アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ

菊池凜子さんや役所広司さんも出演され、
日本人ろう者エキストラ400人を投じての作品「バベル」の、
手話コーディネートで、ご一緒させていただいた、
アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督が、
アカデミー賞を受賞され、
今週は、私のろう者の親しい友人たちとともに、
ちょっと盛り上がっています!!

「バベル」でも、アカデミー賞の候補に挙がった監督でしたが、
今回2015年は、
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」で、
作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞を獲得され、
テレビでもさわやかな笑顔が映し出され、
画面から、パーッとオーラが伝わってきて、
素敵な発表の瞬間でした!!

アレハンドロ.png

メキシコ系の方で、
文化や思いの違いにも、たくさんの目を向けておられる監督は、
「バベル」の作品も、ある意味複雑で、難解な面も多くありました。
撮影中は、深い目の色が強さを伴って、印象的な方でした。
ナッツが大好きで、よく、現場で手に握って、
ポリポリ食べたりする姿は、少年の様でもあり、
だからこそ生み出される、素直でまっすぐな思いと、
自らが体験してきた様々な現実とのぶつかり合いこそが、
多くの作品を生み出す原動力なのではないかと感じられました。

image/2015-02-24T113A483A35-1.jpg

image/2015-02-24T113A483A50-1.jpg

image/2015-02-24T113A493A06-1.jpg

今回こうして、パワフルな賞を4つも受賞され、
ひとつ大事なステージにまた昇られたであろう監督を思うと、
熱い思いもこみあげてきます。

FullSizeRender.jpg

おめでとうございます!!
これまでの思いこそが認められ、
本当に素晴らしい瞬間になったことと思います。

image/2015-02-24T113A483A14-1.jpg
バベル撮影時、ずっと取材等に同行していたときの記録。

image/2015-02-24T113A473A58-1.JPG
バベルの打ち上げにて、
監督とろう者の三浦早苗ちゃんも一緒に撮っていただいた1枚。