"2014オーストラリア旅行記"の記事一覧

オーストラリア・カウラのシンポジウムから見えてくるもの。

昨日、7日、 第二次大戦中の、民間抑留者についてのシンポジウムは、 本格的レポート報告が始まった。 今回私を招いてくれた 永田由利子氏(日系人抑留研究者)は、 他のオーストラリア報告者と比べ、小柄であったため、 レポート姿を映した写真がマイクの向こうに隠れてしまった。笑 会場には、70年前、実…

続きを読むread more

カウラ インターンメント シンポジウム

インターンメント というのは、「抑留」という意味があるそうです。 昨日 2014年3月6日から、 オーストラリア、シドニー奥地の、カウラという街で、 第二次大戦中 民間人(兵士ではない民間の人)が、 捕虜となり、抑留されていた状況について、 関係者が、レポートしあう、 シンポジウムが始まっています。 当時、オーストラリアに…

続きを読むread more

鈴木 良子(すずき・よしこ)さんが伝えてくれたもの

カウラに来てよかったと思った。 もう83歳だというその女性は、私が誰だかわかると、 昔のことを思い出すような遠い目になって、 英語と日本語の混ざった言葉で、 ゆっくりと、話しはじめた。 ああ、南竹一さんが、あなたのお父さんなの? 確か、南さんは、村上ヤス子さんの旦那さんよね。 そう?合ってる? あなたは、二人…

続きを読むread more

車とテレビ 日豪比較!!

オーストラリアに、およそ1か月滞在中です。 今回は、大胆にも、ほぼ3週間、 レンタカー生活です。汗&笑 どこにいても、やることが、大して変わらない南です。笑 オーストラリアでは、車は、日本と同じ左側通行。 行きかう車も、きちんと譲り合ったり、 スピードを落とすところでは、きちんと落としたりと、 皆さんのマナーと人柄が、…

続きを読むread more

祖父の眠る街「カウラ」

   レンタカーで、シドニー空港から運転して、内陸部のカウラ という町に到着しました。ここで、6日から「第二次大戦中の、民間人捕虜(ドイツ系、イタリア系、日系人などが含まれる)についての、シンポジウム」が開かれます。私は、今回、このシンポジウムに参加するために、オーストラリアに来ました。  私の祖父は日系人で、このカ…

続きを読むread more

「オーストラリア」

3日、成田からカンタス航空に乗って、 オーストラリアに来ました~~~~~~~~~~~! 事前に、パスポートや国際運転免許を準備しました。 国際免許は、新宿都庁内で、パスポートと一緒に申請。 その日のうちに受け取りました。 オーストラリアのお金。 おもちゃ銀行のようですが、これがオーストラリアド…

続きを読むread more