手話ミュージカルの片づけも、少し進みました。

多くの方のご協力を得て、
年に1度の手話ミュージカルも、25日、無事終了!!
皆さん、本当に、ありがとうございました。
心から、感謝申し上げます。

うさぎ.jpg

今回、私は、ウサギの役を演じさせていただきましたが、
一番大変だったのは、
キグルミのうさぎが、冬用だったこと。汗&笑
当日、もし猛暑日だったら、
私は、倒れていたかもしれません。大汗!!

しかし!!
なんと、25日朝は、雨模様で、
今までよりかなり涼しい1日となりました。
普通、雨は「悪い天気」と呼ばれることも多いかと思いますが、
この日は、暑くてだるい日の続いた関東の人々にとっても、
私たち手話ミュージカルのメンバーにとっても、
とても『いい天気』!!と、感じられました。

今までより体が楽になった1日、
皆さんの協力のおかげで、
お客さんたちも元気に集まってくださり、
私のうさぎも、2回公演を、無事終えることができました。笑

私は、そもそも晴れ女として売っていますので(笑)、
天気も激しく崩れることはなく、
昼が近づくにつれ、雨もやんで、
空は、曇り空のまま、暮れて行きました。
超ラッキーな、天気に見守られ、
ツイてる!! と、実感した1日に、大感謝です。

今回の手話ミュージカルのテーマは、
「手話通訳士の試験を受ける人の気持ち」と、
「手話は人の心をつなぐ大事な言葉」だということ。
若い人の中には、手話通訳士を目指したいと思う方も、
だんだん増えてきましたが、
手話通訳士試験を受けて、
合格したか、落ちてしまったか・・・
そんなことに一喜一憂しているうちは、
良い手話通訳者にはなれません。
それ以前に、
聴こえない人とどう通じ合うか・・・
そこを大事に、
みんなで手話を続けていければいいなと思って、
今回のミュージカルを構成しました。

あなたの胸にも、
「手話の心」届きましたか?
本当に、応援ありがとうございました。

ありがとうございました。.jpg

手話パフォーマンスきいろぐみ 夏休み手話ミュージカル
「ひまわりの郷事件簿2013」
構成・演出 南 瑠霞
(写真:蓮子都)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック