2019年04月08日

通訳のむずかしさ


通訳のむずかしさ・・と言っても、技術や能力の問題とはちょっと違うお話です。

私は英語が苦手です。それで、様々な場面で、通訳の方の助けを借りることがあります。
能力のある方の通訳は、「なぜ私はこんな簡単なことも喋れないのだろう?」と思うくらい(笑)、シンプルなわかりやすい英語で(なのに私にはそれが出てこない!!再笑)、そしてビシッと通じて的を射ていて気持ちよく、テンポも良くて、相手にもしっかり思いが届き、本当にありがたい。こうした方にこれまで何度も助けられてきました。

そして、こうした方は、実は、とても優れている点が、もう一つあります。
実際の相談や詳細な話し合いの場でなく、食事や観光で談笑しているときや、和やかに交流する場面では、決して、英語がヘタな人の会話に介入してこない!という点です。笑
優れた通訳の方は、当然のことですが、例えば私が、相手のどこを理解していて、何が通じてないかも傍目に理解してくれています。ですから、たとえ私が相手の方と通じていなくても、ひとまず見守ってくれるのです。そして、その状況がわかっている限り、私が何かをつかみたいと四苦八苦して身振り手振りで話しているのを、邪魔することはありません。通じ合いたいのは「私」であり、「意味が知りたいのでなく!相手とつながる」ことを、私が求めていることに、気づいてくれているからです。
そして、筋道が激しくずれたときだけ、笑いながら「南さん、めっちゃ話ずれてる。この人の言いたいことは〇〇だよ。」と教えてくれます。すると、相手も笑い出したりして、その場がますます和みます。笑笑
トンチンカンでも、楽しい!!これがコミュニケーションな訳です。笑笑
もちろん、真剣な商談や、国際理解のための話し合いの時、これはやってはならないことですが、良き通訳者であればあるほど、「場面ごとに通訳の仕方が違う」ということを自然に判断しておられるので、そこは、手話に携わる私たちもとても見習いたいところです。

一方、「英語が少しできる」、または「人の役に立ちたいという思いが強すぎる方」は、逆にこうした判断をしてくださらない方もおられます。
私がちょっと「え?」という顔をすると、「この人、あなたに〇〇って言ってるのよ。」と、親切に声をかけてくれるのです。泣
その時私は、もちろん相手の話がわからない場合もありますが、時によって返事の仕方を考えていたり、相手の話が2通りに取れるので、そのどちらかを改めて自分で聞きなおそうとしていることもあります。でも、その方は、「わからない人には、すぐに通訳してあげなくちゃいけない」と思っているので、即座にアドバイスをしてくれるのです。汗
もちろん、悪気があってのことではないのも良くわかるのですが、「時間がかかっても、自分で頑張って通じ合いたい」と思っている人にとって、これは、ドラマや推理小説の序盤で、ストーリーを知っている人が、先にネタバラシをしてしまったような衝撃を受けます。大泣&笑笑
いろんな方に助けていただいている中で、私はこういうことに出会うこともよーくあります。笑笑
これ、ちょっと夢をこわすもったいない通訳でしょ?笑笑

こうした判断はとても難しいし、実際、語学が苦手な人にとって、通訳はなくてはならない大事なもので、通訳者はとても大切な存在で、いつだって頼りにさせてもらっています。これは、私の正直な気持ちです。

さて、我が身を振り返り、手話の場面。
もちろん、真剣な場面では私も一生懸命通訳させてもらいますが、飲み会や交流会では私はほとんど通訳はしません。皆さん同士が、体当たりで、聞こえない人と対話する方が、喜びもずっと大きくなるからです。初心者でも、「紙に書いたり空書したり、いろんな方法で通じ合えますよ。」と習っているはずの皆さんですから、その手も使えます。そこで、私が間に入って、すぐに「答え」を教えてしまっては、みなさん自身が色々考えたり感じたりする時間を奪ってしまうことになりそうで、私としてはけっこう躊躇します。自分で苦労してたどり着いた答えは、頭ではなく心にこそ残ります。ろうの方と通じ合えた喜びは、一生の自分の宝物になるのです。
だから「本当に通じない時以外は、助けない。」これは、案外大事なことなんじゃないかなと、私は思っています。

