2016年12月29日

クリスタルハンズ4人の写真


クリスタルハンズ4人の写真を、
街のあちこちで撮りました!!
素敵な写真が出そろっています。
今日は、その中から、
一人ずつのベストショットを並べたものです。

クリハン個人写真4並べ45%.png
写真左から〜
★Crystal Sky(クリスタル スカイ) 
 樋口 珠音(ひぐち・たまね)ヒヤリングキャスト〜聴者
★Crystal Red(クリスタル レッド) 
 中嶋 元美(なかじま・もとみ)デフキャスト〜ろう者
★Crystal Orange(クリスタル オレンジ) 
 樺沢 環(かばさわ・たまき)デフキャスト〜ろう者
★Crystal  Blue(クリスタル ブルー) 
 加藤 まひろ(かとう・まひろ)ヒヤリングキャスト〜聴者

クリスタルハンズは、ろう者と聴者の、合同ユニット。
手話で歌って演じる、10代〜20代のサインアイドルたちです。
皆さん、ぜひ、応援よろしくお願いします。

出演依頼、お問い合わせは、
手話パフォーマンスきいろぐみまで。
http://www.kiirogumi.net/


posted by 南 瑠霞 at 00:34| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

Crystal Hands (クリスタル ハンズ) 〜 サインアイドル


クリハンアイラブユー9%.jpg
手話パフォーマンスきいろぐみ内
若手アイドルユニット Crystal Hands (クリスタル ハンズ) 本格始動!!

手話パフォーマンスきいろぐみから生まれた
高校生を中心とした サインアイドルたちです。
ぜひ、多くの皆さんに応援いただければと思います。
よろしくお願いします。

クリハン見上げ9%.jpg
写真左から〜
Crystal Sky(クリスタル スカイ) 樋口 珠音(ひぐち・たまね)
Crystal Red(クリスタル レッド) 中嶋 元美(なかじま・もとみ)
Crystal Orange(クリスタル オレンジ) 樺沢 環(かばさわ・たまき)
Crystal  Blue(クリスタル ブルー) 加藤 まひろ(かとう・まひろ)

4人のプロフィールなども、どんどん公開していきます。
どうぞ、お楽しみに!!


1.13案内看板中.png
なお、手話パフォーマンスきいろぐみ 2017新春手話ライブ
「目指せ!東京2020 〜 僕らはサインサポータ―」が、
彼女たちの公式なお披露目となります。
http://minamiruruka.seesaa.net/article/442719810.html 

クリスタル ハンズのみんなを応援したい!!というあなたも、
ぜひ!!!! 手話ライブ会場へ!!


posted by 南 瑠霞 at 22:46| 東京 ☔| 南 瑠霞からのお知らせ・ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中途失聴者・難聴者にとっての手話!!


今年は、手話の大切さを、
再認識した年でもありました。

11月に開かれたみみカレッジで、
中途失聴者の年配の方が話された体験が、
心に残っています。

「大人になって、突然耳が聞こえなくなり、
絶望的な気持ちになった。
周りの人の話が全く分からず、ついていけず、
誰といても独りぼっち。
聞こえないことが、こんなにつらいとは知らなかった。
ある日、
『聞こえない人にも”手話”という会話手段がある。習ってみては?』
と知人に言われ、
半信半疑で手話教室に行ってみると、
みんなが手話で話している。
少しすると、だんだん慣れてきて、
なんと!みんなの話が分かるようになってきた。
私は、その時の感動を忘れない。
”耳の聞こえない自分が、人の話が分かる!!!”
まるで、”自分の耳が戻ってきたような気持ち”になりました。」

その方は、そこから、ずっと手話を使い、数十年。
今も、その手話を使って、人前で堂々とお話されています。
手話はその方にとって、大事な大事な「言葉」になったのです。

私は、時々、様々な手話サークルにもお邪魔しますが、
今年は、そこでも、難聴者の方から、
あるお話をお聞きしました。

「私は、子供のころから、難聴でした。
普通校に通っていましたが、
聞こえないため、呼ばれても返事をしなかったりして、
けんかになったり、
みんなの言っていることがよくわからなかったりして、
なかなか、周りに溶け込めずにいました。
もちろん、よい友達もいて、
何かわからないことがあったら、あとでゆっくり教えてくれたり、
メモで書いてくれたり、
そんな友達にも、ずっと仲良くしてもらい、
良い人間関係にも恵まれて、学校を卒業しました。
大人になって、人並みに結婚もしました。
夫も、普通の耳の聞こえる人です。
子供も3人生まれました。
子育ても、一生懸命しました。
ある時、NHKで、手話番組や手話ニュースが始まり、
この“手話”が、できたらいいな〜と思い、
毎日、見始めました。
1年くらい見ているうちに、目が慣れて、
だんだん内容が、わかるようになってきました。
ろうの友達がいるわけでもないし、
自分で手を動かしているわけではないので、
ぺらぺら話せたわけではありませんが、
私は、これをきっかけに、
だんだん手話が分かるようになってきたのです。
それで、ある時ふと思いたって、
子供のPTAに、地元の手話通訳を依頼してみました。
初めて、私は、 “聞こえない人” という立場で、
そういう制度を利用したのです。
すると、どうでしょう!!!!!
驚いたことに、いつもPTAで、あとから、先生や親切な方に、
まとめて教えてもらっていた
授業参観や、保護者会の相談内容が、
手話で、その場でそのまま “リアルタイムに!”
知ることができたのです!!!
私は、その時、涙があふれて止まりませんでした。
ぬぐってもぬぐっても、あとからあとから、涙があふれてくるのです。
私は、『人の話がその場で分かる』ということを、
生まれて初めて、体験したのです。

その日からです。
真剣に 『 手話を学んでみよう!』と思ったのは。
すぐに手話の勉強できるところを探し、
地元にも手話サークルがあるのが分かって、
通い始めました。
夜に家を空けることになるので、
家族に相談したら、夫もとても応援してくれて、
さらに、小さかった下の二人の子供が、
”自分たちも一緒に行って手話を習う!!”
と言ってくれたのです。
そこから、このサークルにお世話になり、
私も、だんだん手話がうまくなり、
また、そのおかげで、
今まで口話だけだった家庭でも、子供たちと一緒に、
手話たくさんのことが話せるようになり、
私にとって、サークルはなくてはならないものになりました。

それももう、昔のことですけどね。笑
だから、私、本当にありがたかったと思って、
その恩返しに、今ではこのサークルで、
手話指導者をしています。
皆さんに、手話を学んでいただいて、
本当に、うれしいです。」

その話をお聞きして、今度は、私のほうが胸が熱くなりました。

聞こえない人にとって、手話は「言葉」。
そんな言い回しは、よく耳(目)にするようになってきましたが、
こうして、中途失聴者や、難聴者の方々が、
一人一人手話に出会い、
喜びをもって、獲得されてきたお話をお聞きし、
改めて、手話の大切さを実感しました。

手話にまつわる活動を、日々続けていく中、
忙しさの中で、いつの間にか忘れがちになっている、
大切な「聞こえない人の心」。
それこそが最も大事なものであり、
私たちが日々運んでいかなければいけないものだと、
暖かい思いをいただいた年末となりました。

様々な出会いに心から感謝いたします。
2016年も、ありがとうございました。


南 瑠霞
手話パフォーマー・コーディネーター、手話通訳士。

image/2016-12-27T073A413A05-1.JPG
年末の世田谷公園。
手話パフォーマンスきいろぐみは、いつも、
この公園の近くで、稽古をしています。





posted by 南 瑠霞 at 07:43| 東京 ☀| 南 瑠霞(るるか)の手話日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

手話あいらんどTVクロスカルチャー「聞こえない人の防災のお話」


手話あいらんどTVクロスカルチャー
今回は、聞こえない人の防災について、
ことぷきと南 瑠霞がお話しています。
ぜひ、一緒に考えてみましょう。



(簡単な内容)
手話あいらんどTVクロスカルチャー!!
ことぷきです。ろう者です。
南 瑠霞です。聞こえます。
よろしくお願いします。

全国各地で、地震などもいろいろ起きています。
少し前の東北の震災のほか、このところ、
九州や、中国地方の日本海側などでも、地震が起き、
現在も避難生活をしておられる方がいらっしゃいます。
そうした皆さんも、寒い冬を、
暖かくして、過ごしてほしいと思います。

聞こえない人にとっての、
防災について、ちょっとお話しましょう。

ことぷきは、ろう学校時代、
授業の始まりや終わりを知らせるランプがありましたが、
非常時、災害時には、
これが長時間光り続け、何かが起きたことが分かるようになっていました。
同時に、放送も流れ、先生がそれを通訳して、
指示してくれて、みんな防災頭巾をかぶり、
机の下などで安全姿勢をとったりするという訓練をしました。
ことぷきは、体が大きすぎて、いつも、
机からお尻がはみ出していました。笑

また、ろう学校にはトイレがあります。
何も気づかず、トイレに入っているとき、災害などが起きると、
扉の前に、緊急のためのお知らせカードがあって、
誰かが、用を足していることが分かると、
そのカードを、下の隙間から振って、
中にいる人に知らせたりするようになっていました。
ろう学校の各所にあるすべてのトイレに、
このカードが準備されていました。

学校では、2階3階の教室から、
救助袋という、チューブになった滑り台のようなもので、
すべって降りて、避難するというものもあり、
学校では、そういう訓練を、年に1度行っていました。

青森県のろう学校で、校庭も広く、
周りも田んぼや畑だったので、
グランドの真ん中に、油を用意して、実際に火を起こし、
消火器を握って、実際消火剤を使って、火を消すというような体験も、
一人ずつしたりしました。

東京に来て、
同様な体験も、会社でしました。
でも、東京では、
日の絵が描かれたパネルを使い、
水の出る消火器で、水を吹きかけ、
それを倒すという方法で、行われています。
周りには、多くのビルがあるので、
万一にも、燃え広がらないようそういう方法でやっているんですね。

また、会社の中には、聞こえない人ばかりでなく、
車いすの人などもいます。
火災などでは、エレベーターなども一切使えなくなるので、
みんなで、車いすを操作して、
一段ずつ階段を下りて避難していくという訓練なども行われています。

聞こえない人や、車いすなど、いろんな人がいますので、
その人の状況に合わせて、
避難の仕方にも、様々な工夫が必要です。

世田谷区では、公的避難所がいくつかあって、
震災時などには、手話通訳が優先的に設置される避難所が決まっています。
聞こえない人や手話を学ぶ人たちには、
あらかじめ、こうした情報も知らされています。

東京などでは、こうしたバンダナも、配布されています。
一方には「耳が聞こえません」、
もう一方には「手話ができます」
と書かれています。
こうしたバンダナを持っている人もたくさんいます。

避難した場所で、これを身に着けていたら、
いちいち説明しなくても、聞こえないことが分かり、
周りの誰かが、聞こえない人がいることに気づいてくれて、
メモなどでサポートしてくれたりという可能性が広がります。

また、被災地に援助に入った人が、
「手話できます」のバンダナを付けて、
ごみの片付けなどをしていたら、
「ああ、この人は、手話ができるんだ」と分かり、
必要な時には、声がかかるかもしれません。

ことぷきの地元、江戸川区では、聞こえない人たちは、
ビブスという、サッカー選手なども身に着けている、
小さい、ランニングのような布を、使っています。
これに、「耳が聞こえません。」と書かれていて、
それで周りに気づいてもらえます。
回りに助けてもらったり、
また自分たちもできることをサポートします。
こうしたものを、いろいろ用いたりして、
各地元によって、いろんな工夫が広がっています。

きこえない人の119番は、
各地元で登録制で行っているところも多いようです。
アプリなどもあって、
福祉課などで、書式をもらって、登録したりします。
前もって、こういうこともしておくと、
いざというとき、便利です。

以前は、聞こえない人は、
聞こえる人にいろんなことを頼んでばっかりということで
不便なこともたくさんありましたが、
だんだん、便利になってきました。

また、聞こえない人にとって、特に大事だといわれているのは、
住む町の「周りの方々とのコミュニケーション」です。
日頃から、きちんと自分たちの存在を知ってもらうことです。
自分たちからは、手話もみんなに教えてあげて、
情報交換や助け合ったりし、
周りの方とコミュニケーションを取っておくことが大切です。

たとえば、倒れた家の中に、誰かが閉じ込められても、
近所の人が、
「あの家に聞こえない人がいる」と知ってくれていれば、
声では呼べないと気づき、
救助方法などを工夫してくれるかもしれません。
周りの人たちとの、日ごろのコミュニケーションが、
とても大切なのです。

聞こえる、聞こえないとか、障害などに関係なく、
みんなで助けあって、安全に暮らしたいですね。

またお会いしましょう。
さようなら〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!

クロカル.png

提供 : 手話あいらんど手話教室
出演 : 南 瑠霞・ことぷき
構成 : 南 瑠霞
編集 : 蓮子 都





posted by 南 瑠霞 at 00:43| 東京 ☀| 手話あいらんどTV〜島民通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

2017.01.13(金)夜 きいろぐみ新春手話ライブ!!


11月八王子の首都大学東京を舞台に開催された
みみカレッジ2016。
出演させていただいた きいろぐみの手話ライブステージを、
この秋訪れた鳥取県手話パフォーマンス甲子園主催課の
安永さんが写真に撮ってくださいました。
手話パフォーマンス甲子園をご縁に、
わざわざ、東京の関連イベントを見に来ておられたのです。
本当にありがとうございました!!

@メンバー紹介.jpg

A元美の曲.JPG

B大自然.JPG

C超えろ.JPG

きいろぐみは、首都圏を中心に、
様々な、ステージ・映像などに出演させていただいています。

新年の舞台も!!
ぜひ、応援よろしくお願いします。

クロコ看板土日完売.png
*〜。*〜。*〜。*〜。*〜。
手話パフォーマンスきいろぐみ
新春手話ライブ!!「目指せ!!東京2020」
2017.01.13(金)夜
IN渋谷!!
*〜。*〜。*〜。*〜。*〜。
※ 詳細 お申込みはこちら!!
http://minamiruruka.seesaa.net/article/442719810.html




posted by 南 瑠霞 at 01:02| 東京 ☁| 南 瑠霞からのお知らせ・ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

手話あいらんどTVクロスカルチャー「福袋のお話」


手話あいらんどTVは、
またまた、かわいいガールズトークです。
ろう者の元美と、高校3年生のまひろの、
年末年始のお話。
見てくださいね。



(簡単な内容)
手話あいらんどTVクロスカルチャー!!
中嶋元美です。ろう者です。
加藤まひろです。聞こえます。高3です。
よろしくお願いしまーす。

12月です。
クリスマスや、お正月も目の前。
プレゼントも気になります。

まひろは12月22日が誕生日。
いつもプレゼントはちょっとだけ待って、
お正月の初売りの時に、もらっています。
2年前は、福袋で、大好きな服のブランドの福袋を買いました。
コート、長そでの服、ワンピースなど、
大好きな服がいろいろ入った福袋です。

元美は、毎年、お正月に並んで待つのがイヤで、
12月にお店に行って、予約ができるので、
それを予約をして、
3が日に行くと、交換してもらえるというのを申し込みます。
それが、便利です!
去年は 女の子専用の福袋で、
美顔ローラー、鏡、ポーチ、ヘアアイロン、ヘアピンなど、
いろんなものが入ったものを買いました。
中身は、いるものと要らないものに分け、
いらないものは、お母さんにあげました。笑

昔は、好きなアーティストの福袋とかも買いました。
ポスターや写真などがいろいろ入っているのですが、
中には、系列タレントで、
自分が特に好きじゃない人の写真なども2〜3枚入っていたり。笑

去年、人気だった福袋をインターネットで見てみると…
女子に人気なのは・・・

部屋着のショップの福袋。
元美はこれも大好きで、
インターネットで頑張って申し込もうとしたけど、
アクセスが殺到して、画面が全然反応せず、
ページが開いたときには、完売してました!!汗&笑

このほか女子には、
ハンドクリームなどコスメの福袋も、人気ですね。

男性は、
海外ブランドの福袋が人気。
ふだん高くて買えない服も、お正月なら、ちょっと頑張って、
福袋でまとめて安く、たくさんもらえていいですね。

インターネットで調べた、変わり種の福袋もあります。

例えば。
クワガタの福袋が、3000円〜9万円。
安いのは、クワガタ一匹と、飼育セット。
高いのは、オスとメスのペアっていうのもありました。
子供が増やせるのかもね。

猫ファンのための福袋。
猫のイラストのついたバッグやポーチ、
ノートやペンなど、いろいろ入っているらしいです。

若い人たちにはやっているのは、
チェキの福袋。
撮るとすぐに写真が出てくるカメラですね。
1万円で、カメラとフィルムがセットです。
普通に買うと、専用フィルムがかなり高いので、
福袋はいっぱい入っていて、お得みたい!

カフェの福袋も人気です。
タンブラーや、飲み物チケットなどが入っていて、
お得なセットで、元美もほしいなと思っています。

本当に、いろんな種類の福袋がありますね。

今年、まひろは、
冬のライブに着られるパーティードレスが入っている
福袋がほしいです。

元美は、
すでに3つ予約しています!!
服のブランドの福袋。
ポーチ、カバンの福袋。
洗顔、ボディソープなどの福袋。
高かったんですが、
新年、福袋を開けて見るのを楽しみにしてます。

あなたも、お正月には、
自分の好きな福袋を見つけて買ってみてください。
また、お会いしましょう!!
さようなら〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!

kurokaru.png

提供 : 手話あいらんど手話教室
出演 : 中嶋元美 加藤まひろ
構成 : 南 瑠霞
編集 : 蓮子都


posted by 南 瑠霞 at 09:10| 東京 🌁| 手話あいらんどTV〜島民通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

手話言語条例についても学ぶ!!

IMG_7262.JPG
(今週の関東は、晴れた良い天気が続いています。)

私が手話指導する神奈川県の短大でも、
今週、年内最後の授業が行われました。

最終の今回は、
ここまで学んだ、みんなの自己紹介の、
まとめと復習。

神奈川県では、2015年春から、
手話言語条例も制定されているので、
年をまたいでみんなで、
そうした情報についても、勉強していきます。

神奈川県は、県レベルでは、
鳥取に次いで、2番目に手話言語条例が制定されており、
神奈川県で学び、県下に就職していく、
学生さんたちには、必須情報でもあります!!
地元の県や市の手話言語条例について、
大学・短大で、きちんと学ぶ例は、
まだまだ少ないと思います。
こうした環境下にいる学生たちは、
とってもラッキーだと思っています。

私自身、神奈川県の手話言語条例は、
2014年のクリスマス、県議会で可決されたその場を、
傍聴させていただき、感動をいただきました。
みんなで、手話や聞こえない人々の、
歴史に寄り添っていければと思っています。

手話言語条例マップ.png
2016年12月19日現在、手話言語条例成立自治体は64。
鳥取、神奈川、群馬など、県レベルが9。
北海道石狩市、三重県松阪市など、市が48。
北海道新得町、埼玉県三芳町など、町レベルが7。

image/2016-12-22T093A513A04-1.JPG
すっかり葉の落ちた中庭のもみじの木ですが、
空は晴れ!!
ここから、気持ちのいい新年が迎えられそうです。




posted by 南 瑠霞 at 10:16| 東京 ☀| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

ろう者の心に触れる授業


image/2016-12-14T233A373A05-1.JPG
短大の中庭のもみじは、すっかり散り、
季節は冬を迎えています。

手話指導を承り、定期的にクラスを受け持つ場合、
メイン講師が私であっても、
必ず、聞こえないゲストを招いて、
その生活体験などを語ってもらう時間をもうけさせてもらっています。
聞こえない人の言葉である「手話」を、
若者たちに、学んでもらうにあたり、
聞こえない人との交流は、必須だからです。

そんなわけで、私が毎週通っている
神奈川県の短大でも、
今週は、ろうの若者を招いての、
講演をお願いしました。
その人の生い立ち、
障がい者手帳のこと、
聞こえる人に囲まれて仕事をしているとき、
どうコミュニケーションをとっているのか?
口話だけで話は本当に読み取れるの?
手話のこんなところが魅力。
もし、保育の現場で、
将来聞こえない子供たちや、保護者に出会ったら。。。。
などなど・・・

学生たちに年代の近いろうの人の、
直接の体験談は、学生たちの心に残り、
これまで学んできた手話を用いての質問会も、
通じる喜びをもたらします。
出会いは、宝物であり、
人の心を動かす、大きなエネルギーの源。

手話指導は、出会いと出会いを結ぶ、
大事な仕事でもあると、毎回実感しながら、
ろう者ゲストをお招きしています。
感謝。

image/2016-12-15T003A053A05-1.JPG
短大のキャンパス内には、大きなクリスマスツリーも飾られています。
冷たい空気の中、授業の終わった、夕方、
美しいライトが、輝いています。



posted by 南 瑠霞 at 00:08| 東京 ☀| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

もみじ散る!冬の始まり!


image/2016-12-13T123A393A06-1.JPG
神奈川県の短大中庭の大もみじは
先週 葉っぱが全て落ちてしまいました!!
いよいよ冬の始まり!
ここから 長い 春への準備となるようです。

神奈川県は
インフルエンザもかなり流行っているので
みんなで気をつけたいですね。

image/2016-12-13T123A403A07-1.JPG
これは
学校周辺の桜の木。
まだ 赤い葉が残っている枝もあります。
これも 今週には
落ちてしまうでしょうかね。

image/2016-12-13T123A553A06-1.JPG
一方 別の木では
もう 春の準備が!!
見てください。このつぼみ!!
また 必ず春が来る証!!
木の芽たちが もう次の季節の気配を見せています。

四季の移り変わりに
自然の命の力を 感じながら
冬の短大の授業も
楽しく進んでいます!!
みんな 冬休みまであと少し
一緒に 頑張りましょう!!

posted by 南 瑠霞 at 12:46| 東京 ☀| 学校手話指導〜秋のもみじ通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

手話あいらんどTV「深まる秋〜葛飾の大人のデートスポット」


手話あいらんどTV
深まる秋の紅葉が、美しい季節です!!
今回は、ことぷきと南 瑠霞が、
イベントで訪れた葛飾区の方にお聞きした地元の観光スポットをご紹介しています。



(簡単な内容)
手話あいらんどTVクロスカルチャー!!
ことぷきです。ろう者です。
南 瑠霞です。聞こえます。
よろしくお願いしま〜す。

今日は、葛飾区にいます。
イベントで、きいろぐみが手話パフォーマンスをさせてもらいました。

葛飾区というと、
漫画 こちら亀有公園前派出所というのがおなじみです。
ことぷきは、この漫画が、大好きです。
これは、200巻を機に、完結してしまうということでも話題になっています。
漫画の中には、葛飾の地元がいろいろ出ています。
亀有の駅の目の前には、このこち亀のいろんな銅像があって、
それを見ることができます。
ことぷきも、友達と一緒に行って、写真を撮ったりしました。

南も、葛飾では、あこがれの場所があります。
矢切の渡しです。
葛飾の柴又〜千葉県の松戸市を結ぶ渡船。
一度は、行きたい場所です。

今回は、
葛飾区にお邪魔したので、地元のろうの方に、
大人のデートスポットをお聞きしました!!

@ ちょうど今!!
葛飾区の水元公園の、紅葉!!!!!
青い空と、水と、真っ赤な木々の葉がとても美しい風景です。
水元公園の紅葉は、
「見上げる紅葉」と言われています。
木の上のほうが、真っ赤になるらしいです。
空を見上げながらの写真が、これです。
こういう風景が楽しめるだね。
ちょうど、今の時期だということなので、急いで行きたいです。

A 柴又の草団子が、有名だそうです。
柴又帝釈天の参道に団子の店が並んでいます。
ここで、こっちがおいしい!とか、
ここは違う味だとか、食べ比べたりすると楽しいかも。

B 地元の葛飾区ではなく、他の区の名物が葛飾区から見えるのがここ。
荒川の土手から、遠い向こうにスカイツリーがくっきり見えるんだって。
スポーツの応援とかで、カップルが、土手でお弁当を食べながら、
スカイツリーを見るとかもおしゃれ。
実は、夏の墨田区の花火が、
葛飾区のほか、スカイツリーを取り巻く各区からも、見えます。
このスカイツリーの下にたくさんの小さなん花火が上がる、
美しくかわいい花火が、周辺区域から、ぐる〜っと見えるのも魅力です。

これから、クリスマスも近づいてきます。
あなたの家の周りにも、地元の素敵な場所がいっぱいあると思います。
あなたも探してみてください。

また、お会いしましょう。
さようなら〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!

クロカル.png

提供 : 手話あいらんど手話教室
※ 新年2017年1月7日 手話教室体験会!!
http://www.shuwa-island.jp/kyoshitsu/trial/

出演 : 南 瑠霞・ことぷき
構成 : 南 瑠霞
編集 : 蓮子都


posted by 南 瑠霞 at 16:04| 東京 ☀| 手話あいらんどTV〜島民通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
手話 単語

るるかのおすすめリンク
花嫁の父 愛の劇場 ラブレター 手話 歌 手話 手話 教室