2017年03月13日

お子様ランチ!!笑


image/2017-03-13T233A133A15-1.JPG

小2の女の子と、取引して、
お子様ランチを食べました!!笑

私は、お子様ランチが、それなりのバランスが整っており、
無理のない少なめの分量で、見た目もかわいいので、
けっこう好きです。笑
子供のころこういう食事をした覚えもないので、
子供が同席した時は、
お願いできそうなときは、ある「取引」をしています。笑

先日も、手話パフォーマンスきいろぐみで、稽古の合間に、
小学2年生の女の子と一緒に夕ご飯を食べる機会があったので、
もし、大人っぽいものを食べるなら、
私と入れ替えて注文し、ぜひお子様ランチを注文してほしい!!
とお願いしてみました。
すると、気軽に「いいよ。」と言ってくれたので、
二人で相談し、それぞれ相手のほしいものを注文して、
食べるときに取り換えっこして食べたのです。笑笑

IMG_9068.JPG

彼女が食べたかったのは、大人女子に人気のパスタでしたので、
私がそのパスタを注文し、
彼女には、お子様ランチを注文してもらうと、
お子様には、シールがついてきて、
彼女は、そのシールを妹用に受け取って一件落着。
私は、そのあと楽しく、お子様ランチをいただきました。笑

image/2017-03-13T233A133A12-1.JPG

image/2017-03-13T233A143A05-1.jpg

ファミレスには、
かわいい子供向けキャラクターも!!笑

FullSizeRender (3).jpg

スマイルポテトもかわいくて、どうやって手に入るのか調べてみたら、
コストコや、通販などで、出回っているとわかり、
ちょっと買いに行きたくなりました。笑


「ファミリーレストラン」=「ファミリー(家族)」+「レストラン」

FullSizeRender.jpg
『ファミリー(家族)』
家の屋根と、男女の家族が暮らしていることを表現。
(C)手話あいらんど

FullSizeRender (2).jpg
『レストラン』
洋食を表わす、ナイフとフォークを表現。
(C)手話あいらんど




posted by 南 瑠霞 at 23:52| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元美'S デフ・バースデー御礼!!


1元美.jpg

2017.03.12(日)
元美ちゃんが “ろう者になると決意した日” の
記念パーティーが、開かれました。
チケットも早々に満席となり、来られなかった方も多かったと思います。
また、ぜひ、次の機会に来てくださいね。
本当にありがとうございます。

2-1まひろ.jpg
司会は、4月から大学生になるまひろが担当。
楽しく明るいトークを、ありがとう!!

2-2くすだま.JPG
おめでとうのくす玉が割れ、軽やかにライブがスタート!!

3踊る元美.png
バレエダンサーとしても活躍中の元美の軽やかな踊り。

4りおん.png
花の舞う美しいマジックを披露してくれたのは小学生のりおんちゃん!!

5杉.JPG
開場には、暗黒のすぎ軍団が登場。
花粉をまき散らすという一幕も!!
元美ちゃんが、見事退治しました!!笑

6クロカル.JPG
ライブでは、手話あいらんどTV 
ろう者と聴者の文化の交差点「クロスカルチャー」の
撮影も行われました。
3月中の放送を予定しています。お楽しみに!!

7RPG.jpg

8星.JPG
元気のいい歌も、静かで美しい歌も!!

9ひまわり.JPG
ラストナンバーは、元美ちゃんが難聴の時から、聞いていて、
歌詞にいつも励まされていたという「ひまわり」!!
会場では、ライブが進むにつれ、一緒に涙を流してくださったお客様もおられ、
私たちも感動をいただきました。
本当にありがとうございました。

10記念写真.JPG
元美ちゃんの記念チョコを買ってくださったお客様で、じゃんけん大会!!
最後に勝ち残った方と、一緒に記念写真!!
本当にありがとうございました。

元美ちゃん、今年もデフバースデーパーディー、お疲れ様!!
ここからも、みんなで共にステージを作っていきましょう。
本当に、夢をありがとう!!



飾り.jpg
これは、元美ちゃんが自ら飾り付けた舞台セット!
かわいかった!

※ 写真は、マネージャーのはっちゃん、音響スタッフ、
それから、お客様が撮ってくださったものです。感謝。




posted by 南 瑠霞 at 10:57| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

完売御礼!2017.03.12(日) 元美’S デフ・バースデー・パーティー


motomi.png

※※※※※※※※※※※※※
Motomi’s Deaf Birthday Party 
〜 自由への扉 〜
※※※※※※※※※※※※※


この映像の文字情報はこちら!!
http://minamiruruka.seesaa.net/article/447236718.html

【とき】
2017年3月12日(日)
開場12:00〜 開演12:45〜

【チケット】
完売御礼!!

【料金】
3,500円(ドリンク代含む)

【ところ】
会場.png
こまごめ わいわいほーる
http://www.waiwaihall.com/
JR「駒込駅」北口・南北線「駒込駅」4番出口 より徒歩4分
(豊島区駒込2-7-11 比米ビルB1F)

【地図】
地図.png

手話とら.png


posted by 南 瑠霞 at 00:00| 東京 ☀| 南 瑠霞からのお知らせ・ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

地域の登録通訳者の能力にはばらつきがある?

先日、とある通訳に伺いました。
とても親しい友人のろう者で、緊急事態だったので、
駆け付けたのですが、
そのあと、ちょっと気になる話が出ました。

通訳に伺ったろうの方の 聞こえるお相手の方が、
「今日の通訳はわかりやすかった。
このろうの方とお話したいときは、また、
南さんが来てくださるんですか?」
とおっしゃいました。
ところが、私は、本当に緊急事態に、
ろうの友人が困っていたので、急いで行っただけで、
今回は、完全に友達としてのサポート。
その地域の通訳者でも何でもありません。
また、そこは、車で1時間半かかる場所で、
その日は、本当にたまたま時間があって行けただけで、
昼間のその時間は、普段絶対仕事でふさがっており、
次のお約束はできません。

それで、その話を通訳すると、ろうの友人が、
「あの・・・南さんは、いつもとてもきちんと通訳してくれるので、
緊急事態で、来てもらいましたが、
次からは、地元の通訳を呼ぶことになると思います。
でも、地元の通訳は、自分に合う人も合わない人も、
ベテランの人も、新人も入り混じっていて、
誰が来てくれるかわかりません。
だから、通訳者が来ても、今日のように、
スムーズに話し合いができるかというと、ちょっと心配です。
そういう時は、もっと筆談も増やして、
わかりやすく話してください。」
と、話し始めました。
(それも、私が通訳。)

そうなんです。
各地の地元の登録通訳者の方には、
ベテランで、様々な経験をし、
いろんな事態に対応能力の高い人もいれば、
2〜3年手話の勉強をして、
「人材が足りないから、勉強だと思って通訳者として、登録してね。」
と先輩方に言われ、自分でもまだまだだなーと思っているけど、
一生懸命やってみようと、登録した人もいます。
また、人によって、
行政のかたい原稿のあいさつ文なども、事前にきちんと準備すれば、
とても上手に手話表現できる人も、
かえって、フリートークの通訳のほうがしやすいという人も、
また、私のように、基本どんな内容でもペラペラ通訳できるのに、
なぜか、料理の話になるとちんぷんかんぷんになって、
まったく通訳ができなくなるという場合もあります。汗&笑
通訳者も、自分の得意分野や、不得意な分野があるのです。汗汗
もちろん、そういったことがないように、幅広い勉強をし、
事前に準備をし、責任をもって現場に出かけるのが、
通訳者としてのあるべき姿ですが、
やはり、一人一人、能力や個性には、特徴や限界があるわけです。
そんな中で、
自分の通訳に誰が来るかわからない。
というのは、ろう者にとっては、ちょっと不安な面もあることは、
事実です。