聞こえない方についても同じことを思うことが良くあります。
たとえば、飲み屋さん。注文を、聞こえる人がお店の方との間に入ってするのも良いことですが、実は聞こえない人は身振りが得意で、案外飲み物の種類など、むしろ、お酒に詳しくない私が間に入るより、お店のスタッフの方に通じやすい場面も山のようにあります。スタッフの方も、直接聞こえない方の注文が、自分で理解できたりすると「わかった!!OKです。××ですね。」と身振りで返したりして、それで、聞こえない人もどんどん目が輝いてくる。で、ろうの方が、「ジョッキを指差して、指を2とたてれば」、「はい 生(なま)、お二人ですね。」と、お店の方も元気にお返事されたりして、けっこう私は不要ですし、通訳など間に入らない方がよっぽど通じ合えて、そして互いが仲良くなる。笑笑
自分がわざわざ「通訳者なのだから」とか「聞こえて手話を学んでいるのだから」という理由で、がんばって間に入り続けるより、「当人同士」はずっと豊かに、楽しく語り合え、通じ合えるのだ!と、肌で感じることがよくあります。
こうなれば、聞こえない人にとって、「通訳がいなければお店にいけない」ということもなくなり、「あの店なら通じ合える」という場所が、どんどん広がり、結果としてこちらの方が、よほど豊かにバリアフリー!!
「友達」が増える!ってこういうことなんだと、何度となく、様々な場面で、感じる手話人生です。笑

こう考えると、「通訳者は、当人同士の邪魔をしない」というのも、場合によって「大切なマナー」なのではないか?と思うこともよくあります。

時々、飲み会などで、「あの人手話がうまいのに全然通訳してくれない!冷たい。」と言っている声を聞くことがあります。
でも、その冷たいと見えるその人の心は、実は熱い!かもしれません。笑
良い通訳者であればあるほど、逆の意味で「通訳しない」という選択をされていることも多いように思うのです。

少なくとも私は、英語で、けっこういろんな意味で苦労しています。「待って!!通訳しないで!」と叫べぶこともよくあります。笑 とりあえず「できれば自分で頑張ってみたい(結果、最後は助けてもらうことの方が多いですが!笑 ていうか、けっこうできません。助けてください。ごめんなさい。私が言いすぎました。汗汗)」と思うタイプなので、手話の場面でも、通訳のあり方、けっこう気を使います。笑笑

通訳って、場面で対応を変えなくてはならない場面も多い。
これ、難しいですよね。
それで、今日のタイトルは、「通訳の難しさ」としてみました。
あなたはどう思いますか?


image/2019-04-09T113A283A06-1.jpg
今年の桜は長持ちで、世田谷は、この土日もこんな桜が咲いてました。今日もいい天気。
花見の席では、私は英語でも通訳は頼らないし、手話でも通訳はいたしません。笑
言葉が少しくらい通じなくても、身振りも手振りも使って、互いに頑張って当人同士が一緒に楽しむ。そして友達になる。それがコミュニケーションの魅力だと思います。





posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 手話を学ぶ心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

2019.04.07(日)昼12-14時 「Abema的ニュースショー」

手話パフォーマンス きいろぐみ の 南 瑠霞・ことぷき・中嶋元美が 「Abema的ニュースショー」 に出演!!手話について語ります!!


image/2019-04-06T133A113A06-1.JPG
※※※※※※※※※※
「Abema的ニュースショー 」
2019.04.07(日)昼12-14時
※※※※※※※※※※


image/2019-04-06T123A593A05-2.jpg
スマホなどで Abemaアプリをダウンロード!
12時からの放送を見逃しても 19時から再配信!
8日月曜から一週間は 番組を呼び出せばいつでもご覧いただけます。


image/2019-04-06T123A593A05-1.jpg
三谷 紬アナが 私たちに会いに来てくれました!!
楽しい話を聞いてくださって ありがとうございます!!

