手話にも、若者言葉や、
どちらかというと男性的、
どちらかというと女性的、
そんな表現がいろいろあります。


FullSizeRender (2).jpg
「トイレ」という手話は、
片手で「WC」を形作って表現することがよくありますが、
これは、どちらかというと若者や男性が多く使う手話。


FullSizeRender.jpg
こちらも同じ「トイレ」の手話ですが、
これは「お手洗い」という意味合いの表現で、
紳士淑女の皆さんにおススメです。
両手を合わせ、手を洗うように、すり合わせる動きで表現します。
男性でも、例えばホテルマンや百貨店の外商スタッフの方などは、
お客様に「トイレ」をご案内するときは、
上の「WC」より、こちらの表現が合うかもしれません。


さてさて、二つの「トイレ」の手話。
あなたは、どちらが、自分のフィーリングに合いますか?
私は大学生のころ、先輩に教わった「WC」を長い間使っていましたが、
大人になり、
私の手話を見た、何人ものろうのおばあちゃま達に、
「ダメダメ!!!『お手洗い』という表現にしなさい。」
と、指摘され、
今では、TPOに合わせ、
両方の手話を使い分けるようになりました。笑笑


(C)手話あいらんど