手話あいらんどTV〜クロスカルチャー「透明マスク各種試着会!」

時々、クロスカルチャーでご紹介している「透明マスク」。
いくみ&南が最近使っている、新しいタイプの透明マスクをご紹介します!



(簡単な内容)
手話あいらんどTVクロスカルチャー!

いくみです。ろう者です。
南瑠霞です。聞こえます。
宜しくお願いします!

私たちは時々、透明なマスクを皆さんにご紹介しています。
今日も、最近見つけたものをいくつかご紹介したいと思います。
日頃南も手話をやっていて、ろうの人とふれあっているし、いくみちゃんも聞こえないということで、手話で話すときには口元とか表情が見えることがすごく大事ですね。
そのためにいろんな透明なマスクを一生懸命探しています!

今日、最初にご紹介するのはこちら、最近いつもいくみちゃんが使っているものです。
今までこういう透明マスクも、紹介はしてきたんだけれども、だいたい土台になる部分が白い色になっています。
ネットで調べていたら、かわいいピンクがあるのを見つけ、いくみにも似合うって思って買いました。
ピンクの他にも、青とか緑とか、同じシリーズでいくつで色違いのものがあります。
3色買ったんだけれども、緑や青は自分の顔色にちょっと合わないなと思って、友達に配って分けてあげています。
オシャレに楽しみながら使えると、良いですね。

南のつけているものは通称「女優シールド」です。
手話的には、使いづらいんですが(笑)、これはヘアメイクをした後に、ちょっとだけでも、飛沫などから守られればということで広まっているものです。透明で顔にも触れていなくて、髪型にも影響がないというものです。
手話には特に適しているわけでもないけど。笑

いくみも 南が「女優シールド」を揺らしながらしゃべるのがすごく気になってました(笑)

顔に触れる手話、例えば「おいしい」とか「大事」とか「試す」などの表現では、手が宙に浮いてしまいます。
すごく手と顔の間が空いてしまいます。笑

(マスクを付け替えて)

それでは次の2つをご紹介したいと思います。まずはいくみがつけているマスクから。
これは「ルカミィ」という名前のマスクです。
コロナが広まる前から、手話通訳者の間で使われていたものです。
いくみの地元の、手話通訳をされる皆さんが持っていて、通訳をお願いするとそのマスクをつけていらっしゃる方もいます。

いくみ自身も手話指導や講演をする機会が多いので、いいなと思って、通訳者の方に「これは何?どこで買ったの?」と聞いて買いました。

これのいいところは、顎のあたりの下の白いところが普通の白いマスクと同じ不織布になっていて、ちゃんと空気が出入りして呼吸がしやすいということと、曇りにくいつくりになっているところです。

だけど形がかわいくないんじゃないかなって思っていて(笑)、ちょっと残念だなと思っています。
見た目が自然な可愛いのがいいかなって思います。

南もこれすごく便利だからいいと思うんだけど、とがっているところが鳥みたいでちょっとね。(笑)
でも便利ですごくいいなって思います。

南がつけているのは、口の周りだけ透明になっているんですけど、元は平べったい形で、折りたたみの開いてつけるマスクです。
最近、ろうの友達がつけているのを見て、教えてもらって買いました。

口の周りが透明ですが、その上下が不織布になっているので、一応飛沫防止ができるようで、使ってみたりしています。
いくみからみて、見た目はどうですか?

包帯で顔を巻いている途中みたい(笑)
実際に透明には見えるんだけれども、つけてるうちにだんだん下がっちゃったりとかして、口元が見えづらかったりするかもしれない。
これは大きさ的に、海外で作られたものなのかな。

確かに使っていると、ちょっと下がる。だから口元が隠れがちかもしれない。
場面によって使い分けるといいと思います。
参考にしてください。

(マスクを付け替えて)

3度目のご紹介をします。南がつけているものです。
透明じゃない部分がネチャっていうふうに肌にくっつくので、すごく防御性はいいなって思うんですけれども、材質がヌーブラみたいで、ぴたっとなります(笑)
なのですごくしっかりはしてるけれど…
一応息はできてます(笑)

1時間後は息が苦しくなるんじゃない?(笑)

一応大丈夫なんですけども(笑)
すごく珍しいマスクだと思ったので買いました。
いざというときはこれも使えるなって思っています。
これは「SHOW ME」っていう名前らしくて、「(口元を)見せて!」みたいな意味だと思います。

苦しそうに見えますよね。笑
密着性はすごくいいです!笑

そして、いくみがつけているマスクは、最近すごく広がっているものです。
ユニチャームというところから出ていて、「顔が見えマスク」っていう名前だそうです。

透明なところの周辺部分が薄く覆われていて、顔の見える面積が大きい。
透明部分がすごく大きいので、口元もまあまあ見えるんじゃないかなと思います。

曇り防止効果もあるようです。
ちょっと今曇っているかなと思うんですけど、耳も痛くないし、まあまあいけるかなと思います。

これだったら手話通訳の人がつけていても、安心できるかな。
このマスクはすごい人気で、南も申し込んだんだけど、まだ届いてないです。
南もこれはほしいなって思います。

このマスクは今本当に数が少ないらしくて、生産も間に合ってないみたいで、1人1個までということで購入申し込みを受け付けているようです。


・・ということでいろんなマスクを見ていただきましたけど、どうだったでしょうか。

最近透明のマスクが広がってきているんだけど、ろう者の世界・手話通訳者の世界で広がっているというのは、もう普通になりつつある。
ほかにもお店で販売とか接客をされる方とかで、透明のマスクをつけていらっしゃるのをお見かけすることがあります。
顔が隠れてしまうと、笑顔かどうかもわからなくて、ちょっと怖いなーって思うので、透明なマスクがあるといいのかなと思います。

それからほかにも、いくみはいつもろうの高齢の方の介護の仕事をしているけど、そうではない、聞こえる年配の方の介護の場合でもやっぱり透明のマスクをつけるっていうのが広がっていると聞いています。

どういうことかというと、特に認知症のある方などの場合は、マスクをつけてスタッフがやってくると、「誰だろう、怖い」って思ってしまう方、「いやだな」って感じる方もいらっしゃるそうなんです。笑顔が見える透明のマスクだと、「ああいつもの人だ」っていうふうにわかってくださって、安心していただけるということのようです。
透明マスクは、いろんな場面で広がっているんだなと思います。

南の地元では、手話通訳がろうの方につきそって病院に行く場合があるんだけど、病院では「サージカルマスク」っていう不織布の白いマスクが必要だって言われていて、手話通訳の人が透明マスクをつけていくと、「飛沫が漏れてしまって危険なので、病院では使えません。」て、お医者様に言われて、白いマスクに戻さなきゃいけない場合もあるらしいです。
透明じゃない普通のマスクだと、ろうの人も通訳の人も、通じたのかどうか、相手の表情や口元から判断ができなかったりして不便です。
まだまだ壁があるみたいなので、もっといい、透明の安全なマスクが広がっていくといいなと思います。

今はワクチンも広がってきていますね。
透明マスクもより良くなって欲しいけど、本当は透明マスクも、いらない状況に戻ってほしいなって思います。

みんなで一緒に、健康にも気をつけて頑張っていきましょう!

では、またお会いしましょう!
さようなら~~~~

S__215613446.jpg

提供:手話あいらんど手話教室

出演:ことぷき & 南 瑠霞
構成:南 瑠霞
編集:青木 孝二