あーりんとのトークショー以来久々のAbema TV出演!ぜひ 見てください!!







posted by 南 瑠霞 at 13:20| 東京 ☀| 南 瑠霞のライブラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

「豪徳寺(ごうとくじ)」=「猫」


image/2019-04-06T193A033A05-2.JPG

世田谷区内に、「豪徳寺」という招き猫で有名なお寺があります。
マスコットの招き猫の置物を奉納して、お参りをする人も大勢います。
昔、えらいおサムライさんを、猫が助けたという逸話が残っており、それから、このお寺では猫が大事にされているのです。

image/2019-04-06T193A033A05-1.JPG

で!!
地元では有名なこのお寺、「猫」という手話で表現されます。

口形を「ごうとくじ」と動かしながら「猫」という手話を表わすと、「豪徳寺」!!
あなたの地元でも、こういう、歴史にちなんだ手話の地名、残っていませんか?
手話って、楽しいですね。



image/2019-04-06T173A403A07-1.jpg
「猫」(C)手話あいらんど
猫が顔を洗うような様子を表現して。











posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

手話あいらんどTVクロスカルチャー「ろう学校の入学式」


手話あいらんどTVクロスカルチャー。今回は、手話あいらんど手話教室の発表会会場で撮影させてもらいました。
手話勉強中の皆さんが見守る中、桜の時期の大切な行事「ろう学校の入学式」のお話を、ろう者で社会人2年生になったばかりの塚越君がご紹介します。



(簡単な内容)
手話あいらんどTVクロスカルチャー!!
塚越です。ろう者です。
南 瑠霞です。聞こえます。
よろしくお願いします。

今ちょうど桜の季節です。東京は素敵な季節でもあり、花粉症の季節でもあります。笑
入学式シーズンでもあります。

塚越君は、ろう学校の経験があります。
ろう学校の入学式は、聞こえる一般の学校とは違って、幼稚部・商学部・中学部・高等部・専攻科、みんなが一緒の入学式です。みんなでズラッと並んで式をします。小さな子たちから順番に入ってきて、だんだん大きな子供たちが並びます。すごくかわいいです。ろう学校の雰囲気はいいなと思います。

司会は、舞台の下で進行することが多く、手話通訳はきちんと見えるように舞台の上にあがることが多いです。教育委員会の方や、校長先生のお話は中央の演壇になりますが、そのときは、通訳者もその横に立って手話をします。
舞台の片側に、パソコンの文字通訳もあります。前もって原稿を準備して映し出したりもします。
保護者の中にもろうの方がおられるので、そうした通訳や文字を見ます。入学生たちの横の位置に座って参加します。

一般の聞こえる学校のみんなとは、雰囲気が違います。入学生は、みんな自己紹介があります。
塚越君は、小学校まで一般校にいて、中学からろう学校。入学生は全員舞台に上がって一人ずつ自己紹介をします。小さな小学部の子たちから、みんな順番に舞台に上がります。子供たちの数が、一般校よりとても少ないので、みんながごあいさつするということです。
聴者から見たらうらやましいですね。
聴者の学校だとみんな前を向いていたりすると、前の人の顔も見えないもんね。

入学式が終わったら、担任の先生とも話したりして、記念写真も撮ります。
ちょうどグランドに桜の木があって、そういう写真を撮ったりしました。写真を撮ると、春が来たなーと感じます。

勉強の仕方も、ろう学校では、担任の先生も手話で話してくれるし、パワポを映し出したり、国語は文を映し出して手話も一緒に表現したり、前もって用意されたプリントの穴埋めをパワポで映し出して勉強したりもしました。
僕は中学部で生まれて初めて手話を覚えました。小学校の時、作文があったのだけど、本当に「てにをは」が分かりませんでした。「電車に乗る」というべきところを、「電車『が』乗る」と言って見たり、大好きなショベルカー「に」乗りたいと言いたいのだけど、「ショベルカー『が』乗りたい」といったりしていました。間違いが多かったんです。
ろう学校に入って初めて、手話を使いながら文字を見て勉強して、作文がとても上手になりました。小学校の時に理解できなかった助詞も、手話を交えて文法などをきちんと目で見る形で教わった結果、わかるようになったんです。とてもうれしかった!!

