"学校手話指導~秋のもみじ通信"の記事一覧

耳に流れ込む小さな音は、出会いのチャンス

私が手話指導を担当させて頂いている 神奈川県の短大の中庭の大もみじ!! 12月中旬には、全体が枯葉となりましたが、まだ赤い葉を、全体に残しています。 これは、年内最後の授業の日の様子です。 新年になって、また1月中旬に会う頃には、すっかり枝だけになっていることと思います。 今年度は、対面授業と、映像の配信授業を半…

続きを読むread more

もみじは、赤い葉を落とし色を変え・・・季節が進んでいます

先週の神奈川県の短大の中庭の、大もみじの木です。だんだん葉を落とし始めて色も変わり、秋が深まってきたことを感じさせてくれます。 先週の学生たちは、趣味の会話。 今時の学生たちらしく、「ジャニーズが好き」「イケメンを見るのが趣味!笑」という子達もいれば、テニスやサッカーなどのスポーツの好きな人や、家庭菜園が好き!という…

続きを読むread more

学生たちと押さえておきたい「手話言語条例」

今年度、私が担当している神奈川県の短大の授業は、コロナのため開始が遅れ、毎週2コマずつと言う、例年の倍のスピードで進行しています。 これで、予定通り、1月中に授業が終了する予定です。大汗 今年も、全国に広がる手話言語条例については、しっかりと伝えさせてもらいました。 https://www.jfd.or.jp/sg…

続きを読むread more

紅葉は赤い葉を落とし始めました!!〜学生たちは熱心に勉強を続けてくれています!!

今年の、短大の授業は半分が配信となり、画面を通じて学生たちと、学習を続けています。 対面授業では手話会話の実践、配信では逆に理論的な勉強を中心に行なっています。 学生たちと授業を進める中で、 今回は「映画館で、聞こえない人は、邦画をどのようにして見ているのか?」と言うテーマに、みんなが、様々なレポートを…

続きを読むread more

赤い大もみじの秋!!学生たちから良い質問も飛び出して!!感動!!

神奈川県の短大の中庭の、大きな紅葉の葉。11月最後の週、全体が真っ赤になりました。秋の燃えるような命の歌!! 今年は、コロナの影響で、全体の授業開始が遅れ、それを取り戻すため、現在、1週間に対面授業と配信授業の二本立てで、手話学習が進んでいます。学生たちは、みんな元気についてきてくれています。本当にありがとう。 この週の授業…

続きを読むread more

もう!!もみじがどんどん赤くなってきてしまった!!汗笑

私が手話の授業を担当する、神奈川県の短大も、今年はコロナの影響で、1ヶ月以上遅れて後期の授業が始まりました。 その分、いつもの倍のスピードで、週2回ずつ講義を、対面と配信で繰り返して、中身を例年通りこなすべく、頑張っています。大汗 そんな急いだ気持ちを、吸い上げたように!!汗笑 11月の半ばだというのに、もう、中庭の紅葉…

続きを読むread more

配信も始まった!!神奈川県の大学の授業!!ドキドキ!!

全国の大学などでは、今年度は、オンラインによる配信授業が増えていると、さまざまな噂を聞きつつ・・・ 私の短大の後期の授業も、いよいよ先週から、本格的に始まりました。 今年度は、15回の授業のうち、8回が対面による声を使わない実践的授業。こちらは、例年通り、参加してくれる学生の皆さん達と、1時間半の授業をまるまる音声を使わずに…

続きを読むread more

もみじは、あと2〜3週間で真っ赤になりそう!!

今週の神奈川県の短大の大もみじです。 例年の流れからいって、全体が赤くなるのは、11月最後の週か、12月の最初の週。 あと2〜3週間もすれば、真っ赤になるのではないかと思います。 毎年10月頭から始まっていた後期の授業が、今年は、コロナの影響で1ヶ月以上遅れて、今週スタートばかりなので、勢いづいたもみじの紅葉に、ち…

続きを読むread more

大学講義!!オンライン配信でスタート!!2020秋!!

先週、南のお預かりしている神奈川県の短大で、いよいよ後期の授業の準備がはじまりました。 今年の短大は、前期の最初の2ヶ月がコロナ対策で休校となり、初夏から授業開始。なんと、前期が終わったのが、先日の10月最終日でした。 後期の授業は、いつもなら、9月の終わりか10月頭に始まっていたのですが、今年は、なんと異例の11月…

続きを読むread more

卒業おめでとう!!見送る大もみじ!!

