37歳で医者になった僕~第8話

「37歳で医者になった僕」第8話
本日5月29日火曜夜10時放送予定です。
ぜひ、楽しみにご覧ください。

結婚しよう.jpg

先週、第7話が放送され、
いろんな方から、
音声のない手話のセリフは、
ある意味、画面がとても静かで、
逆に見入ってしまった。

手話の「結婚しよう」は、
とても素敵だった。
・・など、いろんな感想をいただきました。

特に、ドラマ制作チームの皆さんからしたら、
あの、すずが別れ話を切り出した
夜のキラキラした港のシーンは、
無音(手話だけのシーン)が長すぎて、
どうなることかと思ったそうで、
それでも、必死に話すすず(ミムラさん)を見ていたら、
みんな、とても切ない気持になったのだとか・・・

なるほど、
日ごろ手話をしていると、無音声ということについて、
あまり気にとめないのですが、
(もちろん、手話を読み取っていれば、
ちゃんと会話は成立しているので、
ある意味、心の中は、
ちっとも無音や無口なわけではないんですが・・笑)
テレビで、音声なしに、
目で、画面だけを追いかけるシーンが続くのは、
確かに、そうないですもんね。笑

そんなお話をお聞きするだけでも、
手話を取り入れることで、
ドラマの演出は、大きく変わるのだなあと、
改めて、勉強になったりしています。

先週、幸せな一瞬を見せてくれた祐太とすず、
そして、病院の人々は、
今週は、どんな展開を見せてくれるんでしょうか?

ドラマは、最初から、
すべてのストーリーやセリフが出来上がっているわけではなく、
毎週、いろんな案が盛り込まれ、
いろんな事件が繰り広げられ、
作家さんや制作チームのみなさんの手で、
練り上げられながら、1話ずつ出来上がってきます。

私達も、新しい1冊の台本をいただくたび、
へえ、そうなのかあ!!
と、新しいストーリーに、
驚いたり、感動したり!!

そんな中で生み出されていく、
すずのセリフを、一つ一つ、
前後の流れや、すずらしさを考えながら、
手話に翻訳させてもらい、
ミムラさんと一緒に、
すずの言葉(手話)を育てさせてもらっています。

それにしても、このドラマ、
なんていうか、
本当に、ささやかな一人一人の思いが、
大事に見つめられていて、
日ごろ、大金持ちになりたい!とか、
権力者になりたい!!とか、
20歳若返る薬ができたら、世界で一番最初に飲みたいとか・・笑
そんな、尊大なことばかり考えている私には(汗&笑)、
大事な足元や、自分の周りを、見ることを、
教えられているように思います。
小さな自分の本当の心。
大切にしたいですね。

桜&空.jpg
静岡、ロケ現場の桜。撮影が始まったころ。
肌寒い風の中、きれいな花を咲かせていました。

静岡桜ミニ.jpg
同じ桜は、現在若葉。
きれいな緑が、初夏の暑さをいやしてくれています。

この記事へのトラックバック