歴史に由来のある名前

さて、2月後半のこのブログは、
最近の若い方向けの、
メッセージを、書かせていただきました。
年度末になり、
手話の仕事やアルバイトをしたいという方の、
問い合わせが、いろいろあったので、
ついつい熱くなってしまいました。笑
これでも結構、いろんな先輩がたの意見を
伺ったりして、がんばったんですよ。笑

今日からは、また、
みなさんと一緒に楽しめる標準モード!笑
春になった東京から、
いろんな情報をお届けします。

きのうは、手話の個人レッスンがありました。
手話の名前の表現は、
手話単語を組み合わせたものや、
手話のダジャレ!
個人の特徴を表現したサインネームなど、
いろんなものがありますが、
きのうは、歴史的人物を表現した、
いろんな名前を、
生徒さんと一緒に勉強しました。
「加藤」・・・加藤清正のヤリを表しています。
「佐々木」・・佐々木小次郎の背中にさした刀を表現。
「武蔵」・・・両手使いの2本の刀を表します。
「伊達」・・・独眼流正宗。人差し指で片目をふさぎます。
「豊臣」・・・かぶとの飾りを表現します。
「斎藤」・・・斎藤道三のチョビヒゲ。
皆さん、全部できますか?

佐々木.jpg
「佐々木」
佐々木小次郎が、背中にさした刀を表現。
片手で、肩の上の刀をにぎり、
2度くらい軽く引くように動かす。
(C)手話あいらんど/ヤス

斎藤.jpg
「斎藤」
斎藤道三のチョビヒゲを、人差し指と中指で表現。
指先をあごに当て、少しだけ下に引くような動きを
2度くらいする。
(C)手話あいらんど/ヤス

この記事へのコメント

ラングレー
2010年02月27日 17:26
またまた、記事と離れてしまいますが笑

「ろうを生きる難聴を生きる」
http://www.nhk.or.jp/fukushi/chokaku/backnumber/2010/01/0124.html
で紹介された『ろう者のトリセツ聴者のトリセツ』
を図書館に頼んでおいたところ、昨日やっと来ました。
本に書かれている内容の事が、
きいろぐみやあいらんどでは、日常茶飯事だとすると
想像を絶する大変さだなぁと痛感いたしました。

ほんの一部の内容を
本日サークルに来たろう者に確認したところ、
そうなんだって汗

この辺りも、手話を仕事にしたい人には必須の知識なのかも・・・汗
子守熊
2010年02月27日 17:27

「斉藤」の手話、実はこちらでは‥あまり見かけないし、使わないので(斉藤さんという人が少ないかも。)語源を読んで、なるほど!と思いました♪

そうそう、「熊本」の手話は、加藤清正さんの鎧が赤い丸ありますよね?
それをとって表現するそうです。

手話の中にも、結構、歴史のあるものが多いですよね!!
例えば、仙台もそうですし。

歴史の好きな人は歴史だけでなく、手話も一緒にいろいろと調べてみると面白いのかもしれませんね!!淼


南 瑠霞本人
2010年02月27日 20:47
私のろうの友人も、
『ろう者のトリセツ聴者のトリセツ』
が、いいと言っていました。
皆さんも、読んでみてくださいね。
ラングレーさん、
ありがとうございます。
南 瑠霞本人
2010年02月27日 20:50
わあ、子守熊さん、
さすが、九州人。
「熊本」の手話で、
おなかに丸を作るのは、
胴衣の図柄の丸だったのですね。
新しいことを知れて、
感激です。
本当に、ありがとうございます。
すみれ
2010年02月27日 21:02
『ろう者のトリセツ聴者のトリセツ』私も読みました。 図書館にリクエストしたらわりとすぐ買ってもらえて。。

そういえばつい最近、地元のろう者の方が「○○中」というのはよく使う、って話してました。
本に載ってましたね、「電車中」とか・・
その「中」の字も内容によって人指し指一本のと5本指のと使い分けるんですって。。
はるちん
2010年02月27日 21:30
旧姓「加藤」です!
サークルとかで、新しいメンバーが入ってきて自己紹介する時に由来を説明したりしてたので、何度「加藤清正の...」と説明したことか...(笑)

結婚してからは、珍しい名字になってしまい、指文字で表すことが多いかな。

娘の名前は、ベビーサイン教室でサインネームを考えてもらったので、しっかり娘自身も覚えて表しています。
息子のサインネームをどうしようか、いまだに模索中です...。
南 瑠霞本人
2010年02月27日 23:05
すみれさん、
そうですか!!
○○中!なるほど、
私も、夫婦喧嘩をしたまま、
私たちと遊びに来たろうの男性に、
「トラブル中(の人)は、早く帰って!」
と、言ったことを思い出しました。笑
ありがとうございます!!笑
南 瑠霞本人
2010年02月27日 23:08
旧姓加藤さんのはるちん!!
いつもありがとうございます。
加藤さんの手話では、
「親指は立てないでね。」というのも、
ジョークのひとつですね。笑
サインネームもいろいろ楽しいですし、
ぜひぜひ、経験たくさん教えてください。
本当に、ありがとうございます。
きゃぶ
2010年02月28日 00:17
はじめまして。

友人の名前は全国どこにでも転がっている「わたなべ」さん。ここ博多地区では、“幸せ”でなでるアゴの部分を軽く往復ビンタするそうです(「由来は考えるな」って叱られました(>_<))。
でもコレ、隣県に行くともう全く通じない。下手すると県内でも、知らないデフさんがいる。仕方がないから「綿」+「鍋」でしのごうとするがコレでもだめ。最終的には指文字で。

