手話ミュージカル終了に寄せて

今回の手話ミュージカルは、
参加した難聴のメンバー、
また、聞こえないお子さんを育てている
お母さん方の体験などをもとに、
構成させていただきました。

今までの、お笑い路線とは、
ちょっと違い、
少し考えさせられる内容だったと思います。

にもかかわらず、ステージ終了後、
聞こえるお客様達からは、
「聞こえない子供を持ったお母さん方の気持ちがよくわかった。」
「聞こえない人にとっての手話への思いが伝わってきた。」
「ここ数年で一番良い舞台だった。」
「この作品で、各地を回ってはどうか?」
子供たちからは、
「聞こえない友達の、気持ちがわかった。
手話のことを、もっと知りたくなった。」
また、聞こえない方からは、
「言いにくいことを、ちゃんと言ってもらえて嬉しかった。」
「わたしたちが言いたかったのは、このことだ。」
「とても感動した。」
と、今までより一層、好意的な感想をいただき、
ちょっと、驚いています。

耳の聞こえない子供を持つお母さんの、
子育ての悩み。受け入れがたい事実。
そこを乗り越えていく、勇気と愛情。

聞こえない子供が、聞こえる友達の中で、
コミュニケーションがうまくとれず、戸惑う姿。

これらを、ほんの1時間半のステージで、
どう表現していいのかわからなかったし、
果たして、この内容で、お客さん達が、
受け入れてくださるのかも、確信がありませんでした。

今までのきいろぐみの作品は、
どちらかと言うと、
お笑いを多く取り入れる努力を、
たくさんしてきました。
「考えさせられる内容」や、「問題作」ではなく、
「ばかばかしくて、みんなが笑える」作品づくりです。
なぜかと言うと、
それこそが、本当の「普通」であり、
手話でのお笑いこそ、
多くの聞こえる人にとっては、
「そうかあ・・・聞こえない人とか手話って、
不幸とか不便とかそういう観点から見るものじゃなく、
ごく普通に、例えば外国人のように、
言葉や生活形態が違うだけで、
多くの人と同じように、ばかばかしいこともするし、
恋もするし、失恋もするんだよなあ・・・・!!」
なんて、発見をしてもらえるのではないかと思って来たし、
聞こえない人にとっても、
そんなに多くない、手話によるストレートな、
ばかばかしいお笑いを見てもらえるチャンス作りになる。
そう考えてきたからです。
私たちにとっては、
それこそが、「内容がない」のではなく、
「内容と意味があった」と、確信してきたからです。

ただ、今回は、
ある意味、出会いに導かれ・・・

一般公募で来てくれた難聴の若者たちの
聞こえる友達に囲まれた日々の悩みを目の当たりにし、
聞こえないお子さんを育てているお母さんたちの現実に直面し、
戸惑いながら、
作品を書きました。
もちろん、書くからには、一生懸命書いたつもりです。

ただ、本当に、これでよかったかどうか、
うまく描けたかどうか、
今持って、確信がないのも事実です。
今回の作品は、
わたしにとっては、たぶん、皆さんが思う以上に、
勇気が必要でしたし、
今までにないくらい直前まで、迷って、何度も書き直し、
メンバーにも面倒をかけました。

皆さんの感想からは、
お客さんたちも、
私たちの何かを持って帰っていただけたのかもしれない・・・
そんな思いでいますが、
さて・・・・これから、どうしよっか・・・・
そんな、迷った気持ちを、ぶら下げたままでもあります。

私は、手話やろう者をテーマにするにあたり、
「問題作をつづる」必要があるとは、思えない。
これが、私の正直な気持ちであるのも事実です。

でも、確かに、
聞こえない若者たちは、
自分たちが聞こえない事実に、迷い、悩み、
壁にぶつかり、
何かを探そうと、必死にもがいている。

この、つきつけられた事実に、
私もまた、この夏は、
戸惑い、悩み、答えが出せずに終わろうとしている気がします。

これから、きいろぐみが、
どんなものを皆さんにお伝えしていけるかわかりませんが、
また、多くの出会いとともに、
熱い心を、表現していければと思います。

私たちの表現活動を、いつも応援してくださり、
素晴らしい夢の世界を浮かび上がらせてくださっている
会場「ひまわりの郷」のスタッフの皆さんにも、
心より感謝申し上げます。
本当に、ありがとうございました。

花.jpg
お客様から、お花など、
いろんな贈り物もいただき、
本当に、いつも、感謝です。
ありがとうございます。

この記事へのコメント

えむ
2011年08月29日 23:33
今回にミュージカル。
本当に 拝見してよかったです。
私は 聞こえます。すみえちゃんの言っていた
小さな音も エアコンの音もきこえます。

とても幸せなことだと思いますが 私は聞こえない方との ふれあいも大切にしていきたいと思っています。

手話は出来なくても 通じ合えるものがあったり
手話を お会いするたびに一つ覚えて帰ったり
なかなか 思うように 手話でお話は出来ませんが 聞こえない方たちからたくさんのことを 学びたいと思っています。
手話教室に通えば一番良いのですが 今はそれが出来ません。
手話が すらすら出来るようになったらどんなに
たくさんの聾の方とお話が出来るのか 私はとても楽しみにしています。
長くかかると思います。
また ミュージカル拝見させてください。
楽しみにしています。
南 瑠霞本人
2011年08月30日 00:54
えむさん、
いつもありがとうございます。
楽しく手話を続けていきましょう。
今後ともよろしくお願いします。
高田です
2011年08月30日 11:20
なるほど・・・

お笑い路線ではなかったため、ことぶきさんが女装していなかったのですね(笑)