ろうの友人は、その辺のところも、今後のために、
相手の方に話したわけです。

さて、ここで大事なのは、
「地域の登録通訳者には、能力にばらつきがある」
ということでは、ありません。
それはそれで、現実ではあるのですが、
実は、私も、かつては、ド新人だった!ということを、
振り返ってみたいと思います。大汗
多くの通訳者は、最初から天才的に、
通訳がうまかったわけではありません。
多くの手話通訳者は、
ろう者が我慢し、ろう者が教え、ろう者が育てて!!
今日に至っているのです。汗&笑
もし、自分が少しは、ましな通訳者になれたかも!
と思ったら、それは、それだけ、多くのろうの人が、
その通訳者に、下手でも「大丈夫だよ」と声をかけ、
失敗しても「また次に頑張ってね。」と励まし、
時には、「ここがダメ」と、言いたくないアドバイスもし、
一生懸命育ててきた賜物です。
私自身、今回のろうの友人をはじめ、多くのろうの方々が、
どんなにへたくそでも、やらかしちゃったときでも、
叱ったり励ましたりして、導いてくれたから、
ここまで来ているわけです。

また、このろうの友人が言うとおり、
通訳を受ける側も、
その通訳者を頼り切るばかりでなく、
自分のできることをして、相手に伝えたいと、
互いが意思表示しあうことが、
コミュニケーションをよりスムーズにします。

各地の、地域の登録通訳者は、決して、天才ぞろいではないかもしれません。
でも、その中で、通訳者も、ろう者も、そしてその通訳を受ける聞こえる人も、
みんなが力を合わせることで、より良い情報のやり取りができ、
通訳もまた、より能力を発揮し、
そこから、聞こえない人を取り巻く人々の環境も、
良い方向に変わっていくのだと思います。

最初は戸惑っておどおどしている新人通訳者たちも、
ここから、様々な経験を積んで、成長していくんですね。
そいう言う意味で、聞こえない方々も、
我慢しながら、そういう通訳者に付き合ってくれています。
もちろんこの状況は、良いことばかりではありませんが、
逆に、悪いことばかりでもないということです。
その中の何人かは、のちにとても優れた通訳者になる可能性があるからです。

今回は、たまたま伺った通訳現場で、
別の角度の問題に、あらためて気づかせてもらい、
勉強になりました。

今私が、手話の活動で、誰かに何かをほめられたとしたら、
それは、その数だけ、私の後ろにろうの人たちがいるということ。
その豊かさに、感謝しながら、
ここからも、一歩ずつ進んでいければと思いました。

いつも、ブログを読んでいただいて、ありがとうございます。


image/2017-03-10T013A133A05-1.JPG
都内は、すっかり梅の季節です。


posted by 南 瑠霞 at 22:00| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知ろう!学ぼう!障害のこと 4 聴覚障害のある友だち新刊


手話パフォーマンスきいろぐみが、
教育誌で紹介されました!!

IMG_9005.JPG
知ろう!学ぼう!障害のこと 4 聴覚障害のある友だち新刊
著者 山中 ともえ (監修)

FullSizeRender.jpg

IMG_9007.JPG

FullSizeRender (2).jpg

カテゴリ:小学生
発行年月:2017.3
出版社: 金の星社
サイズ:30cm/38p
利用対象:小学生
ISBN:978-4-323-05654-8


posted by 南 瑠霞 at 00:01| 東京 ☀| 南 瑠霞のライブラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

手話あいらんどTVクロスカルチャー「ろう者の歴史をたどる旅・その2」


手話あいらんどTVクロスカルチャー
今回は、前回の群馬の旅の続きです。
あなたも、一緒に、ろう運動発祥の地へ!!



(簡単な内容)
image/2017-03-08T083A003A08-1.JPG

手話あいらんどTVクロスカルチャー!!
ことぷきです。ろう者です。
南 瑠霞です。聞こえます。
よろしくお願いします。

今の写真は、前回のクロスカルチャーで見た場所です。
南が2月23日に行った、群馬県の温泉ホテルです。
ここは、見れば普通のホテルですが、
ちょっと違うところがあります。
建物の自動扉の外の寒い場所に、
案内してくださる男性の方がおられたのですが、
その方が、なんと、突然、手話であいさつしてくださいました。
「ありがとうございます。」と、ごく自然に手話ができるんですね。
驚いて尋ねてみると、
どうやら、ホテルの皆さんは、自主的に手話の勉強会をされているようで、
皆さんが、簡単な手話のあいさつができるそうなんです。
ろうの人もたくさん訪れるホテルなんでしょうか?
このホテルもある、私が訪れた場所は、実はここです。

image/2017-03-08T093A233A05-1.JPG

群馬県渋川市!!
群馬県では、県のほか、3つの市と1つの町が、
手話言語条例を制定しますが、
その中の一つ、渋川市に、勉強に行きました。

ここの渋川市の温泉の名前は、伊香保温泉。
そこにあるのが、ホテル小暮です。
以前の名前が、小暮旅館と言います。

ここにある大事なものがあります。
その写真がこれです。

image/2017-03-08T083A053A05-1.JPG

これは、全日本聾唖連盟 結成大会記念碑です。
全国のろうの人が、歴史上初めて、
ろう運動のための組織を作ろう!と、結集した場所が、
この小暮旅館です。
その駐車場に、この記念碑があります。
ホテルの入り口で、その記念碑の場所を聞いたら、
「そちらの駐車場です。
あなたは手話の勉強中ですか?」と聞いてくださって、
「ありがとうございます。」
と、手話を表わしてくださいました。感激!!
皆さんも、このホテルに泊まれば、
いろいろ教えてくださると思います。

全日本聾唖連盟の結成日は、昭和22に年、1947年。
ちょうど、70年前のことです。
そんな昔に、全国から多くの方が集まって、
心を一つにしたという、熱い思いのこもった場所です。

実は、記念碑は、二つあり、
もう一つは、ホテルからは、坂の下にちょっと歩いたところにあります。
それがこれ。

image/2017-03-08T093A213A05-1.JPG

image/2017-03-08T093A183A04-1.JPG

これは、「全日本ろうあ連盟 結成の地」の記念碑。
両側がカーブしていて、真ん中に赤い丸があります。
ろう運動の歴史、現在、そして未来への希望が表現されているそうです。
もう一枚の写真に、大勢の人が集まっていますが、
これも、記念碑にはめ込まれています。
これは、70年前、結成大会に集まった人たちです。

70年前というと、
最初の想像では、10人とか20人が集まって、
ほのぼのと開始したのかなと思いましたが!!
なんと、この写真を見ると、
とても多く(およそ200人くらい)の人が集まっておられて、
熱い思いをもって、絶対に頑張るんだ!!
と 皆さんが思っていたことが、わかりました。
全国の人が、本気でやろうとしているのが、
伝わってくるんですね。

思いのこもった記念碑ですが、そのすぐ近くに、
とあるものがあります。
記念碑の裏側です。

image/2017-03-08T083A163A04-1.JPG

滝みたいですが、湯気がすごいですね。
温泉の湧水です。
雪の季節で寒くても、そばに近寄ると、暖かいんです!
記念碑の後ろ側にそのような温泉の川が流れています!!
この川も一緒に、記念碑の一部になっているような、そんな場所でした。

ろう運動の歴史は70年ということですが、
私も、手話を学んで30年以上。
この間、いろいろ勉強をしました。
○ ろうの方が家を建てるためのローンが組みたくても、
それをはばむ法律があり、それをろう運動で改正。
○ 遺言の読み聞かせに、通訳などの第三者を挟まず、
遺言を取り扱う公証人と本人が、
直接、口で伝えなければいけないという法律があり、
手話通訳者を挟むことができなかったが、それを改正。
これによって、ろうの人は、堂々と手話通訳者とともに、
遺言作成に出かけられるようになった!
○ かつて、ろうの人は、運転免許が取れなかったが、
運動の結果、免許が取れるようになり、
南自身も、ろうの方の助手席にたくさん乗せていただいた。

こうしたたくさんのことが、これまで、ろう運動の結果、
変わってきたのだと、
多くの人に、教えてもらってきました。

南は、手話の活動を通じて、
「人生や社会ので、一人の人に困ったことや、つらいことが起きても、
みんなで力を合わせれば、多くのことが乗り越えられる。」
ということを、ろうの方に教えてもらった!!
それは、自分の人生の大きな学びになった!!
改めて、ここからまた長く手話を続けたいと思いました。

ことぷきも、
昔の先輩たちが、たくさんの壁を打ち破ってくれたことを、
よかったこれで良し!と思うだけでなく、
またさらに、いろんなことを乗り越え、
後ろに続く人たちに伝えていきたいと思います。

もしよかったら、皆さんも群馬に見に行ってみてください。
私たちも一緒に行きましょう。
これから、春になりますが、みんなで楽しく元気に行きましょう。

また、お会いしましょう!!
さようなら〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。


image/2017-03-08T073A543A06-1.JPG

提供:手話あいらんど手話教室
出演:南 瑠霞・ことぷき
構成:南 瑠霞
編集:蓮子 都






posted by 南 瑠霞 at 09:25| 東京 ☀| 手話あいらんどTV〜島民通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

動物園もおひな様!!


image/2017-02-28T213A183A05-1.JPG

関東も、だんだん春らしくなってきました。
今週、千葉県の動物園に行くと、
とてもきれいな花と、動物パネルのおひな様が、
迎えてくれました!!
この動物園は、立って歩くレッサーパンダがおなじみで、
おだいり様とおひな様には、動物代表として、
このレッサーパンダが扮していました!!笑

image/2017-02-28T213A183A10-1.JPG
まだまだ外は寒いのですが、こうして枝に咲いた満開の花を見ると、
吹く風も変わったように感じられます。

とはいうものの、
私は、寒がりなので、完全防備で、
動物園を回りました。笑

IMG_8859.JPG
ふれあい動物園で、ヤギやヒツジとお話しているところ。
ちなみに、鹿の角は触れると暖かいのですが、
ヤギさんの角は冷たかったです。
でも、血が通っていないわけではなく、
鹿の角は、毎年生え変わり、
ヤギの角は一生もので、折れると大けがになるんだそうです。
生き物って、不思議ですね。

IMG_8860.JPG
ネズミさんも手に乗せてもらいました!!感激!!
軽〜くて、暖かかったです。

IMG_8845.JPG
小さな動物園でしたが、ペンギンもいました。

IMG_8865.JPG
大人気のレッサーパンダちゃん達。

ニホンザル.jpg
ニホンザルの群れでは、木の枝の奪い合いがあり、
長〜い枝を持ったまま、みんなが走ったり叫んだり大騒ぎ!!笑
これは、大きいサルが、子ザルたちに、
「この枝は誰のものか」と熱弁をふるっているところ。
・・てか、なんでこの枝がそんなに人気なのか??笑笑

IMG_8861.JPG
そのほか、いろんなおさるさんもいました。

ここには、動物の赤ちゃんたちもたくさんいましたが、
みんな、お母さんの陰に隠れて、写真はいいのが取れませんでした。
春ですね〜!!


FullSizeRender.jpg
「おひなさま」(Softbank「ゲームで学べる手話辞典」手話監修:手話あいらんど)
平安装束のしゃくを両手で縦に持っているようなイメージで。
上のレッサーパンダのおひな様は、片手に持っているようですね。


posted by 南 瑠霞 at 09:04| 東京 ☁| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

手話あいらんどTVクロスカルチャ―「ろう者の歴史をたどる旅・その1」


手話あいらんどTVクロスカルチャー
2月の南は、雪の残る街を旅してきました。
ことぷきと一緒に、レポートいたします!!



(簡単な内容)
手話あいらんどTVクロスカルチャー!!
ことぷきです。ろう者です。
南 瑠霞です。聞こえます。

春がすぐそこまで近づいています。
東京では、水仙の花なども、あちこちで咲いています。
花の季節になりました。

実は、南は、つい先日!!
2月23日、とある場所に行きました。
それは、ここです!!

(雪景色の写真)

雪が残っているけど、積雪量が少ないから、
東北ではないかも?
新潟あたりかな?笑

雪の写真だけではわからないので、
本当に見てわかる場所は、ここです!!

(高いビル)
(丸いビルと高いビル)
(かわいいマスコットの記念写真)

なるほど!!
ぐんまちゃんがいたので、群馬に行ったんですね。

山間には、まだたくさん雪が残っていました。
美しい自然があり、空気のきれいな場所でした。
写真の、丸い建物と渡り廊下の高いビルは、
群馬県庁です!!

群馬県というと、
ことぷきは・・・
○ 桐生うどん。以前友達に教えてもらい、
幅の広い平らな麵が、人気だということで、食べました。
○ みそぱん。パンの甘い味噌を塗って挟んだもの。
これも、おいしかった。おすすめです。
南は・・・
○ 群馬サファリパーク
○ 尾瀬という自然の豊かな場所
○ 温泉
などが、すぐに思いつきます!!

今回、南が群馬県に行った理由は、
手話言語条例の勉強をしたいと思ったからです。
車で行きました。
全国では今、手話言語条例を成立させようと、
多くの方が活動しておられますが、
その条例が成立しているのは、2017年2月23日現在
沖縄・愛知・群馬・長野など、9県。
市が56、町が8つ。

私たちは、東京に住んでいるので、
群馬県が比較的近く、勉強のために伺いました。
群馬県は、県レベルでは、鳥取・神奈川に次いで、
全国で3番目に、手話言語条例が制定されています。
群馬県下では、前橋市、中之条町、渋川市、みどり市でも、
手話言語条例が制定され、
手話の普及に向けての、様々な動きが始まっています。
多くの方が思いを込めて、
県や市、町をよくしたいということで、
条例に取り組んでいるんですね。

その中でも、今回、
南の心に残っているのが、ここです。

(ビルの写真)

大きな建物です。これは、病院?
手話言語条例ということで、ろうの人も行きやすい、
手話のできる人のいる病院かな?
いや。温泉かな?
温泉というと、木造りの古い日本の・・・みたいなイメージだけど、
がっちりしたビルですね。

実は、ここは、ろうの方の長い歴史の中でも、
皆さんの心に残っている大事な場所の一つなんです。
それが、どこで、どんな場所なのか?
中身は、次の放送で!!
お楽しみに!!

また、お会いしましょう。
さようなら〜〜〜〜〜〜!!

ぐんま.png

提供:手話あいらんど手話教室
出演:南 瑠霞・ことぷき
構成:南 瑠霞
編集:蓮子 都
posted by 南 瑠霞 at 09:02| 東京 ☀| 手話あいらんどTV〜島民通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

これらの街の共通点は?


千葉県、埼玉県、群馬県、長野県、沖縄県、・・・
みどり市、朝霞市、中之条町、渋川市・・・
これらの県や、市・町の共通点は、なーんだ?

私は、芸人の阿曽山大噴火さんが、大好きです。
裁判が好きで、子供のころから興味を持ち、
毎日毎日裁判所に通い、
重大裁判のほか、賽銭泥棒など、
軽犯罪の裁判もたくさん見ていて、
裁判傍聴仲間もいて、情報交換をしたり、
裁判こぼれ話を、テレビで披露したりと、
私たちには、ちょっと難しそうな裁判に、
本当に興味深く触れていて、
裁判の傍聴を、人生最大の趣味、
いやその域を超えて、ライフワークにされている方です。
彼が話す裁判の話は、視点が、私たち一般の人に近く、
かといって、不真面目でもなく、かといって、生真面目でもなく!!笑
時には、裁判官の人柄を教えてくれたり、
やむにやまれぬ容疑者の行動や生き方を
レポートしてくれたりすることもあります。
傍聴や裁判員裁判の参考になるような、
わかりやすい本も出したりしています。
好きなこと、興味のあることを、毎日淡々と楽しみ親しみ、
人として触れ続ける、この生き方、
妙に、私の琴線に触れるのです!!
いつか、お会いしたい方の一人です。

それで!!
話は元に戻りますが、
新年から、私はマネージャーのはっちゃんとともに、
手話言語条例が制定された、東京周辺のいろんな街を訪問させてもらっています。
私たちの活動を知ってもらうとともに、
そうした街の、手話言語条例成立までのお話を、
地元の方に直接聞いてみたい!!と思ったからです。

最初に、ご紹介したのは、
そんな手話言語条例を制定している県や市の地名です。
(手話言語条例を成立させている自治体は、日々増え続けていて、
現在、9県/56市/8町/計73自治体。詳しくは、こちらも見てみてください。
全日本ろうあ連盟 手話言語条例マップ 
https://www.jfd.or.jp/sgh/joreimap )

実際、伺ってみると、各自治体の皆さんは、
それぞれ実に情熱をもって、
条例に取り組んでおられるのが伝わってきました。
同じ手話言語関連条例と言っても、自治体によって、
議員と議会主導で可決したところもあれば、
知事などの自治体の長が主体となって成立させたところ、
行政が積極的に条例条項を取りまとめ、
そのあと議会で承認されたところなどもあるようです。
また、担当の方も、障害福祉のベテランの方もおられれば、
新人で、手話も現在、一から皆さんと一緒に学んでいます。
とおっしゃっている方もおられました。
ただ、すべてどの自治体も、
地域に住むろうの皆さんの熱い思いが届いての成立であり、
担当の方々が、ここから真剣に、手話への理解が広がるようにと、
様々な試行錯誤を重ねておられる!!
ということが、よくわかりました。

私たちも自ら、現地に足を延ばしてみることで、
ろう者と手話を取り巻く状況が、
関わる方々の情熱で、変わりつつあることが、
実感できる新年となっています。

また、その都度、地元のろうの方ともお会いし、
楽しくお話させていただいているのも、
この旅の素敵なところです。
(一緒に飲んだり、食べたり!!笑)

もちろん手話言語条例が始まったからと言って、
すべてが、ガラッと変わるわけでもありません。
多くの方がいろんな課題を指摘しておられますし、
乗り越えていかなければならないことも、
たくさんあるに違いありません。

それでも、少しずつ、
「人の思いとともに変わる社会」に、触れさせてもらう中で、
私は、手話を通じて、多くの方に、
憧れの阿曽山大噴火さんのように、
何かを伝えられる人になれれば素敵だな〜と思います。

手話を学ぶ理由やきっかけは、人それぞれですが、
出会ったろうの方と心通わせ、共に過ごすことは、
誰にとってもたくさんの学びが得られるものだと思います。
まずは、一つのあいさつから!!
出会った人の笑顔のために。
手話を学ぶ素敵さを、改めて感じながら
新年度に向かって、進んでいきたいと思います。
感謝。

IMG_8699.JPG
群馬県渋川市伊香保温泉に建てられた
全日本ろうあ連盟結成の地記念碑!!

IMG_8743.JPG
群馬県から長野県に向かって車で山越えをすると、
雪に覆われ、山頂から噴煙を上げる浅間山が出迎えてくれました!!


posted by 南 瑠霞 at 11:07| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

手話あいらんどTVクロスカルチャー「Motomi'sDeafBirthday〜自由へ扉〜」


2017年3月12日は、手話パフォーマンスきいろぐみ手話ライブ
「Motomi'sDeafBirthday〜自由へ扉〜」が、開催されます!!
中嶋元美が、聴覚を失いろう者として生きると決めた日!!
それが、元美のデフバースデーになりました。
昨年に続き、2度目のライブとなる今年に向け、
元美が決意を新たにしています!!
ぜひ、手話のトークを見てください!!



(簡単な内容)
手話あいらんどTVクロスカルチャ―!!
中嶋元美です。ろう者です。
南 瑠霞です。聞こえます。
よろしくお願いします。

だんだん暖かくなり、春になってきました。
2017年3月12日 また、今年も!!
元美‘s デフバースデーパーティーを開きます!!!!

バースデー.png
http://minamiruruka.seesaa.net/article/446891783.html

今年は、2度目となるこのライブ。
デフバースデーというのは、
元美が、6年前高校2年生の時に突然聞こえなくなり、
手話に出会い、ろうの友達ができ、
ろう者になると決めた日です。
以前は難聴で、聞こえる人の世界にいて、
軽い障害だったので、
手話もしない方がいいのではないかと思っていました。
周りの人の話が分からなくても、そのままでいるような、
そんな暮らしでした。
それが、完全に聞こえなくなり、
新たに、手話という言葉を覚えて、
ろう者として、手話で生きていこう!!
と決めた日。
それが、元美のデフバースデーです。

その日が、6年前の手帳に、たまたま残っていました。
自分で、3月22日、私が聞こえなくなった日。
と書いていたんです。
それを、自分の記念日にしました。

去年のライブは、とてもかわいい場所で開かせてもらい、
遠い場所だったのに、お客さんもたくさん来てくれた。
デフバースデーました。
ただ、ライブの前に、周りの人には、
「聞こえなくなった日!というのは、ショックであり、心も傷ついただろうし、
ちょっと暗いイメージだ」とかなり言われました。
「イメージがよくないんじゃない?」と、言われたんです。
でも、自分としては、
本当に普通の誕生日のようにしたいと思いました。
暗いイメージでなく、自分の人生を変えることができた日!!という風に、
みんなにお祝いしてもらいたいと思い、ごく普通の元気なライブをしました。
やってみて、一番うれしかったのは、
舞台が終わった後、
お客様や、メンバーからいろんなメッセージをもらい、
メンバーのろうの先輩が、
「ろう者の世界へようこそ!」と書いてくれていたこと。
これが、とてもうれしかったです。

ろう者として生きると決める前は、難聴で、
聞こえる人に囲まれ、口で話すことも多かったのですが、
友達5〜6人で輪になって話すときなど、
最初の人の話は口を見ていてわかるけど、
あとは、盛り上がって、みんなが同時に次々話して、
誰が何を話しているかわからなくなってくる。
みんなが笑うと、わからなくても、
自分も合わせて笑うという風にしていました。

学校の授業も、先生の口を見たりもしているんだけど、
黒板に向かって話すときがあり、読めなくなったりしていました。

会話も、1対1なら大体、口を見てわかりました。
でも、暗い場所では、口元も見えないし、
相手が何を言っているのかわからないので話せず、あきらめてました。

でも、ろう者になって、手話を覚え、
ものの見方、考え方が、ガラッと変わりました。

たくさんの人がいる場合も、
今は、ろうの友達みんなと手話で話しているので、
誰が何を言っているか、どんどんわかり、うれしく楽しいです。
暗い道も、今ならスマホで、相手の口元を照らしたりもするし(笑)、
明るい場所まで行こうよ!!と言って、
話す場所を変えたり。
前は、あきらめていたことも、
今では、やり方を変えればできる!と思うようになりました。笑

その決意のライブは!!
2017年3月12日(日)12:45〜
駒込 わいわいホール
3500円(ドリンク大込み)

普通のライブではなく、
パーティーぽい雰囲気で、
皆さんと楽しめる内容にしたいと思っています。
お楽しみに!!

3月12日に必ずお会いしましょう。
サヨウナラ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!


手話教室.png

出演.png




posted by 南 瑠霞 at 08:20| 東京 ☀| 手話あいらんどTV〜島民通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
手話 単語

るるかのおすすめリンク
花嫁の父 愛の劇場 ラブレター 手話 歌 手話 手話 教室