自分がダメに思えるとき・・・

「37歳で医者になった僕」
第6話も、いいお話でしたね。

すずは、腎臓移植、ヤッパリ出来ないんでしょうかね。。。
私の友人にも、
ろうの方で、いつも、人工透析をしている人がいます。
週3回、3~4時間かけて、
腎臓の代わりに、透析機で、血液をきれいにするんですね。
何があっても、これをしなければ、生きていけないので、
きちんと病院へ行くスケジュールを管理して、
仕事を抜けて、透析に行きます。
食べ物や飲み物にも、制限があります。
コツコツと毎日、大事に大事に、暮らすこと。
その方を見ていると、
自分もまた、自分のために何ができるのか、
自分のことを、どれだけ大事にできているのかと、
考えることがあります。

本当は、この体あっての人生なのに、
元気な時には、感謝することもなく、
当たり前のように、
無理、むちゃ、不節制・・・
衰えて初めて気づく、
ここまでの体の頑張り・・・
体よ体! みんな、うまく連携して、
気持ちよく、生きているかい?

研修医の谷口先生も、
頑張りましたね。
ダメな自分と向き合って、
少し、一歩踏み出す・・・

すずの言った
「治りたい、治してほしいと思うことに疲れた・・・」
という、言葉。

自分がダメに思えるとき、
私達は、どうすればいいんだろう。
いたらない自分。
元気を取り戻せない自分。
自分のせいで、みんなに迷惑をかけてしまったとき、
自分がもうすこし頑張れれば・・と感じてしまったとき、
一人の人間には、持ち分も限界もあり、
でも、つきつけられる現実。
そんなものに向き合いながら、
私達は、生きている。

「37歳で医者になった僕」には、
そんな一人一人の人生の、
生きる気持ちのもとに、
気付くきっかけも、もらっているように思います。

回復.jpg
「治る」「たてなおす」「もういちど」「再建」
「回復する」「元に戻す」
両手のグーを重ね、
倒れた状態から、起こすように表現。
(C)手話あいらんど/中道景子

sando.jpg
きのう火曜は、朝6時半から、草彅剛くんのロケがスタート。
朝一でいただいた、サンドイッチが、おいしかった!!笑

花.jpg
草彅くん(祐太)が歩く道の横は、小川になっており、
かわいい花が咲いていたので、これは絶対!!と思って、
撮りました!!つゆにぬれて、きれいです。

この記事へのトラックバック