「聞こえる」と「聞こえない」は反対語ではない

20210212 手話を話す時、ネイティブサイナーという言葉がよく出て来る。 ざっくり言うと、母語として、ナチュラルに手話で話す(サインをする)人のことだ。 日本で言えば、日本語音声に手話単語を添えて表現する音声対応手話でなく、「日本手話」と言われる独自の文法を持った(しかもそれは空間的・視覚的である)言語を話す人と言う意味で…

続きを読むread more

大田区を舞台にした手話ドラマ「明日へ」

20210131 様々な人たちが暮らし、出会う、東京の街。 きこえるひとと、きこえないひとは、互いに歩み寄りたいと願っている!! 手話パフォーマンスきいろぐみから、中村朋実(ヒヤリングキャスト)が、東京都大田区の手話ドラマに出演させていただきました。 アナタの住む街にも、耳の聞こえない方がたくさん暮らしておら…

続きを読むread more

★手話あいらんど特集① さまざまな由来が隠された指文字は面白い!!〜手話入門学習情報!!

手話を学んでみませんか? 手話は耳の聞こえない人の、大事な「言葉」です。また、音声や耳を使わなくても通じ合える、人間の優れた「言語」の一つでもあります。 日本で最初のろう学校(京都盲唖院)ができたのは、明治時代。この時、集まった全国の聞こえない子供達の手指の会話から統一され始めたのが、現在の手話の原型と言われています。 で…

続きを読むread more