聞こえないまま、聞こえる友達の輪に入って小学校に行っていた時は、実は、コミュニケーションもちゃんと取れてなかった。
ろう学校に入ったとき、中一で、同じように別の地区から同じろう学校に入ってきた子がいました。同学年で、同じクラスになりました。手話で話そうとするんだけど、全然通じなくて、いつもケンカばかりして、すごくつらい思いをしました。それで、一生懸命手話を覚えたら、2年になるころには、だんだん通じるようになってきました。とても楽しくなってきました。
実は、その時生まれて初めて、きちんとした人間関係が築けて、友達ができたと感じました。今でも、その友達とは、大人になっても時々会って話しています。ケンかなど全くなく、とても仲のいい友達になりました。
それが、本当に初めての、人間関係で、友達ができたと実感して振り返ってみれば、小学校の時は我慢ばっかりしていたんだと思います。喜びと感動をもらった体験です。

ろうの子供にとって、子供のころ、手話でコミュニケーションを取って育つって、通じ合って友達ができるって、大事なことなんだね。

ろう学校見学とかは、一般の人もいけるの?
塚越の卒業した 大宮ろう学校は、毎年6月ごろ学校公開があって、いろんな人が見学に来てました。それから、3学期になって1月か2月ごろにも学校公開があります。新しくろう学校に入りたいなと思う子供たちや保護者が来るのかもしれません。
10月の終わりころには、文化祭もあります。バザーや劇など楽しい模様氏がいっぱいなので、ぜひ見に来てください。
南も、塚越君の卒業した学校の文化祭に行ったことがないので、今度ぜひ行きたいです。

手話を学ぶ皆さんも、ろう学校のことやろう学校で学ぶ子供たちのことを、一緒に勉強できると素敵ですね。
また、お会いしましょう。さようなら〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!

image/2019-04-06T183A273A05-1.jpg

提供 : 手話あいらんど手話教室
https://www.shuwa-island.jp/kyoshitsu/
出演 : 南 瑠霞 ・ 塚越
構成 : 南 瑠霞
編集 : 青木 孝二






posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 串本大使/日系人魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

中嶋元美〜都内講演御礼!!


A6DC2C3F-58FC-44FF-9308-1DD643EF304E.jpeg

今週、手話パフォーマンスきいろぐみデフキャスト 中嶋元美が、都内手話サークルで、講演をさせていただきました。本当にありがとうございました。
「手話はろう者の言葉〜聞こえを失って気づいた豊かな生き方〜」
幼い頃から難聴で、聞こえづらくてもわかったふりをしながらニコニコ笑ってごまかしてきた自分を、暗かったという元美は、8年前聞こえを完全に失ったことで、逆に「目で見る言葉『手話』」に目覚め、豊かなコミュニケーションに気づいたと言います。
その新しい生き方と意義を、身につけたたくさんの手話で語りました。
南も読み取り通訳として同行しました。
スタッフの青木くんがとってくれた写真で当日の様子をご紹介します。

DB4FB94A-1E0B-4D18-A848-0F20A7B9DA44.jpeg

豊かな表情で語る元美の話に、みなさんも泣いたり笑ったりしてくださいました。
地元手話サークルの皆さんに、心から御礼申し上げます。

B0D0F704-CD2B-44F4-B9F8-087663715657.jpeg

私たちは、ろう者と手話の豊かな生き方を、たくさんの人に知っていただきたいと願っています。出会いに、感謝。





posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

手話教室発表会御礼!!出会いに感謝!!


9B8069FD-4446-49AE-BCB0-ADCAEEDC8F75.jpeg
(発表会の司会は、ろう者の河内講師と、南 瑠霞!!楽しいひと時でした。)

3月最後の土曜日 手話あいらんど手話教室の発表会が行われました。
3が月の学習を終えた皆さんの、元気な発表を見せていただき、出会いと学びの暖かさと大切さを教えていただいた思いです。
毎週毎週集まって、ろう者講師と話し続けることで、技術ばかりでなくみなさんの思いが育って行くんだな〜と、実感しました。

