もみじが真っ赤に!!

image/2015-12-03T003A113A33-1.JPG

毎年通っている神奈川県の短大の中庭のもみじです。
全体が赤に染まり、
葉っぱたちも、今年の仕事を終了したようです。
ここからは、どんどん散ってしまい、
冬に向かって、裸になってしまいます。
毎年この時期は、短大に通うのが楽しみです。
自然の木々がもたらす季節の変化に感動!!

※ここまでの毎週のもみじの変化は、
このカテゴリーを押していただくと、まとめてご覧いただけます!!
http://minamiruruka.seesaa.net/category/11602256-1.html

一方、学生たちも、手話の授業が進み、
音声のない手話によるいろんな説明を、
若者たちが、けっこう読み取れるようになってきました。
授業では、もちろん、単語や構文も伝えていきますが、
一方で、付属の説明も、
もちろん声を使わず、手話で行っています。
その中で、出てくるいろんな言い回しや、
表現は、特に年間プランに入っているわけではありません。
でも、それらは、会話でよく使うものなので、
一緒に覚えてしまえば、
学生たちの読み取りや表現能力が、
爆発的に高まります。
それで、毎週そうやって、楽しく授業をしているのですが、
この時期は、それが実感できるタイミングになってきます。

授業では、読み取れない子がいても、
他の子が、
「ああ、これは、こういう意味だよ!」
と、すぐに説明したりして、
クラス全体は、けっこう楽しく、
元気にスムーズに進んでいます。
これも、若いみんなの、
やる気と助け合いの力によるものです。

この短大では、学生たちは、保育士や幼稚園、
また福祉関係の専門家を目指して勉強しています。
そんな若者たちは、
明るく、また、いろんな場面で「互いが力を合わせる」!!
ということが、日ごろから身に着いています。
そういう気持ちは、
手話学習にも、おおいに生きていて、
私も、みんなとともに、
楽しく授業に参加させてもらっているわけです。
毎年、素晴らしい学校で、
手話の授業をさせてもらい、
とてもうれしく思っています。
感謝!!

image/2015-12-03T003A113A57-1.JPG
関東の街は、本格的な美しい秋に突入。
移動の道中、あちこちで色づいた木々に癒されています。