個人的にはセクシーなことぶきさんが観たかったな~☆

でも今年の内容も、皆さん同様とても楽しませていただきました。子供たちは「暗黒大王公園で遊んでたね♪」て言ってました。


そうそう。ここで書くことではないのですが、実はあるお願いがあり書類を手話あいらんど様宛てに郵送させていただきました。(が・・・!?)切手を貼ろうと思い、、多分、貼り忘れて送ってしまったのです(大汗!!)もし切手代を請求されたら、ごめんなさい。後日、必ず払いますので!!
南 瑠霞本人
2011年08月30日 12:21
高田さん
いつも、ありがとうございます。
では、切手のない手紙、
受け取らせていただきます。笑
今後ともよろしくお願いします。
サトゥー
2011年08月30日 15:22
私は観覧出来なかったのですが、そんなお気持ちが今回の公演にはあったのでしたか。
でも「普通」ってホント何だろう・・・って、考えさせられますね。今回の公演や原発事故以後の事を考えると・・・。

その後知り合いが公演に参加しているというので無料の公演に行ってまいりました。そこでも今回の様に、日常と対立を織り交ぜていて、感動と共に考えさせられました。

だから南サンのおっしゃりたい事はなんか理解出来ると思います。
本当にいつもお疲れ様です。
サトゥー
2011年08月30日 15:34
アメブロには書けないので・・・。
愛チャンは本当にスゴイんだね~。
千葉県教育長賞を貰ったなんて、本当にアーティストなんだね~。

今度は女性向けにメイクやジャズダンスを動画で見てみたいですぅ~。だって、未だに趣味で、紹介されていないんですから~。

南サン、よろしくお願いしますネ<(__)>
南 瑠霞本人
2011年08月30日 16:36
サトゥーさん、
いつも、ありがとうございます。
ラングレー
2011年08月30日 20:19
ミュージカルを見ていない私が書いていいのか、
戸惑いも有るのですが、書きまーす笑

聴覚障害者は「目で判らない障害」「コミニュケーション障害」と
簡単に言いますが、
この言葉だけでは理解してもらうのは無理です(断言しちゃお笑)。

そのうち、ろう者については、耳を塞いでみることで、ある程度、
近づく体験は出来るとは思いますが、
難聴者は、伝音性だの、感音性だの、混合だの、で、
症状が様々過ぎて、言葉で説明どころか、体験して貰う事は
ほぼ不可能・・・
ということは、理解して貰うのも・・・に近いという事実が有ります。

「理解してもらうには、どうしたら効果的なのか」は、
ろう者も難聴者も、古くて新しい問題だと思います。
(判って貰えそうな体験談(寸劇)を話す(見せる)なりが、
精一杯では無いでしょうか?それで効果は・・・)

その問題への一つの答えを
今回のミュージカルで見る事が出来たならば、
それは一つの光明では無いでしょうか?
そういう方法(表現?)も有りかと!

えむさん、どうでしょうか?
今まで聞かれている聴覚障害者を理解するための内容と比べて・・

追記
今回のミュージカルの内容は、この記事を見るまでは
知りませんでして、
読んで最初に思ったのは、
「るるかさん、どーひゃー汗」笑

過日の報告:
・レンジは三洋のに買い替え(メイクドラマが有りました笑)
・自転車はチューブも取り出して、パンクを見つけようとしましたが、
 見つからず、そのまま戻して、以後苦情有りません笑
えむ
2011年08月30日 21:10
確かに 私は聞こえる側として 聞こえない方のことを理解する体験はすることは出来ません。
体験したいと思っても それは聞こえない方と 仲良くなることが精一杯です。
その仲良くなることにも 手話や筆談 体を使って表現することが 出来るようになるだけでも・・・。
一個人としては 聞こえない方と仲良くなりたい
そう思っています。
もし、コメントで何か 失礼なことを書いてしまったのであれば 本当に申し訳なく思います。
私は なかなか 手話教室に通うことが 今は
難しいので このブログが 手話とのつながりを
もてる 最大限のことです。
何か 一言でも 手話の分からない 私の存在を
しって欲しいのと なかよくなりたい!!
そう思って コメントを書かせていただいています。
本当に 私は何も分からないまま 南さんのブログにやってきました。
これからも ブログを楽しみに拝見させていただきたくおもっています。
何も分からない 私にみなさん 色々教えてください、よろしくお願いします。
南 瑠霞本人
2011年08月30日 21:51
えむさん、
なるほど、
聞こえる人たちも、
聞こえない人と仲良くなりたいと
願っているんですよね。
お互いそうやって、
少しでも歩み寄れるといいですね。
ありがとうございます。
南 瑠霞本人
2011年08月30日 21:53
ラングレーさん、
ありがとうございます。
いろんな方の、いろんなご意見、
感謝いたします。
まあ
2011年09月15日 22:52
耳が聞こえないって、どんな感覚なのだろう。全く音のない世界って、どんなんだろう。誰だって耳が聞こえないで生まれていたかもしれない。そう思うと、せっかくきちんと聞こえるし、話せるのにこんなことをしていていいのかと思っている。点字も通信教育で少しかじったが、すぐにやめてしまった。少しなら分かるところまで頑張ってたのに。
手話ダンスは、1年10ヶ月ずっと続いている。初めはなにも分からない状態で手話もわからなかったのに、今ではたくさんの曲が踊れるようになった。もっともっと踊れる曲を増やしていきたいなと思っている。
南 瑠霞本人
2011年09月16日 08:26
まあさん、
これから、いろんな出会いがあるといいですね。
コメントありがとうございます。
感謝いたします。

この記事へのトラックバック