D75DE6FD-D476-4843-8DC4-191354559FE2.jpeg
各クラスの皆さんの楽しい発表。会場には笑いもこぼれて。声のない手話のみの発表なのに、みんなが楽しめる内容をそれぞれのクラスの皆さんが、工夫してくださっています。ありがとうございます。

80DA45B7-9CF7-4DCE-985D-C3E180FD59D9.jpeg
手話パフォーマンス講座のみなさんも、元気に歌ったり踊ったり。

F5A33888-9DC3-4900-954F-B721A4B3418B.jpeg
各講師からの熱いメッセージも。会場は夜の三軒茶屋。発表会後の交流会も盛り上がりました。
遠く他県からのご参加の方もたくさんおられ、心から感謝です。また、必ずお会いしましょう!!


春の講座の体験会は、4月20日(土)です。ぜひお越しください。

***************
「手話あいらんど手話教室」体験会 2019年4月20日(土)
太子堂区民センター(世田谷区太子堂1ー14ー20/田園都市線「三軒茶屋」駅)
「ろう者と話そう会話レッスン講座」13:30〜
「手話パフォーマンス講座」15:00〜
https://www.shuwa-island.jp/kyoshitsu/trial/
***************






posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

引越しが完了しました!!


37CE3CCD-BB38-4802-9E8C-EB929504634A.jpeg

ようやく、引越しも終え、ブログが書ける体制となりました。わぉ!!

仕事の都合で、どうしても、事務所の近くに移動したく、年度末に急遽決まったお引越し!!
同じ区内の引越しで、3月いっぱい2軒をお借りし、徐々に徐々〜に荷物を運びながら、忙しい仕事をこなし、月末あと数日を残すタイミングで、冷蔵庫や洗濯機など手に負えない大物だけを赤帽さんに運んでもらいました!!この引越しラッシュの中、お二人も来てくださって、ぼられることもなく!!当日は、古い家から、大きな冷蔵庫を狭い階段を縫うように前後左右に傾けながら、知恵の輪のようにかいくぐって搬出、無事新しい家まで運んでもらいました。
本当に助かりました!!
晴れ女の私は、この日も快晴!!喜!!

その後も、3月31日引き渡し時間のギリギリまで、掃除や片付けをして、ご近所にもごあいさつして、ようやく新しい家に全ての荷物が、運び込まれ・・・
今はまだ!!そのギュウギュウの荷物の海の中で、暮らしています。笑笑

4月は多くの人にとって、新しい出発の季節。
私もまた、新しい部屋から、元気に仕事に通いたいと思います!!
春だ〜!春だ〜!!
嬉しいですね。
ありがとうございます。


203360D9-EFCD-4501-A7C5-EF90257EE4A4.jpeg
「引越し」「引っ越す」「家移り」(C)手話あいらんど
家の屋根が、よいしょ!と移動する感じで。
はすは引越しシーズンですね。





posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

手話あいらんどTVクロスカルチャー「元号の手話を覚えよう」


手話あいらんどTV クロスカルチャー、今回は、手話パフォーマンスきいろぐみ手話ライブ「元美‘S デフバースデーパーティ―」の会場から、ろう者中嶋元美と、大学生の樋口珠音ちゃんが、お届けします。
平成人の、時代トークをお楽しみ下さい。笑
ライブに来てくださったあなたも、ぜひ、自分はどこかな〜と探しながら、ご覧ください。



(簡単な内容)
手話あいらんどTVクロスカルチャ〜〜〜!!
今日は、「元美‘S デフバースデーパーティ―」の会場から、お届けしていしま〜す!!

中嶋元美です。ろう者です。
樋口珠音です。聞こえます。4月から大学2年生になります。
「元美‘S デフバースデーパーティ―」も、今年で4回目になりました。ピンクの服の方も!!うれしい。

今回のライブは、きいろぐみの平成最後のライブになりそう。
私たちも平成生まれ。
各時代の手話、流行っていたものなどについて、お話しましょう。

「江戸」という手話は、当時の髪形のもみあげの部分を表現しています。
江戸時代の遊びというと、「チャンバラごっこ」。手話では人差し指を肩の上で振ると「遊び」という表現になりますが、これも刀を振り回すチャンバラごっこが由来と言われています。