なんか、情緒がなくてイヤだなあ(笑)。

これからも時々おじゃまします。
南 瑠霞本人
2010年02月28日 01:15
きゃぶさん、いらっしゃい!!
大感激です。
渡辺・・・確かに、東京・大阪とも、
「綿」+「鍋」ですね。
地域によっては、
特殊な表現もあると思います。
興味深いですね。
本当に、コメントありがとうございます。
子守熊
2010年02月28日 06:47

きゃぶさんのおっしゃる通り、こちらも「渡辺」の表現は、顎でビンタするのもあるし、「綿」の手話を省いて「鍋」だけ表現の時もあります。

そうそう、「佐賀」の手話は角帽のふさ‥から、とったものです。
確か‥早稲田大学を創立した、大隈重信さん(?‥記憶があいまいで自信ないのですが‥もし間違っていたらごめんなさい。)が被ってた角帽のふさからとったとか。

位置はこめかみの所を人差し指だけくっついて残りの指は下げて中指と親指を二回叩く‥感じですが、同じ形で位置をおでこにすると「佐世保」という地区の手話となります。

やっぱり、いろいろとありますね!!がく〜(落胆した顔)


南 瑠霞本人
2010年02月28日 11:06
わあ、手話に地域性!!
出てますね。
佐賀は、大隈重信さんです。
大学などでよく見る
四角い帽子のフサを表しているんですよね。
本当に、興味深いです。
ありがとうございます。
えむ
2010年02月28日 11:56
私の名前はどうやったら・・・。
指文字で表すしかないのですかね~?
旧姓も どうやったら・・?
旧姓は 大槻なんですが・・。
南 瑠霞本人
2010年02月28日 15:00
えむさん、
いつもありがとうございます。
関東地区では、
大槻は、
「とても」+「月」
で、表現することが多いようです。
やってみてくださいね。
えむ
2010年02月28日 20:07
とても+月ですね!!
ありがとうございます!!!

今日買い物に行ったところで 手話の本が
100円で売ってました。
思わ 買ってしまいました。
ポケットサイズでとても便利かな~~。笑
南 瑠霞本人
2010年02月28日 22:45
えむさん、
手話、一緒にいろいろ楽しみましょう。
ありがとうございます!!
子守熊
2010年03月01日 21:13

姓名の手話は歴史のある意味から取り上げたものと、指文字を合わせたもの、漢字のそのものを表したものなど‥ありますよね。


私の姓名は‥怖いイメージからするのか、手話を変えると‥ちょっとイメージダウンしてしまうのと、一応私は女性だから(笑)、いい感じな手話を表したかったので、充分研究した結果‥‥‥作ってみたのです!!


初めてお会いする人達は私の姓名で手話を表すと、ほとんどみんな興味あり!!でね、手を動かしながら、覚えようとしてくれます。


これでインパクトあり~♪な手話やけん。ふくろ


手話辞典さえ載っていない、私のオリジナルなものです~♪♪


お会いする機会がありましたら、是非。がく〜(落胆した顔)


南 瑠霞本人
2010年03月01日 22:12
子守熊さん、
お名前の表現は、
まさに「サインネーム」!!
そのものなんですね。
ぜひ、今度教えてくださいね。
ありがとうございます。
ラングレー
2010年03月02日 08:47
トリセツの話をコメさせていただき、また、反応してくださった皆様m(_)mです。

昨晩、読み終えました。
実は私、一ろう者と、
言葉のズレ(本の内容よりも、もっとシビアな場面でのズレ:内容は非公開)
により、お別れしてしまったんですね泣
たった半年で泣

本当に難しい・・・
でも、乗り越えなければならない・・・
南瑠霞本人
2010年03月02日 12:17
おお
ラングレーさん
もしよかったら
例えば どんな言葉のニュアンスの違いがあったのか
差し障りのない シチュエーションに変えて 教えてください 汗
実は というか ご存じのとおり というか
私は 両親が 純正の日本人ではない(笑)ので 逆に 私の言葉は ある意味 ろう者のほうが近い場合があるようなのです 大汗
でも私も自然にやっていることなので、正体が良く分かりません(涙)
日本で暮らしたい私のために その違いを教えてくださ~い
お願いします
大汗!!
ラングレー
2010年03月02日 15:22
トリプルアクセル並に、難しいご要望ですが笑
頑張ってみますので、お時間下さい。
南 瑠霞本人
2010年03月02日 18:48
ラングレーさん、
ありがとうございます。
よろしくお願いします。
秦野ーゼ 高田
2010年03月02日 21:33
いつも日にち遅れのコメですみません。。

「ろう者のトリセツ聴者のトリセツ!!!」

私も読みます。絶対読みます。
最近思うのですが、聞こえる人同士でも、言えることだと思うんです。特に大人になると。 同じ地域でず~っと同じ学校の人なんかはドンピシャで噛み合うのかも知れないけど、育った環境が違ったり、世代が違ったりすると・・・

特に日本の人は、気になっても聞かないで勝手に解釈して誤解しちゃう人、いますよね。だから・・

気になったら、とにかく 聞く!聞く!聞く!! これが絶対大事だと思います。

あと、聞けなかったら、とりあえずポジティブに頭の中で訳しちゃう!!! これもとっても大事なことだと思います。

だから・・ 気になったらとにかく聞いて~!!(心の声)

すみません、つい熱くなってしまいました。。。
南 瑠霞本人
2010年03月02日 21:53
高田さん、
いつも、ありがとうございます。
互いの文化の違い、
知り合って、行きたいですね。
本当に、ありがとうございます。

この記事へのトラックバック