失声症の方と手話

ドラマ「37歳で医者になった僕」では、
ミムラさんが、
声が出なくなった女性 すずの役を演じ、
手話のセリフにチャレンジしておられます。

以前にも、記事に書かせていただきましたが、
http://minamiruruka.seesaa.net/article/265055421.html
すずは、ある出来事をきっかけに、
声で話せなくなったと言う、失声症の役柄で、
脳の機能障害で、
言葉自体を失った失語症とは、ちょっと違います。
頭の中は、今まで使っていた日本語で、
様々なことを考え、言葉にしているのですが、
いざ話そうとすると、
声が発せられないという状態。
これが、失声症のおもな症状なんだそうです。

それで、声の代わりに、
セリフを手話に置き換えたのが、
今回の役柄。
ですから、すずの使う手話は、
頭の中の日本語(音声言語)に沿って手話をつける
「音声対応手話」が、主な表現手段になります。
(詳しい事は、前出の記事を見てね。)

頑張って.jpg

それで・・・・
役柄は、わかったけど、
本当に、失声症で、手話を使う人はいるの?
というのも、
多くの人が、不思議に思う部分かと思います。
手話は、主に聴こえない人が使っているんだろうし、
逆に、聴こえる人がボランティアで習うことはあるだろうけど、
わざわざ、失声症の人まで、
手話を学んで使っているのかな???・・・

実はーーーーーーーー
そういう方、いらっしゃいます!!

手話あいらんどでは、手話教室を開いていますが、
その生徒さんの中にも、
失声症で、いらっしゃって、
最初は、みんなと筆談していたのに、
手話を学んで、
だんだん手で話すようになった方がおられます。

その方も、たまたま、テレビドラマで手話を知り、
聴こえない役の主人公が、
キラキラと手話で話す姿を見て、
自分は聞こえるけれど、
声が出ない。
自分も、もしかしたら、あれを覚えれば、
もっと自由に他の人と話せるかも!!
そう、思い立って、
うちに来てくださったのだそうです。

最初は、慣れない手話に、
戸惑ったそうですが、
教室で、友達もでき、
生徒さん同士が、仲良くなって、
時々、一緒に、
お茶に行くようになったのだそうです。

もちろん、お互い手話の初心者同士ですから、
最初は、手話も、ヘタでぎこちない・・・
でも、そこが、どうやらよかったみたいで(笑)、
互いが、気負うことなく、和やかに、
でも、その失声症の方を囲んで、
みんなが一緒に、たくさん、
手話で、話しはじめるようになったんです。

ゆっくり、お茶しながら、
みんなと過ごすことで、
失声症の方自身も、心がほぐれ、
周りの皆さんと一緒に、
少しずつ、手話が、うまくなっていきました。

そして・・・・
実は、私が驚いたのは、そのあとです。
その方は、「手話って素敵だ。」と実感して下さったそうで、
なんと、その後、家族が、わかるわけでもないのに、
家でも、勝手に、
習った手話を、表現してみることにしたのだそうです。驚!!

毎日、
おはようのあいさつから、ちょっとした簡単な会話を、
家族に、自分の側から、手話で話しかけたんですね。
すると・・・・!!
いつの間にか、お母さんも、見慣れてきて、
「何?」とか、「わかった」「食事」などなど・・・・
簡単な手話を、
手でまねながら、表現してくれるようになったのだそうです・・・・!!
その方が、一生懸命、手話で話しかけることで、
わかるはずのなかった家族も、
本人の話していることを、
理解できるようになってきた・・・・!!

失声症だったその方は、
手話を学ぶことで、友達を作り、
家族にも、手話を教え、
少しずつ、周りに手話のわかる人を、
自分で増やしていったのです。

私は、そのお話を伺ったとき、
涙が出るような思いがしました。
私達が取り組んできた活動が、
こうやって、
私達の想像もしてなかった人にも、広がり、
みんながコミュニケーションの輪を、
大きくしている!!

その方は、もちろん、
手話に出会って、良かった。励まされた!!
とおっしゃっているのですが、
逆に私達にとっては、その方の存在こそが、
私達への励ましであるように感じました!!

手話とろう者の立場から、
多くの人に夢を!!

私達の活動への思いは、
こうして、失声症の方にも、素敵だと感じていただけるような、
そんなものになりつつあるのだなと、
その方が、手話で話す笑顔を見て、
嬉しい気持ちにさせていただきました。

ちなみに、このお話、
全て、ご本人が、
自分で身につけた『手話』で、
私達に伝えて下さったことです!!

失声症の方にとっても、
手話が豊かなコミュニケーションをもたらすこと、
私は、この方から、教わりました。
大事なお気持ちを伝えていただき、
とても感謝しています。

今、私達は、
そんな背景をもとに、
すずの手話にも取り組ませてもらっています。
「37歳で医者になった僕」
5話の放送は、いかがでしたか?
すずの具合、良くなるといいですね。

では、ぜひ、また来週、お会いしましょう。
ありがとうございます。

ゆきミニ.jpg
手話あいらんど事務所近くにある
松陰神社(東京・世田谷区)
「37歳で医者になった僕」の撮影が始まったころは雪!!

桜ミニ.jpg
そのうち、雨が多くなって(笑)
桜が咲き・・・・

神社ミニ.jpg
GWも過ぎた今は、緑の葉が生い茂っています。

この記事へのトラックバック