが、口だった!!!笑

今日、私は、夏休みの子供の研究のように、
大感動してしまいました。
いや、もしかしたら、世の中の良い子のほとんどは、
すでに誰でも知っていることなのかもしれませんが、
私には、大発見だったのです。汗汗!!
皆さん、ご存知でした?

タコの体.jpg

そして、さらに調べてみると、
私がタコの頭だと思っていたところは、胴体。
頭は、目の周辺のところ。
それで、目の横の管が、排せつ器官で、
8本の足は、わたし的には足のつもりだったのですが、
生物学的に言うと、触手と呼ばれていたのでありました。
何とも、人間からしたら、
タコの体のつくりは奇妙な感じで、
本当に理解しがたい姿であった!!笑
(まあ、タコから見たら、
私たちの体のほうが、よっぽど奇妙かもしれませんが!!笑笑)

さて、そんなわけで・・・・
このブログは手話日記なので、
夏の今日は、こんな手話単語をご紹介します。
あなたも、ぜひ、手を動かしてみてください。
いつも、本当にありがとうございます。

手話タコ.jpg
「タコ」(C)手話あいらんど

手話イカ.jpg
「イカ」(C)手話あいらんど

手話サカナ.jpg
「サカナ」(C)手話あいらんど

※ これらの解説は、右利きの人を基準に表現していますが、
右手で表しても、左手で表しても、問題ありません。
お気になさらず!!



posted by 南 瑠霞 at 23:10| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

都内手話学習御礼!!

今週、都内の手話サークルで、
音声を使わない手話指導を承わり、
出かけてまいりました。

最初の1時間は、声を一切使わず、
互いに目で見て理解しあいながら、
コミュニケーションをとって、手話を学びあい、
真剣で、また楽しいひと時となりました。

皆さんの学習の悩みも様々で、
「指文字が、とっさに読み取れない。」
「頭の中には言いたいことがあるのに、手話にならない。」
「ろう者の手話が読み取れない。」
「ろう者の方の話す手話と自分の手話は、語順や文節が違う。」
「3年以上学んだのに、なんだかうまくならない。」
「手話を始めたばかりのころは、ろうの人にとても喜んでもらえて、
うれしくて一生懸命やったけど、少し年月が経ち、
最近は、悪いところを指摘されることが多くなって落ち込んでいる。」
と、いろんなものがありました。

初心者.JPG
初心者の皆さんには、ろう者の中島元美が、指導。

三角や丸などの物の形を、手で写し取る練習をしてみました。
皆さんが空中に描いた絵は、
元の絵とは違い、枠から棒が突き抜けていたり、
四角い形が歪んでいたり、すみっこが閉じていなかったりと、
なかなか難しく、
笑いながら、いろんな表現を練習しました。

経験者.JPG
3〜4年以上経験のある方のグループは、南が指導。

「学校」「行く」
の、たった二つの手話単語で、
『学校へ行く』
『学校へ行き渋る』
『学校へ行かない』
など、正反対の意味も表現できてしまうこと。

「箱が三つあります。」という日本語から、
表現する手話も、単に「箱・3・ある」としたのでは、
日本語に単語を当てはめただけであり、
もっと多様な表現がある。
『箱が、横に3つ並んでいる。』
『箱が、縦に3つ積み重ねられている』
『箱が、中から次々出てきて、3つ。』
『箱が、こことそことあちらに、3つある。』
など、様々な状態が表わせる。
・・・といったことを説明させていただきました。

このほか、経験者のグループは、
絵の情景をそのまま手の形で表してみようと、
絵本や写真を使って、みんなでいろいろ試みましたが、
せっかくの絵を、日本語で説明し、
それに手話単語を付けただけになってしまったりと、
表現は大混乱。汗汗!!
こうした表現は、誰にも難しく、
手話を学ぶ上では、ていねいに越えなければならない、
ハードルの一つであることが、わかります。

悩み相談.jpg

まとめはみんなでディスカッション。
「手話サークルになかなかろうの方が来てくださらない。
どうしたらいい?」
「ろう者に会うといってもなかなか時間や場所が分からない。
もっと、知りたい。」
など、皆さん、ろうの方々との出会いを、
求めていることもよくわかりました。

どこの手話サークルも、似たような悩みはたくさんあると思います。
” みんなで知恵を出し合って、
それぞれが、ろう者の豊かな手話に、触れ合っていければいいな〜!” と、
私たち自身、学びを深くさせていただいた、
貴重な時間となりました。

本当に、ありがとうございました。
感謝。

posted by 南 瑠霞 at 13:30| 東京 ☔| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

『音楽とリズムの手話パフォーマンス』ワークショップ御礼!!

17・18日の連休中開かれた
「全日本ろう者演劇会議」第18回ろう演劇セミナー にて、
分科会(Cコース)『音楽とリズムの手話パフォーマンス』を
担当させていただきました。

1.JPG
(講師は、私南と、ろう者ダンサーの中島元美が担当いたしました。)

ご参加くださった皆さんから、たくさんの感動をいただき、
心から、感謝いたします。

2.jpg

3.JPG

手話を見入る 皆さんの目が印象的な2日間でした。

4.JPG

5.JPG

6.JPG

たくさんのディスカッションを重ねる中、
聴者とろう者の音楽への感じ方の違いも、浮き彫りに。

手話の歌といえば、一般に、
聞こえる人の中で歌われている歌に、手話を付けることだと、
思われている方も多いかと思います。
私たちは、最初に、まずその内容について、
取り上げました。

