「37歳で医者になった僕」第9話

火曜日になりました。
今日の夜も、22時、
ぜひ、「37歳で医者になった僕」
お楽しみに。
今日は、いよいよ9話。
ドラマも、今日を入れて、残り3回となりました。
どんな展開になるか、気になりますね。

先週、第8話の終わりは、
とても壮絶なシーンでした。
伊達さんは、その後助かるのか、助からないのか・・・
アパートの扉の前で、苦しそうにしていたすずは・・・?

台本の文字から、
役者さん達がセリフを語り、
生きた言葉と息使いになるまで。
脚本家の方が思いを託した言葉を、
私達が手話翻訳して、
それをすずが、手と豊かな表情で語り、
目で見える言葉となって画面に現われるまで。
たくさんの人の思いを乗せて、
役者さん達が、メッセージのアンカーとなり、
演じるたくさんの瞬間を、毎回現場で拝見し、
ドキドキ、ワクワクさせてもらっています。
ドラマ作りって、素敵ですね。

先日、とある国立病院の中のコンビニで、
遺伝子チェックキットなるものを見つけました。

遺伝子チェックミニ.jpg

ほっぺたの内側の粘膜をちょこっとこすって、
研究所に送り、遺伝子をチェックすれば、
例えば、どんなタイプの肥満だから、
ダイエットは、こうした方がいいとか、
お肌のしみやしわのできやすさとか、
肌年齢とか・・・
メタボになりやすいか、なりにくいかとか、
骨折のリスク判定とか、
そんなことが、わかるのだそうです!!
さすがに遺伝子チェックですから、5800円と、
多少、価格が高いと言えば高いようにも思いますが、
考え方によっては、
こんな1万円もいかない料金で、
高度な遺伝子チェックができて、
しかも、まさに、私達が気にしている、
ダイエットや美容、
健康管理などに応用できてしまっているというのもすごいし、
何より、これが、お医者さんの処方箋の指定ではなく、
病院内とはいえども、
コンビニで販売されている点が、
私としては、大いに驚いたところです。
恐るべし!!現代医学!!

その国立病院内には、
おしゃれなカフェもあるし、
レストランも別にあるし、
患者さんが、情報収集できる
インターネットOKの図書室もあるし、
それに、時折、全館放送で、
「今日は、○○時から、△▽先生が、最近増えてきた××という病気について、
一般の皆さんに、わかりやすく解説する講演会があります。
突然聞きに来てくださっても大丈夫です。無料です!!」
などと、呼びこみがあったりもします。

「37歳で医者になった僕」に登場する病院も、
きれいで近代的ですが、
本当に、最近の病院は、
患者さんや、地域の人のために役立とうと、
どんどん変わってきているんだなあ・・と、
感じます。

この記事へのトラックバック