「明治」明治天皇のあごひげが由来です。
明治時代というと、お祭りなどでもみんながよく飲むラムネ。中のビー玉がほしくて、元美は瓶を割って取り出していました。笑
ラムネは口が小さくて、炭酸で飲みづらかったね。

「大正」大正天皇の鼻の下のひげの形だそうです。
元美は、明治の次は昭和だと思っていて、大正があるのを知りませんでした。今回クロスカルチャーのために調べて、初めて、大正があるのに気づきました。昔勉強したのかもしれないけど、忘れていました。
大正時代というと、カルピスが誕生。
二人ともカルピスが大好き。水で割るものがおなじみ。夏になると飲んでました。アイスタイプもあります。

「昭和」昭和天皇の詰めエリを表わしています。
映画「三丁目の夕日」が印象的です。テレビが高価でめずらしく、テレビのある人の家にみんなが集まって盛り上がる!イメージ。笑 たまも、その映画では、東京タワーを作る途中の映像が印象に残っています。元美は、スカイツリーが高くてきれいだと思う。たまは、東京タワーの方が好きです。

「平成」 なだらか・平という手話で、平和のイメージの込められた表現です。
たまは、平成11年生まれです。元美は、平成6年生まれ。
元美は、小学校の時はやっていたバトンが大好きでした。たまはプリクラ。小学生ぐらいの時から撮ってました。
それから、自分たちが小学生くらいの時「懐メロ」というと昭和の歌が流れていたけど、最近は平成初期の歌も懐メロになりつつある。笑 それを懐かしく思うこともあります。私たちも年を取りますね。

もう直ぐ、新しい元号も決まります。楽しみですね。
平成も間もなく終わりますが、いま全国では手話言語条例もどんどん成立しています。手話を学ぶ若い人たちも増えてきています。これからももっともっと、みんなで手話の輪を広げていければいいなと思います。新しい時代をみんなで一緒に作っていきましょう。
また、お会いしましょう。さようなら〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!

image/2019-03-29T133A333A06-1.jpg

提供 : 手話あいらんど手話教室
出演 : 中嶋元美 ・ 樋口珠音
構成 : 南 瑠霞
撮影 : りさ
編集 : 青木孝二





posted by 南 瑠霞 at 13:34| 東京 ☁| 手話あいらんどTV〜島民通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

元美‘デフバースデーパーティー手話ライブ!!本当に ありがとうございました!!


9F55A851-545A-4D2F-A88C-4D8728E829D0.jpeg

2019年3月24日(日)
世田谷区三軒茶屋 グレープフルーツムーンにて、4回目の 中嶋元美デフバースデーパーティーが 開催されました。
当日は、満席の中、ちょっと狭い思いをされた方もおられたのではないかと、思います。
本当に、ありがとうございました。

みなさんのおかげで、とても暖かい手話ライブとなりましたこと、心より御礼申し上げます。
事務局の写真で、当日の様子をご報告させていただきます。

B3BD9463-DE0C-4784-BF73-969615BFB49F.jpeg
元見に、みんなのひらひらとした手話の拍手の波が注がれ。

B2FD7464-316E-4AD8-9611-9F5AC9B48C54.jpeg

BF89ABC6-3CFB-4B8D-8AF4-ADA3F10C0C12.jpeg
こんなに多くの方が、開演前から並んでくださっていたことを、私は写真で知りました。
本当にありがとうございます。

EAC08A0C-35A6-4F8D-A1A4-782C1093C0DC.jpeg
小学生のりおんちゃんの司会も、大人気でした。

AFF2FF39-5A25-42A4-9674-37AD14A9873D.jpeg

image/2019-03-27T213A183A06-3.JPG
1B4E9426-22EE-4B0C-83FB-5F384DEFF904.jpeg
image/2019-03-27T213A183A06-2.JPG

image/2019-03-27T213A183A06-1.JPG
911A5A43-C8E8-43D4-9693-D78468060E17.jpeg
元美が、今回特に大事にした2曲は、「おめでとう」という言葉が繰り返し出てくる歌と、輝ける「ひまわり」がテーマの歌。