その中で、今回の課題曲を聞いた聴者の皆さんが、
ろう者に、説明を試みるシーンもありました。
ところが、
「今聞いた音楽を、ろうの皆さんにもお話してください。」
という課題に、
最初は、「楽しい音楽」「元気が出る」など、
単に自分の感想しか出てこず、
この言葉を聞いただけでは、
ろうの人には音楽のイメージが全く伝わりません。
おそらく、この文を読んでくださっているあなたにも、
これではどんな歌なのか、わからないと思います。

ろうの人たちは、
「リズムは?」「楽器は?」「歌詞は?あるの?ないの?」
と矢継ぎ早に聞いてきます。
そうです。
聞こえる私たちは、そんなことは、耳に入ることが当たり前なので、
そこを説明しなければならないのだとは、
まったく気づかないのです。

驚いたのは、
そのリズムの質問に、
聴者の皆さんが、「『普通の』リズムです。」
と、答えたこと!!汗&笑

ろうの皆さんは、
「え?普通のリズムって何?
リズムには、普通と、普通でないものがあるの?」
と、ざわつきます。

よーく尋ねてみたところ、
どうやら、聴者のみなさんにとっての『普通のリズム』とは、
「4拍子」のことだったようです。汗

そこでようやく、
この歌は、4拍子らしいということが全体で理解しあえました。笑
そのほか、ラッパやトロンボーンや、木琴や鉄琴や、
トライアングルや、大太鼓や小太鼓など様々な楽器もあり、
たくさんの音が元気良く、行進曲のように鳴らされ、
歌声も、男女大人から子供まで大勢で歌っていたことが判明!!笑

今、これを読んでくださっている皆さんも、
ようやく、当日のろう者同様、
なるほど、そんな音が聞こえていたのかと、
納得していただけたと思います。笑

これが、最初に聴者の皆さんが、
「楽しい」「元気がいい」といった歌の正体だったのです。

私たちは、自分たちの『普通』が、
相手にも『普通』だと、思ってしまいがちです。
それに気づかず話をしていると、
内容が、まったく通じていない!
ということも、たくさんあると、
改めて実感した2日間になりました。

手話の歌が、大嫌いなろうの方もたくさんおられます。
それは、わからないものはわからない!!からでもあります。
わからないものに、手話だけつけても、
それは、単に音楽など存在しない「手話だけ」を見ているのと同じです。
聴者の皆さんが、本当にろうの方々とともに、
その場の楽しさを共有できる手話の歌をやりたいと願うなら、
互いの違いを知り、しっかり学ぶことが、とても重要です。

7.JPG

一方、ろうの皆さんが、そのコツを一発でつかみ、
自分たちの手話で楽しく、歌ってくださったのが、
手話ラップ!!

一定のリズムを、みんなで決め、それを手拍子で繰り返しながら、
思いつくまま、自分たちの気持ちを、
手話に乗せて歌います。
メロディーは一切必要ありません。

酔っぱらった日のことを歌う人、
仕事のグチを歌にした人、
遠くから来た今回の旅を歌う人、
人生の楽しさを歌う人、
今回のワークショップの出来事を歌う人、
趣味について楽しく歌いながら踊る人、
などなど・・・
それぞれが、あるがままの自分を歌い、
最終日の発表会では、会場全体も盛り上がりました。
自分の言葉で歌う歌。
みんなで一つのリズムを共有しながら歌う一体感。
そんなものも、感じあえ、
皆さん自身の手で、素晴らしいワークショップに、
していただけました。

8.JPG

ろう演劇セミナーには、
九州や、岐阜、大阪など、
各地から、演劇を学びたい、触れ合いたいという方々が、
参加しておられ、
皆さんの熱いお気持ちをいっぱい浴びて帰ってきました。

他の分科会では、
手や体で、様々な情景やイメージを描き出す、
「サインマイム」、
子供の絵本を、
手話や、手で物の動きや形を表現する手法によって、
描き出していく、
「手話による絵本の読み聞かせ」
など、情緒豊かで、コミカルな内容のものもたくさん紹介され、
感動の連休となりました。

皆さん、本当にありがとうございました。
感謝。



posted by 南 瑠霞 at 05:25| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

手話教室発表会御礼!!

16日土曜夜
手話あいらんど手話教室の発表会が行われました。
多くの方に集まっていただき、
楽しい発表会となりました。

image/2016-07-17T023A113A13-1.JPG
入門、初級、コミュニケーションと、
皆さん、コース別に、楽しい手話語りの発表をしてくださいました。

image/2016-07-17T023A113A18-1.JPG
手話パフォーマンス講座の皆さんも、元気に!!

image/2016-07-17T023A113A09-1.JPG
こんなにたくさんの方々に見守られながら。

image/2016-07-17T023A113A05-1.JPG

image/2016-07-17T023A123A05-1.JPG
きいろぐみと夏の一般公募のみんなの、ミニ手話ライブも!!
(8月27日の手話ミュージカルについての情報はこちら!
http://minamiruruka.seesaa.net/article/439869516.html

image/2016-07-17T023A123A08-1.jpg
これは、打ち上げでの一コマ。三軒茶屋の居酒屋さんで。
河内講師がみんなの前でご挨拶しているところ。

image/2016-07-17T023A123A12-1.jpg
こちらも大勢で集まって、わいわい手話の会話が、
めちゃめちゃ弾みました。

最初、入門でほとんど話せなかった皆さんが、
コミュニケーションコースまで進級して、
みんなの前で手話クイズを出すなどの、成長ぶりに、
私たちもたくさんの励ましをいただきました。

手話あいらんどの、自慢の生徒さんたちです。
感謝!!

手話あいらんど手話教室
9月からの秋のクラスの情報は、こちら!
http://www.shuwa-island.jp/kyoshitsu/

posted by 南 瑠霞 at 02:25| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする