手話パフォーマンス講座がリニューアル!!

手話あいらんど手話教室
手話パフォーマンス講座が、
新しくなって、金曜日に引っ越しました!!
興味のあるあなた!!
今まで火曜日で都合が悪かったけど、
金曜なら行ってみようというあなた!!
ぜひ!!
9月20日金曜夜、世田谷にいらしてください。

手話あいらんどTVクロスカルチャの動画でも、
ご案内しています。



(簡単な内容)
手話あいらんどTVクロスクロスカルチャ~~~~!!
ことぷきです。
まひろです。中3です。
たまねです。中2です。
よろしくお願いします!!

秋になりました。
手話あいらんど手話教室も、
手話パフォーマンス講座が始まります。
講師のことぷきです。

9月20からスタートです!!
手話の歌を作ったり、
体で様々な絵画的表現を学んだり、
楽しいトークなどを勉強します。
一緒に勉強していきましょう。

手話パフォーマンス講座は、
聴こえない人と聴こえる人が、
お互い助け合いながら、いい作品を作っていくことが目標です。

ろう者が、どうやって音楽を楽しむのかというと・・・
実は、聴こえない人の中には、
音楽の嫌いな人もたくさんいます。
学校時代、無理やり楽器をやらされたりして、
嫌な思いをした人も多いいからです。

僕は、たまたまいい先生にあたり、
その先生は、聾学校で、
聴こえない子供たちのために、
目で確認しにくい、リコーダーや、アコーディオンなどを避けて、
鍵盤楽器も、目で確かめられるものを使って、
教えてくれました。

それから、僕は、青森県出身。
みんなも知っている、ねぶた祭りなどが有名です。
その太鼓は、とても大きなもので、
どーんと打つと、体に響いてきます。
その時の熱気や、リズムが、
太鼓を通して僕の体で感じたことが、
とてもいい思い出です。

音楽の授業では、
足踏みなどで、何拍子かなどを教えてもらったり、
体の動きでリズムを教わったりしました。

実は、学校の校歌も、入学した時は、
よくわからなくて、
みんなで、口だけ雰囲気を合わせて歌うふりをしていました。
でも、僕たちの出会った、いい先生が、
手話で校歌を作ってくれて、
それで、僕たちも、
校歌の意味が分かるようになったんです。
そうやって、音楽に興味を持つようになりました。
先生のおかげです。

それから、聴こえない人の立場、
音楽に対する考え方もまちまちです。
そうした聴こえない人の気持ちも、よく理解して、
手話パフォーマンスに取り組みましょう。

手話あいらんど 手話パフォーマンス講座は、
9月20日金曜夜スタート。
全10回、最後の週には、発表会もあります。
初日は、体験会も兼ねていますので、
遠りょなく参加してください。

やる気のある方は、
冬のきいろぐみ手話ライブにも、
一緒に参加していただきますよ!!
講座の中で、チャレンジするのは、
冬の手話ライブの候補曲です。

詳しくは、手話あいらんどのHPを、
見てください。
http://classroom.shuwa-island.jp/performance/

クロカル.png

あなたの参加をお待ちしています。
また、会いましょう。
さようなら~~~~~~~~~~~~~!!

この記事へのコメント

しん
2013年09月18日 21:31
先日、手話通訳者養成講座基本課程の受講者面接試験があり、結果が届きました。

「合格」しました。

10月から講座がスタートします。


頑張ります!
南 瑠霞本人
2013年09月19日 09:01
しんさん、頑張りましたね!!
講座では、たぶん、
素敵な仲間たちとの出会いもあると思います。
楽しく元気に、手話の勉強を続けてくださいね。
うれしいお知らせ、ありがとうございます!!

この記事へのトラックバック