Ota Surf House(オオタ・サーフ・ハウス)

20日金曜日
帰省の車の旅の途中で、
静岡県浜松のすぐ隣、湖西市によってきました。

そこには、全国でも有名なろう者の店長さんがいらっしゃる
サーフィンとハワイアン雑貨の店
「Ota Surf House(オオタ・サーフ・ハウス)」があります。

1.JPG
http://homepage3.nifty.com/SurfHouseOta/
(静岡県湖西市吉美961-102)

2.JPG
お店を入ってすぐに出迎えてくれたのは、
コンパニオンドッグのコナちゃん。
ハワイのコナコーヒーから名前を取ったということで、
この『コナ』という言葉は、
“ハワイの風”という意味があるのだそうです。

店長の太田さんは、お店に入ったらすぐ、
このコナコーヒーを、カップに入れて、出してくださいました。
暖かいコーヒーに、ほっとさせてもらい、ハッピーな気持ちになりました。
太田さんは、お店に来られた方には、
このコーヒーをいつも出しておられるようで、
聴こえる方向けに、カウンターには筆談用紙もあり、
「ハワイのコーヒーです。飲んでみてください。」と言う、
手書きのメモも、置かれていました。

お店の中は、まさにハワイ!!
夢の中へ連れて行ってもらったような気分になる
素敵な空間でした。

3.JPG
大きなサーフボートや、ボードのフィン、
海辺ではおる着替え用のウエア・・・

4.JPG
かわいいハワイアンキルトののバッグや、
ハイビスカスのグラス、フラのスカート・・・

どれもがカラフルで華やかで、波の音が聞こえてきそうです。

店長の太田辰郎さんとは、
もう10年以上も前、
デフゴルフの大会で、栃木県でお会いしたのが最初でした。
そのころは、まだ、大手自動車会社のデザイン部におられたのだそうです。
その後退職され、
ハワイで半年暮らしたり、
サーフボードづくりを学んだりして、
大きなログハウス建物も、
ご自分で建てての、ショップオープン!!
もともとデザイン畑の方でもあるので、
グッズのプロデュースも、センスがあふれていて、
本当に、お店にいるだけで、
力が湧いてくるような感じがして、
癒されたし、パワーをもらいました。

お店では、毎週フラダンスの先生も見えて、
ろうの方に指導するお教室も開かれているのだとか。
すごく楽しそう!!
ここは、太田さんがろう者として生きてきた人生の思いが、
いっぱい込められたお店だということが、
いっぱい伝わってきました。
感動!!

5.JPG

世界で本格的にサーブボードを制作しているろう者は、
ブラジルの方お一人、ハワイの方お一人、
そして日本の太田辰郎さんの、3人なのだそうです。
ショップの奥のアトリエには、
制作中のたくさんのサーフボードが、積み重ねられ、
修理を依頼されたボードも、
たくさん順番を待っていました。

6.JPG

女子好みの手作りの美しいレイや、
ハワイアンジュエリーもたくさん並んで、
夢をいっぱいもらいました!!

近くには、いい波の来るサーフビーチも、あるとのことでしたので、
次は、海に来るつもりで、
出かけてきたいと思いました。

太田さん、素敵な夢を本当にありがとうございます!!