松阪市手話サークル

image/2015-02-14T223A053A18-1.JPG

image/2015-02-14T223A033A44-1.JPG

image/2015-02-14T223A023A52-1.JPG

金曜夜、
富士山をすっ飛ばし、
雪の中をかいくぐって、
三重県松阪市の手話サークルにお邪魔してきました。

image/2015-02-14T223A023A34-1.JPG

15人くらいの方が集まって、
ろうの先生のもと、
手話のDVDの読み取りをしたり、
新しい単語を勉強したりされていました。

最近は、ろうの先生が手話指導するサークルもどんどん増えていますが、
こちらでは、特にベテランのろうの方が、
日本手話の良さをしっかり説明して、
みんなと一緒に勉強されていたのが印象的でした。

新しい単語は、私も初めて知ったものがいろいろあり、
すごく勉強になりましたよ。
「老ける」「ログイン」「カートリッジ」「ドラマ」
「チャンス」「以心伝心」「リセット」「帰省」
などなど・・・・
あなたは、わかりますか?笑

松阪市は、市として『手話言語条例』を採択した
全国でも、数少ない一歩進んだ自治体でもあります。
サークル終了後、
皆さんと一緒にお茶に行き、
その時の様子などもお聞きすることができ、感激でした。
地元聴覚障害者協会のみなさんとともに、
市長さんも議員さんたちも一緒になって、
条例制定に向けて取り組まれたとのこと、
多くの人と手を取りあうことの大切さを、
教えてもらいました。

突然伺ったにもかかわらず、
皆さんに、仲よくしていただき、
本当にありがとうございました。

近くで利用した温泉も、体が温まって、
ハッピーな1日でした!!
感謝。