今、この時だから伝えたいこと

手話パフォーマンスきいろぐみ
夏の一般公募 説明会 (世田谷)
2016年6月25日(土)夜19時~

元子.jpg

イギリスが、EU脱退を願う決断を下し、
世界経済が揺れ動き始めた今週、
私たちがこれから頼れるのは何かを考えた時、
人の心と言葉は、私たちの行く末と思いと人生をつなぐ、
重大な架け橋となると信じたい。

私たちは、一つの地域、一つの国に生まれ、
常に、先人たちから、言葉と思いを受け継いで生きてきた。
どんなに自分が一人で生きてきたように思っていても、
すべては、そのめんめんと続く、命と思いと歴史の中にあり、
それ以外の場所では私たちは生きていない。

多くの人は、音声の言葉を受け継ぎ、語り、
さも、それがすべてであるように語るが、
人は、例えば、聞こえを失えば、
またそこに、豊かに目を使って、通じ合うことのできる、言語を生み出し、
まったく同じように、語り、伝え、思いを構築することができる。
言葉は、人の持って生まれた才能そのものであり、
そこには、耳が聞こえなければ聞こえないなりの、
あふれるほどの表現手段を、生み出す能力が秘められている。

それを、実際の命と手の言葉によって、実現している人たちがいる。
それが、ろう者であり、手話という言語である。
手話は、目の前に言葉を浮かび上がらせ、
それが、風に乗るように、思いを伝え、
そして、それらもまた、その言葉を持つ先人たちから伝えられ、
それを譲られたものが、使い磨き進化させながら、
今、私たちのもとに、届いている。

人は、言葉とともに生き、言葉を伝え、
言葉に思いを乗せ、
他と寄り添いながら生きている。
その言葉に優劣などあろうはずがなく、
それぞれに、魂が宿り、命をもって人から人へ、時代から時代へと、
譲り渡されてきているのだ。

音に響きがあるように、
手話には風と、波動がある。
外国語を耳で聞いて、私たちが何かを感じ取れるように、
手話を見る私たちの目には、強き思いが飛び込んでくる。

舞台の中心に手話をすえれば、
その渦は高く舞い上がり、
人の心に風が起こる。
ろう者の生み出した手話は、
聞こえる私たちにも、思いの波を伝え、
見るものは、心震え、そこから魂を感じる。
一つ一つの手話という言語が放つ光は、
それを知らぬ聞こえる人にさえ、熱き思いを届けるのだ。

私たちが運びたい思いは、この手の中にある。
この手が物語を紡ぎ、
くりだす、綾織りがごとく、光は揺らぎ揺らめき、
波のように、強くしなやかに、
人の目と風を受ける肌に届く。

これを授けたものは、ごく普通の大人たちであり、
親であり、友人であり、
私たちは、また、大人として親として、友人として、
これを、未来へとつなげたい。

手話もまた音声言語と同じように、
歴史であり、人であり、思いであり、心の声そのものである。

練習.jpg

〈手話パフォーマンスきいろぐみ 夏の一般公募説明会〉
【日時】6月25日(土)夜19時~
【料金】無料
【内容】概要・参加方法の説明、手話パフォーマンスレッスン など
【会場】世田谷ボランティアセンター
(地図等詳しくはこちら!) http://www.shuwa-island.jp/location.html#SetagayaMap
【説明会 参加申込み方法】インターネットからお申し込みください。

※会場のお席と、資料準備の都合がありますので、出来るだけ事前のお申込みのご協力をお願いします!

一般公募の参加には、説明会への出席が必須です。
当日の飛び込み参加歓迎!!

★一般公募 スタッフ・キャストの稽古日程等 詳細はこちら!!
http://www.kiirogumi.net/ippankoubo2016/
★2016年 夏の手話ミュージカル 詳細はこちら!
http://www.kiirogumi.net/musical2016/
★お問い合わせはこちら
kiirogumino1@yahoo.co.jp
★一般公募のお申し込みはこちら!!
(ただし!!飛び込み歓迎!!笑)
http://www.kiirogumi.net/ippankoubo2016/contact/