村上安吉のライフストーリー企画展オープニング

私が長く手話の活動を続けているのは、 異文化のはざまに生き続けてきたファミリーの、 強い影響があるからだと思っている。 母方の祖父は、明治時代、16歳の若さでオーストラリアに渡り、 現在、その子孫の大半が、南半球の大陸に根を下ろし、 命をつないでいる。 父方のファミリーは、ハワイやロスアンゼルスをはじめとする、 ア…

続きを読むread more