神奈川県の短大の、最後の授業の様子を、アップしていませんでした。 写真は、1月最後の週の中庭の大もみじです。 この時期もみじの木は、全ての葉を落として枯れ木となっています。 3月の今は、おそらく、新しい若葉が芽を出し始めているころではないでしょうか? この3月で、短大の手話の授業を受けてくれていた学生たちも、…

続きを読むread more

テストになれば、頑張れる!!笑

神奈川県の短大の、中庭の大もみじ。1月第3週目の様子です。 枯れ葉も落ち、きれいに枝だけになりました。 あとは、春を待つばかりです。 この週の学生たちは、今度は実技テスト。 これまで半年学んできた、自己紹介を、みんなに自分で表現してもらいます。 前回まで、おぼつかなかった人も、テストを前に、互いに確認しあって元気に覚え…

続きを読むread more

神奈川県の短台の大もみじ。枯れ葉を残して冬の顔に。

2020年1月最初の週の短大のもみじです。 やや枯れ葉を残していますが、すっかり冬の顔になりました。 この日、いつもと同じ声なしの授業で、学生たちは、筆記テストを受けました。 手話の読み取などもおこないましたが、みんな頑張ってくれました。 声なしの授業で学んだ内容で、テストに挑み、頑張って書きこんでくれている姿を見て、と…

続きを読むread more

散りゆくもみじ

12月中旬を迎え、秋からながめ続けてきた 短大中庭の大紅葉の木が、とうとう葉を落としました。 寂しくもあり、また、力強い春に向けての新しいスタートの始まりでもあり、学生達の次の一歩が目の前に迫っているのが感じられます。 手話は、半年学べばそれで終わりでもなく、誰もが、すぐに覚えてペラペラになれるわけでもなく、また、卒…

続きを読むread more

刻々と変わりゆくもみじ

12月上旬 少しずつ、赤から茶色へと色を変えてきた 短大中庭の大紅葉です。 この日は曇り空。だんだん冬が近づいてきたのが わかります。 学生達は、誕生日などにちなんだ数字の勉強をしました。 数字は、一本一本の指をはっきり立てて表現しなければならず、また月日は、縦に数字を並べて表すところが、ちょっと難しかったかな? …

続きを読むread more

短大の紅葉が赤くなった日!!

短大の紅葉が赤くなった日!! 短大には、ろう者ゲストの郁美ちゃんがきてくれました。 20歳で失聴、手話を1から覚えてろう者として生きると決め、現在ろう者高齢者施設の介護員として、仕事をしている元気な女性です。 そんな彼女の体験談は、学生達の胸にも響いたようです。 郁美ちゃんと私は、ちょうどその数日前、…

続きを読むread more

もみじが赤くなりました!!

見てください!! 神奈川県の短大の 先週のもみじです。赤くなりました!!  今週、これが、さらに真っ赤になっているか、もう散り始めているか、とても心配!!汗笑 綺麗な真っ赤なままでいて欲しいです。 いよいよ、授業も中盤となり、次は、聞こえないゲストティーチャーをお招きします。 お会いしたときの質問や、保育園児向…

続きを読むread more

短大の大もみじも、しっかりと秋が始まりました!!わぉ!!

見てください。 神奈川県の短大の大もみじです。 紅葉(こうよう)が始まりました。来週か、再来週、この木は真っ赤になるはず。楽しみです。 短大では、いまの時期、耳栓をして、チームで、オリエンテーリングのように、いくつかのポイントを回ってきてもらいます。 耳栓をするのはやや音を聞こえなくするためだけで、完…

続きを読むread more

先週の短大の大もみじ

時間がなく、ブログをアップしないまま、時が経っていました。 今日は、まず、先週の神奈川県の短大の中庭の大もみじの様子です。 11月も二週目、すこーし、なんだか、上の方が赤くなってきたような感じでした。 授業では、みんな、家族構成などの手話を学びました。 ほっぺに触れて、男女を表すのは、血のつながりを表す両親など直…

続きを読むread more

短大中庭の大もみじ

先日の、短大の大もみじです。今回は、下から見上げて、とってみました。 まだ、緑色です。 これが間も無く、どんどん赤くなり始めるので、不思議です。ここから2〜3週間が楽しみです。 今回、大学の方が、私の授業風景を写真にとってくださいました。ありがとうございます。 その様子をご紹介します。 …

続きを読むread more

興味のあるとこから始めよう!!〜短大の授業にて

先週の、神奈川県の短大のもみじです。 大きなもみじの木。みごとですね。 まだ、深い緑色で、晴れた日は、しっかり日陰を作っています。 若者を見守る 中庭のシンボルです。 短大の手話の授業で、みんなで自分の名前を覚えた翌週に、一人の学生が、とある名前の一覧表を持って、私のところに来ました。 そして、習ったばかりの手…

続きを読むread more

地名の手話

地名の手話表現には、土地の歴史や風景が表れていることも多く、興味深いものです。 「広島」という手話は、海に浮かぶ厳島神社の大鳥居を表現。 「長崎」は、平和記念像の力強い男性の両腕の形。 「仙台」は、伊達政宗のかぶとの三日月。 などなど、 私も、手話を通じてこそ、逆に、各地のことを知ることになったものも たくさん…

続きを読むread more

指文字を学ぶ

神奈川県の短大の中庭の大もみじです。まだまだ、濃い緑色です。 今週の授業は指文字でした。 指文字にはそれぞれ意味があって、「あ」はアルファベットの「a」をかたどったもの。「き」は影絵のキツネなど、わかりやすい由来があります。 ちょうど10年前、この指文字誕生についての 再現ドラマの手話コーディネートをさせていただき…

続きを読むread more

手話の名前

ときどき、学校の先生が、「ちょっと手話を覚えてこどもたちに教えてあげたい。まずは、子供たちに手話で自分の名前を覚えさせたいんです。」 と、相談に見えます。 ところが・・・ 実は、手話の名前は、数年学んだ手話のベテランでないと、教えてあげられないことがたくさんあります。 手話の名前は、単に音を表す指文字などから できている…

続きを読むread more

音声は使いません!神奈川県の短大の授業が始まりました!!

今年も!秋から!! 神奈川県の短大の、もみじの様子をレポートしていきます。 お楽しみに。 これは、先週のもみじ。まだ元気な緑です。 強い日差しを避けるため、この下に逃げ込めば、ちょっと涼しく嬉しい感じ。 周辺の芝生を、業者の方がきちんとカットしてくださっていました。 この日は、後期の授業の最初の日。 み…

続きを読むread more

2018年度短大手話講義修了!!わぉ!!

1月最後の週 短大の今年度最後の手話の授業が、終了しました!! 深い緑色でこんもりしていた中庭のもみじの大木も、すっかり葉を落とし、みんなの卒業を見守っています。 暖かかった季節には、学生たちが、おやつやランチを食べていた白いテーブルにも、いまは人影がありませんが、最終日の空は快晴!! 気持ちのいい1日でし…

続きを読むread more

声を使わない半年の授業も間も無く終わりに近づいています!!

快晴の続く神奈川県、短大のモミジの大木です。葉をすっかり落とし、季節は冬ですが、枯れ木のような枝では葉の芽もしっかりできていて、春の準備が整いつつあります。ここから、緑の葉が間も無くあふれるように芽吹くと思うと楽しみです。 学生たちは、半年の授業を終え、1月はテスト期間中です。 毎週、声を使わない、手話と身振りの、板…

続きを読むread more

特性を生かした仕事につけば障害は障害ではなくなる!

神奈川県の短大の紅葉が、とうとう葉を落とし始めました。 もう冬ですね。 この時期短大では、手話学習の一環として、 聞こえないゲスト講師を招き、 手話で体験談を話してもらっています。 今年は、ろう者の高齢者も利用する施設で、 介護スタッフとして働く聞こえない方を招いて、 生活や仕事の体験談を話していただき…

続きを読むread more

耳栓をして街を歩く

先週と今週の、神奈川県の短大のもみじです。 赤くなりました!! 毎年この時期、短大の講師をさせていただき、 とてもうれしく思っています。 秋から冬に向かう葉の移り変わりがみごとで、 心が洗われます。 手話を学んでしばらくたったこのタイミングで、 学生たちは、みんな耳栓を付けて、学校周辺を歩く体験をし…

続きを読むread more

「兄」「弟」「兄弟」

「兄」「弟」「兄弟」(C)手話あいらんど 毎週、神奈川県の短大で、手話指導をさせてもらっていますが、 今週は、家族関係の手話を学びました。 みんなの家族を聞いていると、 本当に楽しくて、この時代でも、兄弟が4〜5人いる人もいるし、 双子だという可愛い女子は、 自分にそっくりの姉が家にいる!と教えてくれました。 …

続きを読むread more

忘れていませんか?「伝え合いたい」と願う「心」

先週の、神奈川県の短大のもみじです。 学生たちは、今、趣味を伝える手話を、 勉強中です。 私たちは、手話の単語をだんだん覚えていくと、 それが絶対手段のような気がして、 なぜだか、その単語が思い浮かばないと、 体が硬直して、 「あー、わからない。 手話ができないから、話せない〜!」と思い込んでしまったりし…

続きを読むread more