水川あさみさん(瑞希)の手話

5月になりました。
関東の、ゴールデンウイーク前半は、
曇りが多かったものの、とても暖かく、
「37歳で医者になった僕」のロケも、
順調に進んでいます。

きのうの手話チームは、
午前集合、都内ロケ。
その後いったん解散して、
夕方にミムラさんの手話レッスン。
その後、夜21時からまた撮影・・・と、
特に落ち着かない1日でした。汗&笑

花.jpg
(ロケ現場付近で見つけた花!!みずみずしい!!)

ドラマでは、
ミムラさんや、草彅さんのほか、
水川あさみさん演じる 瑞希(みずき)も、
すずに向かって、
少しだけ手話をします。

水川さんは、テレビでは、これまで、
クールというか、涼しい感じの役が多かったので、
どんな方なのかな~と思いながら、
ドラマをスタートさせていただいたのですが、
なんと!!
彼女は、現場では、
とても元気でおしゃべりで、
笑顔がいっぱいの方でした!!笑

それで、手話指導の時、
ご自分が話される手話も、
どちらかというと、
実は、すずちゃん役(ミムラさん)っぽく、
表情いっぱいで、
顔も手も、いっぱい動かしてお話されます。
また、ろう者の冬菜ちゃんが、話す手話を見て、
そのままパッと真似するなど、
ずいぶん、手話センスのある方!!
今度、ぜひ、手話をペラペラ話す役にも、
挑戦していただきたいな~と思うくらいです。笑

ところが!!
水川さんのすごいところは、その次にもあります。
そんな、かわいい女の子オーラ全開の水川さんが、
本番では、全く違う研修医瑞希の顔になり、
手話もちょっと、変わります。
クールで、
感情をあまりストレートに出さない役柄の、
瑞希を演じる水川さん、
ドラマでは、
うってかわって鋭い目になり、笑顔を強調することもなく、
すっと、刺すような手つきの手話になるのです。驚!!

もちろん、手話は、性格や人柄によって、
様々な表情や表現方法があります。
良く笑う明るい性格の人と、
比較的、鋭いことをズバズバ指摘するタイプの人では、
手話が、違って当たり前なのですが、
それを、一人の人で体験したのは、
私も初めて!!笑
現場では、水川さんのことを、
興味深く拝見しています。

キャラによって、手話は、違う。
手話指導では、
監督さんや、脚本家、プロデューサーの方などにも、
いつも、説明はさせていただいていますが、
役者さんも、ご自身の心情と役柄の中で、
きちんと演じ分けておられるのだなあ~と、
水川さんにお会いして、
改めて、感じさせていただきました。

さあ、
今日も、夜22時、関西テレビ(フジテレビ)で、
放送される「37歳で医者になった僕」
ぜひ、お楽しみください。
私も、今日は、オンタイムで、
放送を拝見しようと思っています。
テレビ画面を通じて、
ドラマ応援テレパシー、送り合いましょう。笑!!

連休の谷間の火曜、
素敵な1日を!!
南 瑠霞

たくさん.jpg
(ロケの移動途中に見つけた、公園のこいのぼり。多い!!)

こいのぼり群.jpg
(ほとんどが、子供たちの、手作りのようです。
犬の形をしたもの(つまり、犬のぼり?笑)なども、ありました。)

この記事へのトラックバック