9DAC1555-5FFC-48E4-8ADA-DA6325077CDB.jpeg
みなさんに、最後まで応援いただき、私たちも感謝です。

9E930ECF-04B2-45E1-A805-416F04AFCB15.jpeg
今回は、りおんちゃんが大成長を遂げたライブでもありました。

CB06F8DF-1C93-4CD4-98DF-9B549ACD5632.jpeg
会場の皆さんと一緒に撮った記念写真。

きいろぐみは、旗揚げ30周年。
素敵な春の始まりを、皆さんとともに過ごせたこと、本当に嬉しく、また、きいろぐみの「ろう者と手話の立場から多くの人々に夢を配る」という目標も新たに!!
また、新年度から元気に活動を続けてまいります。
どうぞよろしくお願いします。

本当に、ありがとうございました。


※写真は マネージャーのはっちゃんが撮ってくれました!ありがとう!!




posted by 南 瑠霞 at 10:00| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

南 瑠霞の歯医者日記!!泣笑


0DCA2B38-DE4D-47D9-ADDE-984C00BDF99B.jpeg

あまりの歯医者嫌いに、ほぼ20年くらい行っていなかった歯医者さんに、数ヶ月前から通い始め、幼い頃のトラウマと戦いながら、1本ずつ小さな小さな治療やメンテをしています。
これらは、多分普通の大人なら「今日コンビニに行きました」くらいなフツーすぎるテンションで、ブログになんか書くはずもないくらい、ささやかすぎるアホみたいな出来事。汗笑 また超強烈に歯を痛めているわけでもなく、健全なみなさんなら半年に一回くらいは通って歯の汚れを見てもらうなどの程度のそんな内容です。
そして、今日も、別に目玉が飛び出るような痛さはなく、通常なら子供でさえニコニコ笑ってサラッとごあいさつして帰る程度の虫歯治療をしました。(もちろん、心の中では、結構怖かったです。笑笑)

さて、そんな私の治療にも慣れた先生は、今日は、治療の後すぐに、私の要求を待つことなく「メダル」をくれました。「はい!どうぞ!!」って。笑
それをもらって、今日も、私はいそいそと子供用のガチャガチャのところへ行きました。
今日 当たったのは!!

9D25A4CE-DBDD-4E9B-BFF4-20CA36ED411F.jpeg

4F6AFBBB-E3F9-447E-BC99-6E3A2C88EC52.jpeg

ディズニーの、チップとデールのマスキングテープでした!!
おお!! 私が欲しかったのは、元々、幼稚園の出席みたいな「よくできましたシール!」。別にガチャガチャの、子供用のおもちゃが欲しかったわけではないので、今日のは、さらに嬉しかった。これを、毎回歯医者さんにきたら、終わりにちぎって、手帳の今日の日付のところに貼る!!と決定。笑笑
チップとデールが、私の歯医者さんの「よくできましたシール」となりました。これまでの数回分の日付のところにも、チップとデールを貼ってみると・・私が歯医者さんに行った日が、手帳に浮かび上がり、小さな“子供の私”の誇りとなりました。笑笑 うれしい!!
歯医者に行くのが、ちょっと楽しみになりました。

そうだ。あの日小さな頃、私が欲しかったのは「ちゃんと歯医者さんで治療できた!」という誇り。小さな私が、大人の階段を上るために必要だったのは このささやかな自信だったのだと、大人になりすぎた今、はじめて気づきました。
ここの先生が、子供扱いしてくれなかったら、私はいつまでも、この誇りの存在を知らないままだったかもしれないなあと、改めて小児歯科のすごさを実感。子供達は皆、こうやって大人になっていたのかぁ・・・・

image/2019-03-26T143A353A06-1.jpg

ちなみに、前回当たったのは、小さなビーズの指輪でした。笑
次回は、メダルで何が当たるかな?


「安心」(C)Softbank/手話あいらんど「ゲームで学べる手話辞典」
8BDB2ADC-167C-4287-AD13-EB4E491AECAE.jpeg
上に向けた両手を、ゆっくり下に下げて。
胸やお腹の中が安心して下に落ち着くイメージ。
ふ〜〜ぅ!






posted by 南 瑠霞 at 14:56| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする