舞台監督・音響担当のお仕事

手話パフォーマンスきいろぐみ20周年記念
ファミリー手話ミュージカル
「手話の国のベビースター伝説」

8月30日の、成功の陰に、
演出を支えてくれた、多くのスタッフがいます。

みんなが、どんな仕事をしてくれたか、
ちょっと、ご紹介します。

舞台監督 松
松.jpg

音響・音効 青木
青木.jpg

舞台監督の松は、ここまで、すべての練習に立ち会い、
舞台の仕込みから撤収、舞台終了後の倉庫への道具の片づけまで、
作品のすべてに寄り添ってくれました。
舞台監督は、脚本から演出意図までを、
キチンと把握し、どんな演技やせりふ、道具、
照明や音楽が、どんなタイミングで動いているかを、
わかっている、舞台の指揮者のような存在。
この人がいないと、本番の幕があきません。
はっきり言って、脚本、演出家の次に偉い人です。笑
すべての担当・役割の人を、結びつける
とても大事な存在。
松、今回も本当にありがとう。

音響の青木君は、演出に合わせたすべてのBGMと、
効果音を作ってくれました。
音楽は、何百曲という候補の中から、
場面に合ったものを、選んでいきます。
また、どうしても見つけられない音は、
南と青木で、作ります。夜中に!笑
また、ミュージカル中で歌われる歌の、
編集や録音も、彼の仕事です。
いつも徹夜で、音を作ってくれています。
本当にありがとう。

松 青.jpg

作品づくりには、いろんな担当の人が関わってくれますが、
この二人を含む、数人は、特にコアなメンバー。
作品づくりの柱となってくれた、人材です。

役者さんたちは、直接お客さんたちと接する
作品のアンカーとなってくれる存在ですが、
そのアンカーたちが、自由に動き回れる土俵を準備してくれた、
スタッフのみんなにも、心からお礼を言いたいと思います。
本当に、ありがとう。

明日は、道具と衣装の話。
お楽しみに。

"舞台監督・音響担当のお仕事" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント